良いお年を

それでは、今日はこれで失礼します。 これが今年最後の更新になると思います。 それでは、お休みなさい。 皆様、良いお年を。 ではまた、来年にお会いしましょう。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、年末ですので、今年最後の挨拶を書いて今日のブログの更新は終了させて、後は番組を見たいと思います。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて10

続きです。 それで、明日の予告ですが、横道にそれた【物語】についての媒体をどうするかという問題についてと1つ、例にあげて、【物語】ベースではどんな形で、展開して行く予定かを書いて、【ストーリーアルファ】バージョンの内容を考えるのを締めくくりたいと思います。 残り10回分の更新だと大した事は書けないと思いますけどね。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて09

続きです。 それらの方法を使うかどうかは、後で考えるとして、完全非公開作品になるかならないかの状態では、その【超造語】とも言うべきものは使わずに、何話かは、通常の物語と同じ作り方で、作ろうと考えています。 という様な事を考えていたら、今日の部分も終わりが近づいてきてしまいましたね。 とりあえず、残り1回では凝った事は書けないので、続きは次回に回すという事にします。 続きま…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて08

続きです。 僕としては、通常の言葉では表現出来ないものを言葉をなるべく言葉を使って表現したいと考えていますので、例えば、本編とは別に、言葉の意味だけを書いた長い文章の塊があっても良いと考えています。 どういう事かと言いますと、【A】と言う話があったとすると、それを説明する【B】と言う文章群、【C】という文章群などが存在するという物語の作り方など、通常の【小説】ではあり得ない方式で、文…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて07

続きです。 もう少し複雑に書けば、【超謎虚超謎虚超謎虚超謎虚超謎虚超謎虚~……】でも、【創造出来ないものの視点でみた架空の存在から出たものを超えた何かではないあり得ない現象】でも何でも良いのです。 とにかく、代用する言葉を作り、その後、その言葉を使うというのをいっぱい作って表現する。 その事を【造語】を作ると言っているのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて06

続きです。 その【造語】は普通の【造語】では無いからです。 前にも似たような事は書いたのですが、わかりやすく書けば、【超超超超超超超超超超超超~……】と【超】が続く言葉を1つにまとめて、【超S】にするとかの表現です。 【超S】と書けば、【超超超超超超超超超超超超~……】と言う意味だというのを表現すると言う事ですね。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて05

続きです。 完全非公開作品として考えている【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】や【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】は30話までは普通の設定で、31話目以降からは【造語】を連発しようと思っています。 完全非公開作品になるかならないかは、その【造語】の連発があるかないかになると考えています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて04

続きです。 例えば、本とかゲームソフトとかネットとかその作品、【物語】が入っている何かがあった方が、表現としてわかりやすいかな?と思っています。 この【ストーリーアルファ】がまだ完全非公開作品になるか、公開作品になるか決めていないので、どちらでも対応出来る様に意味のわかる様な状態で、序盤は話を進めたいと思っています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて03

続きです。 では、何を考えましょうかね? まずは、世界観の構築が【宇宙世界】では無く、【物語】ベースですので、その媒体を考えたいと思っています。 【宇宙世界】の場合は、【宇宙世界】そのものなので媒体を考える必要はありませんでしたが、【物語】の場合は【作品】ごとの区別になるので、それを表現する媒体が必要かな?と考えています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて02

続きです。 ここからは、頭にないので、考えながら書くという形を取らせていただきます。 【ストーリーアルファ】のノルマは今日と明日なので、後、この更新を抜かして、後、18回更新分にまとめて、考えて行きたいと思います。 前もって一太郎にメモを取る形で考えているので、タイムラグとかがあったら申し訳ありません。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて01

それでは、【ファーブラ・フィクタシリーズIFについて】と題して、今回は三日目、【ストーリーアルファ】の内容としては2日目について今日も考えていこうと思います。 昨日までは主人公の【内義田 詠和(うちぎだ よみかず)】の性格とヒロインの【藤宮 清世(ふじみや さやせ)】との関係、ラスボスのイメージと【物語】として成立していない【語否】についてなどを思いついた所まで書きました。 今日はそ…

続きを読む

さて……2

さて、今日も【ファーブラ・フィクタシリーズIFについて】と題して、完全非公開作品として、追加になった3つの【ファーブラ・フィクタIF】について書こうと思います。 という訳で、よろしくお願いします。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)279

 嘘つかれたのか?  まぁ、敵を騙して戦いを有利にとも言えなくもないが、説明じゃ、団員となる【従属者】の息があって初めて強さを示すタイプのボスだって言っていたのに、それも嘘なのか?  俺は、訳もわからず、【雷神】の雷を一斉放射する。  霧の中でよくは解らなかったが、いくつか手応えがあった。  【従属者】を何体かやったはずだ。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)278

 オオカミ――一、  ピノキオ――二、  白鳥――一、  トナカイ――三、  人魚――六、  馬――三、  牛、いや、ミノタウロス――一、  猫――二、  カラス――八、  人――三、  ……なんだ?何なんだ?さっぱりわからん。  確認した中で思いつく話が見つからなかった。  一体、何の劇だ?  全くわからん。  霧は再び、辺りを霞ませる。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)277

 俺は、このエリアに【風神】と【雷神】を投入した。  【風神】の方は風の属性を持たせてある。  こんな霧、吹き飛ばしてやる。  そんな事を思いながら、仕合が始まった。  早速、【風神】の風で霧を吹き飛ばす。  一瞬、霧がはれて敵の姿がチラッと見えた。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)276

 大ボスの名前は【ファミリア】という劇団型のキャラクターらしい。  なんでも、毎回、劇となる作品の配役を決めて、【従属者】達を変装させ、大ボスは【主人公】や【ヒロイン】をやることが多いらしい。  劇って事は人に見てもらうもんだろ。  それが、霧の中でどうするってんだ?

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の56日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ていきます。 今日は今年最後の日なので、後で年末の挨拶をします。 明日の予定ですが、まずは、ホームページで年賀状アニメーション、ブログで静止画年賀状を公開します。 それから、時間をおいて、いつもの更新をして、残りは番組を見る事になると思います。 休みの日にこんなに番組を見た事は無いので何処まで出来るかわかりませんが、頑張ってみたいと思います。 …

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、4時半から起きて番組を見ています。 頑張って見てますので、今日中に残り200をわるのはほぼ確実ですね。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて10

続きです。 また、【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ3】で言えば、クアンスティータやクエニーデ・クアンスティータに当たる様な物語の大黒柱になるラスボスキャラは複数作ろうと考えています。 その複数のラスボスにバラバラになった【清世】がそれぞれ、関わるみたいな感じですね。 例えば友達とか、ラスボスの一部に【清世】の一部が同化しているみたいな感じですかね? ま…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて09

続きです。 例えば、【物語】としては破綻しているとか、【物語】として成立しないもの。 【物語】の枠を超えたもの。 それを【語否】として考えています。 複数の【語否】があって、そこには【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】までとは別の【ラスボス】が関わっていて、そこにバラバラになった【清世】がそれぞれ関わるみたいな感じでやろうかな?と思っています。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて08

続きです。 後は、【物語】ごとの展開なんですが、【物語】とは別に【語られることのない事】として、【語否(かたいな)】というものを考えています。 これは、【物語】にはならないものとして考えています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて07

続きです。 【詠和】はバラバラになった【ソウル・メイト】、【清世】を元に戻すために冒険に出る感じのストーリー展開を考えていますね。 ここまでは割とさらっと考えがまとまりましたね。 後、どうするかですよね。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて06

続きです。 そんな感じで作っていこうと思っていますね。 しばらくは、【清世】は生きていて、【詠和】と一緒に遊んだりして、交流を深めます。 そして、【詠和】との間に絆の様なものが出来た所で、【清世】は、存在がバラバラになるという展開を考えています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて05

続きです。 【詠和】は【清世】が病気か何かと思いますが、【清世】は違うよと答えます。 そして、【見えるんだよね?】と謎の言葉を言いますが、【詠和】には何の事だかわかりません。 ですが、【清世】は、【詠和】のために、自分は死ぬ……と言うより、存在がバラバラにされると伝えます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて04

続きです。 好きとか嫌いとかではなく、同じ価値観を持った【ソウル・メイト】みたいな感じですかね? それで、【清世】は、自分はもうすぐ死んじゃうから、それまで仲良くして欲しいと【詠和】に言います。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて03

続きです。 それでも声をかけ続ける【清世】に対し、【詠和】は、何で自分に声をかけるのか聞きます。 【清世】は、【詠和】に興味があるからと答えます。 それはどういう事かと言うと、【清世】は【詠和】に対して、自分と共通の価値観を持った存在として見ているのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて02

続きです。 主人公とヒロインのからみとしては、人間に興味が無い【詠和】に、【清世】が声を掛ける所から始めようと思っています。 人とのつながりに対して冷めた感情を持つ【詠和】に【清世】は、気さくに声をかけます。 ですが、【詠和】は冷めた反応で返します。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて01

続きです。 さて、【ファーブラ・フィクタシリーズIFについて】の二日目として、今回は、【ストーリーアルファ】の1日目として考えて行きたいと思います。 主人公は、【内義田 詠和(うちぎだ よみかず)】で【ストーリーアルファ】から【ストーリーガンマ】まで共通ですが、【ストーリーアルファ】では、【人間】に興味が無い性格として、考えようかな?と思っています。 ヒロインの名前は仮配置です…

続きを読む

さて……2

さて、今日も【ファーブラ・フィクタシリーズIFについて】と題して、完全非公開作品として、追加になった3つの【ファーブラ・フィクタIF】について書こうと思います。 という訳で、よろしくお願いします。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)275

 俺はそう思って、挑戦を受ける返事をした。  オペレーターに詳しい話を聞こうと思ったが、忙しいのか、応答はなかった。  まぁ、良い。  ここは通過点だ。  薄野を助けるためにこの戦いも勝ってやる。  大ボスプレイヤーが指定したエリアは――  【霧】のステージだ。  謎の大ボスに姿がよく確認出来ないステージだ。  謎とは言っても、メールでどんな大ボスかは知らせて来ていたから予想…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)274

 十二 真実そして黒幕  俺が二戦目の相手を探している時、ある大ボスプレイヤーから果たし状メールが届いた。  こんな事は珍しいと思った。  普通、ボス側の方から挑戦者に挑戦して来ることなどない。  いつだって、ボス側は挑戦される側なのだから。  だが、この大ボスプレイヤーは挑戦してきた。  よっぽど腕に自信があるのか?  上等だ。  受けてやる。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)273

 正直、【ドラゴリエーレ】の力の一旦も見せられずに不満足な勝負だった。  どうせなら、激闘を制したかった。  それは、薄野を助けた後でも出来る。  今は、勝利にこだわるんだ。  楽しんでいる余裕はない。  こうしている間も、薄野はどんどん力をつけていって、俺との距離を広げているかも知れないんだ。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)272

 大ボス相手にも全く引けを取らない【ドラゴリエーレ】は終始相手を圧倒した。  相手も俺を攪乱させようと変身を繰り返そうとしていたが、変身するって事はその度に隙を作るってことでもある。  獅子座→天秤座→水瓶座→牡羊座と変身する度に大ダメージを与えて行って、最後の蠍座でトドメをささせてもらった。  悪いが、十二星座全ての変身を見ている暇なんてない。  変身に気を取られているから【従属者…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)271

 【ゾディアック】と【ドラゴリエーレ】の戦いが始まった。  【ゾディアック】のフラフープが回転して、飾りの一つが光ったと思ったら、獅子の姿を取った。  恐らく、十二星座のどれかに変身出来るってタイプの大ボスだろう。  その事は形状を見たとき、予想してた。  だから、驚くこともなかった。  あの中に、双子座もあったから、俺の【風神】【雷神】と双子対決でもさせたかったって気持ちも少…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の55日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 その内、2時間以上が数点と3時間以上が2つ、4時間以上が1つありますので、これをどう攻略するかですね。 倍速で見るのは当然として、どう見ていくかがポイントですね。 とにかく数を減らしたいので、1時間以上の番組は飛ばしていって、1時間以内の番組をドンドン減らして行くという作戦で行こうと思います。 多分、元旦は徹夜すると思いますので、その時にどこまで行けるかが味噌…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、やっぱり番組を見ます。 ずいぶん、減らしては居るのですが、300番組の大台はなかなかきれませんね。 それでも5分とか10何分とか短めの番組を中心にやっているので、頑張れば多分、年内に200はきれると思いますね。 倍速で見ていますしね。 ただ、問題は1時間以上の番組ですね。 多分、100近くはあると思います。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、五時半起きでしたね。 夜遅くまで起きているので、起きるのは遅めにしています。 昨日は午後、歩いて来ましたね。 今日は歩かない予定なので、二日分、歩いてきましたね。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 これ以上、余計な更新はしません。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて10

続きです。 また、【ファーブラ・フィクタIF】については、完全非公開作品にするかどうかも未定です。 【ハイパーワイフ】とどちらを完全非公開作品にしようか迷っている段階ですので、どちらが公開作品になるかは未定です。 【ファーブラ・フィクタIF】が公開作品になった場合は、応募も視野に入れられる様に100ページ以上が一話として考えて作る事にしようと思っています。 初日としては以…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて09

続きです。 初日の今日は【ファーブラ・フィクタIF】全体の流れについての説明をして、2日目から年をまたいで4日目までは【ストーリーアルファ】の【内容】についての説明。 5日目から7日目が【ストーリーベータ】の【内容】についての説明。 8日目から10日目が【ストーリーガンマ】の【内容】についての説明。 と言うことにさせていただきます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて08

続きです。 主人公の名前が一緒で、ヒロインやラスボス、世界観などが異なるというのが【ストーリーアルファ】から【ストーリーガンマ】までとなる予定です。 という様な事を書いていたら、8回目まで来てしまいましたね。 これだと【ストーリーアルファ】の説明をした事にはなりませんね。 なので、9日では無く、10日に増やしましょうかね。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて07

続きです。 なので、【ファーブラ・フィクタIF】にはクアンスティータ、クエニーデ・クアンスティータ、ヴェヌファユアなどは登場しない予定で考えて行きます。 また、主人公が【内義田 詠和(うちぎだ よみかず)】と言う男性で、この主人公の性格などが、異なるという感じで、【ファーブラ・フィクタIF1】から【ファーブラ・フィクタIF3】までを作って行こうと思っています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて06

続きです。 【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】までと比べてスケールが大きいとか小さいではなく、【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】は【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】、【ストーリーアルファ】から【ストーリーガンマ】までは、【ストーリーアルファ】から【ストーリーガンマ】という感じで、全く別のストーリーとして考えてもらえば良いかな…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて05

続きです。 後は、【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】までの世界観は継承しないで、一から組み上げた世界観でやっていこうと思っています。 そのため、【ストーリーアルファ】は、【ファーブラ・フィクタ5】になるのでは無く、【ファーブラ・フィクタIF1】という位置づけになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて04

続きです。 それで、【ストーリーアルファ】として考えているのが、【物語基準】での展開です。 【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】までは、【宇宙世界】と言う【世界基準】で考えていますが、【ストーリーアルファ】では、【物語】ごとに区別するという【物語基準】で区別をしていこうと思っています。 これは、大きな枠が、【物語】となっていると言う事を示していて、【世界】も…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて03

続きです。 また、【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】までは、1話あたりのページ数が【一太郎】というソフトで、40行で1ページとして考えて、20ページから24ページ以上というルールで考えていますが、【ファーブラ・フィクタIF】は、40行で1ページと言う考えは変わりませんが、100ページ以上で1話として作るつもりでいますので、物語の考え方が全く異なる感じになると思います。…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて02

続きです。 さて、【ストーリーアルファ】ですが、これは正式な【タイトル】ではありません。 【詠和の三面鏡】という仮のタイトルも考えているのですがこれも正式ではありませんね。 物語の内容がどんなものになるかで、【ストーリーアルファ】から【ストーリーガンマ】まではそれにあった【タイトル】を後でつける事になると思います。 まだ、考え始めたばかりの出来たてのホヤホヤ状態なので、こ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズIFについて01

さて、それでは、今回から【ファーブラ・フィクタシリーズIFについて】と題して、最近、追加する事にした【完全非公開作品】の4つ目から6つ目の話について書いて行こうと思います。 とりあえず、今日から【ストーリーアルファ】から【ストーリーガンマ】までの3つの【ファーブラ・フィクタIF】を3日ずつ、年をまたいで9日間を更新しようと思います。 1つの話について、3日間分考えるという事でやって行…

続きを読む

さて……2

さて、よく考えたら、休みに入っても番組を見るので、制作はしてない事になるんですよね。 と言う事は、また、10回ずつ更新した方が良いかな?と思って何かを更新する事にしました。 それで朝からそのストックを作っていました。 昨日までは【ファーブラ・フィクタシリーズについて】の更新なので、今回からは、【ファーブラ・フィクタシリーズIFについて】と題して、完全非公開作品として、追加になっ…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)270

 【従属者】は他の星座を具現化させたものらしい事は予想がついた。  そして、予想通り、その通りだった。  俺の方はパーティーを組む事を許されている。  ブレイバー、つまり、他のプレイヤーに声をかけて、部下として参加してもらうことが出来るんだ。  だけど、悪いな、俺は仲間を使うってガラじゃない。  一人で挑戦させてもらう。  これは薄野を助け出したいっていう俺の戦いなんだ。  他…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)269

 遠くにあった光が一つ、近づいて来るのがわかる。  そいつが大ボスなのだろう。  肉眼でもそいつの姿が確認出来るようになった頃、大ボスの名前がキャラクターの上部に表示された。  【ゾディアック】?  アメリカじゃゾディアック事件ってのがあったって聞いた事があるけど、それとは違うようだ。  見た目から察すると黄道十二宮の方を指すようだ。  何の特徴もないのっぺら坊みたいな男に三つのフラ…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)268

 だが、俺は負ける気がしない。  俺の子供、ブレイブ・ヒーロー達と一緒に戦って勝ってやる。  俺は、【ドラゴリエーレ】を使用して、土星のリングの上で敵を待ちかまえる。  そして、穏やかな音色から一転、緊張感のあるBGMに変わる。  大ボスが現れる合図だ。  俺はここの大ボスを知らない。  だが、どんなのが現れようと必ず勝ってやる。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)267

 【ドラゴリエーレ】、【風神】&【雷神】、【一希】――俺達の子供が産まれた。  待ってろ、薄野、すぐに助けてやる。  【一希】が出来た翌日――  俺は、【大ボス】に挑むことにした。  選んだステージは【土星の輪】だ。  初めての対、【大ボス】戦だ。  観戦モードでは挑戦者達が負ける所しか見ていない。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)266

 三体目は両性具有の天使タイプだった。  これについては迷わなかった。  両性具有という事は男でも女でもあるってことだ。  つまり、男と女の丁度半分って事だ。  だから、この三体目にその名前をつけることに決めていた。  その名前は【一希(かずき)】だ。  俺の……中洲 一太の【一】と薄野の……薄野 瑞希の【希】を合わせて作った名前だ。  本当に子供が出来たらこうするのかも知れないな…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の54日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、今日は番組をずっと見ていきます。 午後になったら、お正月太りを防ぐために少し歩いて来ます。 それ以外は番組を見ることになります。 昨日、残りの番組を数えたら、録画して取ってある番組が400近くありましたね。 短いものは五分くらいにまとめているのですが、多いのは編集(合成)がしてあって、4時間以上になっているのもあるので、見るのが大変だなと思っています。 …

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、5時から起きていましたが、ちょっと、作業をしていましたので、こんな時間になってしまいました。 それについては更新の後半で書くとして、今日からお正月休みです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 というのが【ファーブラ・フィクタシリーズ】についての説明になります。 【ファーブラ・フィクタ】も【プハンタシア・クアンティタース】も【アナザーFP】も【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】も僕が生きている限り、超大作として作って行く予定です。 【ファーブラ・フィクタ】は残す所【ファーブラ・フィクタ編】と【セカンド・アース編】と【地球編】で終わりますが、他の3シリー…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 と言う僕の裏事情を書いたところで、残るは後2回になってしまいましたね。 後、何書こう? あ、そうだ。 【プハンタシア・クアンティタース】では、【終主】、【恭精】、【踊詩】以外に女の子主人公達を用意していて、他の人に作ってもらおうと考えていたのですが、そう言う段階ではないので今は未定ですね。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 この三キャラは【複合多重生命体?】なので、再構成して、話を作ると、キャラクター紹介だけで、ずいぶん、時間を取られてしまうのです。 その代わり、ナンバー3のヴェスフェアリスなどをピックアップしてやって行こうと思っていますが、クアンスティータの代わりになる存在の紹介は省略と言うことになりますね。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 本当はクアンスティータの様な存在も一から表現したかったのですが、僕の寿命の事を考えると、そこから作っている余裕はありませんので、やむなく、イメージだけ借りたという事になりますね。 同じようにクエニーデ・クアンスティータも【プハンタシア・クアンティタース】などからイメージを借りますし、ふぇんでぃなちゃんも同様に【ちっちっぱ】から借ります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 例えば、クアンスティータだと【ファーブラ・フィクタ】で深く関わっている吟侍達のエピソードなども関係して来ますが、【ヴェヌファユアの謎夢想】に吟侍は登場しません。 そう言う意味では余計なしがらみは帰って邪魔なのです。 そこで、クアンスティータの力の雰囲気だけ借りて、後の人間関係などは入らないから排除するという方法を取らせていただきました。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 そのため、【ファーブラ・フィクタ】では【ヴェヌファユア】は【ヴェヌフェルナ】として名前が出て来ていて、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】では、クアンスティータやクエニーデ・クアンスティータは別の名前になっています。 それは、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】で、【ファーブラ・フィクタ】と【プハンタシア・クアンティタース】と【アナザーFP】の物語のしがらみを持ち…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 クアースリータに相当するキャラクターと身体を入れ替えられてもけろっとしている所からも考え方の根本から違うと思って貰えれば結構です。 また、【ファーブラ・フィクタ】と【プハンタシア・クアンティタース】と【アナザーFP】は基本的に同じ世界観の元で物語を作っていますが、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】は似て非なる世界観で物語を作っています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 一応、四つの【ファーブラ・フィクタシリーズ】のメイン主人公は【答えの力】と言う共通の【能力】で統一させていますが、【稀義】の場合、【答えの力】【も】持っているというだけで、主体として使うという気持ちはありません。 あくまでも発掘した力の1つとして考えています。 そう言う意味では、【稀義】も【吟侍】達にとっては超高次元の存在と言うことになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 さて、これで残り9回となりましたので、まとめたいと思います。 【稀義編】は昨日書いたところで終わりではなく、まだ更なる上が存在していて、それを見るのが【ヴェヌファユア】の視点と言う事になるのですが、それを細かく書いてもきりがないので、この辺りで止めておきます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は最終回という事で10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日はファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)の大太刀 十手(おおだち じって)編とはどんな物語かについてと和諷 稀義(わふう まれよし)編について書けるところまで書きました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けていたので、今日は10回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)265

 二体目は双子の姉妹だ。  つまり、二つ名前をつけなくてはいけない。  最初は女性芸能人で双子のタレントから名前を貰おうかと思ったが、それだと苦労して名付けた【ドラゴリエーレ】に比べて安直過ぎると思った。  だから、双子に関するものを俺はやっぱり探しまわった。  色々――本当に色々探し回ったけど、候補が見つからなくて雑誌を見たとき、【風神雷神展】という広告を見た。  それを見たとき、本…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)264

 俺はまるで、子供が産まれるのに立ち会うかのように、作成過程のブレイブ・ヒーローが作られて行く工程に付き合って、それでイメージした名前をつける事にした。  一体目の男性型ブレイブ・ヒーローは龍の要素も持つ【龍人】だ。  色々、ドラゴンの名前を探したが、ピンとくる名前には当たらなかった。  だが、俺はふいに、ドラゴンとイタリアの手漕ぎボート、ゴンドラが同じ言葉のアナグラムだという事に気付…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)263

「では作業に移りますので失礼します」 「あぁ、ありがとう」 「通信を切ります」 「……三日か」  俺は三日間、名前を考える事にした。  考えて見れば、自分の理想像と理想の女性像の間の子供という設定になっているんだ。  俺と薄野の子供と言えなくもない。  そう思うと、真剣に考えなくては。  そう思うのだった。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)262

「わかった。頼む」 「はい。かしこまりました。では早速作業に移ります。では、誕生の順番をお決め下さい」 「順番はどれでも良い。作りやすい順番に作ってくれ」 「わかりました。では、この様な順番になります。最初の一日目では龍人タイプのブレイブ・ヒーローが誕生します。次の二日目では双子の姉妹タイプのブレイブ・ヒーローが誕生します……」 「双子?」 「はい、二体で一体となります。一心同体タイプ…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)261

十一 俺のブレイブ・ヒーロー  少し退屈だった、【大ボス】戦の観戦での時間つぶしも終わり、俺はいよいよ、ブレイブ・ヒーローの作成の許可申請を受ける事が出来る時間を迎えた。  善は急げだ。  俺は早速、オペレーターに連絡を取った。  理由はもちろん、ブレイブ・ヒーローを生み出すためだ。 「オペレーターさん、いつも悪いな」 「いえ、お仕事ですから」 「じゃあ頼む。今の俺…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の53日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 制作はお休みすることになるのですが、一応、ブログは毎日更新します。 1月1日には、静止画年賀状も公開する予定です。 1月10日前後にブルーレイレコーダーを買い換える予定なので、それまでに駄目になったブルーレイレコーダーのハードディスクに入っている番組を見ていこうと思っています。 それと大量に録画している番組を見ながらの番組視聴三昧ですね。 例年までとは異…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組をみます。 明日から六日間はお正月休みとなります。 ですが、ダイエットのために、毎日、少し歩こうと思っています。 お正月太りを出来るだけ防ぐためですね。 それ以外は番組を見ていく事になりますね。 全然終わらないので、とにかくひたすら見ていきます。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 そう言えば、鬼滅の刃の映画、歴代一位になった見たいですね。 凄いですね。 ワンピースも次号で、連載1000回みたいですし、ホント、凄いですね、ジャンプ作品は。 という感想を書いたところでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日は今年最後のバイトでしたね。 忙しかったですね。 ですが、無事に仕事納めをしてきましたね。 ただ、いつもの人には会えなかったので今年最後の挨拶が出来なかったのが心残りでしたけどね。 まぁ、来年挨拶すれば良いでしょう。 ある程度の人には最後の挨拶はしてきましたし、良しとします。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見て行きます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて20

続きです。 この様に高次元過ぎて訳がわからない状態になっているものを一つ一つ解明出来なくともある程度理解していく事が【稀義編】と言う物語になります。 この先の物語では、【造語】がたくさん出ると思いますので、30話くらいまでは、【ファーブラ・フィクタ】、【プハンタシア・クアンティタース】、【アナザーFP】と同じ様な世界観で、ならして行こうと思っていますね。 という所までで、今回は…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて19

続きです。 また、【ヴェヌ集族】と呼ばれる存在も居ます。 【偽トゥエルブ】によって存在が抹消された、10の存在のナンバー2【ヴェヌフィクトゥア】もその内の一名です。 ナンバー1の【ヴェヌファニア】の廻りに存在する6つの存在、【ヴェヌフィクトゥア】、 【ヴェヌファビュラ】、【ヴェヌエフュフィ】、【ヴェヌアヌァザ】、【ヴェヌプファンタ】、【ヴェヌクアンティス】の謎の解明もあります…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて18

続きです。 ですが、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】ではその【変様何(へんようか)】の視点になってものを見てみようという物語なのです。 なのでスタートの世界から更なる広がりを持たせるという感じの物語になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて17

続きです。 また、【ファーブラ・フィクタ】、【プハンタシア・クアンティタース】、【アナザーFP】では、【世界他外】以上の単位に居る存在?の事を全部ひとまとめにして【変様何(へんようか)】と呼んでいます。 これは、クアンスティータの第七本体の勢力である出たら全てが終わるとされた【よそもの】ですらない何かという意味の名前です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて16

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】、【プハンタシア・クアンティタース】、【アナザーFP】の世界観では、【宇宙世界】という【宇宙】より広い単位として、【世界他外(せかいたがい)】、【偉唯位場(いゆいば)】、【何抜違至(かぬいし)】と言う単位は出てきますが、それ以上の単位は出てきません。 人間が、宇宙の全てを見れないのと同様に物語の視点では全てを見通すことが出来なかったのです。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて15

続きです。 ですが、10の存在にとって、存在抹消ごときで、消される事はありません。 いつでも復活出来るという状態になっています。 という事で、まずは、この10の存在とのコンタクトを取っていくのが第一目標となります。 ただ、この10の存在も広い視点で見れば、トップでは無いのです。 もっと広い視野を持って見ることになるのが、【稀義編】と言うことになります。 続きま…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて14

続きです。 ナンバー3が、【ヴェスフェアリス】で、ナンバー7はそのペットとされています。 【ヴェスフェアリス】はペットと共に、【ヴェヌファユア】と握手をして、力を得たとされているのです。 ナンバー2が、【ヴェヌファユア】の腹心の1名、そして、ナンバー1が【ヴェヌファニア】――【ヴェヌファユア】の化身の1つになります。 この10の存在が、【偽トゥエルブ】によって存在抹消され…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて13

続きです。 さて、【ヴェスフェアリス】ですが、【獣僧編】でも出た【偽トゥエルブ】によって無かった事にされている10の【存在】の一名です。 無かった事にされているのは、ナンバー8からナンバー10は【獣僧】と義兄弟になった男の子3名、ナンバー6は年賀状アニメーションでもおなじみの【ちっちっぱ】と言う作品の【ふぇんでぃなちゃん】がモデルのキャラクター。 ナンバー5はクエニーデ・クアン…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて12

続きです。 シティーハンターの香の様に【稀義】の事をお仕置きしたりします。 【稀義】もお仕置きは甘んじて受けます。 【ヴェスフェアリス】が出てくるまでは【稀義】は研究者、【テロメア・永久】はその助手として、物語を進めます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて11

続きです。 彼女は【テロメア】と【永久(とわ)】と言う別の存在だったのですが、存在融合により、大爆発を起こそうとしていた時、【稀義】が通りかかり、彼女をあっさり治した事から彼女は【稀義】に弟子入りする事になります。 【テロメア・永久】にとって、治ることは無いと思っていた事をあっさり治してみせた【稀義】の事を尊敬もしていますが、ちょっとエッチなキャラなので、軽蔑もしています。 続…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 【稀義編】のヒロインの1人はまず、【ヴェスフェアリス】と言うキャラクターなのですが、それはこの世界に置いては、【パーフェクト11】の上に位置する10の存在の内、ナンバー3に相当するキャラクターなので、すぐには出せません。 そこで、借りのヒロインとして、【稀義】が助けた女の子、【テロメア・永久(とわ)】と言う女の子が彼に付き従う事になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 クアンスティータの様な存在の姉にして兄の様な存在、クアースリータの様な存在はそのまま、何処かに行ってしまいます。 結局、そのままの身体で良いやと言うことになり、彼はそのまま、活動する事にしました。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 【稀義】は元々、超天才肌で、普段はすっとぼけているのですが、【答えの力】のレベル1からレベル4の力を発掘したり、そこから、更に上のレベル5からレベル7の力を作り出すなど、そこいらのボスキャラがしっぽまいて逃げ出す様な力を持っていました。 ただ、クアンスティータの様な存在の姉にして兄の様な存在と出会い、興味本位で、身体を交換します。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 さて、【稀義編】ですが、前にイラストで公開したと思いますが、【女の子】っぽい容姿をしています。 それには理由があり、彼は自分の身体を奪われているのです。 【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】にもクアンスティータっぽいキャラクターは居るのですが、そのキャラクターの双子の姉にして兄の様な存在、【ファーブラ・フィクタ】で言えばクアンスティータの双子の姉にして兄のクアー…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 【十手】のマヌケぶりとヒロインの切ない思いを描いたストーリーになる予定です。 とここまでが【十手編】となります。 【十手】には悪いのですが、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】のメインストーリーは【和諷 稀義(わふう まれよし)】なので、残り回数も少ない事ですし、そっちの話に移らせていただきます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 ヒロインは何故か、【十手】のまっすぐな気持ちに心を打たれ恋をします。 そして、【十手】の恋の相手が、【パーフェクト11】である自分かも知れないと思いつつ、別の【パーフェクト11】かも知れないと不安にも思います。 なぜなら、【パーフェクト11】は女性ばかりだからです。 どの【パーフェクト11】に恋しているかわからないまま、【十手】と交流を続けるヒロイン。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 ヒロインは正体を隠しながら、【十手】と出会います。 ヒロインは咄嗟に武器商人と言う事を伝えますが、もちろん、それは嘘です。 ヒロインは携帯用としてもっていた特別な銃(様々な効果を出す銃)をびっくりする程安価で【十手】に売るのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 一方、【パーフェクト11】側でも動きがあります。 【パーフェクト11】の1人が、お城の生活に退屈して、正体を隠し、町に出ます。 自分が【パーフェクト11】だと気付かれないために【パワー】を落としています。 実はそれが【十手編】のヒロインになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 さて、今回は、まず、【大太刀 十手(おおだち じって)編】について書きます。 【十手】はある女性に恋をします。 それが誰だかわからないのですが、彼は恋に対してまっすぐな気持ちになります。 その恋の相手は【獣僧編】でも話に出た【パーフェクト11】の誰かだと言う事がわかっています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は20回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日はファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)の獣僧(じゅうぞう)編とはどんな物語かについて書きました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日は20回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)260

 午前中最後に見たのは  【漫画】ステージ。  雑誌に掲載されている漫画の中を渡りながら戦っていくっていう面白いステージだった。  ボスの名前は【バグベア】ではなく【バクベア】……どうやら獏を元にしたキャラクターらしかった。  物語を食べてその中で使われている能力を使っていくというタイプのキャラクターだった。  こうして、【大ボス】戦を見て回ったが、面白い見せ物だったな、くらいにし…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)259

 続けて見たのは――  【野鳥の群れ】ステージ。  【大ボス】の名前は【エア】だ。  これは、ステージ事態に憑依して自然現象として攻撃してくるというタイプのキャラクターだった。  その次に見たのは  【巨人の城】ステージ。  【大ボス】の名前は【キング・ポルターガイスト】だ。  これも【エア】と似たようなタイプのボスだった。  夢を元にしている以上、ネタがカブる事もあるん…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)258

 箱の中から何が飛び出すか解らないという意味では、ギャラリーの目を楽しませる面白いキャラクターだと言えた。  が、相手プレイヤーにとってはえげつない攻撃が何処から飛び出すか解らない厄介な敵に映った。  この戦いも【大ボス】側の圧勝だった。  だが、もはや、【大ボス】戦も俺をビビらせるには至らない。  楽しそうな余興にしか映らなかった。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)257

 次に見たのは【異空間】ステージだ。  この時感じたが、やはりBGMは中ボス戦の時よりも迫力のある物を使っているようだ。  これを聞くと、高揚感が増す。  これは俺の素直な感想だった。  大ボスの名前は【ジャック・イン・ザ・ボックス】……要するにびっくり箱だ。  箱が空く度に、ビックリする様な物が出てくるというタイプの大ボスで、欠片……じゃなかった、【従属者】だったな、これも同じび…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)256

 とは、言え、【いっちゃん】や【ディアプレイ】で挑めば、負けてしまうだろうが、気分的には、俺は、ブレイブ・ヒーローを使っているような気持ちでいた。  【ルナ・ムーン】戦に物足りなさを感じた俺は、まだ、正午まで時間もあるので、続けて、【大ボス】戦を見ることにした。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の52日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 一日を通して番組を見て行く事になると思います。 明日の予定ですが、午前中は今年最後のバイト、午後は番組を見ます。 録画して取ってある番組は少しずつ減らしていますが、新規で録画する番組が増えたらそれも見ながらなので、思ったよりも減ってはいるのですが、それでもかなり、残っていますね。 早く全部見て、制作に戻りたいと思っていますが、お正月休みは…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は5時から起きています。 バイトの方ですが、休みになったみたいでしたね。 なら、休むと言わなくても良かったなと思いましたね。 昨日は外出から帰って来てから日にちをずらして軽くクリスマスを祝いましたね。 先週ケーキを買って食べてたので、ケーキは出なかったですけどね。 料理がクリスマス仕様のものになりましたね。 という訳で今日もよろ…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 そして、行動に移していくのが【獣僧編】となります。 今回は以上になりますね。 今日が土曜日なので、後、二日しかありませんが、残りの二日で、【十手編】と【稀義編】について書きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 この世界と表現しているのは別の世界もあるという事で、そこには更なる広がりがあるのですが、それについては説明を省きます。 これはまだ、【ヴェヌファユア】にたどり着いていない物語ですので。 その話はまた今度と言うことにして、我が物顔で傍若無人な事をする【偽トゥエルブ】に対して、1週間だけとは言え、家族となった4名を奪われた【獣僧】は、復讐を誓います。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 【パーフェクト11】以上の10の存在の内、ナンバー4に当たるのが、クアンスティータの要素を持つ存在、ナンバー5に当たるのがクエニーデ・クアンスティータの要素を持つ存在となります。 つまり、この世界だけでもクアンスティータやクエニーデ・クアンスティータより強いとされる存在が居る事になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 実は、その世界では【パーフェクト11】よりも強い存在が10名存在し、その内のナンバー8からナンバー10になるのが、その3人の男の子でした。 【パーフェクト11】以上の存在は入らないとして、【偽トゥエルブ】は、【パーフェクト11】の上の10の【存在】も消したのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 そのため、【トゥエルブ】と言う名前を持つ者を殺して回っていたのです。 更に、【トゥエルブ】と共に、共同生活をしていた男の子三人は、【パーフェクト11】の威光の邪魔になる存在として、存在を抹消してしまいました。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 それを邪魔しにやって来た男が現れ、【トゥエルブ】を殺害し、彼の名前を奪います。 それが【獣僧】が憎んでも憎みきれない【偽トゥエルブ】という男でした。 【偽トゥエルブ】は自分が12番目という事にこだわる男です。 彼の上には【パーフェクト11(イレブン)】と呼ばれる11名の存在が居て、彼はその下の12番目という事を誇示したいのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 その男の名前は【トゥエルブ】。 12を意味する名前でした。 その男の義弟となったので、彼の名前は【十三(じゅうぞう)】、それに当て字をして【獣僧(じゅうぞう)】となりました。 たった一週間ですが、【獣僧】は【トゥエルブ】と【トゥエルブ】が拾ってきた三名の男の子達と家族の様に過ごします。 それは人の温かみがわかる様な一時でした。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 では、今回はメイン主人公である【和諷 稀義(わふう まれよし)】の事は置いておいて、それ以外の主人公である【獣僧(じゅうぞう)】と【大太刀 十手(おおだち じって)】の話について書こうと思います。 ちなみにこの3人の主人公は顔なじみであり、その後、別行動を取る様になっていると言う事を付け加えておきます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日はファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)とはどんな物語かについて書きました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日も10回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)255

 そう、自己分析する、冷静な自分がいた。  ブレイブ・ヒーローという未知数の可能性を手にした俺にとっては、いかに【大ボス】であろうと大した恐怖は感じなかった。  むしろ、武者震いをして、早く戦って見たい……  そう思うようになっていた。  対、【ルナ・ムーン】戦は【ルナ・ムーン】の圧勝に終わった。  挑戦者達は無惨に散っていった。  が、俺にとってはそう、脅威には感じなかった。 …

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)254

 大自然に囲まれたステージだが、実際に強調されるのは夜の空という事になっている。  その理由は大ボスにあったようだ。  そのステージの大ボスの名前は【ルナ・ムーン】。  月、そのものがボスになっている。  満点の星と共に巨大な月が出ていて、その月に目玉と口と右腕がついている。  【ルナ・ムーン】はその巨大な腕を伸ばして、すくい取るように、挑戦者達に攻撃を仕掛ける。  それは、正に…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)253

 出来れば、薄野の【ジュエリット】を見たいが、彼女がどのステージにいるかは残念ながら解らない。  だけど、せめて、それと同等の力を持つとされている他の【大ボス】の戦い方を見るのも悪くないと思っていた。  ――で、俺が選択したステージは【夜空】のステージだ。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)252

 十 大ボス戦観戦  翌日、俺は、自分のステータスを見て歓喜した。  ビックリするくらい、色んな項目が跳ね上がっていた。  一心不乱に今まで、勝って来たが、ここまで強くなっているとは正直、夢にも思っていなかった。  当然、【大ボス】への挑戦権もあるので、【大ボス】のステージも見れる様になっている。  が、ブレイブ・ヒーローを作り出す、午後までは【ラスボス】ステージは見ることは出…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の51日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中はバイト、午後はちょこっと外出して来ます。 帰ってきたらまた番組を見ます。 明日の予定ですが、お休みですので、一日番組を見たいと思っています。 月曜日は今年のバイトの最終日です。 午前中はバイト、午後は番組を見ようと思います。 何とか、【ファーブラ・フィクタIF】のメモを取りたいと思っていますが、今は番組を中心に見たいと思っています。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は午後から外出する予定があるので、朝の内に更新します。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日の更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 クアンスティータやクエニーデ・クアンスティータに当たる存在に力を渡す存在という事になっています。 という世界観を書いたところで今回は以上です。 続きは、明日という事でお願いします。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】での【ヴェヌフェルナ】は握手する事で、クアンスティータに強大な力を与えた存在として、描かれています。 【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の【ヴェヌファユア】も立ち位置は一緒です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 クアンスティータやクエニーデ・クアンスティータはこの【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】では登場しませんが、近いニュアンスを持ったキャラクターは存在します。 【ファーブラ・フィクタ】でも【ヴェヌファユア】はそのままの名前では無く、【ヴェヌフェルナ】と言う名前で登場しています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 そんなものすごい才能を持っている【稀義】ですが、彼もまた、【ヴェヌファユア】と同じ様に観察者であり、より強い存在とコンタクトを取るために、【ヴェヌファユア】とのコンタクトを求める様になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 そのため、【稀義】は【ファーブラ・フィクタシリーズ】のメイン主人公が持っている【フェイバリット・アビリティー】である【答えの力】を持っています。 レベルも1から4までの【答えの力】だけでなく、更に上のレベル5から7までの【答えの力】まで作り出しました。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の主人公も3名です。 それが【獣僧(じゅうぞう)】、【大太刀 十手(おおだち じって)】、【和諷 稀義(わふう まれよし)】の三名になります。 立ち位置で考えると、【獣僧(じゅうぞう)編】、【大太刀 十手(おおだち じって)編】がイグニス編やテララ編、【和諷 稀義(わふう まれよし)】がアクア編やウェン…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 ちなみに【ヴェヌファユア】はキーキャラクターではありますが、物語最強のキャラクターではありません。 【ヴェヌファユア】の目でギリギリ確認出来る存在が最強と言うことになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 もっと巨大な存在が居て、存在は普通の視点では見ることさえ叶わない。 そのため、視点役として、【ヴェヌファユア】という【クアンスティータ】よりも強大な力を持つ存在を用意しました。 そのため、タイトルに【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】と言う副題がついているのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 それでは、昨日まで大分はしょって書いたので、余裕が出てきたので、今回からは28日まで、少し詳しく書いて行こうと思います。 今回からは【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】と言うことになります。 【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】がこれまでの【ファーブラ・フィクタシリーズ】と異なるのは、物語の中で最強とされている…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日はファーブラ・フィクタ3/アナザーFPまで書きました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日も10回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)250

 対戦相手がなかなか出てこなくなった頃、俺は、小ボスや中ボス、マッチメイクなどを行って行った。  それで、ポイントも稼ぎ、【いっちゃん】と【ディアプレイ】もなかなかのレベルに上がっていった。  もう、二キャラ共、通常の中ボスクラスくらいにはそうそう負けないくらいの力を身につけていた。  そして、俺にとっての待ち状態の三週間というのはあっという間だった。  気付けば、明日の正午、ブレイブ・…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)249

 俺は遠慮無く、次々と勝利をしていった。  もちろん、圧勝すると、カモ共は去っていくから、毎回、自分で勝手にハンデをつけて、ギリギリの状態で勝っていった。  その方がボーナスポイントもたくさんもらえるし、俺にとっては一石二鳥で都合が良かった。  カモ共がそれに気付く頃には俺は【いっちゃん】と【ディアプレイ】だけで、六十八連勝していた。  レベルが比較的低い相手が多かったので、期待して…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)248

 俺は、四体目のブレイバーを作ることにした。  四体目、【ゲームを楽しむ】夢のブレイバー名は【ディアプレイ】だ。  【不思議の国のアリス】の白ウサギをイメージしたようなキャラクターだ。  当分の間、【いっちゃん】と【ディアプレイ】で、勝ち星稼ぎだ。  幸い、俺の噂はプレイヤー達に広まっていて、絶対王者と引き分けた男として有名になっていて、今は、ブレイブ・ヒーローにする為に、両親と…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)247

「……そうだな……で、その新しい夢ってのは何だ?」 「はい、【ゲームを楽しむ】という夢です。潜在能力を測りますと、【ジョーカー】や【MZK】にこそ及びませんが、【いっちゃん】よりは相当高い数値を示していますが?」  これを聞いた時、やっぱり、俺はこの【夢命戦】を楽しんでいたのか……  そう思った。  ゲームを楽しむ夢が消えても薄野の為、俺自身の為、ならまだ、【夢命戦】を続けられる。 …

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)246

「そうだな……そうするか」 「では、両親となるブレイバーを二キャラクター、お選び下さい」  オペレーターが選択を求めてきた。  俺は何を両親にするかで悩んだ。  俺が現在使用可能キャラクターは三体。  お笑いの夢の【いっちゃん】  自分の理想像の【ジョーカー】  理想の女性像の【MZK】  の三つだ。  中ボスや大ボスと戦っていく事を考えると【ジョーカー】か【MZK】は残したい…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の50日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 ちょっと余計な更新分を作ってしまいましたが、ブログを更新した後、番組を見ていきます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ていきます。 日曜日はお休みですので、一日、番組を見ていきます。 とにかく、ブルーレイレコーダーを買い換える前に少しでも録画して取ってある番組も見ていきます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 ヒロインはそれぞれ別で、時間内に考えつかなくて、バイトから帰ってからの持ち越し作業になりましたが、【ストーリーアルファ】が【藤宮 清世(ふじみや さやせ)】、【ストーリーベータ】が【澄芳 瑞仁(すみよし みずに)】、【ストーリーガンマ】が【琉韻 銘佳(るいん めいか)】と言う名前にしました。 まだ、仮配置ですが、一応、これで物語をこっそり作って行こうと思っています。 …

続きを読む

こんにちは6

続きです。 後、【ファーブラ・フィクタシリーズ】で、【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】は、一太郎で、20ページから24ページ以上を1話として考えていますが、【ファーブラ・フィクタIF】は【読み切り小説】と同じ、100ページ以上を1話として考えて作ろうと考えました。 それと、主人公の名前なんかを考えましたね。 これがまた、難産で、どうしようかと思ったけど、最…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 ただ、そうなると、【ファーブラ・フィクタIF】だけ孤立してしまって、イメージの点で、他の【ファーブラ・フィクタシリーズ】より、弱くなってしまうので、【主人公だけ】同じで、それ以外の設定が全く異なる【世界観】で、作ってみようかな?と思いました。 つまり、【ファーブラ・フィクタ5】から【ファーブラ・フィクタ7】ではないですが、【ファーブラ・フィクタIF1】から【ファーブラ・フ…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 どういう事かと言いますと、【ファーブラ・フィクタ1】~【ファーブラ・フィクタ4】までは、【宇宙世界区別】で作っていましたが、【物語区別】で組み替えて作ってみようかな?と思っています。 また、【ファーブラ・フィクタ1】から【ファーブラ・フィクタ4】は【ラスボス中心】の【世界観】になっていますが、【ファーブラ・フィクタIF】は、【主人公中心】の【世界観】にして、作ってみようか…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 そこで、【ハイパーワイフ】を30話以降の【造語祭り】を止めて、完全非公開作品から公開作品にして、代わりに別の作品として、【ファーブラ・フィクタIF】に当たる作品を考えようかな?と考えていましたね。 【ファーブラ・フィクタ5】として作るのではなく、作り方を変えて、1から作ろうと思っていました。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 10時の休み時間では、ちょっと考え事をしていましたね。 完全非公開作品として考えている3作品があります。 【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】と【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】がその内の2つです。 問題は残る1つ、【ハイパーワイフ】についてどうするかを考えていましたね。 やっぱり、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 急がしかったですね。 同僚が遅刻したので、そのサポートをしたりしてましたね。 いつもの人には、30番目と31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】と【君のための物語Cコース】を抜粋して見せましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 これは完全非公開作品なので、公開する予定は今の所ありませんが、現在までは【靜佳丸】同様に【伊那】によってよみがえった他の【武芸者】達との交戦などを書いています。 まだ、クアンスティータの名前が出る様な状態ではないですが、【靜佳丸】は【必様の力】によって元々居た時代からクアンスティータの存在を信じていました。 という所までがアナザーFPと言うことになります。 今…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 大化稀ですので、12番の化獣クアースリータ、1番の化獣ティアグラ、7番の化獣ルフォスなどとは別の存在が大化稀として君臨しています。 そう言った別のクアンスティータとクエニーデ・クアンスティータについての物語。 それがアナザーFPという物語になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 これは別の視点で見た【ファーブラ・フィクタ】と言うことになります。 そのため、クアンスティータも13番の化獣(ばけもの)では無く、13番の大化稀(おばけ)として伝わっています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 ただ、歴史上の偉人とイチャイチャしたいと言う不純な動機でしたが、【靜佳丸】は【伊那】の義弟となります。 そこから物語がスタートするのですが、この物語のラスボスもクアンスティータであり、その後継のクエニーデ・クアンスティータです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 【靜佳丸】は、【潤茶 伊那(うるさ いな)】と言う天才科学者によってよみがえります。 最強の武芸者として宮本武蔵の様な感じで、言い伝えられていた存在だった【靜佳丸】は歴女のオタクだった伊那の都合によってよみがえったのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 その力も吟侍や踊詩の【答えの力】より強力で、レベルは4に相当します。 【靜佳丸】は吟侍達が冒険を始めた頃、裏の【現界】で、目覚めますが、故人です。 彼は大昔に寿命で死んでいました。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 ファーブラ・フィクタとその後継作品であるプハンタシア・クアンティタースの舞台は表の【現界】という事になり、アナザーFPの舞台は裏の【現界】と言うことになります。 また、アナザーFPの主人公になる【潤茶 靜佳丸(うるさ しずかまる)】が得意とする【必様の力(ひつようのちから)】とは元々は【吟侍】達の【答えの力】の源流になった力です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 ファーブラ・フィクタの舞台となっている【現界(げんかい)】と呼ばれる【宇宙世界】は、表の歴史と裏の歴史があります。 2つの歴史は交差する事はほとんどありませんが、どちらも【現界】となっております。 簡単に表現すればパラレル・ワールドの様なものだと思ってもらえれば良いかと思います。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 今回は、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】について書いて行きます。 【アナザーFP】の【F】と【P】は【ファーブラ・フィクタのF】と【プハンタシア・クアンティタースのP】を指しており、意味合い的には、【もうひとつのファーブラ・フィクタからプハンタシア・クアンティタースまでの物語】と言うことになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日はファーブラ・フィクタの地球編の完結までとファーブラ・フィクタ2/プハンタシアクアンティタースまで書きました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日も10回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)245

「ただ、申し訳ありません。薄野様が中洲様と引き分けるのははっきり申し上げて想定外だったもので、ブレイブ・ヒーローへの移行作業にお時間を少々、いただかなければなりません。今までの六名の方の場合は記録でしたので、あらかじめ予想が出来ましたので、ご用意にお手間はかからなかったのですが、中洲様の場合、全く予想していませんでしたので、申し訳ありませんが……」  オペレーターが申し訳なさそうに言ってきた。…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)244

 ただし、ブレイブ・ヒーローは【大ボス】以上に対してのみ、使用可能という事らしい。  【中ボス】戦以下では別のブレイバーを使用して戦うしかないという事でもある。  それを聞いた時、俺はワクワクが止まらなかった。  また、薄野を助けるチャンスがある。  まだ、諦める訳にはいかない。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)243

 ブレイブ・ヒーローを作る事によって、その両親となる二つのブレイバーは使えなくなる。  ――が、ブレイブ・ヒーローはやられても俺の夢が壊れる事はない。  ブレイブ・ヒーローの数が〇になった時、また、両親のブレイバーが使用可能となり、その両親のブレイバーがやられた時、初めて、俺の夢は破壊されるという事になる。  つまり、これまでのブレイバーを超える力を持つキャラクターを得て、しかも安全に…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)242

 オペレーターの話ではこうだった――  俺の現在使用出来るブレイバーの内、二体を両親として、その子供となるキャラクターを作る。  それが、二つの夢の力を使うキャラクター、ブレイブ・ヒーローとなると言うのだ。  元になるブレイバーが強ければ強いほど、そこで、生まれるブレイブ・ヒーローもまた、強くなるという。  ブレイブ・ヒーローはブレイバーでは絶対に、到達出来ないくらいのパワーを有する…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)241

「ぶ、ブレイブ・ヒーロー……」 「ブレイブ・ヒーローを作るにはこの夢命戦において、偉業を達成しないといけません。中洲様以外の六名の方では千キャラ斬りを果たした方が三名、大ボスを二十体倒した方が三名となっております。そして、今回、絶対王者とされていた、薄野様と引き分けた中洲様がその権利を得られたという訳です」 「そ、そうなのか……」  俺は、どう反応したらいいのか解らなかった。  【MZK…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の49日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明後日は午前中はバイト午後は外出する予定です。 余った時間は番組を見ます。 土日は録画している番組が多いので、なかなか減らないと思いますが、出来るだけ消化出来る様に頑張って見ていきます。 日曜日も番組を見ていきます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 ブルーレイレコーダーは多分、1月10日前後に買いに行こうと思って、今日は電気屋さんにカタログをもらいに行ってきました。 それを目処にして、ドンドン録画してハードディスクに取ってある番組を見ていこうと思っています。 とにかく量が多いので通常録画番組を見ながらどこまで見れるかわかりません…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 【読み切り小説】なので、ブログで詳しく公開する訳には行きませんが、どんな話かと言えば、主人公は小説を書きたくても書けない才能に自信が無い17才の少年で、彼が、注目しているのはAコースが、【進撃の巨人】と【鬼滅の刃】を混ぜた様な作品、Bコースが【男は辛いよ】をアレンジした様な作品、Cコースは【ガンダム系】の様なロボットの様な作品にしています。 これらは序章で登場させるだけの…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 これは、試しに3ページずつ作っていて、全体の文章は同じで、主人公が注目している作品が別というパターンで作っていて、それをいつもの人に見せていましたね。 今日までで、【Aコース】を見せたので、明日以降は【Bコース】と【Cコース】の変更の部分だけ見せれば何とか年内に見せられるかな?と思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 無茶苦茶忙しかったです。 手伝いに行ったり、新人さんに教えたり大変でしたね。 いつもの人には、実は、29番目から31番目の【読み切り小説】にする予定の【君のための物語Aコース】から【君のための物語Cコース】までの最初の3ページを作ってみせているんですよね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ていきます。 ブルーレイが寿命間近と言う僕にとっては緊急事態なので、余計な更新はせずに少しでも番組を見させていただきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 終主編と恭精編については、【ファーブラ・フィクタ】のイグニス編やテララ編の様な位置づけとして考えています。 メインストーリーとなったアクア編とウェントス編の位置づけは踊詩編となります。 以上がかなりはしょりましたが、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】の説明になります。 今回は以上です。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 【クアンスティータの子?】とされるのが【クエニーデ・クアンスティータ】と言う正統後継者になります。 それが踊詩の前に立ちふさがる事になります。 クアンスティータの置き土産とされるニズ・クォトヌァールと三キャラ合わせて、【踊詩編】の三大キャラになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 【成り上がるクアンスティータ】は【エクシトゥス】と言うヒロインとして、終主のラスボスという立場になります。 ただ、クアンスティータの地位は陥落していますので、再びトップに返り咲く物語となります。 【天下るクアンスティータ】達は、恭精のラスボスという立場になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 対して、ラスボスの方もそれぞれの主人公に対して存在します。 クアンスティータよりも弱い存在から強くなったクアンスティータ、【成り上がるクアンスティータ】、 【世界他外(せかいたがい)】と呼ばれる【宇宙世界】よりも大きな単位からダウンサイジングしてクアンスティータとなった【天下るクアンスティータ】、 子供が産めないはずのクアンスティータの実の子供とされる【クアン…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 これが、【終主編】、【恭精編】、【踊詩編】の各主人公です。 終主と恭精は吟侍に対して劣等感を持っています。 それは吟侍が【答えの力】レベル2だったのに対して彼等はレベル1の力しか使えないからです。 踊詩は【答えの力】レベル3の力を持っていますが、自分の興味がある事以外にやる気が無いが難点です。 そんな三者三様の物語となります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 吟侍が後継者として指名したのは3人。 【未知御 終主(みちお しめす)】、 【海城 恭精(かいじょう きょうせい)】、 【稀生 踊詩(きにゅう ようし)】、 ――の3人です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 【プハンタシア・クアンティタース】では、クアンスティータが引退した事が大きな問題となっています。 また、最強の勇者とされる【芦柄 吟侍】も引退し、クアンスティータと吟侍の後継者が誰かというのが問題となる物語となります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 【プハンタシア・クアンティタース】は【ファーブラ・フィクタ】の【ファーブラ・フィクタ編】の後、分岐してスタートするという事になります。 吟侍達はクアンスティータと共に、【セカンド・アース編】に渡り、それとは別の主人公の物語として始まります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 クアンスティータは地球について【芦柄 くあん】として活動します。 それに対して、クアンスティータの力を狙う存在が現れます。 そこには、かつての自分を思わせる、ボスとして祭り上げられた存在がいました。 それに対して、【くあん】はどう行動するか? それが地球編となります。 【ファーブラ・フィクタ1/ファーブラ・フィクタ】については以上です。 ちょ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日はメイン主人公の芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)とメインヒロインのカノン・ユノアナリーゼ・メロディアス第七王女のファーブラ・フィクタ編とクアンスティータのセカンド・アース編の完結まで書きました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日も10回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)240

「そんな事はありません。これで、七名目の伝説の超越戦士、ブレイブ・ヒーローを作る権利を得ましたから」 「で、伝説の?」 「はい、中洲様は今まではどんなに御活躍されようとも、立場はブレイバーでした。そして、ブレイバーの力には限度があり、大ボスには挑戦出来てもラスボスには直接の挑戦権はありませんでした」 「そ、そうなのか?」  俺は戸惑った。 「はい、そうです」 「じゃあ、どうやって?薄…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)239

 九 伝説の超越戦士――ブレイブ・ヒーロー―― 「おめでとうございます」  オペレーターが声をかける。 「何がめでたいもんか……」  俺は全く喜べなかった。 「元気ないですね、何かありましたか?」 「……あったよ、薄野が遠くに行ってしまった。……俺じゃ届かない遠くに……」 「そんな事も無いと思いますが?むしろ近づいたのでは?」 「何でだよ?、唯一の中ボスが大ボスになっちま…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)238

 だが、見た目の雰囲気だけでも、【ジュエリット】は【ジュエリーナ】の時とは比較にならないパワーを秘めているのを感じさせた。  新たなスターボス誕生に観客は今まで聞いたこともない大歓声をあげた。  反対に、俺は薄野が遠くに行ってしまったという絶望感を感じていた。  このままでは絶対に届かない。  どうやっても彼女までたどりつかない。  その焦りだけが俺を支配した。  そんな…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)237

 ビシビシビシ――  その音と共に、繭が割れて行く。  そして、飛びだしたものは少女の様だった【ジュエリーナ】から大人の女性の姿へと変わったキャラクターだった。  名前も【ジュエリーナ】から【ジュエリット】に変わっている。  欠片の方は【?】マークが出ていて何も見えない。  本番までお預けという事だろうか?

