バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)026

 一日はまだ目覚めていない四体のVRPに思いを託す。
「あなた達四人には、私の全てを詰めたわ。精一杯、彼を愛してあげて……こふっ……」
 一日の手に血が滲む。
 彼女が吐血したものだ。
 自分はもう、長くない――
 彼だけを恋慕い、彼のために死ねる。
 なんて幸せな人生なんだろう。
 そう思うと頬が緩む。
 彼女はゆっくりと目を閉じた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント