この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)065

「おぉ、そうそう、ワシの声像は今、ソナタ姫が使っているCV4としてリニューアルされておるよ」 「そうですか。では、そのエピソードも……」 「だから、また今度」  ワシはそそくさと退散した。  こっ恥ずかしくて、昔の話などベラベラとしゃべっておれんからな。  さて、導造のやつにはエンジェルユニット辺りでも作って仕送りするかな。  琴太とカノン姫にはどれが良いかの?  吟侍は、………

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)064

第六章 それから…… 「それからどうなったんです?」  白鳥君が続きをせかす。 「それは、まぁ、第十雲界まで進んだんじゃよ。無事にルフォスの核を手にしたは良いが、うんともすんとも言わなくてのう。孤児院の食堂に飾りとして置いておいたんじゃが、運命というかなんというか、吟侍がルフォスの核を手にすることになったと……そういう訳じゃ」 「ちょっと、はしょり過ぎじゃないですか。その後のインモー…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)063

 考え過ぎてまとまらない。 「ふぉっほっ、まぁ、悩みなされ。そして、それを次代に伝えなされ。お主には無理でも後に続く者が何かしてくれるかも知れん」 「……ありがとうございました。冒険が一段落したら、俺は引退して、次代のために出来る事をやっていきます」 「それが、ええ。次代はお主より、凄い男になると思うぞい。まずは、第十雲界の偏屈神竜から核を奪って来なさい」 「はい。では……」 「元気で…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)062

 目には目を歯には歯を……やられたらやり返すというのが良いとは言わないが……  何が正しくて、何が間違っているかが解らなくなってしまった。 「考えさせられる絵本じゃったろ?」 「御稀納さん……」  俺が、悩んでいるといつの間にか現れて声をかけてきた。  神や悪魔が人々から崇拝されたり恐れられるのには、その前に何かがあったからだとも考えられる。  例えば、神が威光を示すのにやった行…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)061

 神御の絵本とも悪空魔の絵本とも内容が大きく違い、神御の上に【深神】が、悪空魔の上に【頂魔】がいるという事も知らなかったし、【ニナ】と【ファーブラ・フィクタ】の間の娘、【レインミリー】の存在も初耳だった。  そして、何より、この絵本には十三核の化獣全ての名前が記されていたこともあった。  俺が探す七番の化獣【ルフォス】の名前もしっかり記されていた。  この絵本が真実だとすると神と悪魔はその…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が13日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、この後は番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組をみます。 火曜日の予定ですが、ブログの更新は朝やって、午前中はバイト、午後は病院にメタボの薬をもらうのと検査をしてきます。 制作再開は木曜日で、まずは、【3月分】の【よったろー屋本舗】の更新をした後、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】の6キャラの下書きをコピックマルチライナーでな…

続きを読む

おはようございます10

続きです。 以上、6点を失敗プリントした紙の裏に描いたのですが、スキャニングした時、裏面の印刷も写ってしまい、消すのが大変でしたね。 ちょっと消しきれない状態ですが、あくまでもこれは、落書きなので、ナンバー8からナンバー10のキャラの落書きを終えた後、ノートへのデザインは後日、改めて、しようと思っています。 という訳で、残念ながら、【君のための物語Aコース】のメモは取れませんで…

続きを読む

おはようございます9

続きです。 最後になりますが、デザインしたのは実は一番最初の【ナンバー1 ヴェヌファユア】になります。 【ファーブラ・フィクタ】のメインヒロイン、カノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女をアレンジした髪型になっています。 元々は【ヴェヌファユア】ではなく、【ナンバー1 ヴェヌファニア】として、考えてみたのですが、思いの外、出来が良いので、【ヴェヌファニア】として終わらせるのがも…

続きを読む

おはようございます8

続きです。 続いて、【ナンバー2 ヴェヌフィクトゥア】になります。 実は、デザインした順番は紹介している順番の逆でナンバー1からデザインしているのですが、ナンバー1とナンバー2は【ファーブラ・フィクタ】のカノンとソナタの双子をモデルにしてみようと考えたので、ナンバー2の方がソナタ・リズム・メロディアス第六王女の方なので、髪が長いのです。 ソナタとカノンは双子だと言うことで、前髪…

続きを読む

おはようございます7

続きです。 続いて、【ナンバー4 クアンスリティータ】です。 これは、【ファーブラ・フィクタ】及び、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】のラスボス、クアンスティータがモデルになっています。 第一本体なので、クアンスティータ・セレークトゥースがモデルになっていますね。 クアンスティータとの違いを僅かにするので、苦労したので、目玉を変えちゃいましたね。 髪型もちょこ…

続きを読む

おはようございます6

続きです。 続いて、【ナンバー5 クェスニーデ】は、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】及び、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】のクエニーデ・クアンスティータがモデルになっています。 第一本体なのでクエニーデ・クアンスティータ・セレークトゥースをアレンジしています。 続きます。

続きを読む

おはようございます5

続きです。 続いて、【ナンバー6 フェインディナ】です。 これは【ファーブラ・フィクタ】のフェンディナ・マカフシギをモデルに作っています。 本当は【新・ちっちっぱ】の【ふぇんでぃなちゃん】をモデルにしようと思っていましたが、デザインを合わせるために、【ファーブラ・フィクタ】の方を使いましたね。 【新・ちっちっぱ】のラスボス?【ふぇんでぃなちゃん】をイメージしたキャラクター…

続きを読む

おはようございます4

続きです。 カウントダウンで紹介すれば、【ナンバー7 ヴェスシェルフィ】。 これが一番、デザインに時間がかかりました。 あーでもない、こーでもないとやっていく内に時間を消費して、ナンバー8からナンバー10のデザインの時間が確保出来なくなりましたね。 このキャラクターは【ナンバー3 ヴェスフェアリス】のペットという立場になっていますね。 続きます。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 【よったろー屋本舗】の10月から12月分の更新用として、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】では、既にデザインしている【ナンバー3 ヴェスフェアリス】以外の9キャラのデザインをする事にしました。 男の子キャラの【ナンバー8 ウォトス】、【ナンバー9 フィロウ】、【ナンバー10 ナクシュ】の3キャラは時間が無くてデザイン出来ませんでした。 …

続きを読む

おはようございます2

続きです。 ノートにあれこれ描き直していると鉛筆で描いたものでも汚くなってしまうので、最近は、ノートに描く前に、プリントで失敗した紙の裏面を使って試し描きをする様にしています。 それで、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】の新キャラ9キャラの内、6キャラを描きました。 時間が無かったのでちょっと雑ですけどね。 続きます。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は2時くらいに起きて、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語】をやろうと思っていましたが、昨日、寝るのが遅くなったというのもあって起きたら4時半を回っていました。 申し訳ないです。 これはとてもノルマとしている20ページのメモは取れないと思ったので、予定を変更して、キャラクターデザインの前の落書き作業をする事にしました。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)060

 母の死と父の失踪を知った九核の化獣は動揺しました。  我こそは最強だとそれぞれ争いを始めました。  特に、母から世界を司る力を受け継いでいた【ティアグラ】と【ルフォス】の諍いは凄まじく、お互いが共倒れになるまで続きました。  そして、残った七核の化獣は深神の配下の神御と頂魔の配下の悪空魔の策略によって倒されていきました。  最後に残ったのは父、【ファーブラ・フィクタ】の叫んだ 「クア…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)059

 でも、狡猾な神と悪魔は罠を仕掛けます。  【ニナ】に過剰な栄養を送り込んだのです。  栄養を吸収しすぎた【ニナ】は最後の化獣【クアンスティータ】を産み落とすのに、七つの母体が必要だと知ります。  それにショックを受けた【ニナ】は  十番の化獣 【ティルウムス】  十一番の化獣 【レーヌプス】  十二番の化獣 【クアースリータ】  十三番の化獣 【クアンスティータ】  を産み落…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)058

 また、産み出た化獣は次々と暴れ出し、神と悪魔の聖域、領域を破壊していきます。  一番の化獣 【ティアグラ】  二番の化獣 【フリーアローラ】  三番の化獣 【ウィルウプス・アクルス】  四番の化獣 【クルムレピターク】  五番の化獣 【ルルボア】  六番の化獣 【ウオーム】  七番の化獣 【ルフォス】  八番の化獣 【オリウァンコ】  九番の化獣 【ウェルイムス】  …

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)057

 そこで解った事。  ――それは、深神は神の、頂魔は悪魔の頂点に立つために【レインミリー】にあらゆる手に余る程の苦しみを吸収させていたのです。  病よりも酷い苦しみを一身に背負わされていた【レインミリー】の苦痛は想像することすら出来ない程のものでした。  怒りに震える【ニナ】と【ファーブラ・フィクタ】は次々と化獣を産み出していきます。  本当は、自ら復讐したかったのですが、【ニナ】と【フ…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)056

 ところが、ある日、【レインミリー】にお願いがあると言って来た存在がいました。  深神(しんじん)と頂魔(ちょうま)です。  困っている存在の頼みなら聞いてあげなさいと【ニナ】と【ファーブラ・フィクタ】は快く送り出しました。  そして、深神と頂魔の元へ【レインミリー】がお使いに行く日々が続きました。  ところが、その日を境に、【レインミリー】は日に日に衰弱していきました。  【ニナ】達…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が12日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 日曜日の日中は番組を見ます。 番組が貯まっていますからね。 月曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 火曜日は朝、ブログを更新してバイトに出て、午後は病院で検査と薬をもらいに行きます。 水曜日は月曜日と一緒で木曜日の午後の作業で、イラスト作業の続きとして、下書きを終えたイラストをコピックマルチライナーでなぞる作業をはじめます。 あ、…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日の予定ですが、早朝に起きて、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを取ろうと思っています。 20ページを目指してやります。 イラスト作業にしようと思っていましたが、火曜日にメタボの薬をもらいに病院に行くので作業が中断するので、木曜日から作業を再開させようと思っていますので、急遽、【君のための物語Aコース】のメモを取ることにしました。 …

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 バイトの人達にも言いましたが、1つ、上手く行けば、トントン拍子に他の作品も芋づる式に、日の目を見るんじゃないかと思っていますので、慌てず腐らず、自分のペースで執筆活動を続けて行こうと思っています。 という訳で出来る事をやって行きましょう。 まずは、番組です。 これが貯まっていますので、消化していかないと行けないですね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日の手紙で【まいなぁくらぶ】も駄目だったというのがわかってしまってちょっと力が抜けちゃった感じですね。 また、1つ、【作品】が日の目を見るチャンスを失ってしまいましたからね。 このまま、【作品】を発表しないまま、終わってしまうのかな?とかちょっと思いましたけど、すぐに気持ちを切り替えて、マイペースでやって行こうと思い直しました。 続きま…

続きを読む

こんにちは15

続きです。 いつかは魔法が解けてしまうとはわかりつつも、より楽しい【異世界】へ移動する欲求が強くなり、主人公は次の【引き出し】を探す様になります。 そうやって行動した結果、どうなるか?――というのを語る物語にしようと思っています。 という事を書いたところで10枚目も終わりましたね。 つまり、これで終わりとなります。 そのメモを書いていましたがただいまです。 今…

続きを読む

こんにちは14

続きです。 以上の5つのアイテムを使って、主人公は【第二の異世界】を楽しみますが、それもやがて飽きてきて、【第三の引き出し】を探す様になるという展開を考えています。 こうやって、【第三】、【第四】の【引き出し】を探す様になり、【第三の異世界】、【第四の異世界】と場所を変えて行きます。 続きます。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 五つ目が【ミラクルサイコロ】と言うアイテムになります。 サイコロの目には【奇跡の当たり目】があり、その目が出ると小さな奇跡が起きます。 ただし、他の目は【ミッションの目】となっており、その【ミッション】をクリアしない限り、新たに振っても効果はありません。 また、一日辺りの使用回数は5回までとなっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 四つ目が【超人ドリンク】と言うアイテムです。 飲むと一定期間だけ、力や素早さ、その他ステータスが飛躍的に上がると言うアイテムになります。 例えば、重たい物を運びたい時など、自分の力だけでは不可能な事があった場合に便利なアイテムになりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 三つ目が【僕(しもべ)お絵描きセット】というアイテムです。 これで描いたキャラクターが実体を持ち、主人公の僕として動きます。 ただし、実体化させる事が出来るのは最後に描いた絵のみです。 新しい絵を描けば古い絵は消失します。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 二つ目のアイテムが【思い出変換玉】と言うものになります。 これは消失した【第一の引き出し】にあった【アイテム】の【メモリー茶碗】と【ウォーキングサポートシューズ】と【テレポートマーカー】の内、どれか1つの代用品として使えるというアイテムです。 また使いたいと思ったアイテムを思い浮かべて握ればそのアイテムに変わるというアイテムになりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 これは【一つ目の引き出し】にあった、【テレポートマーカー】とは違った【テレポートアイテム】になりますね。 どちらが便利とははっきり言えませんが、使い勝手が良さそうなのは【視覚テレポート眼鏡】の方だと思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【第二の引き出し】に入っているアイテムの一つ目は、【視覚テレポート眼鏡】というアイテムです。 これは目に見える範囲であれば、自由に【テレポート】、【瞬間移動】する事が出来るという【眼鏡】になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そうやって、第二、第三、第四と【引き出し】を開けるたびに元々持っていたアイテムは消失し、5つ、7つ、9つと2つずつアイテムが増えるという仕組みになっています。 それで、今日、メモを取ったのは、その【第二の引き出し】に入っていたアイテムの事を書いたりしましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 主人公は【第二の引き出し】に入っているアイテムを手にする事で、【第一の引き出し】に入っていた1枚目の【リーフレット】と【メモリー茶碗】と【ウォーキングサポートシューズ】と【テレポートマーカー】は消失します。 その代わりに2枚目の【リーフレット】と【5つのアイテムが入った袋】を手にする事が出来る様になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 主人公は、【第一の異世界】を満喫するのに、【三つ折りリーフレット】と【袋に入った3つのアイテム】を手にしています。 自分の記憶している食べものがお茶碗一杯分だけ出てくる【メモリー茶碗】とどんな山道や壁も平地と同じ感じで進める【ウォーキングサポートシューズ】と一度行った所に印をつける事で別の場所からそこに瞬間移動が出来る様になる【テレポートマーカー】の3つです。 続き…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 と言っても【まいなぁくらぶ】の件が駄目だったという報告があるので、最初はあまり進まないと思いますけどね。 今日メモを取ったのは、【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワー】の【第二の引き出し】に入っていたものなどについてです。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 紙のメモは10枚が上限にしているので、【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワー】のメモはこれで終了という事になります。 続きは、パソコン上のメモで取ることになりますね。 33番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/グリーンドロワー】のメモは来週以降からという事になりそうですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 また、この話も話した事ある人、全員に言った訳ではなく、一部の人にしか言っていませんので、月曜日以降もこの話をするかも知れませんね。 という訳で、メモを取っている時間はあまり無かったのですが、【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワー】のメモだけは何とか10枚目が終わる所まで書き終えましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日はいつもの人を含めて、何名かに22番目の【読み切り小説】の【まいなぁくらぶ】が駄目だったと言う話をしましたね。 なので、32番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワー】のメモを見せている余裕はありませんでしたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

こっそり応募した【まいなぁくらぶ】ですが、駄目でした。 選考漏れしましたね。 また、改めて挑戦という感じですね。 この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)055

 神御の絵本――  これも紛れもなく絵本だった。  神御の絵本とも悪空魔の絵本とも違うことが描かれていた。  ――【ニナ】は【ファーブラ・フィクタ】と恋に落ちた。  やがて、【レインミリー】という娘をもうける。  【ニナ】達親子は幸せに暮らしていました。 続く。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)054

第五章 化獣の絵本  俺は女神リディアの導きによって、第二雲界から冒険を始めた。  第二雲界では、大怪鳥クフェーが持ってきていた【ファーブラ・フィクタ】神話の神御のアイテム、【神王の息吹】という宝石を手に入れ、クラシックの新たな動力にした。  クラシックは動きこそ、まだ鈍っていたが、再び、生命を得た。  続く第三雲界では、探していた化獣の絵本の写本を見ることが出来た。  リディアの…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)053

 あの時は、【クアンスティータ】に関わった者が体感する恐怖で気が動転していたが、確かに、為す術なく、声像は崩壊した。  俺とした事がすでに横やりが入っていた事に気付かなかったとは。  どうやら、そいつらともけりをつけなくちゃならないみたいだな。 「ムカムカしてきたな」 「お怒りはごもっともですが、まずは、スカイハイ神話をお願いします。ルフォスの核の力を使えば、インモータリティー神話の者が…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)052

「な……不老不死……」 「驚く事ではありません。やがて、不老不死も絶対ではない時代が来ます。そして、インモータリティー神話にとって面白くなかったのは、あなたの後継者が不老不死を容易く倒せる力を持つと知ったからです。不老不死が絶対ではないと知った彼らが良く思わないのは容易に想像がつきますよね?」  不老不死と言えば、俺がいた地球でも敵わない者の象徴とでも言うべき存在だ。  それを容易く倒す……

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)051

「どっちにしろ選択の余地は無いって事か?」 「はい。残念ながら……それと、写本で良ろしいのでしたら、第三雲界にすむ神仙が【化獣の絵本】を持っています。彼は気の良い神ですので、話相手になって下されば、見せてもらえると思いますよ」 「【化獣の絵本】か……」 「それに地球での力はセカンド・アースでは半減以下になります。スカイハイ神話でセカンド・アース用に力の整理をされてはいかがですか?それに………

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が11日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日の予定ですが、早朝作業で29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを20ページ目指してメモを取ります。 日中は番組を見ます。 火曜日にはメタボの薬をもらいに病院に行く予定ですのでその後の制作再開は木曜日になる予定です。

続きを読む

こんにちは14

続きです。 また、基本的に1人で居るので友達や家族と話したいという気持ちも強くなります。 基本的に1つの【異世界】に居る時間はどんなに長居しても【現実世界】では1秒と少しなので、【タイムラグ】はほとんどありませんが、感覚的には長く、【現実世界】を離れているので、寂しいという気持ちも強くなります。 そう言う世界観ですね。 それを、3パターン作ります。 という様な事にな…

続きを読む

こんにちは13

続きです。 もちろん、【異世界】も少しずつ広くなり、出来る事や絶景なども増えて行きます。 【本】の数も増えます。 先に進む程、楽しい【異世界】が待っていますが、何時、その楽しい世界が終わり、【現実世界】に戻るかわからない状態で物語は進みます。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 これはまだメモをとっていませんが、【第二の引き出し】には、新たな【三つ折りリーフレット】と5つの【アイテム】が入った【袋】が入っているという事にしようと思っています。 【第二】、【第三】、【第四】と進んでいく内に、【アイテム】の数も【5つ】、【7つ】、【9つ】と増えていきます。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 【テレポートマーカー】は一度行った事がある場所に記しをつけると、別の場所に居ても瞬時に記しをつけた場所に移動出来る様になるというアイテムになります。 これらのアイテムを駆使して、主人公は【第一の世界】を移動して行くことになります。 という様な事をメモっていたのですが、それだけで9枚目の頭まで来てしまいましたので、残り2枚弱だと書ける事も限られてしまいますね。 …

続きを読む

こんにちは10

続きです。 また、捨ててしまうと【メモリーお茶碗】は壊れてしまいます。 また、自分が食べた記憶が無い食べ物は出せません。 この様なルールになっています。 【ウォーキングサポートシューズ】はどのような山道や壁なども平地を歩くのと同じ様な感じで歩ける様になるアイテムになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【メモリーお茶碗】とは【お茶碗】一杯分だけ、主人公の記憶にある食べ物が出てくるというアイテムです。 出てきた食べ物を全て食べきればまた新しく別の食べ物を出す事が可能ですが、残すと新しい食べ物は出せません。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 また、【第一の引き出し】を引いた時、【引き出し】の中に入っていたのは【三つ折りリーフレット】と【袋】でしたが、【袋】の中には3つのアイテムが入っていました。 一つ目が【メモリーお茶碗】、二つ目が【ウォーキングサポートシューズ】、三つ目が【テレポートマーカー】です。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 基本的に【レッドドロワー】には敵となる存在が居ません。 居るとすれば、それは【退屈】です。 【レッドドロワー】に居る間は【退屈】、【飽き】が敵となります。 【第一の異世界】にあるのは限られているので、もっと面白い【異世界】だとされる【第二の異世界】に行くために主人公は【第二の引き出し】を探す事になるのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【第一の異世界】にある【本】は2400冊ですが、100種類しかありません。 その100種類の【本】は10分から1時間くらいの時間で疑似体験出来るというものになっています。 また、絶景も100カ所くらいあります。 それが、【第一の異世界】の全てです。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【第一の異世界】は、大体、東京23区と同じくらいの空間になっています。 そこに24カ所、【本棚】が設置されています。 【本棚】は4段になっていて、1段あたり25冊の【本】が入ります。 つまり、【本棚】1つで【100冊の本】があると言う事になります。 また、24カ所にある【本】は全て一緒です。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 10時の休み時間では32番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッド・ドロワー】のメモを9枚目に入る所まで書きましたね。 【レッド・ドロワー】の事などを書きましたね。 【第一の引き出し】を開けると【第一の異世界】に移動します。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 作中で作っている【作品】が出来ていく過程を見ていく内に、自分も作るつもりになり、迷いながらも、少しずつ、自分の作品を作りはじめると言うパターンになっています。 【作品】を作ってもらいながら、自分の【作品】を作り始める物語と言う事ですね。 その辺りの事を追加説明しましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 【君のための物語】は【Aコース】から【Cコース】までやっている事は異なりますが、基本的に【物語】を作ろうと思っていた主人公がプロの制作者達の仕事ぶりを通して、自分に欠けていたやるべき事を見つけて、不器用ながらもやり始める所までを描いた物語になっています。 つまり、【タイトル】にある【君のための物語】とは、作中で作っている【作品】の事を指しているのですが、それは、あくまでも…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日も急がしかったですね。 いつもの人には、31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース】のメモの10枚目を見せたのと追加説明をしましたね。 メモでは途中で終わってしまったのですが、【Aコース】から【Cコース】までを通して考えている事などを説明しました。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 ちょっと予定より時間がかかってしまっていますので、急いで作業に入りたいと思っています。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)050

「正確には第十雲界の神竜が持っている神玉をあなたに所有して欲しいのです。その神竜が持っているのは神玉ではなく、ある化獣の核なのです」 「化獣……【ファーブラ・フィクタ】神話の?」 「はい。七番の化獣、ルフォスの核です。このまま、神竜が核を持ち続ければ、近い内に、一番の化獣、ティアグラの刺客の襲撃を受けてスカイハイ神話は壊滅状態になると私の占術によって判明しました。ですが、ルフォスの核をあなた…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)049

 気付かなかった。 「あたしは、スカイハイ神話で第一雲界(だいいちうんかい)を司っている女神の一柱じゃ。女神リディアというのが本名じゃ」 「女神リディアねぇ……」  俺がつぶやくとニガティーの老婆の姿から、綺麗な女性の姿へと変わった。  正に女神と言うのにふさわしい程の美貌だ。  ふと、見ると、俺とリディア以外の者は動きを止めている。  時を止める力があるらしく、俺とリディア以外の時…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)048

 ニガティーはいくつかの神話を説明してくれた。  どれも興味が引きそうな神話だったが、どうにも奥歯に物が挟まったような言い方をする彼女に俺はしびれをきらし―― 「俺に行って欲しい神話はその中には無いんだろ?」  と言った。 「あ、あぁ……実はな……その……あたしの世界なんだよ……行って欲しいのは……」 「あんたの?……あんた、神族か何かだったのか?」  俺はギョッとなった。  どう…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)047

「おたくは、前と変わったねぇ。恐れを知った目だ。【クアンスティータ】に関わって命が助かったんだ。それをありがたいと思わないとね」 「ご忠告ありがとうと言うべきだな。俺はあんたの言葉を思い出し、逃げる事が出来た。とりあえず礼を言う」 「あんたは強い神話を探しているって聞いたからね。あたしの知識と人脈を総動員させて、調べてきたよ。二番手の神話はあたしの知る限り、もう、数える程しか残っちゃいない。…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が10日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 それが終わったらブログを更新して、その後は一日番組を見る事になると思います。 ちょっと来週の火曜日にメタボの薬をもらいに病院に行く予定なので、イラストの作業は一時、ストップさせます。 来週の木曜日に再開します。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日と明後日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見たいと思います。 日曜日ですが、早朝に起きて、作業をします。 ちょっと、予定を変更して、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語】のメモを取ろうと思っています。 20ページ分を取れればノルマ達成として考えていますね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 ブログの更新の文章を長々と書いてしまったので、制作時間が減ってしまっていますが、何とか、【よったろー屋本舗】の8月分と9月分のイラスト6点の下書きまで書ければ良いかな?と思っています。 コピックマルチライナーでなぞる作業はまた次の作業日で良いかな?と思っています。 とりあえず、下書きだけ終わらせたいと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 また、引き出しにあるもの全てを手に取る事で次の【異世界】に移動しますので、全部取らない内は保留と言うことになり、手にしているアイテムも使えません。 全て取って初めて次の【異世界】に進んでアイテムも使える様になるという感じのメモを書いていましたね。 そんな感じの休み時間でした。 と言う訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 選択によってはすぐに現実に戻されますが、上手くそれを選択して行くことによって、色んな【異世界】に行くことが出来るというものになっています。 最後に【2A-1】の【1】ですが、これは、同じ【引き出し】の数を指します。 【2A-1】と【2A-2】などの様に、同じ【異世界】で複数の引き出しを引くことが出来ると言う事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【2A-1】の【A】は【引き出し】の種類を指します。 【A】や【B】などがあり、【A】と【B】は同時に選択出来ません。 【A】を選んだら【第二の異世界】は【A】に関するものに、【B】を選んだら【第二の異世界】は【B】に関するものになりますので、分岐する事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 また、第一の異世界にある第二の【引き出し】ですが、1種類ではありません。 【引き出し】には【2A-1】とか【3B-2】などの数字とアルファベットが書かれています。 第一の異世界にあるのは【2A-1】とか【2B-2】などが書かれた【引き出し】です。 【2A-1】の【2】とは【第二の引き出し】と言う意味で、第一の異世界にある引き出し全てを指します。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 第一の異世界よりも第二の異世界の方が色んな事が出来ます。 第二の異世界よりも第三の異世界の方がもっと色んな事が出来る様になります。 第一の異世界もそれなりに楽しい異世界ですが、出来る事が少ないので、飽きてきます。 ただし、何回も異世界を移動していると魔法が解けて、現実世界に戻されてしまいます。 主人公はより楽しい異世界に移動するか、それとも現実世界に戻さ…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 主人公の女の子が赤い引き出しを開けて、中の荷物を引き出したら異世界に行くと言うこととその異世界は第一の異世界で、その第一の異世界に第二の引き出しがあり、それを引いて中のアイテムを取ると第二の異世界になります。 そして第三、第四と同じ様に引き出しを引いて行く度に次の異世界に行くという事は昨日書いたと思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 10時の休み時間に、いつもの人が通りかかって、メモを取っていますと言う話をちょこっとしましたけど、基本的にはメモを取りましたね。 32番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワー】の続きのメモですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 それと、いつもの人は、ガンダムの話になって、【ダブルオー】が好きだという話もちょこっとしましたね。 いつもの人は女性ですが、ガンダムに興味あったんだ?と思いましたね。 それで急いで見てもらって9枚目まで見たと言う感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 明日は1枚だけですが、次の32番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワー】のメモは見せないで、追加説明をする事になると思いますね。 今日の所までは、【サイトメーカー】として、【X(エクス)パーツ】の第二、第三の力を引き出せる能力者の所と、軍を考えるのに、題材として【花鳥風月】を元に作ったなどの事を書いてあるメモを見せましたね。 続きま…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 無茶苦茶忙しかったですね。 今日も汗だくです。 いつもの人には31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース】のメモを一気に9枚目まで見せました。 残り1枚は明日という事になりますね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)045

 神御の絵本と悪空魔の絵本は結局、神御の書、悪空魔の書の代表的な部分を子供にも解りやすくまとめた本に過ぎないようだ。  俺が本当に探すべきは神御の書と悪空魔の書かも知れない。  だが、絵本というのは短くまとめて的確に指摘しているとも考えられる。  決して無視するべきものではない。  少なくとも、絵本ではどちらも【クアンスティータ】は恐ろしい存在だと唄っている。  【クアンスティータ】に…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)044

 神御の絵本との違いだが、化獣を倒す所までは一緒で、【ニナ】という化獣の母親から七つの世界を奪い取ってからが違う事を描いていた。  立場の違いからか、神御の絵本は神御が勝利し、四つの世界を手にしたとあり、悪空魔の絵本は悪空魔が勝利し、四つの世界を手にしたとある。  どちらも人間界はそれぞれが手にしたとあるな。  負けた方が三つの世界を手にしているとある。  どちらが真実を描いているかは解…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)043

 八三御は【ニナ】から七つの世界を受け継ぎ、七つの世界を司るようになりました。  ところが、その七つの世界の取り分を巡って、八三御は二つに分裂します。  良き指導者として世界を支配しようとする四二柱と所有だけして放置しようとする四一柱に分かれました。  やがて、それらは、42神(しにがみ)から悪空魔と呼ばれる存在と41神(よいかみ)から神御と呼ばれる存在の二つに分かれて世界を奪い合う事にな…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)042

 化獣は十三核存在し、一核一核はとても強大な力を持ち、一対一では勝てませんでした。  だけど、協力し合わない化獣同士に対して、八三御は力を合わせて立ち向かった事。  その中で一番強かった一番と七番の化獣が争って共倒れになった事。  十番から十三番までの化獣がまだ産まれていなかったという幸運も味方して、八三御は勝利をおさめました。  特に、十三番の化獣【クアンスティータ】が産まれていたら八…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)041

 ――ある時、世の中には【ニナ】という魔女が住んでいました。  【ニナ】は悪逆非道の限りをつくし、人々を恐怖のどん底にたたき落としていました。  人々は不安と恐怖で今にも押しつぶされそうでした。  だけど、【ニナ】には夫、【ファーブラ・フィクタ】との間にもうけた子供、化獣達がついているため、何も言えませんでした。  その時、立ち上がったのは83の存在、八三御(はさみ)です。  八三御は…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が9日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 イラスト作業になります。 下書き作業を6点分、する予定です。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 袋の中には第一の世界で必要なアイテムが入っています。 第二の引き出しの中には第二の世界で必要なアイテムが入っているという設定になっています。 【引き出し物語ドロワー・ストーリー】は大体、そんな感じの物語になりますね。 という事を書いていましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 その【第一の引き出し】の世界のどこかにある【赤い引き出し】を引くと、それが【第二の引き出し】となり、更にまた別の世界に切り替わります。 リーフレットには、そうやって世界を切り替える事が出来るけど、それは何回出来るか決まっておらず、その何回目かの【引き出し】を引くと現実世界にもどされるという事になっていると説明されています。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【リーフレット】には、主人公の名前が記されており、【レッドドロワー】の世界観を説明したものになっています。 【グリーンドロワー】と【ブルードロワー】も同じになりますが、【赤い引き出し】を引いてアイテムを取ると世界が切り替わりますが、【赤い引き出し】は、【第一の引き出し】になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 1枚目は元々書いていたので、2枚目を書きましたね。 主人公の女の子が【赤い引き出し】を開けて、その中に入っていたアイテムを取ると、【異世界】に移り変わっています。 手に入れたアイテムは【三つ折りリーフレット】と袋が1つずつです。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 これはガンダムで言うところのニュータイプに相当する存在になりますね。 そう言うメモを見せて行くことになると思います。 十時の休み時間ですが、32番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワー】のメモを取り始めましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 その【Xパーツ】を装備するロボットなので、【Xパーツ・メタル】という名称になったと言う説明を書いたところまで見せたという事ですね。 明日からは、【Xパーツ】の第二の力などを使える存在として、【サイトメーカー】という存在を考えるというメモを見せる予定です。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 【X(エクス)パーツ】とは【オーパーツ】からイメージしていますね。 【オーパーツ】の様に、作られた事が説明出来ないものとして考えていて、それは発掘されたのでは無く、未来から来た謎の道具という位置づけになっています。 謎を意味する【X】を足して、【X(エクス)パーツ】と呼んでいます。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 主人公とハイパーメディアクリエーターは【SF】を作ろうとしますが、そのテーマ選びで悩みます。 悩んだ結果、ドラえもんの秘密道具の様なものを装備するロボットとして【X(エクス)パーツ・メタル】と言うものを考えたと言うところまで見せましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 いつもの人には31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース】のメモを4枚目まで見せましたね。 【Cコース】は【SF編】になります。 主人公が怪我をしてその加害者であるハイパーメディアクリエーターにお話を作ってもらうと言う基本設定は変わりませんが、今回は主人公を登場させた話を作るのではなく、主人公が制作に口を出すというパターンですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 無茶苦茶忙しかったですね。 あっち手伝いこっち手伝いという感じでしたね。 大分汗をかきました。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、ちょこっとだけ制作をします。 その後は番組を見て、先週の分のマイナス分を補います。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)038

 八三御は【ニナ】から七つの世界を受け継ぎ、七つの世界を司るようになりました。  ところが、その七つの世界の取り分を巡って、八三御は二つに分裂します。  正しい気持ちで世界を見守ろうとする四一柱と邪な気持ちで支配しようとする四二柱とに分かれました。  やがて、それらは、41神(よいかみ)から神御と呼ばれる存在と42神(しにがみ)から悪空魔と呼ばれる存在の二つに分かれて世界を奪い合う事になり…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)037

 化獣は十三核存在し、一核一核はとても強大な力を持ち、一対一では勝てませんでした。  だけど、協力し合わない化獣同士に対して、八三御は力を合わせて立ち向かった事。  その中で一番強かった一番と七番の化獣が争って共倒れになった事。  十番から十三番までの化獣がまだ産まれていなかったという幸運も味方して、八三御は勝利をおさめました。  特に、十三番の化獣【クアンスティータ】が産まれていたら八…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)036

 神御の絵本――  それは紛れもなく絵本だった。  神御の偉業を讃えた絵本だ。  ――ある時、世の中には【ニナ】という魔女が住んでいました。  【ニナ】は悪逆非道の限りをつくし、人々を恐怖のどん底にたたき落としていました。  人々は不安と恐怖で今にも押しつぶされそうでした。  だけど、【ニナ】には夫、【ファーブラ・フィクタ】との間にもうけた子供、化獣達がついているため、何も言えま…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が8日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 来週の火曜日ですが、そろそろメタボの薬が切れて来ますので、病院に行くと思いますので、ブログの更新は朝にすると思います。 多分、病院で検査もあると思いますからね。 2回に1回は検査してますからね。 前回は薬を処方されただけで検査しなかったので多分次回は検査すると思っています。 という訳で遅くなると思います。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ようと思っています。 木曜日は午前中はバイト、午後は制作で、この日から【よったろー屋本舗】の8月分と9月分の更新用イラストを描いて行こうと思います。 とりあえずは下書きという感じですね。 金土はバイトですので午後は番組を見て、日曜日の作業で、木曜日の続きをしたいと考えています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 色々と作る予定のものが貯まっていますので、【ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】を作る順番が回ってくるのは何時のことかとは思っていますが、ドンドン作っていこうと思います。 そんな感じで、今日の所は6キャラ分のキャラクターデザインをノートに描いた時点で、作業を終了とさせていただきます。 残った時間は番組を見ます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 名前ですが、決めません。 パーフェクト11で名前が決まっているのはヒロインの【神恋 唯愛(しんこい ゆいあ)】 だけですからね。 後の10キャラは名前を決めていません。 と言いますのも、その部分の話を作っていないからですね。 物語を作ってしまった後では名前の変更も難しいので、今は、【2人目のパーフェクト11】、【3人目のパーフェクト11】と言うように、…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、ブログを更新した後は制作をします。 【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】の新キャラ6キャラのキャラクターデザインをノートにします。 パーフェクト11の6キャラになりますね。 これまでパーフェクト11は2キャラ作っていますので、合計8キャラデザインする計算になりますね。 後、3キャラは別の機会にでも作るとしましょう。 …

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今朝は5時起きです。 あまり早く起きられませんでしたね。 今日はお休みですので、バイトはありません。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 すみません。 余計な更新をしている余裕が今はありません。 なので、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)034

第三章 神御の絵本と悪空魔の絵本  俺は三つの絵本を中心に神話を調べる事にした。  スペースアーカイブにある文献をあさる事にしたので、ギャロップにも調べ物の手伝いをしてもらった。  そこには、俺の知識など、ホコリクズほどにも満たない程の情報量があった。  正直、データ量が多すぎるので、何かしらコツを持って探さないと見つからないと思ったが、目的のデータにたどり着いたのは速読法を身につけ…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)033

「そんな……」 「後の時代の若者にも【クアンスティータ】と【クアースリータ】に触れてはならないと伝える必要がある。そのためにも最低限の情報だけは調べておく必要がある。領域を侵そうとしなければ、あれは出てこないと思う。あれらには力に限界のある人の身で触れるべきじゃない」 「そうですか」 「あぁ……」 「………」  その後は俺とギャロップは黙りだった。  いつからこんなに牙をもがれたよう…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)032

「お父さん、まだ、【クアンスティータ】を追いかけるんですか?」  動かなくなった最愛のホムンクルスの事を悲しんだギャロップが俺に問いかける。 「……いや、追わない。追える訳がない。【クアンスティータ】と【クアースリータ】……この二つの単語には関わらない方が良い。手に余るのはあれで十分わかった」 「なら、何故、旅の支度をするんですか?」 「クラシック……動かしたいんだろ?今までの動力ではも…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)031

 何だったんだ、あれは?  恐ろしく強い何か?という事しか解らない。  だが、俺はこの日から、【クアンスティータ】と【クアースリータ】を追うのを止めた。  それでも、【ファーブラ・フィクタ】神話は諦めきれないから、その代わりとして、1番から11番の化獣の事を追う事にした。  あの二つの言葉、【クアンスティータ】と【クアースリータ】に触れなければ、【ファーブラ・フィクタ】神話を追える。…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が7日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 それが終わったら、明日の作業は終わりにさせていただきます。 その後で番組を見ていって、先週の分のマイナス分を帳消しにしようと思っています。 水曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 木曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は新キャラのイラストの下書き作業に入りたいと思っています。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 まだ、先週の分のマイナス分を消化していませんので、今日も番組を見ます。 明日の予定ですが、お休みですので、午前中にちょこっとだけ制作をします。 【よったろー屋本舗】の8月分と9月分の更新用キャラクターとして、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】のキャラクターを6キャラ、ノートにキャラクターデザインをします。 …

続きを読む

こんにちは3

続きです。 それと十時の休み時間は週刊誌ネタで話をしたので作業は出来ませんでしたね。 32番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワーストーリー/レッドドロワー】のメモは水曜日からと言う事になりそうですね。 と言う感じで制作的なものは出来ませんでしたね。 下準備で終わってしまったという感じですね。 という所でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日のバイトですが、いつも通りでしたね。 忙しかったですね。 朝礼のある日なのでいつもの人とはほとんど話せていませんが、34番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワーストーリー/ブルードロワー】のメモの準備として、【丸34 引き出し物語ドロワーストーリー/ブルードロワーその1】から【その10】までを書きました。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 と言っても明日はお休みですけどね。 昨日一昨日は更新のタイミングがずれてしまったので、書けませんでしたが、大坂なおみ選手、またやってくれましたね。 4回目でしたよね。 ホント、凄いですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、何か更新したい所ですが、今は番組を見るのを優先させてください。 とにかく大きくマイナス状態なので、見ていかないと貯まる一方なんです。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)030

 こんなのは九千年生きてきて、初めてだった。  俺にあの時のニガティーの言葉が響く。  (最強を目指すな、あれはやばい。触れちゃならない)  あの老婆は決して間違った事を言っていたのでは無かった。  恐らく、俺はまだ、【ファーブラ・フィクタ】神話に触れてもいない。  だが、それでも恐ろしさはなんとなく、伝わった。  クラシックは俺と感覚が一部リンクしている。  クラシックが感じ取っ…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)029

 正確には違う。  危険を感じる感覚が麻痺したからだ。  身体の感じる感覚を麻痺させたという事は人智を越える何かを感じてショック死しないように、身体が自己防衛で麻痺させたという事だからだ。  俺は勘違いをしていた。  恐らく、声の主は【ファーブラ・フィクタ】神話に連なるが、その神話に含まれないかけらの様なものだろう。   それでも、俺の予想範囲を大きく飛び越える力を持っている。  今…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)028

「お前の様な、下等な生き物が口にして良いお方ではない」  謎の声は俺達を拒絶する。 「お父さん、この声は?」 「黙っていてくれ。今、探している。クラシック、解るか?」 「イイエ、マスター、ワカリマセン。デスガ、キケンデス」 「危険?神話の数値はいくつになっている?」 「ワカリマセン。ソクテイフノウデス。スウチハ10.000ヲ、ハルカニコエマス」 「本当か、それは?そいつは凄い。」 …

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)027

「このイヴシアン神話は0.617か。もう少しだな」  俺が、神話を求めている最中に突然、声はかかった。 「お前か?クアンスティータ様を追っているのは」 「誰だ?」 「誰でもない。何処にも居ないし何処にでも居る存在だ」 「何を言っている?解る様に説明しろ」  怒鳴っては見たが、俺の中では歓喜していた。  なにせ、【クアンスティータ】の名前が出たからだ。  大本命中の大本命。  つ…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)026

 それが本当なら、他に11の化獣も存在するという事になる。  俺は少しずつとは言え、手がかりが判明していく度に、手応えのようなものを感じ始めていた。  と、同時に生まれてもいないものを何故、それ程、恐れているのかという疑問も持っていた。  【クアンスティータ】という謎に迫れば迫る程、俺の知的好奇心を刺激した。

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が6日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 続きは木曜日にやって、作った6キャラの下書き作業をしたいと思っています。 一昨日の金曜日に手に入れた新たな画材として、消しゴムで消せる色のついたシャーペンを使おうかどうか迷っているのですが、結構高かったので、もったいないから、まだ使いません。 鉛筆がまだ残っているので、鉛筆で下書きをしようと思います。 色のついたシャーペンはここぞという時に使おうと思っています…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日はお休みですが、午前中にノートに【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】の新キャラ6点分をノートにデザインをして、残り時間は全て番組を見ます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、一日を通して番組を見ます。 本当は早朝に起きて見て、少しプラスにしようと思っていましたが、起きられなかったので、大きなマイナス状態から見ていく事になります。 土日はどうしても録画した番組の数が多くなってしまう曜日なので、何とか土日の分だけでもプラマイゼロにしたいと思っているのですが、ちょっと辛い感じですね。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は5時半起きでしたね。 早起き出来ませんでした。 金曜日に歩き回ったのが響いているのか、起きられませんでしたね。 本当は早朝から見ようと思っていましたが、失敗しました。 と言う事になりましたが今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)025

 解った事――  それは、大半の強者のいる神話は【ロストネットワールド】といういくつもの異世界が連なった大世界に取り込まれていったという事。  【ロストネットワールド】の所有者は【クアースリータ】になる予定だと言う事。  【クアンスティータ】も【クアースリータ】もまだ生まれていないものだという事。  【ファーブラ・フィクタ】神話は基本的に【神御(かみ)の絵本】と【悪空魔(あくま)の絵…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)023

 途中、たくさんの危険な目にもあった。  強さを追い求めるとそれなりに危険な目にもあう。  俺はソロモン王時代に契約した72柱の悪魔を元にして作った72体のゴーレム声像(せいぞう)を使役しながらそれらの危険を撃ち祓っていった。  が、逆に、考えれば、俺に祓える程度の神話でしかないという事でもある。  それでは、地球の奴らには勝てない。  俺が求めるのは俺では倒せない程の力を持つ神話。 …

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)022

 残念ながら、まだ、ニガティーの言う、二番手を自負する神話には一つも出会っていない。  だが、諦めずに、探すだけだ。  地球の神話と違うのは本当にあるかどうか解らないものではなく、実在するというのが地球外神話の特徴だ。  つまり、これらを取り込めばそのままそれが、戦力となる。  俺が、神話を探すのはそういう理由だ。  強い神話には引力のようなものがある。  強い神話を追っていけば、い…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)021

第二章 【ファーブラ・フィクタ】神話を求めて  【ファーブラ・フィクタ】神話という手がかりを見つけてからは様々な巨大な力を秘めている神話に当たっていた。  クラシックには各神話のレベル数値を計る装置が取り付けてある。  あくまでもクラシックの測定範囲内での数値だが、地球のギリシャ神話を1.000として、0.001から10.000までの数値レベルを計れるようになっている。  今までは…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が5日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 それだけ作れば、しばらくは持つので、その後、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】の9点のイラストのデザインをノートにしてからストックを作ります。 それが終わってから、13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】から順番に清書作業に入ります。 そんな感じで作業をしていきます。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 その後の【よったろー屋本舗】の10月分から12月分の更新用イラストは【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義編】の9点は、多分、既にデザインをしている【ナンバー3 ヴェスフェアリス】以外の存在しないことになっている10名の内の9名の基本スタイルのイラストになると思いますが、その作業は少し時間を置いてやろうと思っています。 その前に、【毎日更新スト…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 昨日、出かけた影響で、今週の分の番組を見るという行為はかなりのマイナスでその影響は来週に持ち越す事はほぼ確実ですので、火曜日の残り時間を使って、そのマイナス部分を補填させたいと思っています。 水曜日は午前中はバイト、午後は番組を見て、木曜日は午前中はバイト、午後は制作として、更新用イラストの下書き作業に入りたいと思っています。 多分、【パーフェクト11】という設定の…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 月曜日の予定ですが午前中はバイト、午後は番組を見ます。 火曜日はお休みですが、制作時間は少しだけ、【よったろー屋本舗】本店の8月分と9月分更新用の【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】のイラスト6点分のキャラクターデザインをノートにした時点で作業を終了させて残りは番組を見ようと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、早朝も含めて番組を見ていきます。 番組がたくさん貯まったまま消化出来ていませんので、見ていきます。 僕としては一週間分の分量の番組はなるべく見終わる様にしないとドンドン貯まるだけだと思っていますので、録画した分はプラマイゼロになるように見ていきたいと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 ただ、【グリーン・ドロワー】までがやっとで【ブルー・ドロワー】の分までは用意出来ませんでしたので、続きは来週の月曜日の朝の作業でやろうと思っています。 それが終わってから【レッド・ドロワー】のメモの続きを書こうと思っています。 そんな事がありましたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは7

続きます。 32番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッド・ドロワー】のメモがまだ1枚目しか書いていませんが、34番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/ブルー・ドロワー】までの紙のメモの準備をしておこうと思ってタイトルだけ書いていきました。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 そんな事があった昨日ですが、そう言う話をしたりしていました。 10時の休み時間は、33番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/グリーン・ドロワー】の紙のメモの準備をしていましたね。 【丸33 引き出し物語ドロワー・ストーリー/グリーン・ドロワーその1】から【その10】までを書くと言う地味作業なんですが、休み時間は使い切ってしまいました。 続…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 実はしばらくぶりに行ったので思いっきり迷ってしまったんですよね。 方向音痴では無いつもりなんですが、道を間違えて、覚えてて、知っている道を見つけるまで時間がかかりましたね。 それとお昼を取らずにそのまま行ったので、どこかで昼食を取ろうと思っていましたが、目当てのお店がつぶれて無かったのはショックでしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 他にも去年もらった10万円の給付金はどう考えたら良いのかや、プライベートの事なのであれこれ書きませんが、2、3質問があったので、行きました。 疑問に思っていた事はある程度解決したので、その後は少し画材を買わせていただきましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 朝の時間はいつもの人と話す前は、確定申告の話などをしましたね。 ネットでという話もあったのですが、聞きたい事とかあったので、実際に出向いた話なんかをしましたね。 現に、3カ所くらい記入漏れがありましたので、実際に行かなかったら記入漏れしたまま登録していたかもしれませんからね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ヒロインは視聴者の人気投票で決めるので、メインヒロインの座を他のヒロインによる下克上もあるという展開があるという話と、その後、実写版のプロモーションビデオを作る話になり、主人公が本人役でモザイクで出演し、他のヒロイン達を女優さんにやってもらうなどのメモを見せた所で終わりましたね。 【Cコース】もそうなんですが、【Bコース】も考えている事の途中で、10枚目まで達してしまった…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 いつもの人には30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】の紙のメモを10枚目まで見せました。 つまり最後までですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 そのまま確定申告をしに行ってきますので午後の更新はありません。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

今後の毎日更新スケジュール08

続きです。 アクア編とウェントス編は【初出し】はありません。 完結まで完成させてはいるのですが、ブログで発表する事じゃないなと思っていますので、別の機会にと思っています。 同様にその後のファーブラ・フィクタ編も同じ考えです。 ただ、これらを外しても毎日更新のストックとしては相当あると思いますので、これで良いかなと思っていますね。 以上、毎日更新の予定でしたね。

続きを読む

今後の毎日更新スケジュール07

続きです。 【ファーブラ・フィクタ アクア編(プレイバック)】第004-01話~第005-04話、 【ファーブラ・フィクタ ウェントス編(プレイバック)】第004-01話~第005-08話、 という感じで公開していきます。 続きます。

続きを読む

今後の毎日更新スケジュール06

続きです。 【ファーブラ・フィクタ テララ編(プレイバック)】第004話~第007話、 【ファーブラ・フィクタ テララ編(初出し)】第008話~第010話(完結話)、 【ファーブラ・フィクタ イグニス編(プレイバック)】第004話~第007話、 【ファーブラ・フィクタ イグニス編(初出し)】第008話~第010話(完結話)、 続きます。

続きを読む

今後の毎日更新スケジュール05

続きです。 【ファーブラ・フィクタ シークレットステージ(プレイバック)】A001話、 【ファーブラ・フィクタ ウェントス編(プレイバック)】第002話後編~第003-01話、 【ファーブラ・フィクタ シークレットステージ(プレイバック)】B001話~B002話、 【ファーブラ・フィクタ ウェントス編(プレイバック)】第003-02話~第003-04話、 【ファーブ…

続きを読む

今後の毎日更新スケジュール04

続きです。 ここからはクアンスティータ誕生に合わせて調節します。 【ファーブラ・フィクタ テララ編(プレイバック)】第001話~第003話、 【ファーブラ・フィクタ イグニス編(プレイバック)】第001話~第003話、 【ファーブラ・フィクタ アクア編(プレイバック)】第001話~第003話、 【ファーブラ・フィクタ ウェントス編(プレイバック)】第001話~第00…

続きを読む

今後の毎日更新スケジュール03

続きです。 【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編(プレイバック)】第001話~第007話、 【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編(初出し)】第008話~第010話(完結話)、 【ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン編(プレイバック)】第001話~第007話、 【ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン編(初出し)】第008話~第010話(完結話)、…

続きを読む

今後の毎日更新スケジュール02

続きです。 【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1(プレイバック)】、 【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2(プレイバック)】、 と続きます。 ここまでは、用意出来ています。 この先が後で準備が必要な作業となります。 続きます。

続きを読む

今後の毎日更新スケジュール01

それでは、今後の毎日更新の予定を書いて行きます。 まずは、【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】ですね。 これは今、やっています。 その後、【ファーブラ・フィクタ 吟侍外伝(プレイバック)】、 【ファーブラ・フィクタ カノン外伝(プレイバック)】、 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、今日はもうちょっとだけ更新します。 タイトルは【今後の毎日更新スケジュール】と題して、今後の毎日更新の予定を書いて行きます。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)020

 おいおい、冗談じゃない。  最強だって解っていて見逃す必要がどこにある?  最強とされる【クアンスティータ】と大半の強者を取り込んだとされる【クアースリータ】――  俺は、この二つの単語に興味をそそられた。 「もっとも、探してもおらんがね。生まれてないものは探しようがないけど、【クアンスティータ】を求める者には不幸がつきまとう。やめときな」 「もういい、必要な情報は手に入った。悪いが…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)019

「ばあさん、ありがとうな。これは礼だ、とっとけ」  俺は持ち金の半分をニガティーに渡した。  すると、 「おぉ、こんなに……。あんたいい人そうだから、忠告しておく。決して最強を目指すな。目指した先に【クアンスティータ】がいる。あれはやばい。関わらす寝かせておくのが一番だ。目指すなら二番を目指しな。二番を名乗る神話ならあちこちにごまんとある。もっともその大半が【クアースリータ】の方に雲隠れし…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)018

「おおお……」  俺は興奮した。  地球の奴らに復讐出来るかも知れない有力な神話の手がかりが手に入ったからだ。  本当か嘘か何てどうでもいい。  とにかく、カスみたいな神話ばかり掴まされて来たが、ここで、強大な可能性を持つ神話の存在の噂が有ることに俺は喜んだ。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)016

「おぉ……頭が割れるようじゃ。あぁ……【クアンスティータ】じゃったな。【クアンスティータ】は姉の【クアースリータ】と共に、【ファーブラ・フィクタ】神話に登場する化獣(ばけもの)じゃ。悪いことは言わん。関わるな。それがお前さんのためじゃ」  ――との事だった。

