隣の席のでみちゃん(プレイバック)172

「メデューサ達が世話になったみたいね。私も挑戦させてもらって良いかしら?グリフォンを誘って行くから、貴女たちもお二人でどうぞ」
 二人でというのは俺は含まれていない。
 でもちゃんと、そして、病気でダウン中のでみちゃんの事だ。
 どうやら、でみちゃんが病欠だと解っていていってやがるなこの女。

「心配ない、契約者しょーすけ。私一人で、片付ける」
「二対一じゃ不利だよ。でみちゃんに何とか助けてもらえないか?後方支援とかだけでもさ」
 俺はでもちゃんと相談した。
 解っているけど、病気のでみちゃんにも頼らないといけない俺は何も出来ない。
 ただ、戦う場所を提供するしかないんだ。
 我ながら、情けねぇ。
 夢を渡れる生徒会長に助けてもらおうとも思ったけど、彼女が出ると多分、闇の生徒会長も動くだろうし、迂闊には助けてはもらえない。
 だからと言って、このまま、俺の頭の中を占領されたくねぇし、どうしたもんか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント