バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)044

「ぼ、僕に何か用かな?」
 気になった彼方はその少女に声をかけた。
「さ、さらばです」
 女の子は逃げる様に去っていく。
「ちょ、ちょっと待って……」
「で、出直してきます……」
 思わず呼び止めたが、一瞬だけ立ち止まったかと思うとそのままどこかへと行ってしまった。

 初めてだった。
 一日以外の女の子が気になるのは。
 それだけ、雰囲気が一日にそっくりだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント