隣の席のでみちゃん(プレイバック)161

「やれやれ、負けちゃったね」
「しっぽ巻いて帰れ」
 俺はシッシッと犬でも追い払うように手を振った。
「今回は負けたけど、次はそうは行かないよ」
「次も来るつもりか?」
「次は私じゃないかも知れないけどね。闇の生徒会の刺客はまだまだいるからねぇ」
「闇の生徒会?」
 俺は聞き慣れない言葉を聞いた。
 【闇の生徒会】ってのは初耳だ。
 そんな組織があった事さえ知らない。
 そんな奴らが俺の脳みそを狙っているって事か、ひょっとして?
 冗談じゃねぇぞ。
 俺の脳みそは俺のもんだ。
 他の誰の物でもねぇ。
 俺は叫びたかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント