バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)061

「やっほー、夕愛ちゃん、今日も綺麗だね」
「あ、た、高杉さん、おはようございます」
 秀作が気さくに声をかける。
 彼は夕愛がデータ上の存在という事をあっという間に知った。
 その上で普通に声をかけてくる。

 彼方は恐る恐る、彼に事情を話したのだが、時代が進んだんだとあっさりとVRPの事を受け入れた。
 未来から来たというのも信じているのか信じていないのか――
 そういうキャラ設定という事で落ち着いてしまっていた。
 デジタル・データの女子高生として認められてしまった。
 隠し通そうと思っていた彼方と違って、秀作は周りに話して回り、三日後には学校全体で彼女の存在が認知されてしまっていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント