この後の予定

この後の予定ですが、番組がかなり溜まっていますので、余計な更新はせずに、番組に集中させていただきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)210

「うるさい、静かにしろ」  と近所の人が苦情に来るくらいに。  今までは覇仁がそういうトラブルを運んできた。  が、花梨も覇仁の孫娘。  そういう血が流れているのだろう。 「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ」  花梨は修行を続けるのだ…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)209

「佐和義君は私のもの。誰にも渡さない」  花梨は遠吠えした。 「花梨よ、ご近所に迷惑じゃ。少し、声のとーんを落とせ」 「そうね。でも、おじいちゃん、私、やるわ」 「おお、そうか、そうか。ようやくやる気になったか。やる気なしには勝ち抜けんからのう。良い傾向じゃ」 「おじいちゃん、足りないから練習のメニュー追加して」  花梨は闘志は燃えまくる。

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)208

 道のりは険しく、そして、ひたすら長い――  だけど、必ず勝ってやる。  勝って、盛大に、佐和義との結婚式を開いてやる。  花梨はそう思っていた。  少し前までの恋に臆病な少女は何処にも居ない。  彼は私のものだ。  そう強く思って、どん欲に好きな男と勝ちにこだわる勝負の鬼がここにいた。  結愛と綾里も力をつけ、それぞれの地方大会でベスト4に残ったという知らせを受けてい…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)207

 イヤイヤ参加していた時と違い、やる気を出した花梨はメキメキと実力を上げていったのだった。  もはや、同一人物が戦えるとして仮定して、ティアマトと戦って勝った時点の花梨に対して指一本で勝てるレベルにまで、極端にレベルアップしていた。  本気を出した女の子はそこまで強くなれるのかと思うくらいに。  アメリカ代表にかかわらず、世界大会に出場する選手はこれまでのレベルからは想像もつかないくら…

続きを読む

僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)206

 悔しくて涙が出た。  雪辱を晴らしたくてもサンディーは予選敗退者。  世界大会に出る事はないのだ。  悔しくても、どうしようもない事がある。  だが、花梨はサンディー達を負かして出場を決めるアメリカ代表に勝つことで気持ちを晴らす事にした。  それにより、目標は全国大会優勝から世界大会優勝へとシフトチェンジした。  全国大会も通過点に過ぎない。  日本人の誇りを取り戻す。  …

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)】の42日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中は番組を見て、午後は制作をします。 来年の【年賀状アニメーション】と【静止画年賀状】を作っていきます。 アニメーションのイメージは出来ているので、後は作るだけですね。 出来れば、4連休で全部作り終える事を目指します。 後、漫画とDVDも途中で見ます。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 無茶苦茶暑かったです。 地獄の様な暑さでしたね。 ですが、何とか戻って参りました。 と言うわけでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む