僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)169

 花梨は別室で、覇仁と共にVTRを見た。

「えーと、何々……資料によるとティアマトって選手が勝ち上がった事になるのね?」
「うむ、種族は古代兵器か」
「メンテナンス不良で参加が遅れたらしいわね」
「めんてなんすとは整備不良のことか?難しい言葉を使うな」
「メンテナンスは難しい言葉じゃないと思うけど」
「お、始まるぞ、静かにせい」
 等と言ったりしていたが、VTRを見た花梨は絶句した。
 それは、関東大会など、オマケの様な激戦だったからだ。
 隠れた実力者が何十人も登場し、花梨と最終戦を戦っていてもおかしくない選手がゴロゴロいたからだ。
 組み合わせの妙や、種目の巡り合わせで不幸にも負けてしまった選手がこんなにいたかのかと思うと戦慄を覚えた。
 そして、その中でも圧倒的な力を示し、際だっていたのが、古代兵器ティアマトだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント