バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)145

「夕愛は確か、【夕方に告白を受けました】だったな。でも、君は僕に出会ってしまった」
「何を言っているんですか、彼方さん……」
「夕愛、そして、奈朝、これは交換だ。【出会い】は奈朝から夕愛に、【告白】は夕愛から奈朝に。これでおあいこだ。どうだ、文句あるか!」
「ない――無いよ、彼方。大好きだ、私も」
「ちょ、ちょっと、告白は私ですよ」
「だからだ、夕愛。告白は奈朝に譲ってくれ。それで痛み分けだ」
「そんなぁ、彼方さぁん」
「夕愛、お前の悔しい気持ちを奈朝もずっと感じてたんだ。それをウイルスにつけ込まれたんだ。だけど、もう大丈夫、夕愛、奈朝を癒してやってくれ」
「は、はい……」
 彼方に促され、夕愛はレクイエムを奏でた。
 奈朝の中のウイルスは浄化され、彼女の表情から棘が取れた。


続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント