隣の席のでみちゃん(プレイバック)012

 半ば、自暴自棄になっていたというのもある。
 一人になるくらいなら偕楽と――
 そう思ったんだ。
「君ならそういうと思っていた。ようこそ、こちらの世界へ」
 そういう偕楽は鷲鼻付き鼻眼鏡を取って微笑んだ。
 ありがちな、お約束かも知れないが、素顔の彼女は可愛かった。
 すんごく可愛かった。
 それこそ後楽にも引けを取らないくらいに。
 後楽に偕楽――
 こっちの世界には俺好みの女の子が二人もいたのか……。
 そう思うと少し気分が楽になった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント