隣の席のでみちゃん(プレイバック)162

第八章 闇の生徒会


 次の日、俺は生徒会室に呼び出しをくらった。
 理由はわからなかった。
 生徒会とは全く接点なんかねぇし、呼び出される理由もわからなかった。
 生徒会室にはたった一人の女生徒が待っていた。
 俺には縁もゆかりもない雲の上の人、生徒会長 我妻 甘奈(あがつま かんな)さんだった。
 容姿端麗、成績優秀、文武両道の才媛で、二年生だけど、一年の時から生徒会長を務めている超天才さんだ。
 そんな人が何の用だろう?
 俺には皆目見当もつかねぇな。
 まぁ、何にしても話してみなけりゃ何も始まんねぇか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント