この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)200

 パシャ! 「じゃ、そういう事で。この恥ずかしい写真をばらされたく無かったら、勝手に俺の頭の中に入って来ないでね」  俺はかぶり物を手に持った、外に出したら恥ずかしくて表を歩けない写真をデジカメに抑えた。  実は、昨日のでみちゃんとでもちゃんの戦いの時、俺もちょこっとゲームに参加させてもらって、このデジカメを手に入れておいたんだよね。 続く。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)199

 闇の生徒会十三人、全員の自己紹介が終わった。  こいつらが俺達の敵か。  かぶり物を取ったこいつらはどいつもこいつも性格が悪そうな面構えをしてるな。  確かに全員美人って言えば美人だけどな。  だけど、こいつらとまともに戦うつもりはねぇな。  ページ数も残り少ねぇしな。  俺は、でみちゃん、でもちゃんと仲良くやれればそれで良い。  外野には引っ込んでいてもらいてぇな。

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)198

「私の名前はラミア」 「一年五組の北見 翔子(きたみ しょうこ)さんです」 「あたいの名前はスキュラ」 「一年三組の羽鳥 雫(はとり しずく)さんです」 「私はケルベロス」 「一年一組の長谷川 貴子(はせがわ たかこ)さんです」 「キマイラよ」 「一年二組の坂本 妃華利(さかもと ひかり)さんです」 「バジリスク」 「同じく一年二組の高田 萌(たかだ もえ)さんです」 「グリ…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)197

「ふふふ、正体を知りたいのなら教えてやろう。我々はお前に宣戦布告をする。我が名はバハムート。闇の生徒会長なり」  いや、それは聞いたから。 「……姉の我妻 蘭菜です」  甘奈先輩が本名を言ってくれた。 「私の名前はドラゴン。闇の副会長だ」  また、本名を言わねぇ。 「二年四組の大島 梨寿(おおしま りず)さんです」  甘奈先輩が補足説明してくれるから良しとするか。 「私の名前はフ…

続きを読む

隣の席のでみちゃん(プレイバック)196

 この愚かな先輩には言いたい事は山ほどあるけど、そんな事をしていたら昼休みが終わってしまう。  それが解っている甘奈先輩が割って入ってくれた。 「姉さん達は少し黙っていて下さい。兼六君、本当にごめんなさいね」 「いえ、甘奈先輩もこういう姉を持つと苦労しますね」 「は、はは。そ、そうねぇ……」  甘奈先輩も苦笑いをして同意する。 「ちょっと甘奈、解ってるんでしょうね?」  蘭菜が…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【隣の席のでみちゃん(プレイバック)】の40日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 制作は9番目の【読み切り小説】の【トラブル&エスケーパーズ】の再々チェック修正をする予定です。 ちょっと番組が思ったより減ってないので、今週の日曜日の作業は中止して、来週の火曜日から【クエスト・ガイド~冒険案内人】の作業を始めようかな?と思っています。 番組の消化を少し優先させてくだ…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 仕事的には毎週休む人が今日も休んでいたのですが、助っ人には行きませんでしたね。 そこの班長さんが、定位置の班長さんになったので、僕を手放さなくなったと言う感じですね。 たぶん、先週もそこに呼ばれなかったから、助っ人の数が減ることになると思います。 ただ、今日は別の場所に呼ばれて、ちょっと手伝いましたけどね。 そんな感じですが、ただいまです。 今日も…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 実は、10時の休み時間に今度は27番目の【読み切り小説】である【全てはあのお方の笑顔のため】のメモを紙に書き始めたのですが、それはまだ途中だから、今回は公開しません。 書いてたら、別の人に【妄想が凄い】と言われましたね。 27番目と言ったらそんなに?と言ってもいましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 それは、主人公とおじ夫婦の血縁関係が無い事が明るみに出るのを防ぐためです。 主人公が生み出す【莫大な財産】を不正に取得しようとするおじ夫婦から逃げると言う感じの物語ですが、ちょっとファンタジーかSFの要素も加えようと思っています。 そんな感じのメモを見せましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 目の色を変えて追いかけて来る追っ手に恐怖を覚えた主人公は逃げる選択をします。 そして、逃げながら真実を突きとめた時……と言う感じのストーリーにする予定ですね。 主人公はおじ夫婦の行動を怪しく思い、動きますが、おじ夫婦はそれを何とかやめさせようとします。 例えば戸籍謄本を取ろうとすると妨害するなどです。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 ところがその【いとこ?】が突然、居なくなりました。 おじ夫婦に主人公が聞いた所、【いとこ?】は両親の元に帰ったとの事でした。 その事に違和感を感じた主人公は自分の【ルーツ】を探す旅に出るという物語になります。 旅に出るとおじ夫婦は追っ手をよこします。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 内容としては主人公はおじ夫婦に何不自由なく育てられて来たと思っているのですが、やったら駄目だと言われている事があり、そのルールを守って生活をしています。 両親は亡くなったと伝えられていて、おじ夫婦には、【いとこ?】も一緒に生活していました。 おじ夫婦は何故か親戚の子供を集めて育てていたのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 いつも通りですね。 新人さんは辞めてしまったので、居ませんがいつもの人には、26番目の【読み切り小説】の【僕達のルーツ】の紙に書いたメモを見せましたね。 先週からちょろっとバイト先で書いていて、今朝、付け足した文章ですので出来たてのホヤホヤのものでしたね。 続きます。

続きを読む