バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)056

 彼女は泣いていた。
 想いが伝わらないという悔しさを滲ませ――
 無言で泣いていた。
「ごめんなさい……こんな私でごめんなさい……」
 謝る夕愛。
 からかわれていると思っていた彼方だが、何だか自分の方が悪いことをしているように思えてきた。
「解ったから。とりあえず、解ったから。でも、今すぐ、君を恋愛の対象としては見れない。例え、君が、一日の生まれ変わりか何かだとしてもだ。気持ちの整理をする時間が欲しいんだ。解ってくれ、お願いだから」
「ごめんなさい。――本当は全員で来たかったんだけど、みんなバラバラで……私、どうしたら良いか……」
 夕愛の頬を伝う涙が止まらない。
 彼方は一日を悲しませている気持ちになってしまっていた。
「解ったから、とにかく泣かないでくれ。君に泣かれると、本当に一日ちゃんに泣かれているみたいで僕も辛い」
「ごめんなさい……ごめんなさい」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント