僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)174

 相手の実力を認めるからこそ、花梨は冷静でいられた。
 正々堂々と勝負して、全国大会へ進むんだという気持ちでいられる。

「それでは、関東大会、延長最終戦、神田 花梨選手対ティアマト選手の戦いを行います。両者リングへ」
 レフェリーがコールして、二人の強者はリングへと上がる。
 泣いても笑ってもこれが、予選の最終戦。
 後は全力を尽くすだけだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント