バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)104

「うーん……このゲームはグロテスクなボスが売りのゲームだからな。仕方ないと思う」
「心情としては彼方さんの後ろに隠れてキャーと言いたい気分です」
「助けてやりたいけど、相手がデジタル・データじゃ、助けてやれない――僕は応援する事しか出来ないよ」
「ひーん。戦いたくないですぅ」
 夕愛も女の子。
 お化けの類は苦手だった。
 【大祟り】は山の様な大きさの巨大な生首で目玉が無く、髪はぼさぼさ。
 肌の一部が溶けて骨が見えている。
 腐りかけの死体と言ってもいい感じのデザインだった。
 それが、奇声を上げて迫ってくるのだ。
 夕愛じゃなくても怖い。
 【大祟り】と夕愛の追いかけっこが始まった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント