バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)204

最終章 絆


「彼方さん――ちょっと恥ずかしいな。こんなおばあちゃんみたいな姿で話す事になるから……出来れば、若い内に貴方と再会したかったけどね。でも、こんな形でしか貴方と話せなかったの。ごめんなさいね」
「か、一日ちゃん……」
 一日の肉声を聞いて彼方の頬から涙がこぼれる。
 おばあちゃんみたいな姿だから?
 そんなの関係ない。
 どんな姿だろうと自分が全力で愛した女性なんだから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント