この後の予定

この後の予定ですが、制作をしますので、今日のブログの更新は次がラストになります。 作業は【クエスト・ガイド~冒険案内人】の追加文章が出来た時点で終わります。 余った時間は番組を見ていきます。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)060

 ――頼むぞ。  選ばれたのは海岸のフィールドだった。  砂浜に足を取られ動きにくく、また、すぐ近くには海、反対側には森があるフィールドだ。  【MZK】は水着姿にチェンジしていた。  薄野の身体をさらしているみたいでちょっと面白くない。  が、それでも、彼女の抜群のプロポーションは俺を魅了した。  他の女がカボチャに見える程の美しさだ。  これは俺の理想の女性像なんだから…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)059

 出来たばかりの【MZK】を起動させ、バトル・フィールドを選択する。  何処にするか――  ……わかんねえや。  俺はランダムを選らんだ。  適当に選んだつもりはない。  これからの戦いを占う意味で、運に任せてみるのも良いかと思って選択したんだ。  つまり、ランダムという場所を俺は選んだってことだ。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)058

 俺は、理想の女性像のブレイバーをカスタマイズしていった。  新たなるブレイバー【MZK(エムズィーケー)】は薄野の名前【MIZUKI(瑞希)】からもじった名前だ。  顔もどことなく彼女に似ている。  よっぽど好きなんだな。  そんな事を考えながら彼女に尽くすように丁寧に設定をしていった。  好きな女の子を動かして――っていうと何となく照れくさいが、彼女を助けるために彼女の夢と戦う…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)057

「中洲一太様、では、こちらの理想の女性像のキャラクター化をご希望という事でよろしいですね?」 「あぁ、やってくれ。それが、一番強い気持ちなんだろ? やっぱり、彼女を助けたいって気持ちを正面からぶつけたい。俺はこれで行く」 「了解いたしました。では、これからキャラクター化を行います」 「あ、オペレーターさん、ちなみに、最後の一つ、自分の理想像ってのはどんなやつが出来るんだい?そっちの方が強か…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)056

「待たせたな、クソ女、さっきまでの俺と一緒にしないことだな」 「その減らず口は瑞希を助けてから言って頂戴」 「【いっちゃん】は一回休みだったな、新しいブレイバーを作るぜ、とっとと準備しな」 「――その元気、いつまでもつのかしらね」 「薄野を助けて彼女と死に別れるまで続くさ」 「はいはい、それは行動で示してもらおうかしら」  俺は気持ちを切り替え、再挑戦する事にした。  今度は【いっ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の12日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 【エブリスタ】さんで公開予定の【クエスト・ガイド~冒険案内人】の第13(完結)話の追加文章を作ります。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 木曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は外出しますので、ブログの更新は朝すると思います。 今日の続きで【エブリスタ】さんでの公開作業は次の日曜日にする予定です。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 まぁ、忘れちゃうのは、僕にとって大したアイディアでは無いとは思いますので、それはそれでもかまわないかと思うようにしていますけどね。 という様な感じで休み時間はメモ書き作業中心でしたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 と言う様な事などを色々と考えていましたね。 まぁ、湯水の様にアイディアが浮かぶのはありがたいと思っているのですが、思いつき過ぎて、書ききれなくて、忘れてしまうというのがもどかしいですね。 手で書くスピードより、頭で浮かぶスピードの方が遙かに速いのでそう言う事が起きるのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 【上級クラス】以上になるには、それ以上の事が求められます。 最もわかりやすいのは、【オンリーワンアビリティー】、つまり、オリジナルの【力】を作り出すという事になります。 これくらいの力があれば、地区大会クラスで優勝を争えるくらいのレベルとなると言うことになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 【中級クラス】になると、【幼童教育期】でコツコツ成長させているので、【テンプレート】の6属性全ての【能力】が使えたり、10種類くらいの【必殺技】などが使える様になっています。 努力さえすれば、誰でもこれくらいのレベルには到達するとされています。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 もちろん、これは何の努力もしていないので、実力は最低クラスとなります。 【レク】と【れく】は視聴覚室で、【初級】、【中級】、【上級】のレベルの【クレイ・コア】の戦いを見ることになるのですが、【初級】に当たる対決はグダグダな感じのバトルになる予定です。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【幼童教育期】とは、【能力】や【必殺技】などを【クレイ・コア】に覚えさせる時期の事を指すのですが、それは本来、自分でやらなくてはなりません。 ただ、どうしても思いつかない人用として、【能力】は、【火】、【水】、【風】、【土】、【光】、【闇】の6種類が【テンプレート】として、用意されています。 また、【必殺技】も1000種類ほど、用意されていますので、作る自信の無い人…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 後は【造神闘技】で使う【クレイ・コア】のレベルについて考えましたね。 【クレイ・コア】のレベルは、上から【究極級】、【超級】、【特級】、【上級】、【中級】、【初級】の6ランクが存在します。 【初級レベル】は、【幼童教育期(ようどうきょういくき)】でろくに育てず、【テンプレート】で支給される【能力】だけを得て作られた【クレイ・コア】になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【レク】と【れく】は【田上先生】と出逢う事で、【造神闘技】と関わって行くことになるという感じになりますね。 【田上先生】から【造神闘技】の事を色々と教わって行くという感じの展開になる予定です。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 ただ、【造神闘技】や【神妙想創】をやる才能には恵まれていないので、指導者として、【造神闘技部】の顧問をしていました。 腐れ縁の親友には世界チャンピオンの【零垢(れく)】が居て、【REQ(レク)】が【零垢】の実の娘で、3姉妹だと言う秘密も知っているという設定です。 内部事情に詳しいというキャラクターですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 今回、新たに書いたのは、主人公の【レク】とヒロインの【れく】を導く役として、担任で部活の顧問になる【田上(たのうえ)先生】の設定などですね。 【田上先生】は、【造神闘技(ぞうしんとうぎ)】と【神妙想創(しんみょうそうそう)】を作っている【佑(たすく)ホールディングス】の創業者、【田上 佑(たのうえ たすく)】の曾孫と言う設定にしています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 それ以上、書いたら、【読み切り小説】じゃなくて、2話目と言うことになってしまうので、そこで止めるという事になるのです。 その目安が大体、7枚から10枚くらいになります。 これでも良いかなと思えば、7枚で止めますし、ちょっと足りないかなと思っても、多くて10枚で止めようと自分ルールで決めています。 なので、【造神闘技(ぞうしんとうぎ)】の紙のメモもそろそろ終わら…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 新26番目の【読み切り小説】の【気になるあの娘達……】も紙のメモが7枚に到達したので止めましたし、その前の新25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】も10枚になったので止めました。 なぜ、それで止めるかと言いますと、大体、それくらいのメモで、【読み切り小説】の内容を網羅するか、足りなくても6割から7割以上の内容は書いてしまっているからです。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りでしたね。 いつもと違うのはいつもの人とは話してないと言うことくらいですかね? 今日は新27番目の【読み切り小説】の【造神闘技(ぞうしんとうぎ)】の紙のメモを6枚目まで書き進めていたので、話す余裕がありませんでしたね。 大体、小説の紙のメモは7枚から10枚くらいになったらやめようと思っています。 続きます。

続きを読む