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)236

 俺はそれだけが気になっていた。  俺の焦燥感を余所に、ギャラリーは俺を英雄視し、薄野の昇格を喜んだ。  そのまま、【ジュエリーナ】の昇格アニメーションイベントに突入する。  彼女は糸のようなものに包まれていき、【ジュエリーナ】も五つの欠片もまるで巨大な繭のようになった。  これは、始めから用意されていたものだったらしい。  圧倒的な力を持つ、【ジュエリーナ】の大ボス昇格は…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の48日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 それと、時間が出来たら、録画して取っている番組を最後の一回ずつ見ていきます。 明日も明後日も一緒です。 ブログだけ更新はしますが、制作は全面中止して、とにかく、取ってある番組をドンドン見ていきたいと思います。 優先順位を考えたらこうするしかありません。 土曜日ですが、午前中はバイト、午後はちょっと外出の予定が入っていますが余った時間…

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 忙しかったですね。 慌ただしくてかなり疲れましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

追伸5

続きです。 と言ってもまだ、新規で録画してある番組が見れてないので、それを何とかしないと見ていく事も始められないんですけどね。 という訳で、制作関係が完全に中止になってしまったと言う報告と、もう1つ。 バイトが日曜出勤決定になったんですけど、僕は忙しいからとお断りさせていただきました。 なので、日曜日はバイトはあるけど、出勤しません。 以上報告でした。 という…

続きを読む

追伸4

続きです。 コロナで支給された10万円が使わずに取っているので、それを使う事になると思いますね。 はぁ…… それにしてもついに寿命ですか。 もう少しもって欲しかったんですけど、来年の4月くらいで11年目になる所でしたので、限界だったんですかね? 生産終了と言われてしまったら、対処も取れないし、素直に買い換えるしかないですね。 という訳で、1月の上旬までは録画し…

続きを読む

追伸3

続きです。 なので、お正月休みもブログ更新以外は全て、録画して取っておいている番組を見ていく事にしました。 本当はイラストを描きたかったのですが、録画している量が量なので、ひたすら見ていかないと終わりません。 一応、年が明けて、バイトが始まった午後にでも、近くの電気屋さんに新しいブルーレイレコーダーを買いに行くことになると思います。 4Kとか8Kとかは別に良いので、とにか…

続きを読む

追伸2

続きです。 どうしようもないので、ブルーレイレコーダーを買い換える事にしたのですが、そうなるとハードディスクに録画して取っているものは全て無くなるという事を意味します。 ブルーレイディスクに録画が出来ない以上、どうしようもないので、そのまま見れなくなってしまいます。 それはさすがにもったいないので、最後に一通り見る事にしました。 今まではBGM代わりにテレビを流して、その…

続きを読む

追伸1

追伸。 ちょっと書くことが出来たので更新します。 今日は午後から床屋さんと電気屋さんなどに行ってきました。 10年以上使っているブルーレイレコーダーのリモコンの代わりが無いかと思って行ったのですが、調べてもらったところ、売っているリモコンだと9年前までの機種にしか対応していないとの事でした。 更に、元のリモコンそのものをメーカーに注文してもらったら、販売終了。 代替…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 やがて、クアンスティータはセカンド・アースでは暮らして行けない事を悟り、【芦柄 くあん】と改名し、地球を目指す事になります。 吟侍とカノンもそれに保護者として同行する事を選びます。 その後が【ファーブラ・フィクタ1】のシリーズ完結シリーズになる【地球編】となります。 今回はここまでとなります。 それでは改めまして行ってきます。 お休みなさい。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 全ての存在に対して恐怖の対象だった、クアンスティータが、吟侍とカノンの養子となって、惑星セカンド・アースで生活する事になり、クアンスティータの利権を求める不届き者の暗躍や、カノンの王族としての問題などが持ち上がります。 それらの事を体験して、クアンスティータは自分の力を捨てる決心をします。 それが、【セカンド・アース編】となります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 【ファーブラ・フィクタ編】が終了したら、主人公が【吟侍】と【カノン】から、2人の養子になったラスボス【クアンスティータ】に移る事になります。 クアンスティータは吟侍達と共に、彼等の故郷の惑星、セカンド・アースに行くことになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 出現させてしまったら全てが終わるとされる【よそもの】も第七本体クアンスティータ・テレメ・デの勢力として登場します。 この第七本体クアンスティータ・テレメ・デまでの事を解決する事が【ファーブラ・フィクタ編】の中心となって行きます。 クアンスティータと和解した所で、【ファーブラ・フィクタ編】は終了となる予定です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 続いて、第六本体クアンスティータ・レアク・デの話になります。 紡いだ言葉が全て現実となる【話祖(わそ)】と呼ばれる存在も第六本体クアンスティータ・レアク・デの勢力として登場します。 最後に、最強のクアンスティータと呼ばれる第七本体クアンスティータ・テレメ・デの話になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 まずは、第五本体クアンスティータ・リステミュウムとの因縁です。 第五本体クアンスティータ・リステミュウムは不届き者のせいで、全ての存在を憎む様になっています。 その事を解決する事がリステミュウム編のカギになっています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 第六本体クアンスティータ・レアク・デの【謎の力(動)】は見えない答えが移動する力。 第七本体クアンスティータ・テレメ・デの【出鱈目の力】は答えが存在しない恐ろしい力となっていて、これらの力に対抗していく物語となります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 吟侍の【答えの力】とは元々、第五本体クアンスティータ・リステミュウムの【謎の力】に対抗して生まれた力となるので、言ってみれば宿命のライバルという事になります。 第五本体から第七本体の力は【謎の三段活用】と呼ばれ、第五本体クアンスティータ・リステミュウムの【謎の力(静)】は答えがわからない恐怖の力。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 【ファーブラ・フィクタ編】は、ウェントス編の主人公、【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】とアクア編の主人公、【カノン・(ユノ)アナリーゼ・メロディアス第七王女】が合流して、第五本体から第七本体までを迎え撃つ物語になります。 第五本体クアンスティータ・リステミュウムは【ファーブラ・フィクタ】の物語の冒頭で未来の世界を壊滅状態にしたクアンスティータで、吟侍の宿敵とされる存在です…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日はメイン主人公の芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)のウェントス編の完結まで書きました。 今日はその続きから書きます。 ただ、まだあまり作っていないのと、【ファーブラ・フィクタ】だけを書いていると残りの3つの【ファーブラ・フィクタシリーズ】の説明が終わらないので、はしょって書かせていただ…

続きを読む

さて……2

すみません。 忘れてました。 さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日も10回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)235

 俺と薄野の戦いは歴史に残る名勝負として、記録される事になったんだ。  だが、俺にとっては全く嬉しくない結果となった。  最悪の事態……俺の【MZK】が負けてしまうという事態こそ免れて、薄野と引き分けたという事で、超特大のボーナスポイントを貰えるらしい。  それは、それで良いことかも知れないが、勝てなかったという事で、俺は彼女を救い出せなかったし、彼女の方は、【MZK】以外には勝っ…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)234

 だが、咄嗟に出たこの一言が俺にチャンスをくれた。  偶然、カウンターを放つ結果となり、【ジュエリーナ】に大ダメージを与えた。  勢いよく突っ込んできて急に止まった分、彼女に与えたダメージは大きかった。  そして、タイムアップのブザーがなる。  結果、俺の【MZK】がそれまで受けていたダメージと薄野の【ジュエリーナ】がカウンターとして受けたダメージは全くの互角。  つまり、ドロ…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)233

 その時、一瞬、【ジュエリーナ】の動きが止まり、 「……な……かす……君?……」  【ジュエリーナ】は、いや、薄野は確かにそう言った。  俺はてっきり、彼女の意識は無いものと思いこんでいた。  彼女の意識を取り戻すには倒すしかない……  そう、勝手に決めつけていた。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の47日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中はバイト、午後は床屋さんに行きます。 余った時間は番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今週はずっとそうですね。 その代わり、毎日、【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を10回ずつ公開します。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は午後は床屋さんに行く予定なので、朝更新する事にしました。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 そして、吟侍とカノンが生まれ変わった時、2人は再会し、惑星ファーブラ・フィクタでまた、冒険をする約束をします。 と言うところでウェントス編も完結となります。 ここまでがウェントス編で、明日からはまだ、序盤を制作中になるのですが、ファーブラ・フィクタ編について書こうと思います。 今回は以上です。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 連動しているアクア編でもクアンスティータは消滅していて、一時期、クアンスティータが存在しない時間があります。 その間、メイン主人公の吟侍とメインヒロインのカノンも眠りにつき、別の存在に生まれ変わる様になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 そして、第一本体クアンスティータ・セレークトゥースと第二本体クアンスティータ・ルーミスと第三本体クアンスティータ・レクアーレと第四本体クアンスティータ・ミールクラームがまた【繭蛹卵】になった所で、クアンスティータは一度消滅します。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 そして、第四本体クアンスティータ・ミールクラームが目覚める事になります。 やはり、第一本体クアンスティータ・セレークトゥースと第二本体クアンスティータ・ルーミスと第三本体クアンスティータ・レクアーレも引っ張られる様に強くなって目覚めます。 吟侍達はミールクラーム・ワールドという奇跡と芸術の【宇宙世界】を冒険する事になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 吟侍達はレクアーレ・ワールドで、珍しい道具などを作る工場や兵器などを見て回ります。 やがて、第一本体クアンスティータ・セレークトゥースと第二本体クアンスティータ・ルーミスと第三本体クアンスティータ・レクアーレがまた、眠りにつき、吟侍達は【総全殿堂(そうぜんでんどう)】と呼ばれる、クアンスティータに次ぐ、【現界】ではこれを超える存在がいないとされる者達に会いに行くことになり…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 やがて、第一本体クアンスティータ・セレークトゥースと第二本体クアンスティータ・ルーミスも再び【繭蛹卵】になり眠りにつき、偽クアンスティータ達と吟侍は戦う事になります。 その後で第三本体クアンスティータ・レクアーレが誕生し、第一本体クアンスティータ・セレークトゥースと第二本体クアンスティータ・ルーミスもその力に引っ張られる様に強くなって目覚めます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 その後、吟侍達は、クアンスティータの双子の姉にして兄のクアースリータの所有するロスト・ネット・ワールドを冒険し、次なるクアンスティータ、第二本体クアンスティータ・ルーミスが誕生します。 第一本体クアンスティータ・セレークトゥースも第二本体クアンスティータ・ルーミスに引っ張られる形で、前よりも遙かに強くなって目覚めます。 吟侍達はルーミス・ワールドに冒険し、【宇宙世界…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 ヒストリーエリアでは様々なプリンセスとそれにまつわる存在が出現し、吟侍達の度肝を抜きます。 何度も命の危険にさらされながら、セレークトゥース・ワールドでの冒険をします。 その後、第一本体クアンスティータ・セレークトゥースは【繭蛹卵】になり眠りにつきます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 ウェントス編ではラスボス、クアンスティータは、第一本体から第四本体までが誕生と【繭蛹卵(けんようらん)】の状態での眠りを繰り返す事になります。 まずは、第一本体クアンスティータ・セレークトゥースが誕生し、吟侍達はセレークトゥース・ワールドに行くことになります。 そこで、ショップエリアとヒストリーエリアを中心に冒険する事になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日はメインヒロインのカノン・アナリーゼ・メロディアスのアクア編の紹介とメイン主人公の【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】ウェントス編を第一本体クアンスティータ・セレークトゥースが誕生した所まで書きました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日は10回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)230

 俺は、ギャラリーを気にする余裕があるっていうのか?  ギャラリー達の目には俺は防戦一方では無く、俺も攻撃を仕掛けているように映っているようだ。  いや、実際に俺も攻撃を仕掛けている?  ばかな……自分でも解らない……  なんでここまで戦えるんだ? 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)229

 その度に、自分の何処にそんな力があったんだと思うような底力が出て、何とかかわした。  そして、さらに、追撃があり、俺はギリギリでかわしていく。  そんな攻防というより、一方的に攻め込まれる状況が続いていた。  ギャラリーはそんな俺達の戦いを見て興奮していたみたいだ。  ……興奮していた?

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)227

 これでもかとしかけた後、反撃が来た。  まず、操っていた、欠片を強制的に戻された。  そして、次の瞬間、欠片の攻撃で、【MZK】の上半身の分身、【アッパーパートボディーヘア】の半分が蒸発。  残る半数も時間の問題だった。  【ジュエリーナ】の光速の攻撃は基本的に俺には見えない。  だから、どんな攻撃を仕掛けているのは把握できていない。  攻撃の後から推測すると7種類か8…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)226

 好きな相手にする行為じゃない。  それは解っていた。  だが、この機会を逃したら、薄野救出の機会は遠ざかる――  そう思うからこそ、俺は力の限り攻撃をしかけた。  しかけて  しかけて  しかけまくった。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の46日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 【ファーブラ・フィクタシリーズについて】のストックを作った影響で番組が異様にたまっています。 今日もひたすら見ていくしかないですね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は床屋さんに行ってくる予定なので、ブログは朝更新します。 床屋さんの後は番組を見ていく事になると思います。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 次の日曜日の出勤かどうかは未定だそうです。 まだ、出る可能性があるという事ですね。 仕事も忙しく助っ人に行ったり大変でしたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、まぁ、良いや。 【ファーブラ・フィクタシリーズについて】の残り二日分を作っちゃいますね。 来週の日曜日も休みだと仮定して20回更新分として考えて、月曜日の10回と合わせて後、30回更新分を作っちゃいます。 後、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の【十手編】と【稀義編】と総まとめを書けば終わりです。 その後で番組を見ていこうと思います。 今日…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて20

続きです。 ただ、クアースリータと双子なのは第一本体クアンスティータ・セレークトゥースのみです。 クアンスティータとは【繭蛹卵(けんようらん)】と言う状態になって眠り、第二本体、第三本体~……と産まれ直す度に極端に強くなる規格外の化獣です。 その化獣の第一本体がついに誕生してしまいます。 アクア編が側体クアンスティータなのに対して、ウェントス編は本体クアンスティータという…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて19

続きです。 王杯大会の途中、ついに最強の化獣クアンスティータが誕生する事になりました。 時空重震(じくうちょうしん)という時空自体が震える現象が起こり、まずは、双子の姉であり兄でもある十二番の化獣クアースリータが誕生します。 クアースリータは【質】、クアンスティータは【量】と言われる、化獣の双子です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて18

続きです。 その大会は、まだ誕生していないクアンスティータを巡って、様々な画策があるものでした。 クアンスティータの両親もそこには加わっています。 父親の名前は吟侍の前世でもある【怪物ファーブラ・フィクタ】。 母親の名前は【魔女ニナ】。 神話の時代から語り継がれる伝説の存在達です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて17

続きです。 吟侍を含め、複数の存在が、クアンスティータの害になると判断されて、偽クアンスティータの一名であるアピス・クアンスティータに誘い込まれて戦闘になりますが、何とか回避します。 そのまま、王杯大会という、【現界(げんかい)】と言う【宇宙世界】の強者が集まって戦う大会に参加する事になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて16

続きです。 ですが、類は友を呼ぶがごとく、吟侍の廻りには強い敵が現れたりします。 公式の偽クアンスティータです。 偽物ですが、公式に認められた偽物のクアンスティータはクアンスティータに悪意を持つ存在を始末するために存在しています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて15

続きです。 吟侍はカノンの双子の姉、ソナタ・リズム・メロディアス第六王女らとチームを組み、惑星ウェントスでの冒険を開始しました。 他のメンバーと異なり、吟侍は7番の化獣ルフォスの力を持っているので、戦いは有利に進んでいきます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて13

続きです。 カノンと生命を得た狸のぬいぐるみ、【まめぽん】のみ、吟侍達のパーティーと合流し、惑星ファーブラ・フィクタから始まる冒険を選択します。 一方、惑星セカンド・アースに戻ったユリシーズ達はジョージ神父と感動の再会を果たすのでした。 ここで、アクア編は終了となります。 ウェントス編と合流して、ファーブラ・フィクタ編へと進むことになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて12

続きです。 生まれ変わったカノンはウェントス編を冒険しているメイン主人公の【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】と再開し、惑星ファーブラ・フィクタの冒険でまた会う事を約束して、惑星アクアに戻ります。 惑星アクアでの最後の冒険をした後、ユリシーズ達は故郷の惑星セカンド・アースに戻る事になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて11

続きです。 【パッケージキャラクターアイドル】と言うアイドルを目指していた佳音ですが、また、元に戻る時が来ました。 カノンはゆのあと融合し、カノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女からカノン・ユノアナリーゼ・メロディアス第七王女?として、全く別の生命体として生まれ変わる事になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 カノンはゆのあ等と共に、【コンタクト・ポイント】を廻り、ついに第一側体から第十七側体までを制覇します。 その時、第七本体にして最強のクアンスティータでもあるクアンスティータ・テレメ・デによる、【テレメ・デ・ショック】と言うものが起きます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 クアンスティータ・トルムドアはカノンの事を気に入り、トルムドア・ワールドの中を案内します。 全ての側体クアンスティータの代表でもあるクアンスティータ・トルムドアのトルムドア・ワールドには他の側体クアンスティータとの【コンタクト・ポイント】が存在し、カノンはそこで出会った【沖椰子(おきやし) ゆのあ】らと共に、側体のクアンスティータ達と交渉するために各エリアを回ります。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 クアンスティータ・トルムドアとは全てのクアンスティータの基本となるカノンの生体データを読み取り、他のクアンスティータに送っています。 そのため、クアンスティータは少し、カノンに似ているのです。 ある意味、カノンはクアンスティータの母親であるとも言えるのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 ですが、カノンは既に身代わりを置いて、最強の化獣(ばけもの)クアンスティータの第一側体(だいいちそくたい)、クアンスティータ・トルムドアによって、連れ去られてしまいます。 クアンスティータ・トルムドアは、自身の所有するトルムドア・ワールドにカノンを招待しました。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 惑星アクアでの一件はそれで万事上手く行ったのですが、そこに、8番の化獣オリウァンコが急襲します。 カノンを守るために、メンバーはオリウァンコの兵達と激闘を繰り広げます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 それでも懸命に誠意を持って行動するカノンに対して、廻りも影響されていき、人の輪が出来る様になっていきます。 そして、ついには、惑星アクアの危機を解決するに至り、侵略者である絶対者アブソルーター達から、攫ってきた友達を戻すとまで言われる様になります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 友達を奴隷として攫った絶対者アブソルーター達に対して話し合いで解決しようというのは無謀としか言えません。 メンバーのユリシーズ・ホメロス達七英雄達は反対しますが、カノンはあくまでも交渉で渡り合おうとします。 IQ300と言うとてつもない頭を持っているのですが、行動がバカだと言われてしまいます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 続いてはメインヒロインであもあるカノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女が主役として活躍する惑星アクアがスタート舞台のアクア編について書きます。 カノンは芦柄三兄弟と違い、交渉で、人を助けようとします。 そのため、メンバーともめる事が多いという感じでスタートします。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回は20回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日は芦柄三兄弟の長男、芦柄 琴太(あしがら きんた)の冒険である土の惑星、テララを舞台にしたテララ編をさらっと流しました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日は20回【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)225

 という二つの相反する気持ちが俺の中で葛藤となって暴れ回った。  その不安を打ち消すように俺は追撃を次々と繰り出そうとしていた。  まずは、両腕で空間圧縮して出来た歪みのを投げつけた。  次に、【魅惑の吐息】という技を繰り出す。  これは、敵を一時的に操る事が出来るというもので、俺はそれを欠片の【ルビー】、【サファイア】、【エメラルド】、【パール】、【ダイヤモンド】に吹きかけ、一時的…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)223

 ブウン……  【MZK】が点滅を繰り返した。  それと同時にステータスのポテンシャル部分の数値がみるみる跳ね上がっていく。  俺がこれまでの連戦で獲得して来たボーナスがこの土壇場に来て発動したらしい。  無数の髪の毛がいくつかの束になり、【ジュエリーナ】めがけて伸びていく。  伸びたそれぞれの毛先が【MZK】の上半身と同じ姿に変わり、本体から切り離されて【ジュエリーナ】に向か…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)222

 そう思った時、【MZK】もどんどんパワーが増している気がした。  こいつは、俺がポジティブになればなっただけ、力もアップするんだ。  だから、後ろ向きに考えちゃだめだ。  勝つつもりで薄野に挑戦するんだ。  薄野は絶対に勝てないって訳じゃないんだ。  オペレーターも言っていたじゃないか。  プレイヤーにも勝てるチャンスが設定されていると。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)221

 前向きに向き合ってこそ、活路も見えてくるってもんだ。  俺はまだ、生き残っている。  やられた訳じゃない。  薄野の力に圧倒されている場合じゃない。  やっと届いたじゃないか。  やっと、薄野と対戦出来るまでに成長したんだ。  これは喜ぶべきことだ。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の45日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日は全然番組を見れてないので、たくさん貯まっております。 ブログを更新し終わったら、とにかく見ていくしかないですね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見たいと思っています。 どこかで床屋さんにも行きたいと思っていますので、その日は朝更新になると思います。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 【ファーブラ・フィクタシリーズについて】も土曜日までで、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の【獣僧(じゅうぞう)編】まで書けましたので後は【十手(じって)編】と【稀義(まれよし)編】の割り振りをどうするかを残すのみとなっていますね。 次の日曜日が10回になるか20回になるかで書き方が変わりますからね。 残り20回更新分になったのか30回…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝5時から起きています。 昨日は頑張って、【ファーブラ・フィクタシリーズについて】のストックを土曜日まで野分を作りましたので、番組を全然、見れていません。 後は、27日の日曜日と28日の月曜日の分が残っていますが、27日がまだバイトがあるかどうかわかりませんので、日曜日の分はかけません。 バイトがどうなるかで10回更新か20回更新かになるので。…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 テララ編の物語としては、そのティアグラ・ワールドでティアグラとその配下達との戦闘、そして、脱出への流れを描いたストーリーとなります。 という所でテララ編も終了となります。 明日は、メインヒロインであるカノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女が主役を務めるアクア編について書く予定です。 28日まででこのコーナーは止める予定なので、日曜日が休みだった場合は20回分…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 13核(かく/化獣の数え方)の化獣の内、1番のティアグラ、7番のルフォス、12番のクアースリータは1つずつ、自分の【宇宙世界】を所有していて、13番のクアンスティータは24もの【宇宙世界】を持っています。 ティアグラはその自分の所有する【宇宙世界】に土の惑星テララごと逃げ込むのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 クアンスティータはティアグラが考えているよりずっと恐ろしい力を持った化獣だったのです。 恐怖に駆られたティアグラは自分の所有する【宇宙世界】、ティアグラ・ワールドに逃げ込みます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 ティアグラは数え切れない程の策を弄して最強の化獣クアンスティータを取り込もうと画策します。 ですが、クアンスティータとその双子の姉であり兄でもあるクアースリータの双子が誕生した時、全ての策が一瞬にして、取り消された時、ティアグラは恐怖を覚えます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 そうして始まった惑星テララの冒険ですが、物語は1番の化獣(ばけもの)ティアグラが出てきた事で急展開します。 ティアグラとは吟侍の心臓となっている7番の化獣ルフォスと神話の時代争って共倒れした化獣で、ティアグラが過去、ルフォスが現在、13番の化獣クアンスティータが未来を司るとされ、三大化獣と言われています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 その後、ルゥオ達は出世して、テララやイグニスで支配者になったのですが、吟侍に対して逃げ帰ったという事実は消えません。 そのため、リベンジするために吟侍を待っていたのですが、イグニスには吟侍の義弟、導造が、テララには吟侍の義兄、琴太が訪れる事になりました。 全ては風の惑星ウェントスに向かった吟侍の代わりに琴太や導造は絶対者アブソルーター達から友達(攫われた子供達)を救…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 ルゥオはジェンドと共に子供達を奴隷として誘拐するために、吟侍達の暮らしていた孤児院セント・クロスを遅い、ジェンドが吟侍の心臓を貫きます。 その後で、吟侍は七番の化獣ルフォスの核を心臓に宿した事により、ルゥオとジェンドは逃げ帰ります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 テララ編では土の惑星テララの支配者となっている絶対者アブソルーターのルゥオ・スタト・ゴォルとの因縁から始まります。 ルゥオは火の惑星イグニスの支配者になっている絶対者アブソルーターのジェンド・ガメオファルアと共に、昔、吟侍達の故郷の惑星セカンド・アースを襲撃した男です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 続いては芦柄三兄弟の長男、芦柄 琴太(あしがら きんた)の冒険である土の惑星テララの冒険をさらっと流します。 これは【ファーブラ・フィクタ】の話ではなく、【ファーブラ・フィクタシリーズ】全体の内容を書く予定なので、1つの本編を詳しく書いている余裕はありませんので、さらっと行きます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回も10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日は芦柄三兄弟の三男、芦柄 導造(あしがら どうぞう)の冒険である火の惑星、イグニスを舞台にしたイグニス編をさらっと流しました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日も10回ずつ【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)220

 恥ずかしくて言えないが腰が抜けそうだった。  それだけ、追い詰められていた。  だが、元々、薄野とは一対一のサシで勝負するつもりだったんだ。  望んでいた状況になった。  そう考えるべきじゃないか。  俺はそう気持ちを切り替えた。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)219

 俺は恐怖した。  好きで好きでどうしようも無い相手に対して俺は恐怖を覚えていた。  逃げたらその場でやられる。  そう思うと逃げる事も出来なかった。  構えを取り、間合いを取りながら後ずさりをする事しか出来なかった。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)218

 一方――  生き残っていた仲間の方は、完全に腰が引けていた。  既に、退却の……逃げの態勢に入っている。  【ジュエリーナ】はそれを許さず、すぐに、追い打ちをかけて来ている。  逃げまどう生存者。  だが、彼女はそれを逃がさない。  一体……  また、一体と数を減らして行き、一分も経たない内に、生存しているブレイバーは俺の【MZK】ただ、一体となってしまっていた。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)216

 ――一瞬――  意識が飛んだ。  一瞬とは言え、気を失ったんだ。  気付いた時、味方の数は、半数以下になっていた。  あっという間――  何が起こったかもろくに解らずに、味方は散っていった。  圧倒的過ぎる。  見学していた時から思っていた事だった。  だが、戦ってみて、その認識すら甘かった事を思い知った。  戦いを解説したくても俺の意識が無かったため、何が起こったか…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の44日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 ですが、その前に明日の分の【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を書いてから番組をみたいと思います。 明日の予定ですが、一日、番組を見ます。 本もまだ終わってないので、それも見ると思いますね。 もしかしたら、来週の平日分の【ファーブラ・フィクタシリーズについて】のストックを作るかも知れませんけどね。 毎回書くの面倒ですから、あらか…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 いつもの人には未完成状態の【ファーブラ・フィクタシリーズの主人公と答えの力の関係】の表を持って行って見せながら、説明したりしましたね。 10時の休み時間に修正箇所をチェックして、帰って来てから、修正したものが添付した表になりますね。 再チェックとかしてないから合っているかどうか微妙ですけどね。 表を見せながら、【ファーブラ・フィクタシリーズ】全体の流れを話した…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 無茶苦茶忙しかったですね。 助っ人に行ったり大変でした。 ですが、どうやら、明日は行かなくて済みそうです。 ただ、27日の日曜日に出るかどうかは五分五分だそうです。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、一応、何があるかわからないので、ブログを更新し終わったら、明日の分の【ファーブラ・フィクタシリーズについて】の10回更新分を作ってから番組を見たいと思います。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 イグニス編の後半では、その【抜界】から、脱出して【現界】に戻るための方法を模索するための行動を取っていくというストーリーになります。 これは完結まで作っていますが、まだ、完結話までは公開していませんね。 ですが、たった10話で終わりですので、短い冒険と言うことになります。 さらっと流しましたが、イグニス編は以上です。 明日はテララ編の内容についてから書く…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 クアンスティータを恐れる死の回収者ファイシャと言う強大な敵がクアンスティータが誕生した後、クアンスティータから逃げるため、【抜界(ばつかい)】と言うそこに行ったら、【現界(げんかい)】と呼ばれる元々の世界では存在しないと言う事になってしまう【宇宙世界(うちゅうせかい)】に惑星イグニスごと、逃げ込みます。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 優秀な義兄2人に対して強い劣等感を持っていた導造は女の子に弱いヘタレ男子でした。 救出チームのメンバーからもバカにされていました。 そんな彼が中心にアブソルーター、そして、それ以上の強者達と戦って行くことになるのがイグニス編です。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 次に、メインストーリーとなるウェントス編とアクア編は一旦置いておいて、テララ編とイグニス編を簡単に説明しようと思います。 まずは、イグニス編です。 これは、芦柄三兄弟の三男、芦柄 導造がメインのストーリーとなります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 他にも本編はルーメン・テネブライ編とタティー・クアスン編というのがありますが、外伝的な物語なので、ここでは割愛させていただきます。 それ以外の4つの本編ですが、ウェントス編はクアンスティータの本体と向き合う物語、アクア編はクアンスティータの側体と向き合う物語、テララ編とイグニス編はクアンスティータから逃げ出す物語として位置づけています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 そこから、惑星テララでの救出活動をスタートにしたのがテララ編、惑星イグニスでの救出活動をスタートにしたのがイグニス編、惑星アクアでの救出活動をスタートにしたのがアクア編、惑星ウェントスでの救出活動をスタートにしたのがウェントス編と言うことになります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 それは、【クアンスティータ】と言う化獣が別格に恐ろしいという事を意味していました。 ジョージ神父の忠告を一応聞いた吟侍達は、そのまま、四連星に救出活動に行くことになります。 芦柄 琴太率いるチームは土の惑星テララに、芦柄 導造率いるチームは火の惑星イグニスに、カノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女率いるチームは水の惑星アクアに、芦柄 吟侍とソナタ・リズム・メロディ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 救出活動に出ようとする吟侍達に、彼等の育ての親であるジョージ・オールウェイズ氏は忠告します。 【クアンスティータ】と言う名前が出たら迷わず逃げろと。 他の事はともかく、【クアンスティータ】だけは洒落にならない。 【クアンスティータ】に関わったら、全て終わりだと言う事をきつく言います。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 吟侍達は成長し、七番の化獣ルフォスの所有するという【宇宙世界(うちゅうせかい)】、ルフォス・ワールドで、仲間達も【異能力】などを得て行きます。 そして、ある程度実力をつけた事で、アブゾルーター達が孤児院の子供達を奴隷として連れて行ったとされる4つの星、火の惑星イグニス、土の惑星テララ、水の惑星アクア、風の惑星ウェントスにそれぞれ、救出チームを作り救出活動を行うことになりま…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回も10回限定で【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 昨日は吟侍達が幼い頃、絶対者アブソルーターに襲われて、心臓を貫かれたけど、七番の化獣(ばけもの)ルフォスをその心臓に同化させる事で強大な力を得て追い払ったと言う事まで書きました。 今日はその続きから書きます。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日も10回ずつ【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)215

 前にギャラリーとして見た時はあっという間に勝負がついた。  今回もそれと同じにする訳にはいかないんだ。  絶対に勝って帰ってやる。  そして、薄野 瑞希を救い出すんだ。  俺は勇気を振り絞って特攻した。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)214

 試合開始と同時に、一斉攻撃する手筈になっていた。  【ジュエリーナ】の一挙手一投足に集中する。  彼女はゆっくりと降り立ち、そして、月面へと足を踏み入れた。  と、同時に十五分間のタイマーがカウントダウンを始め、試合開始のブザーがなった。  一斉に、【ジュエリーナ】に向けて突っ込んで行く十七体。  その中には俺の【MZK】も当然、混じっている。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)213

 ごくっ……  緊張からまた、俺は固唾を飲む。  後から後から汗が噴き出してくる。  焦るな――落ち着け、落ち着くんだ、俺……  宇宙船は月面へと着陸し、【ジュエリーナ】が五つの欠片と共に姿を現す。  俺達の方はお互いアイコンタクトでそれぞれの定位置に配置している。  既に、臨戦態勢に入っていた。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)212

 そんな弱気でどうするとも思っているが、失敗は出来ないんだ。  勝てないようなら、全力で逃げ切ってやる。  月面に降り立った俺達の前に、BGMが変わり、薄野の【ジュエリーナ】が宇宙船に乗ってやってきた。  彼女が、月面に降り立った時、十五分間の戦いは始まる。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)211

 酸素はそれぞれ、十五分ほどしか入っていない。  それが、尽きるまでの間に決着がつかなかった場合は生き残っているキャラクターはドロー、引き分け扱いになるらしい。  それまでにやられてしまうと負けだと言う事だ。  これは俺に取っては回避のチャンスがあるという事でもある。  もしも、仮に【ジュエリーナ】に全く歯が立たないと判断したら、十五分間逃げ回れば、最悪でも引き分けにして、次につなぐ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の43日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 一応、同僚の人の話だと、次の日曜日の出勤は無いのではないかと言うことですが、まだわかりません。 日曜日の予定はまだ未定と言うことになります。 明日の午後にはわかると思いますけどね。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 一応、昨日のブログの更新の後に、今日の分の10回更新のストックを作っておいたから良かったですが、作ってなかったら更に更新が遅れていましたね。 明日もどうなるかわからないので、ブログを更新し終わったら、明日の分の【ファーブラ・フィクタシリーズについて】のストックを作ってから番組を見ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 バイトから帰ってからも時間がかかり、パソコンが使える様になったのは二時過ぎてからでした。 何でこんなにかかるんだ?と思いました。 という訳で更新が遅くなってしまいましたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 結構、トラブルとかいっぱいあって大変でしたね。 それよりも、パソコンの更新作業で手間取ってブログの更新に時間がかかってしまいましたね。 朝、パソコンを付けて、6時くらいから更新作業を始めたのですが、バイトに行くまでに終わらなくて、仕方なくパソコンをつけたままバイトに行きました。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて10

続きです。 ルフォスが恐れるクアンスティータこそ、【ファーブラ・フィクタシリーズ】で、【ファーブラ・フィクタ1/ファーブラ・フィクタ】と【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】で最強とされているラスボスであり、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】でもその後継を巡って問題になるほどの存在感があるキャラクターになります。 という所で今日は以上になります。 続き…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて09

続きです。 各冒険については明日以降と言うことにします。 七番の化獣ルフォスが吟侍の心臓になったのは吟侍が持つ、勇気を評価して彼の心臓と同化する事を選びました。 七番の化獣ルフォスは、産まれて居ないのに十三番の化獣、クアンスティータを極度に恐れていて、恐怖に打ち勝つために、勇気のある人間の心を求めていたのです。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて08

続きです。 アブソルーター達を追い払った事で、吟侍は惑星セカンド・アースの英雄と呼ばれる事になります。 ですが、攫われた子供達は戻らず、その子供達を救い出すために、成長した吟侍達は各班にわかれ、4連星と呼ばれた、火の惑星イグニス、土の惑星テララ、水の惑星アクア、風の惑星ウェントスに救出活動に行くと言うのが各本編、イグニス編、テララ編、アクア編、ウェントス編に別れた冒険の始まりとなりま…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて07

続きです。 吟侍は心臓を貫かれ、命の危険にさらされます。 そんな時、どこからともなく、吟侍の心臓を補うためにあるものが吟侍の身体に入りました。 7番の化獣(ばけもの)、ルフォスの核です。 神話の時代より、核だけの状態になって生き延びていた化獣が吟侍の心臓となった事で、強大なパワーを得た吟侍はアブソルーター達を追い払います。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて06

続きです。 なすすべ無く攫われて行く子供達。 そこに立ちふさがったのは幼い吟侍でした。 知恵を使い、機転を利かせ、アブソルーター達を退けるための交渉を成立させたかに見えました。 ですが、アブソルーター達は約束など守る気持ちはありませんでした。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて05

続きです。 カノンとソナタは政の1つとして、孤児院を回っていて、吟侍達とはそこで知り合いになりました。 そんなある日、孤児院に侵略者達が現れました。 孤児院の子供を誘拐し、奴隷として働かせようとしていた絶対者アブソルーターの一派でした。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて04

続きです。 吟侍やカノン達は地球からの移民が作った惑星セカンド・アースで暮らしていました。 カノンは惑星セカンド・アースの三大王家の1つメロディアス王家のお姫様。 吟侍はメロディアス王国に住む、孤児と言う事になっています。 全く接点の無かった2人でしたが、幼い頃、カノンが双子の姉のソナタ・リズム・メロディアス第六王女と共に、吟侍達が住む孤児院、セント・クロスを訪れた事によ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて03

続きです。 メイン主人公の名前は【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】です。 【芦柄三兄弟】の次男で、長男の【琴太(きんた)】、三男の【導造どうぞう】とは血のつながりのない義兄弟です。 メインヒロインのカノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女とは幼なじみと言う間柄になっています。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて02

続きです。 では、まず、【ファーブラ・フィクタ】から行きます。 これは、【ファーブラ・フィクタシリーズ】では【ファーブラ・フィクタ1】に相当する話になります。 その前に前日譚として【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説】と言う話やいくつかの外伝がありますが、基本的には物語は、【グランド・スタート1】から物語が始まります。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタシリーズについて01

それでは、今回から年末にかけて、10回ずつ【ファーブラ・フィクタシリーズについて】を更新したいと思います。 現在バイトの休み時間では、【プハンタシア・クアンティタース】の終主(しめす)編のメモを取っています。 この作品は、【ファーブラ・フィクタシリーズ】では【ファーブラ・フィクタ2】に相当する話になります。 それらを含めて全体の流れを大まかに説明していきます。 続きます。…

続きを読む

さて……2

さて、それでは、制作はお休みし続けるので、今日から10回ずつ別の更新をしようと思います。 何を更新するかと言いますと、【ファーブラ・フィクタシリーズについて】と題して、【ファーブラ・フィクタ】に関する更新をしようと思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)210

 【マシンマスター】以外は酸素ボンベをつけての参加となる。  実際にはあり得ないがキャラクターのイメージを大切にしているのか宇宙服は着なくてもいいみたいだが。  酸素ボンベは命綱ともなっている。  酸素が無くなると負けとなる。  酸素が残っている内に、勝負を決めなくてはならないって事か。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)208

 マネープレイヤー達の掛け率は八・二対一・八だ。  一・八の方が俺達の掛け率になっている。  それだけ、薄野の強さが周囲に認められているって事か。  俺以外のブレイバー達の表情は緊張していて硬い印象を受ける。  自分達がマッチメイクされる前に、薄野には大ボスに行って欲しかったという顔つきだ。  そんな負け犬根性じゃ、やられる。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)207

 どいつもこいつも一癖も二癖も有りそうな連中だった。  一方、薄野の方は戦う度に無類の強さを発揮していくため、挑戦者の数は増え続け、とうとう、俺も含めて十七体の挑戦者との戦いをマッチメイクされるまでになっていた。  どんだけ強いんだ【ジュエリーナ】は――  それに、【ジュエリーナ】より強いラスボスをいくつも持っているというのが、信じられんわ、実際。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)206

 俺以外のブレイバー――  一体目は【弁慶】  二体目は【ガンマン】  三体目は【テンプルナイツ】  四体目は【覇王】  五体目は【桜の木】  六体目は【バズーカ】  七体目は【ウルトラファイター】  八体目は【ケルベロス】  九体目は【マシンマスター】  十体目は【ロードキング】  十一体目は【ランナー】  十二体目は【ドクター】  十三体目は【ジャスティス】  十…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の42日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが番組を見ます。 明日と明後日の予定も午前中はバイト、午後は番組を見ます。 制作はお休みしますので、今日から、10回限定で、少し別の更新をしようと思います。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 仕事はいつもより忙しかったですね。 いつもの人には【プハンタシア・クアンティタース】終主(しめす)編のメモを見せましたが、途中で時間切れになってしまったので、明日もまた、メモを見せる事になりそうですね。 十時の休みは【プハンタシア・クアンティタース】の恭精(きょうせい)編と踊詩(ようし)編の下準備だけやっておわりましたね。 …

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、追加したイラスト案をこの後公開したいと思います。 と言っても、保留状態になったので、実際に採用するかどうかは未定ですけどね。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)205

 これが、吉と出るか凶と出るかは解らないが、とにかく、戦うしかない。  俺以外のブレイバーは十六体。  十六体も居るんだと驚いた。  薄野とのマッチメイクは中ボスに挑戦しているブレイバーの中でもトップクラスのメンバーが集められる。  中ボス相手に善戦していた、俺は何時、選ばれてもおかしくなかったって訳だ。  そして、ついに、俺にもお鉢が回ってきたってところだろう。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)204

 薄野との戦いがマッチメイクされたのだ。  十八戦目を選択した時、他のブレイバー達も参加していた事に俺は驚いた。  大ボスとの戦いでも無いのに何故?とも思ったが、すぐに推測がついた。  中ボス戦での例外的な多人数での挑戦――  それは、薄野との戦い以外、考えられない。  もう、逃げる事は出来ない。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)202

 だが、俺はロボットの関節を攻めて一機一機、倒して行った。  だが、なかなか本体にはたどり着かない。  フォーメーションが敵ながら素晴らしいと言わざるを得なかった。  中ボスとは言え、相当な手練れだ。  そして、大分、ダメージを負ったが【BOSS】を倒した。  今日はここまでだな。  次に仕合したら、負ける可能性が高い。  俺はまた、ログアウトした。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)201

 【MZK】とロボット軍団との戦いが始まった。  同じ様なネーミングでもこっちの【MZK】は【瑞希】の略だ。  一緒にされたくはない。  それは、向こうも同じ気持ちだろうが。  一進一退の攻防が続く。  なかなか敵もやる。  かなり実力はある方だと思う。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の41日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定と明後日の予定も同様です。 土曜日までは同じ予定を考えています。 日曜日は未定です。

続きを読む

こんにちは15

続きです。 終主は不完全な【答えの力】であるレベル1【近答(きんとう)/答装(とうそう)】を駆使して、【裏女】を追い、【エクシトゥス】は不完全な【謎の力】である【謎装(めいそう)】を駆使して、【賢聖】を追う。 そして、それぞれ、仲間を増やしていく。 そんな感じのストーリーを考えていますね。 という様な話をちょこっとした所で時間切れになりました。 という訳でただいまで…

続きを読む

こんにちは14

続きです。 【アナザーオムニーア】の力を受けたのは【千人魔女会】に参加していた元魔女の【裏女】と【大生誕祭(だいせいたんさい)】に出ていた【賢聖】で、【裏女】と同じく、強者を産む力を持っています。 ただ、【賢聖】と【裏女】は、【賢者】と【魔女】の様に、対立する存在として考えて行きます。 続きます。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 【核星徒】は、ヒロインの【エクシトゥス】につながる重要な足がかりだと考えていたので、終主は【力】を奪った【裏女】を追うことになるのです。 一方、【エクシトゥス】の方も同じ様に【覚醒徒(かくせいと)】と言う、漢字違いの【かくせいと】を無効にされていて、その犯人として考えているのが【賢聖(けんせい)】と呼ばれる存在で、それを追うことになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 なので、主役だけど、脇役っぽい感じの主人公と言うことになりますね。 終主は【妃澄】とは別の【裏女】を追うことになります。 ピックアップ編は公開していないから皆さんは何の事かわからないと思いますが、終主はピックアップ編で、【核星徒(かくせいと)】と言う巨大兵器を作っていたのですが、それを無かった事にされます。 その犯人とされるのが【裏女】の誰かだと終主は思ってい…

続きを読む

こんにちは11

続きです。 【妃澄】は終主の元を訪ねて旅に同行するのですが、終主の前で下着姿になったり、誘惑したり、チェリーボーイな終主にとっては理解の範疇を超える存在になります。 終主の旅の同行者はその【妃澄】が次々とナンパして、仲間に引き入れる事になります。 吟侍の場合は彼を中心にメンバーが集まってきましたが、終主の場合は彼ではなく、【妃澄】を中心に仲間が集まるという感じですね。 続…

続きを読む

こんにちは10

続きです。 【アナザーオムニーア】は【クアンスティータ・ワールド】の裏方の様な存在で、無からボスキャラなどの強者を作れますが、【裏女】は、大きな力を【媒体】として、それを無に変えて、その代わりに大きな存在を創る力を得たと言う事になっています。 世界観として、クアンスティータが居た時より、質が劣ると言うのがあるので、能力も制限しています。 【妃澄】はそんな【裏女】の1人ですね。 …

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【妃澄】は性に対しては奔放な性格で、男も女も受け入れるバイセクシャルなタイプです。 【裏女】は元々は魔女に部類される存在で、クアンスティータが引退した時、一瞬だけ、【クアンスティータの宇宙世界/クアンスティータ・ワールド】から【もう一つの全能者/アナザーオムニーア】の力が漏れて、その光を帯びて強者を作りだす能力を得た存在として考えています。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 そこで考えたのが、【裏女(りじょ)】と言う存在の【柚髪 妃澄(ゆがみ ひずみ)】と言うキャラクターです。 【裏女】は男性、女性、両性具有、おんこ(くーちゃん達の性別)に続く第五の性として考えています。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そのため、【ファーブラ・フィクタ】では、エッチな話が原則禁止と言う事になってしまっています。 ですが、【プハンタシア・クアンティタース】ではクアンスティータが引退した後の話なので、少しだけエッチな話が出来ると思ってまずは、そう言うキャラクターを主人公、終主の側に置こうと思って居ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】の場合は、ラスボスのくーちゃん(クアンスティータ)が純粋無垢なキャラクターなので、どうしてもアダルトな展開には出来ませんでした。 そのくーちゃんに好かれるという設定である主人公の吟侍(ぎんじ)、ヒロインのカノンもまた、潔癖を求められました。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【プハンタシア・クアンティタース】でまず、やろうと思っている事ですが、ちょっとエッチなキャラクターを出そうと思っています。 それは【ファーブラ・フィクタ】ではやれなかった事だからです。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 一応、前の休みの日に【プハンタシア・クアンティタース】の【終主(しめす)編】を斜め読みして読み返したので、【終主編】の本編プロローグをどうするかを考えてそれを少し書きました。 【終主編】の本編プロローグは3話くらいで考えていて、主人公の終主とヒロインの【エクシトゥス】それぞれにつく仲間の様なキャラクターを登場させようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 だから、後で追加した二点もブログで公開しますが、それは未定とさせていただきます。 その事をいつもの人にもイラストを見せながら伝えましたね。 それと少し時間が余っていたので、これから、バイトの休み時間にメモを取る事として、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】のメモを見せましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ただ、追加した二点も含めて、ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧編のイラスト4点は保留とする事にしました。 普通の人間のイラストを描いたのですが、それだと、ちょっとこの先に作るイメージと違うかな?と思い直して、ちょっと変更する事にしましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 ただ、いつもの人は昨日休んだので、今日、イラストを見せましたね。 ブログで公開したイラストにプラス2点追加してですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)200

 戦闘機や戦車、戦艦などから無差別に攻撃されていて、それをかわしながら中ボスと戦うという、中ボスエリアの中で最も危険なエリアと言われている。  それは、ミサイルが突然飛んできて、敵味方関係なくお陀仏という危険性も孕んでいるからだ。  中ボスの欠片の名前は【ZAK―〇〇一】から【ZAK―〇一一】までの十一機と【SHO】、【PAS〇三】、【NEXT】の三機を足した十四体。  何の略だか全然解ら…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)198

 だが、このハリケーンのエリアは【MZK】にとっては戦いにくい場所でもあった。  何しろ、【MZK】は軽いからだ。  つまり、踏ん張りがきかないんだ。  対して、中ボスの方は重量があるから、ハリケーンの中でも踏ん張りがきく。  大風の影響で、思うように動けないので苦しい戦いになった。  だが、薄野以外の中ボスには負ける気がしない。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)197

 九戦目のエリアはハリケーンだ。  竜巻に飛ばされながらの空中戦という事になっている。  負けたらはじき飛ばされて、ブレイバーは破壊されるというデッドオアアライブ、生か死のステージだ。  中ボスの欠片は【レッドドラゴン】、【ブルーリバイアサン】、【イエローベヘモス】、【グリーンクラーケン】、【ブラックエンジェル】の五体だ。  本体は【ホワイトデビル】だ。  ファンタジーが好きそうな…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)196

 冗談じゃない。  こんなエリア、二度とやるか。  ブツブツ、文句をいいながらも俺は、【シフォン】を倒せた。  ――が、これまで稼いで来た額のおよそ半分が持って行かれてしまった。  とんだ散財だ。  あっぶねぇエリアだ。  誰だ、こんなエリアを考えやがったのは?

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の40日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日の木曜日も明明後日の金曜日もその次の土曜日も予定は一緒です。 日曜日はまだわかりません。 日曜日に出勤になってしまったら、番組の録画が容量オーバーになってしまいますので、そうならない様に、番組を見るのを中心に行動しようと思っています。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中はバイト、午後はメタボの薬をもらうのと健康診断の結果を聞きに病院に行きます。 余った時間は番組を見ます。 昨日、全体朝礼で、月曜日から土曜日までの予定は言っていましたが日曜日については言っていませんでした。 ですが、仕事次第ではまだまだ、日曜出勤の可能性もあると思っています。 恐らくギリギリまで出るかどうかわからないと思いますので、今週は予定が組み…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は午後から病院に行きますので、朝更新する事にしました。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

以上になります。

以上が今日までに作った14キャラの髪型になります。 本番では多少変更するかも知れませんが、基本的にこれに準じた新キャラを描こうと思っています。

続きを読む

ヴェヌファユアの謎夢想/獣僧編用新キャラ案1

ここからが、ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編の新キャラ案になります。 ファーブラ・フィクタシリーズは第五本体クアンスティータ・リステミュウムがY染色体を破壊したという事実があるので、男性キャラが少なめなのですが、そこから外れるシリーズであるヴェヌファユアの謎夢想も少し男性キャラを増やそうと思っています。

続きを読む

アナザーFP新キャラ案1

ここからの6キャラがアナザーFP用の新キャラになりますね。 名前はまだ決めていないのですが男性キャラクターを増やそうと思っていますので、アナザーFPは全て男性キャラと言うことで考えましたね。

続きを読む

花友イラスト案

という訳でまずは、ハイパーワイフ用に6キャラデザインして、髪型を描きました。 まず、主人公の【ホゲタロー】の離婚した奥さん4人のデザインが出来てなかったので、それをデザインする事にしました。 まずは、1人目の奥さんの花友さんですね。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、バイトの休み時間にコツコツ描きためておいたイラストを14点公開したいと思います。 と言っても目鼻口はかいてませんけどね。 とりあえず頭の形と髪型のアイディアだけで、本番は別に描くと言うことで考えましたね。 それを次の更新から公開します。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)195

 ここまで、連勝して、大分ファイトマネーを稼いできている。  ちょっとやそっとのペナルティーを払ったくらいじゃどうって事はない。  要は、薄野を倒せば良いんだ。  必要なのは金じゃない。  と、思っていたが、その料金設定は俺が思うより遙かに高かった。  花一輪、落としただけで、信じられない額のペナルティーが取られた。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)194

 八戦目のエリアは迷路の様な高級ホテルの敷地内だ。  エリアを破壊したらペナルティーで罰金という厳しいエリアだ。  ただ、自分で壊さなければ、罰金にはならないらしい。  つまり、相手を突き飛ばして壁が壊れたとすると突き飛ばされた方がペナルティーになるらしい。  中ボスの欠片は羊の顔をした執事達、【セバスチャン】、【ピエール】、【ゴードン】、【クリスティン】、【ミカエル】、【ロバート】、【…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)193

 だが、悪い知らせばかりではなく、俺の中で、もう一つ、夢が育ちつつあるという情報をオペレーターが教えてくれた。  戦力が増えるのは嬉しいことだ。  だが、その夢はゲームを楽しむという事の夢らしい。  知らず知らずの内に、俺はこのオンラインギャンブルを楽しんでいたという事なのだろうか。  ――が、このゲームを楽しむという夢がやられてしまうと俺はこの【夢命戦】を続けられなくなる可能性もある。…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)192

 この仕合の最中に、薄野も戦って勝利していて、ついに、大ボスへの昇格まで後、一戦という事になってしまった。  その意味でも俺は焦ったのかも知れない。  八戦目からはまた、しばらく、【MZK】一本で行くことになった。  正直、【いっちゃん】のレベルでは太刀打ち出来そうも無いからだ。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)191

 七戦目の時は勝ったものの危なかった。  俺は、薄野に動きがあった時、すぐに解るように【リモート・ベル】をセットした。  彼女が戦った時に知らせてくれるベルだ。  その設定を最大にしていたので、突然鳴った時にビックリして、動きが止まった所に一撃を貰ってしまった。  大分、強くなっていたから致命傷にはならなかったが、しばらく【ジョーカー】の方はメンテナンスに出した方が良さそうだった。  …

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の39日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は病院に行ってメタボの薬をもらうのと健康診断の結果を聞きにいきますので、ブログの更新は朝になると思います。 ひたすら番組を見たりして、見ていない番組の量を減らして行きたいと思っています。 後、休み時間に描いたイラストは後で公開します。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日からまたバイトです。 次の日曜日は出るのかどうかはまだわかりませんね。 仕事は助っ人に行ったり忙しかったですね。 休み時間は来年のホームページ更新用のイラストを描いたりしていましたね。 コツコツ書きためたやつが14点ほどあるので、明日の朝、いつもの人に見せる事になると思います。 今日は先行して、ブログで公開しようと思って帰ってから紙のメモをス…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 午後になったら、本を見る事になると思いますが、今日のブログの更新は次がラストになると思います。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)190

 だが、こいつらは、バラバラに破壊してもすぐに元に戻ってしまう。  粉微塵にするか、頭を破壊するか、もしくは、本体を倒すかしないと何度でも再生する。  一方、本体の【神父】の方はというと――  欠片をほったらかしてエリア内を逃げ回っている。  どうやら、不死性に力を注ぎ込み過ぎて、攻撃力は大した事ないらしい。  思ったよりも逃げ足は速いが、俺は、欠片を無視して追いかけ続けた。  …

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)189

 中ボスの欠片は【デス子】、【デス奈】、【デス太】、【デス助】、【デス郎】、【デス花】、【デス美】、【デス男】、【デス代】の九体。  全部ドクロ、恐らく死に神を意識しているのだろう。  本体の方の名前は【神父】だ。  一体、何を表現したいのかよくわからん。  だが、しゃれこうべが九体大釜振り回して襲ってくる姿は対戦してみるとかなり怖い。  ちょっとしたホラーだ。  この欠片共の攻…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)188

 複雑な作戦だったから、正直、上手く行くかどうか不安だったが、何とか出来たぜ。  やったーっ! やってやったぜ!  俺の連勝街道は尚も続く。  六戦目のエリアは滑走路のエリア。  時々、飛んでくる飛行機をかわしながら戦うエリアだ。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)187

 周りにあった【トラップボール】が一斉にその場所めがけて、飛んでくる。  その二重の【トラップボール】から見えない極細の糸が無数に伸びていて、敵が足を踏み入れた時、その糸を全部巻き取り、その反対側につながれていた【トラップボール】が、草の影から飛び出すと言った仕組みだ。  慌てた【レオン】は上空にしか逃げる場所が無い。  そこへ逃げた【レオン】めがけて、【ジョーカー】の必殺キックが炸裂…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)186

 だが、俺は、こんなのを狙っていたんじゃない。  わざと、【トラップボール】をあまり配置しなかった場所がある。  そこには、二重トラップとしてこのエリアに来てすぐに、仕掛けた【トラップボール】が一つ仕掛けてある。  一見すると石ころにしか見えないが、それは【トラップボール】の二重重ねだ。  そこに、【レオン】が足を踏み入れた時、大がかりな罠が作動する。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の38日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 病院も含めて、外出予定も何回かありますので、番組は出来る時に見ておこうと思っています。 見ないで消すデリートという最悪の方法だけは使いたくありませんからね。 という感じでやって行こうと思います。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 今日からは、とにかく、見ていない番組を見ていくのを中心にやって行こうと思っています。 今までは制作を優先に番組が容量オーバーにならない様にやっていましたが、明日からは、そうも言って居られません。 毎日増えるから完全に無くす事は出来ませんが、それでも、一時的にはほとんど見たという状態を維持出来る様に頑張って見ていく予定です。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 火曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後はメタボの薬をもらいに病院に行こうと思っています。 まだ、薬のストックはまだ残っているのですが、今年中に健康診断の結果も聞きにいきたいと思っていますので、早めに行くことにしています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 番組がたくさん貯まっていますからね。 とりあえずはそれを消化していかないと行けないと思っています。 午後からは先週買った漫画などを見ていこうと思っています。 続きます。

続きを読む

おはようございます13

続きです。 作り貯め作品で言えば、【ファーブラ・フィクタ】の方もやりたいと思ってますし、この24話分の話をどうしようかな?と考えていますね。 結局は作らないまま終わってしまうかも知れない無駄な時間になった可能性もありますが、まぁ、こんな日もあるかな?と思いました。 と言う訳でおはようございます。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます12

続きです。 これらの作業は一応、こっそり作業なので、正規の時間での作業ではしません。 休みの日の早朝で早起きして、作業すると言うものなので、年末にかけて忙しくなる状態では全く出来ないというのが現状ですね。 今日の分は、出来ると思ったので、早起きして考えようと思いましたが、どれを作るかでモタモタしていたため、結局は作れませんでしたね。 続きます。

続きを読む

おはようございます11

続きです。 そこで、お尻に火が付いた【エクシトゥス】は行動を開始すると言うオープニングでスタートして、それとは別に【エクシトゥス】にまた会いたいと思っていた主人公の終主もまた動き出すという感じの話にしようかな?とイメージは出来たのですが、肝心の作る時間が全くありませんでしたね。 まぁ、他にも【裏女(りじょ)】や【賢聖(けんせい)】、【点つなぎ召喚】なんかのアイディアくらいはあるんです…

続きを読む

おはようございます10

続きです。 本来、【トゥルフォーナ】として名乗る時期として定められた1年ちょっと先まで、名乗るのを延期します。 理由は【シュストゥムヴィーノ】と同様に陥落した最強の座を取り戻せる実力がついていないからです。 今なっても、クアンスティータの名を辱めるだけなので、延期せざるを得なかったのです。 続きます。

続きを読む

おはようございます9

続きです。 【シュストゥムヴィーノ】の完全失墜により、本来の【クアンスティータ】の後継者の一角でもあるヒロインの【エクシトゥス】が【トゥルフォーナ・クアンスティータ】として名乗りを挙げる様に、オルオティーナ率いる【クアンスティータ・ファンクラブ】から要請があがりますが、彼女は断ります。 続きます。

続きを読む

おはようございます8

続きです。 【終主編】ではクアンスティータが引退し、その代理として行動していた【シュストゥムヴィーノ】が最強の座から陥落した所から物語を開始しようとは思っています。 【ピックアップ編】では、何とか、【二十四大ボス】の末席にかじりついていたのですが、本編では、【二十四大ボス】の中も入れ替わりが起こり、ついに、【シュストゥムヴィーノ】もその座を追い落とされてしまうと言う所から始まると思い…

続きを読む

おはようございます7

続きです。 足りない部分というのは【二十四大ボス】と【七大ラスボス】の部分についてで、これを思い出さないと【終主編】が始められないので、どうしても見つけたかったんですね。 前にイラストでも描いたキャラなんですけど、【当てずっぽうの女】など、クアンスティータに代わる強者の情報が必要だったので、それを見て何とか思い出しましたね。 続きます。

続きを読む

おはようございます6

続きです。 どうしても見つからなくて諦めようと思った時、キャラクターピックアップ編のフォルダーに【終主編】4話と【恭精編】4話と【踊詩編】7話が別に作ってあって、そこの【終主編】を見て、足りない部分をようやく確認出来た所で、タイムオーバーとなりました。 続きます。

続きを読む

おはようございます5

続きです。 とりあえず、作る前に読み返して、内容を思いだそうと思って、最初に作る【終主編】に関連する話を読み返しました。 と言っても、序章本編を5話斜め読みで読み返した所でどうしても何か足りない様な気がして、その足りないものが何かを探すのにまた時間がかかってしまいましたね。 続きます。

続きを読む

おはようございます4

続きです。 この8つの作る順番を決めるのにあれこれ時間がかかってしまい、結局、考えた順番という事になって、【終主(しめす)編】→【恭精(きょうせい)編】→【踊詩(ようし)編】→【ハイパーワイフ】→【アナザーFP】→【獣僧(じゅうぞう)編】→【十手(じって)編】→【稀義(まれよし)編】にしようと言うことにしました。 これを決めるまでで、既に5時を回っていましたからね。 あぁ、駄目…

続きを読む

おはようございます3

続きです。 その8種類ですが、【プハンタシア・クアンティタース】の【終主(しめす)編】と【恭精(きょうせい)編】、【踊詩(ようし)編】の本編プロローグ、【ハイパーワイフ】、【アナザーFP】、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】の【獣僧(じゅうぞう)編】、【十手(じって)編】、【稀義(まれよし)編】の8つです。 【プハンタシア・クアンティタース】は作り貯め作品、【ハイパーワイフ】、…

続きを読む

おはようございます2

続きです。 それで、どの作業にするかで迷っていて、結局、全部やろうかな?と言うことにして、読み返しをし始めた所で時間が経ってしまったので、何も作業らしいことはしていないという感じです。 ちなみにやろうと思ったのは8種類の話で、3話ずつやろうと思っていたので、24話分のこっそり作業を企てていましたね。 続きます。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝、二時から起きています。 12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】は昨日の午後の作業で終わっていますので、作業をしていた訳では無いのですが、……あ、いや……一応、作業かもしれませんね。 こっそり作業をしようかと思って、なんの作業をするかをあれこれ決めていました。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 午後になったら制作をしますが、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)185

 そういうトラップを俺は一つ一つ、仕掛けたんだ。  そして、準備が整い、俺はグール共も一網打尽にした。  電撃網で捕らえたグールの中にどうやら欠片も二、三体混じっていた様だ。  中ボス側にダメージが表示されていた。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)184

 あらかた準備が整い、俺は【トラップボール】の真の力を発動する。  【トラップボール】は名前の通り、一つ一つにトラップを仕込んでいる。  例えば網のトラップだ。  タイマー式で作動して、グール達を捕らえて、電撃を流す。  他にも炸裂弾のトラップ。  敵の足元で炸裂して、敵の動きを止めるのに役に立つ。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)183

 グールに埋もれる欠片と姿を消す本体を相手に、俺の【ジョーカー】は必殺技を繰り出した。  【トラップボール】だ。  罠を仕掛けたボールを草原に向けて、投げつける。  そして、敵の攻撃をかわして、また、新たな【トラップボール】を投げつける。  また、逃げては投げつけるというのを何度も何度も繰り返す。  一見、攻撃を外している様にも思える【トラップボール】だが、草原の下の地面に埋まりな…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)182

 欠片は【グールA】から【グールJ】までのグール型だ。  汚ねぇ、これじゃ、エリアに群れてるグールと区別がつかないじゃねーか。  グールの群れはエリア内に千体解き放たれているって言うし、千十体のグールと戦うって事にもなりかねねぇ。  逆に、欠片の方はグールに埋もれてやられる心配はねえし、向こうがかなり有利な戦いだ。  だが、この不利な条件で勝てば、ボーナスポイントがたくさん入るはず。 …

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)181

 五戦目は草原エリア。  広大な草に囲まれたかなり広いエリアだ。  そこで、【ジョーカー】を待ち受けるのはグールの群れだ。  このエリアはただの草原のエリアではなく、第三者として、グールの群れが登場する。  このグール達は、俺にも中ボスにも見境無く、攻撃を仕掛けてくる。  このグール達は基本的に倒せるが、その分、余計な体力を削ってしまう。  上手く、グールをやり過ごしながら、中ボ…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の37日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 また、紙のメモが完成して、一太郎にメモを取っていない、26番目の【気になるあの娘達……】、27番目の【造神闘技(ぞうしんとうぎ)ボーイズサイド】、28番目の【神妙想創(しんみょうそうそう)ガールズサイド】につきましても来年から25番目の【バースコードフェアレディ】までの様に60数ページずつのメモを取っていく予定です。 そんな感じで考えていますね。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 12月29日から1月3日は、イラストの作業にとりかかる予定です。 【読み切り小説】の作業開始は、来年の1月4日を予定しています。 バイトもその時、始まると思いますので、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】の紙のメモをそこから取り始めます。 バイトから帰ってからの作業は13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】からになります。 続きま…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中は番組や本を見ます。 午後になったら、【私は誰とも付き合わない】の再々チェック修正をして今年の制作を終了とさせていただきます。 ご褒美DVDとかも含めて、後はひたすら番組を見たり、本を見たりの毎日が続く事になると思いますが、メモくらいは取るつもりです。 明日の予定ですが、一日番組を見るか本を見るかになると思います。 来週からは仕事が忙しくなりそうな…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日はバイトはお休みです。 今日は朝、2時から起きて作業をしていました。 おかげさまで、12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の再チェック修正が終わりました。 という訳でおはようございます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトなどに行ってきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)180

 【MZK】は華麗なダンスを披露しながら、その流れにそって相手にダメージを与え続け、勝利した。  見ろ、この俺の優雅な舞いを。  十把一絡げの美女とは違うんだ。  俺の【MZK】は特別なんだ。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)179

 試合開始となり、【杏奈】めがけて突っ込む【MZK】に対して、よりにもよって、ローションらしきものをぶちまけやがった。  思わず、スリップして、机に躓いてダメージを負ってしまった。  キャットファイトでもしようってのかこいつは。  無責任なギャラリーは大歓声を浴びせて来たが、俺は、逆に冷めた目で見ていた。  そんな事はどうでも良いんだ。  とにかく薄野に勝てさえすれば、どうでも。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)178

 そこそこ綺麗だと思うが、俺の薄野――【MZK】の方が断然綺麗だ。  それに、女生徒の名前に【瑞穂】という名前があるのも気に入らん。  薄野と一字違いじゃないか。  こういう手合いもさっさと倒すに限る。  俺は頭を潰す事にした。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)177

 欠片の方は8人の女生徒、【夕喜乃(ゆきの)】、【真穂(まほ)】、【円香(まどか)】、【祐子(ゆうこ)】、【絵理(えり)】、【利香(りか)】、【佳枝(よしえ)】、【瑞穂(みずほ)】だそうだ。  本体の方は保険医タイプの【杏奈(あんな)】だ。  プレイヤーのプロフィールを見ると、元、教育実習生らしい。  大方、お気に入りの女生徒にでも手をつけてクビを切られたって口か。  女生徒の名前はその…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の36日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定は午前中はバイト、そのまま、外出、帰りは遅くなる予定です。 なので制作などは無しです。 明日の予定ですが、早朝作業で、12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の再チェック修正をします。 朝、ブログの更新をして、午前中は番組を見ます。 午後に【私は誰とも付き合わない】の再々チェック修正をして、作業は終了です。 本を見たり番組を見たりすると思いま…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日はバイト帰りにまっすぐ外出するので朝、更新する事にしました。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日中に【私は誰とも付き合わない】を100ページ目まで書くのでこれ以上余計な更新をしている余裕はありません。 次の更新が今日のラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)175

 ――が、思ったより強敵で、【ジョーカー】が掴んでいるロープを片っ端から、【カッター】やら【鋏】やらがぶった切っていくわ、糊を食らったら粘ついて危なかったりもした。  しかし、結局、この崖のエリアとこの中ボスは相性が悪い。  合ってない場所での戦いというのは戦いづらいものだ。  俺は、【教科書】が挟んでいた、ロープを切り落とし、たたき落として勝利した。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)174

 三戦目のエリアは崖のエリアだ。  つるされたロープにつかまりながらのバトルとなる。  【ジョーカー】は靴を脱ぎ、足の指でロープを支えて、両手がフリーな状態で戦う事にした。  欠片の名前は【分度器】、【三角定規】、【コンパス】、【糊】、【鋏】、【定規】、【カッター】、【鉛筆】、【消しゴム】……以下省略だ。  二十近くあるそれらは文房具って感じか。  それに愛着を持っている誰かが…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)173

 ドロドロになりながら、俺はチャンスを窺った。  そして少ないチャンスをものにして見事に逆転勝利をおさめた。  【MZK】が泥だらけだったので、近くの泉で泥を落としていたらギャラリー共が【おぉ~っ】とか騒ぎ出した。  そのシーンに萌え要素があったようだ。  まったく、野郎共ときたら……  俺も男だから気持ちはわからなくはないが……  こいつは俺の【理想の異性像】なんだ。  出来…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)172

 正直、【MZK】を出すと、薄野が男に襲われている見たいで面白くない。  こんな相手はとっとと蹴散らすに限る。  俺は早々にけりをつけるために攻撃態勢を取った。  が、このエリアは奴らの方が特性を活かせる場所だった。  沼地を利用したトリッキーな動きが俺を攪乱して思うように攻撃が当たらない。  こいつら、かなりの体術を使う。  オリジナルの動きなのだろうか、見たこと無い戦法だった。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)171

 俺は、続けて、中ボス戦の二戦目のエリアを選択する。  二戦目のエリアは沼地エリアだ。  足元が沼でぬかるんで思うように歩けない。  このエリアに出てきたのは――  欠片の名前が【ぽっちゃり】、【ちび】、【ひょろ】、【スマート】、【のっぽ】の五体、  本体の名前が【マッスル】というむさい男の集まりだ。  全員、海パン一丁ってのが気持ち悪さを増している。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の35日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日は全体朝礼なので、いつもの人との話も無いでしょうから、丁度良いと言えば丁度良いですね。 土曜日はお休みですので、早朝作業で、【私は誰とも付き合わない】の再チェック修正、日中の作業で再々チェック修正をして、今年の作業は終了となります。 残った時間は先週買った本を見たり、番組を見たりします。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の清書を100ページ目指します。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は外出してから戻ってきますので、ブログの更新は朝やります。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 そんな話をしましたが、10時の休み時間は仕事が忙しいという話などをしましたね。 みんな年末の作業に向けて戦々恐々としているみたいでしたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 他にも【能力】や【効果】、【属性】などを【加工】するアイディアはあるのですが、ページ数が足りないから、入れられないかな?と思っていますね。 やっぱり、その前の【話核(わかく)】と【強制与具(きょうせいよぐ)】、最初の【謎の力】による混乱などで、ページ数取られてしまっていますからね。 どうしようもないと言う感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 他にも【乗効液(じょうこうえき)】と言うのは力や濃度、効力などを【累乗化】してくれるとう【液体】ですね。 2乗、3乗、5乗と色々選べます。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 もちろん、それだけじゃなくて、化粧品の様なイメージで考えているので、他の要素もあるんです。 例えば、【倍効液(ばいこうえき)】と言う力を【倍】にしてくれるという【液】ですね。 2倍、3倍、5倍と複数の倍率があります。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 1人辺り大体、30種類の能力や属性を得る事になるので、合計90種類の能力や力を紹介する予定ですが、それだと、1話で納めるのはかなり苦しいんですよね。 ほとんど名前だけって事になってしまいそうですよね、これじゃ。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 【浸殊種】は大体、10種類とか20種類の【能力】や【属性】を1つのパッケージとして売っています。 主人公の吟侍達は、3人の女子高生っぽいキャラクターに密着し、【浸殊種】で力を得るまでを見学する事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 元々、持っている属性や能力などもありますが、例えば、火属性を元々持っていた場合、反対属性の水属性の力を【浸殊種】で得る場合、邪魔となる場合があります。 そうならない様に【アビリティー・クレンジング】というのを行って【属性無し】の状態にします。 その上で【浸殊種】で能力などを得るという感じでレベルの低い力などはお店で売っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 そこから、【浸殊種】の話になったのですが、【浸殊種】とは複数の能力や属性をパッケージにして、得られる【種】の様なものと伝えましたね。 お化粧感覚で商品としてリステミュウム・ワールドで売っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 久しぶりに助っ人に行きました。 いつもの人には、昨日【ファーブラ・フィクタ】の【リステミュウム編】を仮にどのくらいかかるかちょっと仮配置してためしてみたら、最後の【浸殊種(しんしゅしゅ)】だけ、下手したら、1話分くらいで終わらせないと入らないかも知れないと言いましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)170

 俺は、イメージした通りに動き、そして、一撃で【ハンマーヘッド】をしとめた。  本体さえ、倒してしまえば、欠片も消滅する。  【モグタン一号】から【モグタン九号】も連鎖的に消滅して行った。  中ボス戦の初戦も勝利をおさめた。  少し、慎重になりすぎたかもしれない。  慎重になるに越したことはないが、慎重になりすぎるのも勢いを消してしまう。  その微妙なさじ加減も大切だ。 …

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)169

 【ハンマーヘッド】の攻撃が鬱陶しかったが、空を泳ぐ奴の動きと【モグタン】の動きは連携があまり取れていない。  中ボスと言ってもピンからキリまであるようだ。  明らかに、こいつは、薄野よりスキルが低い。  勝てる。  勝てるぞ。  こいつになら勝てる。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)168

 だが、順調に行くとつい、いい気になるのは俺の悪い癖だ。  慎重に相手の出方を窺いつつ、勝利への方程式を作るんだ。  出てきた【モグタン】はどうやら、隕石の中を瞬間移動し、別の場所から、飛びだして攻撃をする事が出来るらしい。  戦って見てそれが解った。  どの穴から出るかというのはあまり推測が出来ないみたいだ。  だったら、こっちにも考えがある。  隕石を削って、穴を埋めてしまえ…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)167

 小ボス戦の時とは別のBGMが流れ、緊迫感が増す。  中ボス、【ハンマーヘッド】が現れるという事か。  モグラ叩きが好きという事は大体戦法は読める。  恐らく、隕石の穴に隠れては出て来るという攻撃をするのだろう。  戦法さえ解ってしまえば対策の取りようはある。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)166

 ローテーションを組んでいた順番で【ジョーカー】での挑戦になっていたが、ほんの僅かに、【MZK】での経験値の方が上だ。  出来れば、そっちで挑戦したかったというのが本音だが、今更泣き言を言っても仕方な い。  やるだけやってやる。  俺は敵に集中した。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の34日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作で、12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の清書を100ページ目指して書き進めます。 明後日の金曜日なのですが、今日の関連で、また所用がありますので、ブログは朝、更新しようと思っています。 午前中はバイト、午後は所用を済ませてから帰ってきます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 10時の休み時間ではまた、イラストの練習をしましたね。 何とか出来ましたね。 それで帰りに用事があってそれを済ませてから帰ってきたので、更新が遅くなりました。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 後は、この【強制与具】は35種類考えているんですけど、リステミュウム編では2話か3話で納めないと行けないので、大変ですと説明しましたね。 三大要素である【話核(わかく)】と【強制与具】と【浸殊種】を表現しないと行けないので、本来ならば、13話じゃ全然足りないんですよと言いました。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 そのアーティストの命もコンサートを開くという所までは確実に守られるという事になりますね。 と言うような【強制与具】になります。 【道具】ではありませんので、必ず、実行されるという【もの】になりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 交通機関の遅延などによって行けなくなる事はありませんし、そのアーティストも必ずコンサートを開きます。 とにかく対象者が、そのアーティストのコンサートに行くという事が確定になりますので、それを邪魔する要素は全て徹底的に排除される事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 ただ、この【強制与具】は別に【死因】だけを決定づけるものではありません。 例えば、【あるアーティストのコンサート】に行くと言う【運命】をはさむとします。 これにより、対象者は絶対にそのアーティストのコンサートに行くことになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 わかりやすい例で言えば、【死因】ですね。 例えば【焼死】と言う【運命】を対象者にはさむ事に寄って、対象者の運命は【焼死】が決定づけられます。 【溺死】や【窒息死】、【病死】などでは絶対に死なないという事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 【謎度ロッカー】については昨日書きましたので割愛しますが、【運命ばさみ】については【鋏(ハサミ)】として使うのでは無く、どちらかと言うと【洗濯ばさみ】の様にはさむものですと説明しました。 【運命】をはさむという【強制与具】ですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日は急な所用があったので、ブログの更新が遅れました。 今日もバイトはいつも通りでしたね。 いつもの人には、【ファーブラ・フィクタ】の【ファーブラ・フィクタ編/リステミュウム編】で使う2つ目の【強制与具(きょうせいよぐ)】の【謎度ロッカー】と3つ目の【運命ばさみ】について説明しましたね。 続きます。

続きを読む

おはようございます。行ってきます。

おはようございます。 今日はちょっと用事を頼まれましたので、いつもより午後の更新が遅れると思います。 その事だけを報告させていただきました。 それでは、行ってきます。 では、また。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)165

 これが、中ボス戦の初戦になる。  この中ボス戦でも出来れば、【ジュエリーナ】以外は一撃必殺で勝っていきたいところだ。  中ボスも一撃で倒せるようになってない状態で、【ジュエリーナ】に挑戦するのは危険すぎると今でも思っている。  俺は、【ジョーカー】の両頬を叩き、気合いを入れ直し、初戦に挑む事にした。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)163

 流れ星に願いをという気持ちも込めて選んだのだが、どうやら、落下し続けて何時までも地表にはたどり着かず、隕石から踏み外すと衝撃で大ダメージを負って場合によってはそこで敗北するらしい。  何となく【クックマン】と戦った空中庭園エリアを思い出す。  が、エリアが高速で移動しているという点では空中庭園より危険なエリアだろうというのは解った。  対戦する中ボスの欠片は全部で9体だ。  【モグ…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)162

 それだけ、彼女の戦いはインパクトが強かった。  まだ、彼女を倒す、自信が無いというのが正直な気持ちだった。  まだ、当たらないでくれ……  そう願いながら、俺は、隕石エリアを選択した。  このエリアは猛スピードで移動する隕石に飛び移りながら、戦うというものだ。  もちろん、初めてのエリアでもある。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)161

 七 中ボス連戦  翌日、俺は早速ログインして、相手になる中ボスの居るエリアを選ぼうとしていた。  もし、仮に、薄野にあたってしまったら、仕方ない――  覚悟を決めて、彼女を倒す事に集中するしかない。  そう、思いつつも出来ればまだ、当たらずに少しでもスキルアップをしたいと思っていた。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の33日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 ちょっとブログ更新が増えてしまってちょっと焦っていますが、ノルマ達成しなかったら明日早起きして、ちょっとやろうと思っていますが、一応、今日のノルマとしては12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】を70ページ目まで清書します。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日の続きは明後日の木曜日を予定しています。

続きを読む

こんにちは21

続きです。 そんな感じで、色々書いていたら21回目になってしまいましたね。 もう、この辺にしておきましょう。 この後の作業時間が減ってしまいます。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは20

続きです。 そんな感じで、ひょっとしたら、10時の休みも話しかけられて作業が出来ないかも知れませんね。 まぁ、それならそれで良いのですが、少なくとも来年用のホームページ更新用イラストの内、【ハイパーワイフ】用の新キャラ3名分のイラストは年内で作ってみたいと思っているんですけどね。 出来るかどうかはちょっとわからなくなりましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは19

続きです。 だから、ただのイラストやちょい役以外はたいてい、ノートなどに顔のイラストと身体などの特徴と名前を描いたものを用意して、忘れた時なんかはそれを見て、描く様にしていますよと言ったら、MAさんは目を丸くして驚いていましたね。 僕にとってもそれは普通の事だったんですが、絵とか描かない人にとっては驚きの事だったみたいですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは18

続きです。 後は、MAさんがまた、質問して来ましたね。 たくさんのキャラクターを全部覚えているのが凄いと言ってきたので、僕は多分、虎の巻やカンニングペーパーの様なものがあると思いますよと答えましたね。 僕も公開していないのも合わせると有に1000キャラ以上は作っていますからね。 全部を覚えているなんてとても無理な話です。 続きます。

続きを読む

こんにちは17

続きです。 10時の休み時間は何人かが話掛けてきたので、作業は出来ませんでしたね。 話の内容としては、会社での噂話とか、仕事について、それとまた、【鬼滅の刃】の話でしたね。 よっぽど気になるのか【ロイヤリティー】の話とかをしてきましたね。 何でその質問に僕が答えるのかよくわかりませんでしたが、一応、昔、特許や著作権を勉強したというのもあって、僕なりの説明をさせていただきま…

続きを読む

こんにちは16

続きです。 この【謎度】を設定して、対象者をロックして、対象者に対して【謎】を作り続けるのが【謎度ロッカー】という【強制与具】になります。 【道具】では無く、【強制与具】なので、あらがう事が出来ません。 という感じの説明になりますね。 これを明日説明する事になると思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは15

続きです。 【X+Y=5】の場合、【X+2=5】となり、【X=5-2】で【X=3】となります。 【X-Y=1】の場合でも、【X-2=1】となり、【X=1+2】でやはり【X=3】となります。  これが連立方程式の解き方ですが、問題は解答ではありません。  解き方の複雑さです。  【X+5=7】よりも、【X+Y=5、X-Y=1】の方が明らかに謎(解答)の解き方が複雑とな…

続きを読む

こんにちは14

続きです。  それでは、【謎度】2とは何か?  それは、【X+Y=5、X-Y=1】の様に問題を解くのが複雑になったものを言います。 これだと【謎】に当たる部分は【X】と【Y】と言うことになりますね。  この場合は、【X+Y=5】を【X=5-Y】という形に変えて、【X-Y=1】の【X】の部分に代入すれば良いです。  すると【5-Y-Y=1】となり、【5-2Y=1】、【…

続きを読む

こんにちは13

続きです。 ここから先は明日説明する事になるのですが、【謎度】をわかりやすく表現すると、簡単な数式で現せますね。 【X+5=7】と言うのが【謎】だとします。  【X】が【謎】と言うことになりますね。  これは、【X=7-5=2】で答えが解けます。  これが【謎度】1だと仮定します。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 と、そんな感じで考えているリステミュウム編ですが、今日はいつもの人に、2つ目の【強制与具】として、【謎度(めいど)ロッカー】の紹介をチラッとだけしましたね。 【謎度】とは【お帰りなさいませご主人様】って感じの【メイドさん】では無く、【謎】の【度合い】と言う意味での【謎度】ですと言ったところまででタイムオーバーでしたけどね。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 第四本体クアンスティータ・ミールクラームの時も予定していた10話では全然足りなくて、ウェントス編の第11話とアクア編の第11話でそれぞれ、クアンスティータ・ゼロ編として、20話分オーバーしましたからね。 そう考えると13話で終わらせるというのがそもそも無理な話なんですよね。 無理矢理詰め込むという形で作るしかないんです。 やりたいことは腐るほどありますからね。…

続きを読む

こんにちは10

続きです。 まぁ、その気になれば、【強制与具】だけで、100話以上作れそうな感じですけどね。 そうも行かないですし、三大名物なので、【話核(わかく)】と【浸殊殊(しんしゅしゅ)】の話も入れないと行けないので、ほどほどにおさめるという感じで作ると思います。 そもそも、はっきり言って、本体1核分の話をするのに、13話じゃ全然足りないんですよね。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 という様に大体どんなものにするかアイディアは既にあるんですけどね。 後は文章で説明するだけなんですけど、それだと説明とかに文字数取られてしまって、2話か3話分だと何処まで入れられるかわからないですね。 一応、24種類目まで紹介と体験をして、残りは口答でリステミュウムが説明するだけにとどめておこうかな?と考えていますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。  (26)【絶対防盾(ぜったいぼうじゅん)】、  (27)【完全レール】、  (28)【痛み体験器】、  (29)【オーダーヴォイス】、  (30)【自分プロデュースキット】、  (31)【スケジュール調整器】、  (32)【代理素体】、  (33)【何でもプロジェクトチーム】、  (34)【専用指導者(せんようしどうしゃ)】、 …

続きを読む

こんにちは7

続きです。  (16)【祟り/天罰シール】、  (17)【専用大博士(せんようだいはかせ)】、  (18)【完全複製素体(かんぜんふくせいそたい)】、  (19)【完全成り代わりキャンディー】、  (20)【絶対服従配下(ぜったいふくじゅうはいか)】、  (21)【永遠の迷い家(えいえんのまよいが)】、  (22)【想像物解放液(そうぞうぶつかいほうえき…

続きを読む

こんにちは6

続きです。  (06)【アビリティーシャッフルジュース】、  (07)【挿入歴史装置】、  (08)【迷宮入りスプレー】、  (09)【植え付け人格】、  (10)【知り合い創作機(そうさくき)】、  (11)【出し入れレンタル図鑑】、  (12)【架空新種発生器(かくうしんしゅはっせいき)】、  (13)【オールオブオール】、  (14)【…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 と言っても【強制与具】に割り当てられる話数は2話か多くても3話なので入るかどうか微妙な話なんですけどね。 名前も既に考えていますね。  (01)【本物パズル】、  (02)【謎度(めいど)ロッカー】、  (03)【運命ばさみ】、  (04)【なりきり羽織(はおり)】、  (05)【等価(とうか)バランサーストック】、  続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 先週の続きで、【ファーブラ・フィクタ】の【ファーブラ・フィクタ編/第五本体クアンスティータ・リステミュウム編】の話として、リステミュウムの三大要素の1つ、【強制与具(きょうせいよぐ)】の話ですね。 先週は、【本物パズル】というのを説明しましたが、リステミュウム編では、35種類くらい紹介しようとおもっているんですよね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 バイトの休み時間にやる紙へのメモも29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】からは来年から始めると言っていますので、【読み切り小説】の話は年内はストップする事になりますね。 後は、【ファーブラ・フィクタ】の制作の話をする事になると思います。 今日も少し、話をしましたしね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】が40ページ目まで清書が進んでいて、今日は70ページ目を目指して書き進める事。 13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】は仕事の都合で、番組を集中的に見ないと行けないので、来年からにすると言うことなどを話しましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 仕事はいつも通りでしたね。 ただ、朝の会話は20日と27日の仕事の事の話になっていつもの話はあまり出来ませんでしたね。 いつもの人には、11番目の【読み切り小説】の【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】が完成した事。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)160

 結局、休むというよりは、頭の中で、イメージトレーニングを行っているようなものだった。  そうだ、ただ、休むと身体がなまる。  それよりは、疲労とは関係ない部分を鍛えていかないとな。  こんなに前向きに何かに向かって行ったのって初めてかも知れないな。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)159

 正直、小ボスが中ボスになったとしても大して凄く感じなくなっていた。  それだけ、小ボスクラスでの連戦が俺のブレイバーを強くさせているという事なのだろう。  中ボス戦を見ながら、俺ならどうやって攻略するか等と考えていた。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)157

 いや、そんなはずはない。  まだ、一週間だ。  彼女がそんなに連戦をしているとは思えない。  それに、殆ど、ラスボスクラスを使用しているとも聞いた。  だから、あまり、中ボスクラスである【ジュエリーナ】を使用していない筈だ。  ネット上の情報屋に聞いた所によると彼女は一週間前の戦い以降、姿を見せてないと言っていた。  つまり、後、二戦分、【ジュエリーナ】と戦う余裕があるという事…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)156

 今の状態で薄野との差がどの程度縮まったか解らない。  だが、薄野の戦いぶりを見て意気消沈していた頃とは桁違いの力を得ているのも事実だ。  目もその動きに慣れた。  今なら挑戦しても大丈夫かも知れない。  薄野の方はどうなっているんだろう。  もう、大ボスクラスに昇格してしまったのだろうか。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の32日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 とにかく、今は少しでも減らさないと行けませんね。 やっぱり【読み切り小説】の清書作業に時間を取られたので、番組が異様にたまっています。 それを消化して行くことになると思います。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の清書を70ページ目指して書き進めます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 という訳で、今年の制作納めまではそんな感じになると思います。 【テンス・アース】の清書は来年からになりそうだという結論になるまで色々考えた休憩時間でしたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 来週からはひたすら番組を見て、消化して行く事になると思います。 今の状態のまま年末を迎える訳には行きませんので、ドンドン番組を見ていく事になると思います。 ただ、減らしたとしても土日で番組がたくさん増える状態になっていますので、苦しい状態なのはそんなに変わりないとは思いますけどね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 メタボの薬をもらいに行ったり、他にも外出の予定もあるので、制作をしているとそれで、容量オーバーへの道へまっしぐらになってしまいますので、12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の作業が終わった時点で、今年の作業は終了させようと思います。 本当なら今年中に13番目の【テンス・アース】まで作りたかったのですが、無理っぽいですね。 12番目の【私は誰とも付き…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 昨日の作業で、12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の清書作業が40ページ目まで到達しているので、明日の作業で、70ページ、木曜日の作業で100ページ、土曜日の早朝作業で、再チェック修正、日中の作業で、再々チェック修正、日曜日に本などを読むので、来週の作業から13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】の清書作業を開始するという予定にしていましたが、予定を変更…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 ただ、このまま、年末を迎えてしまうと休日出勤をしてしまったら、ほぼ間違いなく容量オーバーになってしまうので、それだけは何としても回避しなくてはいけなくなりましたね。 困っちゃいますねぇ。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 なので、休み時間とかはメモとか作業とかしていた訳ではなく、年末の予定を考えたりしていましたね。 今の状態だと、番組がギリギリ容量オーバーにならない様に制作をしているんですよね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 仕事はいつも通りでしたね。 ただ、年末にかけての予定で、今日の朝礼で、20日と27日の日曜日がもしかしたら出勤になるかも知れないみたいな話が出たので、制作的にはちょっとまずい感じになってきたなぁと思いましたね。 続きます。

続きを読む

お休みなさい。

それでは、今日も忙しいので余計な更新をしている余裕は全くありません。 今も、番組を背後で流しながらの更新作業になっています。 今日のブログの更新はこれで終了とさせていただきます。 お休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 午後になったらまた制作をしますが、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)155

 【MZK】と【ジョーカー】の二枚看板で俺はプレイしていた。  だが、短期間で連勝を重ねる俺は有名になってしまって、ブレイバーの対戦相手もなかなか現れないという状態だった。  必然的に次のステップに進む時期が来ているという所だな。  これで、薄野とあたってしまったら、戦うしかない。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)154

 俺の方のブレイバーは【MZK】だけだと、ダメージが蓄積されていくので、もう一つ、【自分の理想像】もキャラクター化し、【MZK】と交互に使用して、休ませている間は回復させていくという方法をとっていた。  俺の【自分の理想像】のキャラクター名は切り札の意味も持つ【ジョーカー】だ。  【MZK】と交互に使っているだけあって、こっちもなかなかのレベルアップをしている。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)153

 大会の方から中ボスクラスへの挑戦を催促されていたが、今まではずっと断り続けていた。  だが、もう、限界だろう。  もう、小ボスクラスに相手がいない。  さすがに、ブレイバーとやってもポイントはたかがしれているので、俺としては中ボスクラスに挑戦するのが最良の手を判断した。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)152

 次の日も、その次の日も、俺は体力が続く限り、小ボスとの連戦を繰り返した。  五日目には五十戦目に到達し、逆に、小ボスの方から対決を断られる様にもなってしまった。  それでも、何とか相手を探してやって、一週間目で六十二勝目を上げたところでログアウトした。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)151

 さすがに、十三戦目はそれまでの疲労感からやられてしまうという事もあって、その前にログアウトして、そのままベッドで深い睡眠に入った。  一日最高で六戦というのが今までの記録だったが、俺は、その記録を倍近い記録で塗り替えた事になった。

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の31日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

お正月休みの間は、作業を休むつもりはありませんが、番組が貯まっている状態が続いていますので、それの消化をしながら、出来た時間で、イラスト作業をしていくつもりです。 来年のホームページ更新用の新キャラ33種類の作成作業ですね。 そんな感じで今月は行こうと思っています。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 その後は本が貯まっていますのでそれを見たいと思っています。 土曜日が休みなのはお正月休暇の前では、来週が最後になります。 その後は平日の作業でコツコツ書き進めるしかありませんが、今年中に13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】までは完成させたいと思っていますね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 午後になったら、12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の清書を40ページ目まで書き進めます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 火曜日の午後で【私は誰とも付き合わない】を70ページ目まで清書、木曜日の作業で100ページ目まで到達、土曜日がまた休みですので、早朝作業で再チェック修正、日中の作業で、再々…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝1時から起きて作業をしています。 11番目の【読み切り小説】の【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】の再々チェック修正と、午後だけでは40ページはきついと思って、12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の清書を10ページ目まで書き進めました。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 番組を見たり、制作をしたりで忙しいので、余計な更新はせずにこの後は作業などに集中させていただきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)150

 この感覚だ。  この一撃の感覚を覚えて、勝利を重ねるんだ。  そうすれば、一撃必殺ボーナスが貰える。 俺はこの調子で、五戦目、六戦目、七戦目と小ボスとの戦いを繰り返した。  連戦につぐ連戦で俺の方はかなりの疲労が蓄積されたが一日で、二戦目から十二戦目までの十一戦を勝ち抜いた。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)149

 小ボスは、欠片の名前が【サラダ】だ。  本体の名前は【デザート】だ。  この料理コンビのプレイヤーには挨拶をされた。  俺の【いっちゃん】を倒した【クックマン】がクラスチェンジで小ボスになっていたようだ。  丁度良い、雪辱戦となった戦いはやっと一撃で、倒す事が出来た。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)148

 焦るな。  着実に俺は強くなっている。  とにかく、数をこなすんだ。  そう思って、俺は次の戦いに挑む。  四戦目のエリアは摩天楼エリアだ。  超高層ビルば立ち並ぶエリアでの戦いももちろん初めてだった。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)147

 体格のまるで違う相手との戦いになった。  巨体をもの凄く揺らして攻撃を仕掛けてくる恐竜コンビになかなか【MZK】の攻撃がヒットしなかった。  リーチが有りすぎて、攻撃が届かなかったのだ。  が、それでも、根性で勝利をおさめた。  だが、やはり一撃での勝利とはほど遠い戦いだった。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)146

 三戦目の小ボス戦に選んだのは火山ステージだ。  エリアを別々のものに選択していくのは【MZK】のスキルアップの為でもある。  なるべく、たくさんのエリアを経験し、経験値を上げるという俺の思惑だ。  小ボスは、欠片の方の名前が【ポチ】で、ブラキオサウルスの様な姿をしている。  本体の名前が【タマ】で、ティラノサウルスの様な姿をしていた。  恐らく、恐竜をペットとして飼いたいと思って…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の30日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、この後は番組を見ます。 ちょっと予定より早朝作業が延びてしまったので、午後2時まで番組を見ていきます。 2時からはまた制作をして今度は【プロフェッサー春日井市の巻き込まれ人生】の再チェック修正をします。 それが終わったら今日の作業は終了となります。 明日の予定ですが、早朝に起きて、【プロフェッサー春日井市の巻き込まれ人生】の再々チェック修正をします。 …

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日はお休みです。 今日は朝2時から起きて作業をしています。 おかげさまで、11番目の【読み切り小説】の【プロフェッサー春日井市の巻き込まれ人生】の清書も無事に100ページ目に到達出来ました。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)145

 それだけを考えて、俺は小ボス戦に挑んだ。  ――が、勝負は辛くも勝ったものの、一撃での勝利とはほど遠い仕合運びだった。  小ボスの方はマシンドーピングというステータスを書き換えるという反則を使っていた事が判明し、俺に更にボーナスポイントがついたが、嬉しくは無かった。  こんなんじゃダメだ。  もっと強くならなくては……。 続く。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)144

 二戦目の小ボス戦に選んだエリアは古城ステージだった。  欠片の名前は【マシン・ホーネット】、スズメバチ型のロボットだ。  本体の名前は【ブラック・スコーピオン】、三つの毒針を持つ蠍型のロボットだ。  毒針マシンコンビと言ったところだろう。  相手にとって不足無し。  一撃だ。  一撃で倒すんだ。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)143

 小ボス戦での目標は小ボスを一撃で倒せる様になることだ。  少なくともそれだけの芸当が出来ないで、彼女への挑戦など、身の程知らずも甚だしい。  小ボスを瞬殺出来るようになる為に俺は【MZK】の力をどんどん引き出して行かなければならない。  俺は【小】のエリアを探した。  そして、挑戦するエリアを決定し、ボス戦に挑む事にした。  休んで等いられない。  とにかく勝ち星を増やすんだ。…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)142

 六 小ボス戦での連戦  俺は中ボスには挑戦せず、小ボスとの戦いを繰り返して、力をつけていく事を選んだ。  正直、中ボスに大して自信が無かった訳じゃない。  中ボスでも勝つ自信はある。  それでも中ボス戦を避けたのは、万が一にでも薄野にあたる訳にはいかないからだった。  ただ、待っていたら、彼女の中ボスは大ボスへと昇格してしまう。  焦る気持ちが無いと言えば嘘になるが、俺…

続きを読む

さて……

さて、それでは、今日も【よったろー屋本舗】三号店の【復活の森】の中の小説を【プレイバック】として、毎日更新の代わりに記事として載せさせていただきます。 【夢命戦(ゆめいくさ)(プレイバック)】の29日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 日曜日の予定ですが、早朝作業で【プロフェッサー春日井氏の巻き込まれ人生】の再々チェック修正をします。 午前中は番組を見て、午後は12番目の【読み切り小説】の【私は誰とも付き合わない】の清書を40ページ目まで書き進める予定です。 来週の火曜日で70ページ、土曜日の早朝作業で100ページ目まで書き進める予定です。 その後は、今日買った本を読んだりもします。 …

続きを読む