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が4日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中はバイト午後は確定申告をしてきます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日の予定ですが、早朝に起きて、番組を見ます。 一日を通して番組を見ていこうと思っています。 制作再開は来週の火曜日を予定しています。 イラスト作業をやる予定です。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は午後から確定申告に行く予定ですので朝、更新をする事にしました。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)015

「信じる信じないは俺が決める。嘘だったならたたっ斬る。それだけだ」 「おぉこわ。ばあさん、死んだな、ぼれ、最後の酒だ。飲め」 「おぉ、ありがと、マスター。うしゃしゃ、これこれ、この大吟醸が飲みたかったんじゃ」  ニガティーはそのまま酔いつぶれて寝てしまった。  翌朝、二日酔い状態のニガティーをたたき起こし、【クアンスティータ】の情報を引き出した。 続く。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)014

「本当か、ばあさん?」 「あぁ、本当じゃとも、あたしゃ、サーガ星の4賢者の師匠のニガティーというもんじゃ。あいつらの知っとることは、あたしが全部知っとるよ」 「なら、教えて欲しい事がある」 「タダという訳にはいかんな、何しろ貴重な情報じゃからな」 「いくらだ?」 「金は良いさ。ただ、ちぃとばかり酒をおごってくれさえすれば」 「解った。マスター、このご婦人にありったけの酒を」  俺は…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)012

「【クアースリータ】でしたっけ?そいつを探しに行くんでしょ?お供しますよ」 「……【クアースリータ】は間違った伝承の可能性がある。有力なのは【クアンスティータ】の方だ。それにお前を連れて行くと言った覚えはない。正直、足手まといだ。帰ってくれ、頼むから」 「クラシックさんとの交際を認めて下さるんならすぐにでも帰りますよ」 「だから、クラシックは戦闘用だと言っているだろう」 「僕の愛妻となる…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)011

 俺と、クラシック、ギャロップの三人での旅もそろそろ、限界かと考えている。  ギャロップがいる限り、無茶な冒険は出来ない。  俺としては、有力な情報を持っていると予想出来る賢者が四人、集まっている伝承星サーガに向かいたいんだが、あの星の危険度はギャロップには荷が重い。  正直、置いて行きたいというのが本音だ。  答えが出ないまま、ハンガーポール神話の伝承を聞くなんていう寄り道をしてしまっ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が3日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日のブログの更新は朝する予定です。 確定申告に行きますので、見ていない番組がまた貯まると思いますので、土曜、日曜でまた番組を見ていく事になると思います。 制作再開は来週の火曜日からになります。 まずは、8月分と9月分の【よったろー屋本舗】更新用イラストとして、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)十手編】のイラスト6点のキャラクターデ…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 まだまだ番組が貯まっていますからね。 今の内に出来るだけ見ていこうと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は確定申告に行ってきます。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 【君のための物語Cコース】の追加メモを取ろうかどうか迷っていたのですが、ルールはルールという事で、今日から、【引き出し物語ドロワー・ストーリー】のメモに入らせてもらいました。 という様な事がありましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 せめて、それくらいまでは書きたかったんですけどね。 名前、決めるのに時間がかかってしまって、そこまで書けませんでした。 なので、明日、それを書く事になると思います。 明日は午後から確定申告なので、ブログは朝、更新する予定ですので、それについては掛けないと思いますけどね。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 【椎織】が見たことあると答えると、老婆は【あなたはとてもピュアな心を持っているようですね】と答えました。 そして、純粋な心を持つ者だけが体験出来る素晴らしい三つの世界に招待しますと言います。 そこで、【赤い引き出し】、【緑の引き出し】、【青の引き出し】の三択になり、【椎織】が選んだ引き出しによってコースが変わるという物語になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 更に、老婆は【あなたは、目を隠している女性と口を隠している女性と耳を隠している女性を見たことがありますか?】と尋ねます。 これは僕が昔、よく見ていた夢からネタを借りてきましたね。 最近は全然、見ないんですけどね。 昔は結構みたんですよね、この夢。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 その内容は、主人公の名前は先ほど書いた通り、【美笠 椎織(みかさ しおり)】です。 【椎織】はいじめられていた友達をかばって、彼女が逆にいじめられます。 その事を悲しんでいると老婆が現れます。 その老婆は、【あなたは綺麗な瞳、澄んだ目をしていますね】と声を掛けます。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【引き出し物語ドロワー・ストーリー】も主人公の【椎織】が【赤い引き出し】、【緑の引き出し】、【青の引き出し】のいずれかを引き出すかによってストーリーが分岐します。 という様な感じで、最初の部分(1枚目)を書いたのですが、分岐前の所までなので、【グリーンドロワー】と【ブルードロワー】も全く同じという部分まで書きました。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 10時の休み時間では、まず主人公の名前として、【美笠 椎織(みかさ しおり)】と言う名前を考えるのに時間を使ってしまったので、あまりかけませんでしたね。 【引き出し物語ドロワー・ストーリー】は【レッドドロワー】と【グリーンドロワー】と【ブルードロワー】の三つの話になりますが、最初の部分は一緒になりますね。 これは、【君のための物語】と同じ手法ですね。 これも【…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 十時の休み時間とかの休憩時間の作業として32番目の【読み切り小説】の【引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワー】のメモを取りました。 いつもの人と話す前の朝の仕事始め前の予備時間で、10枚分のタイトルを書きましたね。 【丸32 引き出し物語ドロワー・ストーリー/レッドドロワーその1】から【その10】までをひたすら書いたので、それだけで、朝の時間は終わってしま…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 その仏像風キャラクターのフィギュアですが、水着を着せて、その上から半透明の衣装を着せれば、ちょっとエッチっぽくなるし、仏像っぽくも表現出来ますと伝えましたね。 その話の前に31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース】のメモが中途半端で10枚目に達してしまいましたとも伝えました。 それで、時間切れでしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 後、都道府県の女性の方言の代わりとして12星座と干支を利用して仏像の様なキャラクターが動くという設定が書いてありましたね。 12星座に蛇遣い座を足して13、干支に鼠とのエピソードがある猫を足して13。 合わせて26体の仏像風キャラクターのフィギュアを作るという事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今回の所は、キャラクターの魅力を出すために、ハイパーメディアクリエーターが方言を使うというアイディアを出すのですが主人公は言葉がわからなくなるから嫌だと断ります。 ただ、後で、標準語をしゃべって、語尾とかちょっとした部分だけを方言にするソフト方言と言うアイディアを採用する事になりますと付け加えましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 いつもの人には、30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】のメモを3枚目と4枚目を見せましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、一旦失礼させてもらって、【確定申告】の書類を作ろうかな?と思っています。 それが終わったら、番組を見ていこうと思います。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)010

 そう、オマケとは三つの国の一つ、メロディアス王国の現、国王、ギャロップだ。  国をほっぽり投げて俺にくっついて来ている。  一体、何を考えているんだか。  国王も国王だが、それを許す、国民も国民だ。  どうかしている。  正直、戦闘能力は皆無に等しいし、足手まとい以外の何者でもない。  仮にも国王だから、無下には出来ないとここまでの同行を許してしまっていたが、そろそろ、うんざりして…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)009

「ちょっと待って下さい、お父さん」 「誰がお父さんだ」 「あなたです、ジョージさん」 「俺はお前に父親呼ばわりされる覚えはない」 「あるじゃないですか。クラシックさんを僕にください。必ず、幸せにしてみせます」 「クラシックは戦闘用ホムンクルスだ。住民用に作り出した訳じゃない。とっとと、自分の国に帰れ」 「僕にはクラシックさん以外を妻にとは考えて居ません。ぜひ、このギャロップ・オルター…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)008

 だから、俺はこの【クアンスティータ】という言葉を追っている。  この言葉を知る者を探して旅をしている。  現在、同行者は二名。  後は、居ない。  俺の仲間達の大半は子供を作り、俺の作り出したホムンクルス達と共に、既に、メロディアス王国、ニックイニシャル帝国、アナザス皇国という三つの国を建国し、統治を初めている。  主人である俺だけが浮いた存在になってしまった。  俺は自身の半分の…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)007

 俺は半ば呆れると共に、各神話の最後に出てくる【クアンスティータ】という謎の言葉に興味を持っていた。  各神話の終末には必ず、その【クアンスティータ】という言葉が関わっている。  なんの言葉だ、これは?  だが、その言葉は、様々な神話を終わらせる程、強大な何かだという事は予想がついた。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)006

 俺は、探し回った。  様々な異星人の住む星々を。  だが、何処の神話も大した事はなかった。  地球の神話の方がどう見ても物語として完成されている。  これらの神話の力を手にしても、地球神話の前に屈するだろう。  やつらとて神話の力を引き出す技術を身につけているかも知れん。  だとしたら勝ち目はない。  ハンガーポール神話――こいつで九百ととんで七つ目だ。  これだけ、探し回って…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が2日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 まぁ、未来から来た不思議な道具を装備したロボット【X(エクス)パーツ・メタル】や【Xパーツ】の隠された力を引き出せる【サイトメーカー】などの設定は書けたのでそれで良しとするしかないですね。 明日からは、別のメモを取る事になると思います。 という事になりましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 でも、一応、【読み切り小説】の紙のメモは10枚までと決めているので、これで終わりとなります。 不足分は実際に作る時に考えようと思っています。 【Cコース】のメモは長い準備期間があって、ようやく、【アニメ】がスタートした所までを書きましたが、途中で終わってしまった様な感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 ただ、このメモ、気付いたら10枚目に達していたんですよね。 もう、2、3枚は書けるのかな?と勘違いしていましたね。 気付いた時には10枚目の後半部分に達していて、ここからだと大した事書けない状態になっちゃって、あんまり良い所まで書けませんでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 その後は、仏像をイメージしたフィギュアを作ると言うメモに入るのですが、それは明日以降になると思いますね。 十時の休み時間では、31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース】のメモを書いていましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 応募の話は、あらすじを書くのを忘れたので、それを慌てて作ったという話などもしましたね。 【Bコース】の紙のメモは主人公は17才の少年なので、性行為などの表現はタブーとなり、代わりに何をするか?などの事が書いてある部分までですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 いつもの人には、昨日、25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の最後のチェック修正を済ませて応募した報告と30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】のメモを見せましたね。 応募の報告をした後だったので2枚しか見せられませんでしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 昨日、仕事しないでしゃべっている人に言ったのが利いたのか、その人は僕の所に来ませんでしたね。 まぁ、僕の知らない所で陰口叩かれているかも知れませんが、とりあえず仕事に支障は出なかったので良しという事にしておきましょう。 続きます。

続きを読む

追伸4

と言う様な事がありましたが、バイトは普通通りでしたね。 十時の休み時間は【Cコース】のメモを取りましたね。 【Cコース】のメモも終わりが見えています。 という事だけを報告させていただきます。

続きを読む

追伸3

続きです。 それと、仕事しないでずっと話をしている人達が居るのですが、僕の仕事を通せんぼしている形で話しているので、見かねてちょっとやんわりと注意いたしました。 毎日の様に一定の時間話をしている人達なんですが、今回、一組目が終わったと思ったら二組目の話が始まったので、あぁ、これは言わなきゃ駄目だと思って言いました。 目上の人達なので、やんわりと言ったのですが、ちょっと変な感じに…

続きを読む

追伸2

続きです。 今日のバイトでは、いつも通りでしたね。 いつもの人には29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】の紙のメモを全部見せました。 明日からは【Bコース】ですね。 続きます。

続きを読む

追伸1

追伸。 4回目のチェック修正も終わり、たった今、【バースコードフェアレディ】の応募が完了しました。 あらすじも作らないと行けないとわかってちょっと焦りましたが、何とか応募まで行きました。 という訳でちょこっとだけ更新します。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 今日のブログの更新は一応、次がラストですが、場合によっては午後にちょこっと報告更新いたします。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)005

 では、力とは何か?  魔法……だめだ、奴らと同じ土俵でものを考えては、数に勝る奴らに勝てはしない。  ならば、何がある?  そうだ、神話だ。  人間は神を敬い、神を恐れる。  その神話の力を手にするのだ。  地球の神ではない。  地球外の神の力を手にするんだ。  そうすれば、奴らなど、瞬く間に叩き潰してくれる。  探すんだ。  地球で語り継がれる神話を超える神話を探すんだ。…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)004

第一章 ジョージ・オールウェイズという人物の探索 「ハンガーポール神話、こいつも大した事無いな。日本神話とエジプト神話を足して二で割ったものの劣化版と言ったところか。……話しにならん」  俺は、ジョージ。  ジョージ・オールウェイズと今は名乗っている。  ソロモン王、フランシス・ベーコン、ナポレオン・ボナパルト、クリストファー・コロンブス、安倍晴明…俺は様々な名前を名乗り、姿形、言葉…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)003

「この悪党の昔話をそれでも聞きたいかい?」 「……はい。聞きたいです。それと、ジョージ神父は悪党ではないと思いますよ。こんなに吟侍君達の事を心配なさっているし」 「白鳥君がそう言ってくれる気持ちは嬉しいが、やはり、少なくとも当時は悪党じゃった。クアンスティータという規格外の化獣(ばけもの)を知って、支配する事が急に怖くなった、ただの臆病者。それがワシじゃ。……じゃが、今では、臆病になるのは決…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)002

「今の神父からは想像もつかないですね」 「ソロモン王、サンジェルマン伯爵、ロジャー・ベーコン、グリゴリー・ラスプーチン、アレイスター・クロウリー……名前と姿をいくつも変えながら、ワシは地球上で九千年近くを過ごした……ただ、地球上最高の権力を欲してな」 「……はぁ……」 「やがて、他者に疎まれ、ワシは地球を追い出された。必要ないとされてな。僅かに残った仲間達と共に、セカンド・アースを開拓して…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)001

000話 神話を求めて   序章 神父と助手の会話 「白鳥君、そこの荷物を取ってくれないか?」 「はい、神父、これですか?」 「そうそう、これだ、これだ」 「何ですか、それ?」 「ん?……あぁ、ワシももう年だし、せめてあの子達に仕送りでも出来ないかと思ってね。これはその資料の一つじゃ」 「アイテムの仕送りですか?」 「そう。優秀な子もおれば、少々頼りない子も送り出してしもう…

続きを読む

さて……

さて、今回から【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が1日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日、明後日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 どっちかで確定申告の書類の作成をすると思います。 金曜日ですが、ブログは朝更新して、午後から確定申告に行ってきます。 土曜日は午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日は早朝も番組を見て一日番組を見ていきます。 番組がたくさん貯まっているので、今週はこんな感じで行きます。 制作…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の4回目のチェック修正とそれが終わったら応募作業をしたいと思います。 応募が無事に終わったら、報告としてブログをまた更新するかも知れません。 忘れたらすみません。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は午後から【バースコードフェアレディ】の4回目のチェック修正と出来れば応募もしたいので、その時間を確保するためにブログの更新は朝することにしようと思いました。 応募した後、午後にまた更新するかも知れませんが、とりあえずは朝と言う事でよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

さて……2

さて、途中ですが、続きは作っていませんので今回で【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】も終わりとなります。 明日からは【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】になります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)060

 そして、不安そうな表情を浮かべるシリスを見る。 「ん?なぁに、ダーリン」 「何でもねぇよ」  彼女を何とか守ってやりたい。  そんな気持ちも少し持っていた。  最初は素直になれなかったが、レッグのシリスに対する態度を見て、リグレットも少し前向きに考えるようになっていた。 「……何でみんな喧嘩するんだろうね?悲しいね」 「死にたくねぇからやるんだよ。やる前にやる。それだけだ」 「…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)059

 例え、マリスを倒せたとしても他の魔女神に襲われたら元も子もないのだ。  上手く戦いを調節して生き残る事が大事だった。  リグレットにとって、アエリスののど元にたどり着くまでは他の魔女神との戦いに巻き込まれて死ぬわけにはいかない。  新たに仲間に加わったレッグはマリスにとっては幹部ですらない小者に過ぎない。  その状態では自分が何とかするしか生き残る術はない。  悲壮感を漂わせて落ち込…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)058

 激戦区である中位魔女神達にとって、自分達と同じ立ち位置に新たに参入してくる魔女神は目障りであることには違いないはずである。  まだ、育ちきっていない内に刈り取りに来るという事も十分に考えられるのだ。  だが、いかにリグレット達が戦いを拒んだとしても、既に、マリスの顔に泥を塗ったような状態である以上、彼らに拒否権はない。  あくまでもマリスの方に大人しく状況を見守ってもらうしかないのだ。 …

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)057

 下位の魔女神達はその地位向上のため、下位同士、戦いを始めていたのだ。  この状況下で下手に、マリスとの戦いを開始したら、三つ巴、四つ巴の争いにだって発展しかねない状況だった。  それに、あまり、下位の魔女神同士の戦いが頻発してくると中位の魔女神が戦いに介入する危険性もある。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)056

「そんな事よりも今は動かない方が良いぞ」  三人の会話を聞いていた情報屋のカルロスが口を挟む。  彼が掴んだ情報では今、動き出しているのはマリスだけでは無いことが解ったからだ。  マリスとシリスが争いを始めようとしていたという事は他の魔女神同士でも同様の事が起きても不思議ではないという事でもある。  マリスとシリスが居る場所からそう遠くないエリアで、赤紫色の魔女神ユーリスと青紫色の魔女神…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が13日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日、余裕があれば明日中に応募しますが、出来なかったら明後日か明明後日に応募作業をします。 その後は今週は番組を見ていく事になると思います。 番組が貯まっていますからね。 制作再開は来週からになります。 後、水曜日か木曜日に確定申告の書類を書いて、金曜日に申告に行ってこようと思っていますので、金曜日のブログは朝、更新すると思います。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 制作の方ですが、昨日の午後の作業で、25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】のチェック修正も3回目まで行きましたが、後、一回残っています。 4回目を明日やって、その後は応募作業に入ります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 気になる事と言えば休みの日の地震ですね。 僕の所でも結構でかかったので、怖かったですね。 東日本大震災の余震との事らしいですが、10年経ってもまだ続いているのかと思いましたね。 あの時から一日一日を大事に生きる様になりましたが、まだ、震災は終わってなかったんだと考え直しましたね。 という事を思いましたがただいまです。 今日は雨降りですね。 今…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 いつも通りですね。 今日は全体朝礼の日なのでいつもの人とは話をしていません。 紙のメモの方は31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース】を書いていましたね。 先週、ブログで書いた事を細かく書いただけなのであえて書くほどの事ではないですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 時間がありませんので余計な更新はいたしません。 午後になったら制作を再開しますが、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)055

「ふんっ、四千人だろうがなんだろうが、一人残らず叩き潰してやるよ」  リグレットはあくまでも強きだった。  元々、一人で大勢を相手にするつもりだったのだ、それが今回、たまたま、四千人いた――  ただ、それだけの事だった。 「お、多いね……それ……」  逆に、シリスは尻込みしていた。  そんな数の人間を敵に回した事に恐怖を覚えていた。 続く。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)054

 他にも異能を持つ配下は大勢いるが、主力となっているのはこの9名だと言う。  いずれもレッグにとっては雲の上の存在。  まともに立ち向かって勝てる相手ではない事は確かだった。  そう、例え、レッグが命をかけたとしてもこの幹部達が相手では時間稼ぎにもならないだろう。  悔しいが、自分より、ずっと実力が上であるリグレットに頼る事でしかシリスを守る事に繋がらない事を彼は理解していた。  幹部…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)053

 続く【シュナーベル(くちばし)】を指揮する幹部二名の名前は【マスケ(仮面)】と【シュペンダー(ドナー)】言い、共に集団戦を得意とすると言う。  【マスケ】は達人クラスの体術使いで、配下の者にマスクをつけさせる事によって、自分の力をコピーさせることが出来、【シュペンダー】は配下の者達と身体の一部を交換することによって、力をカスタマイズすることが出来ると言う。  続く【ペルツ(毛皮)】を指揮す…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)052

 それは、茶色の魔女神マリスの幹部達の情報だった。  【ホルン(角)】を指揮する幹部二名の名前は【ゼーロイバー(海賊)】と【バンディート(山賊)】と言い、共に、巨大な身体を持つ怪物だと言う。  身体の大きさはマリスの【ビッグゴッデス】の半分以下だが、それでも見上げる程の大きさをもつ巨人だ。  続いて【シュトースツァーン(牙)】を指揮する幹部二名の名前は【ネーベル(霧)】と【ヴォルケ(雲)】…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)051

第一章 第三節 動き出す魔女神達 「俺が知っている情報はここまでだ」  新たに仲間になったレッグが知っている分だけの茶色の魔女神マリスの情報をリグレットとシリスに伝えた。  リグレットに伝えるのはしゃくだったが、それでもリグレットはシリスを守る立場にある。  リグレットに有利だという事はシリスにとっても同じ意味なので、仕方ないと割り切っていた。  レッグが伝えた情報――

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が11日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 後、来週の金曜日ですが、午後から、確定申告に行ってきます。 なのでブログは、朝更新すると思います。 という感じで行きますのでよろしくお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 火曜日は午前中はバイト、午後は4回目のチェック修正をしたいと思います。 時間があれば、その後、応募作業もしたいと思います。 番組がたくさん貯まっていますので、この週の作業はそれで終わりにします。 作業はその次の週から再開させる予定です。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中は番組を見ます。 早朝の作業が遅くなってしまったので、その分、番組を見る時間も減らします。 その代わり、【バースコードフェアレディ】の作業が終わったらたっぷり見ようと思っています。 午後は、その【バースコードフェアレディ】の3回目のチェック修正をしたいと思います。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 一応、25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の再々チェック修正は終わらせましたが、予定より終わりの時間が遅くなりましたね。 まぁ、急いでやったから、誤差は少ないんですけどね。 と言う訳でおはようございます。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 昨日の地震は大きかったですね。 ちょっと被害が心配です。 それと、早朝に起きるために早寝したんですけど、11時くらいに地震が起きて、起きてしまったので、早起きに失敗しました。 本当は1時くらいに起きたかったのですが、起きられたのは3時くらいでした。 急いで作業を始めましたが、予定より遅れてしまいましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)050

「俺は認めねぇ」  リグレットは相変わらず反対する。 「お前に認められる必要はない。俺はシリス様に忠誠を誓ったんだ。お前にじゃない」 「て、てめぇ……」 「二人とも喧嘩はやめてよ。せっかく仲間が増えたんだから、今はそれを喜ぼうよ」 「喜べるか」 「俺は喜べる。シリス様に仕えられる事をな。お前と仲間だというのは納得いかないが」 「俺もだ。奇遇だな」 「ふふふ」 「ははは」 「も…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)049

 まだ、治りきっていない身体を起こし、シリスの前に跪き―― 「俺は誓う。俺の命はあんたのために使ってくれ」  と宣言した。 「何言っていやがるてめぇ……」  レッグの突然の宣言にリグレットが動揺した。  何が起きたのか理解出来なかったからだ。  だが、なんとなくだが、理解出来る部分もある。  レッグはシリスの優しさに触れたのだ。  触れた上で、心の底から彼女に忠誠を誓ったのだ。 …

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)048

 それにより、レッグはシリスの桜色の眷属となった。  契約時の超再生力により、心臓にあいた穴は塞がり、腕の傷も治った。  レッグを撃った刺客はリグレットが始末した。  刺客にはレッグとの契約時の魔法円を見られていたので、そのまま戻られると厄介な事になると判断したからだ。  シリスはその狙撃者の命を奪った事にも悲しい気持ちになっていたが、助けられなかった。  絶命してしまうといくらシリス…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)047

 一発の銃声がなり、レッグの心臓を貫通した。 「がっ……」  意識が遠くなっていく気がした。  恐らく、新たなる観察者が役立たずになった自分を始末するために狙撃したのだろう。  それがわかった。  マリスの逆鱗に触れ、始末されたのだ。  そう理解した。  そして、そのまま意識が遠くなっていった。  レッグが気づいた時、彼はベッドの上にいた。 「ごめんね。緊急事態だったから……」…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)046

「ふんっ、敵の施しは受けねぇよ」  自分のために、唯一の味方と言っても良いリグレットに意見を言ってくれるシリスの気持ちがありがたかった。  だからこそ、こんな自分のために、彼女に悲しい気持ちをさせてはいけない。  自分が原因でもめるなら自分は仲間にならなくても良い。  そう判断して、離れる事にした。  彼女は自分には眩し過ぎる存在。  そして、そのままその場を離れようとしたその時――…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が10日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、早朝に起きて、25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の2回目のチェック修正をして、午前中は番組を見ます。 ブログも午前中に更新しますね。 それで、午後になったら3回目のチェック修正をします。 つまり、明日、2回、チェック修正します。 月曜日は午前中はバイト、午後は番組を見て、火曜日に午後から4回目…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 これは、まだ、紙のメモでは書いてないので、月曜日にそこから書くことになると思いますけどね。 先にブログの方で書いちゃったと言う感じですね。 と言う様な事をやっていましたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 ですが、【サイトメーカー】が動かすと、【Xパーツ】の第二の能力、第三の能力などが使える様になるという感じで考えています。 それを【セカンド・サイト】、【サード・サイト】、【フォース・サイト】~……などの様に、1つの【Xパーツ】で複数の【力】が使える【サイトメーカー】が重宝されるという感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 それで主人公の名前とかを考えていたら時間切れになってしまいましたね。 時間があったら、本当は、【主役Xパーツ・メタル】の事やその体系、【サイトメーカー】などの設定を書こうと思っていましたけど、そこまでは出来ませんでしたたね。 【サイトメーカー】はガンダムで言えば【ニュータイプ】の様な存在で、通常のパイロットは、【Xパーツ・メタル】に装備された【Xパーツ】を1つずつし…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【科学】で説明するのはちょっと【不思議】な【道具】で未来の世界から転送されて来たその【道具】を装備させたロボットが活躍する物語になります。 名称は、【オーパーツ】からヒントを得て、【X(エクス)パーツ】と言うことにします。 【Xパーツ】を装備したロボットの名前は【X(エクス)パーツ・メタル】と言うことにしようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 10時の休み時間は31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース】のメモを取っていましたね。 【Cコース】は【ロボット物】を作るコースですね。 色々案を出したけど、なかなかまとまらず、ハイパーメディアクリエーターは、【ドラえもん】の【秘密道具】の様なものを装備品として、使うロボット作品を作ろうと言う事になりました。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 一応、作中作として、7つの物語を考えていて、それは頭にありますと説明しましたね。 その一例として、【火の異世界】の設定を読んでもらいましたね。 まぁ、これは僕の頭にあれば良いことなので、説明は省かせていただきますけどね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日見せた所は、ジオラマの所と、それぞれの異世界の一例として、【火の異世界】の設定の部分ですね。 ジオラマは、円を七等分して、それぞれの異世界を表現してそれを合体させて7つの世界観を表現しますと追加説明しましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 いつもの人は来たので、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを見せましたね。 9枚目の途中まで見せましたので、来週の火曜日は9枚目と10枚目を見せれば、全部見せた事になりますね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)045

 当然だ。  さっきまで戦っていた、敵を信用するというのがおかしい。 「あたいは信じたいな。最低限のルールはあると思う。それを守らなかったら人じゃいられなくなる。レッグ君にもそれはあると思う。ダーリンと戦わないという約束くらい守ってくれると思うよ」 「そもそも、人ってのは簡単に裏切るもんだ。信じてもバカを見るだけだ」 「優しい気持ちには優しい気持ちで帰ってくると思うよ」 「シリス、お前…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)044

 そんな時、シリスは思いもよらない提案をしてきた。 「レッグ君、これは提案なんだけど、このままダーリンとの戦いをやめてくれると約束してくれるなら、あたいの加護をあげても良いよ。そうしたら、腕も治ると思うけど、どうする?マリスさんにあたいを殺してって命令されているんなら、あたいの加護だけだとあたいを殺せなくなっちゃうけど、マリスさんに再契約してもらえるならあたいを殺す事も出来るようになると思うけ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)043

 それが今のは何だ?  レッグは自分の行動が信じられなかった。  彼女は信じられる。  信じても良い。  そんな感情が生まれてきているのにびっくりしていた。  言ってみればこれも彼女の力なのだ。  人の気持ちを温かくさせる何かを彼女は持っている。  リグレットもそんな彼女の温かい心に触れたからこそ、どこか安らぎを感じ、自分でも知らず知らずの内に彼女に気持ちを依存させているのだ。 …

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)042

 つぶやいた上で自分で驚いた。  その言葉に対して驚いたのだ。  間違った知識とは言え、シリスが最初につけてくれた名前にしたい。  そう思ったのだ。  知らず知らずの内に、心を開いてしまっている自分が居たのに戸惑った。 「そう。じゃあ、レッグ君。よろしくね。あたいが名付け親なんだからね。親としてお願いします。あんまり無茶な事はしないでね」 「う……あうっ……」  動揺が言葉まで達し…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)041

「こんな事くらいで見返りを期待したところで無駄なんだよ」 「見返り?何でそんな事を言うの?傷ついたら、手当。当たり前の事だよ」 「殺してやる。殺してやるぞ」 「今は傷ついているからやめた方が良いよ。それより、あなたのお名前は?」 「俺は観察者だ。マリス様に忠誠を誓っている」 「観察者は名前じゃないでしょ?」 「観察者は観察者だ。他に名前はない」 「じゃあ、名前をつけてあげる。観察者…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が9日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日は早朝に起きて25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の2回目のチェック修正、日中に3回目、来週の火曜日に4回目の再チェック修正をします。 その後、応募になりますね。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 と言う様な話があったのですが、僕からしてみればちょっと気持ち悪い話ですね。 僕が会っていないのに、知らない所で僕そっくりな人が目撃されている。 そんなちょっとホラーな感じの話になりましたが、後はいつも通りでしたね。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 その後で、更に別の人にこの話をしたら、その人も別の場所で一回だけ、僕そっくりの人を見たという話になって、今度は世の中には3人、そっくりな人が居るって言う話で盛り上がりましたね。 僕は結構若くみられるので、そっくりな人って何歳なんだって言うのも気になりますしね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 僕は双子の弟の方ですが、僕と兄とは似てないんですよね。 体重も僕の方がずっとあるし、僕を知ってれば兄を見てもそっくりだとは思わないはずなんですよね。 それでドッペルゲンガーの話になりましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 別の人とは、何か、僕にそっくりな人が居るという話になりましたね。 僕の知らない所で、その人は僕とそっくりな人と会ったというのです。 僕は驚きましたね。 前に勤めていた会社でも僕そっくりの人を他の場所で見たという目撃証言があったので、またか?と言う感じでしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りでしたね。 ただ、いつもの人はお休みでしたので、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを見せる事はありませんでした。 休憩時間に【君のための物語Cコース】の下準備をした所で、別の人達と話をしておわりましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、何か更新したいのは山々なのですが、余計な更新はせずに、制作に集中させてください。 作業優先という事でお願いします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)040

 ただ、マリスには茶色の魔女神との契約から逆らえなかったので、マリスに忠誠を誓っている気持ちになっていた。  だけど、目の前にいる、シリスとリグレットの関係は違っていた。  シリスもリグレットも自分の意見を言っている。  言った上で対立しても殺されない。  殺しあわない。  それは対等な立場であるという事を意味していた。  そして、対立しながらも、お互いを想いあい、離れない。  自…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)039

 心を乱されたのはリグレットだけではなかった。  観察者もまた、動揺していた。  自分を殺そうとしていた者の手当を申し出るシリスの態度が信じられなかったからだ。 「お、俺を生かしておいたら必ず、お前を殺すぞ」 「そうしたら、また、ダーリンに守ってもらわないとね。でも、今、怒らせちゃったから守ってもらえないかも知れないな。困ったな」  観察者は自分を殺すと言っている相手を治療するシリスに…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)038

 決して相容れない存在なのかも知れない。  自分はシリスと一緒にいるべきではないのかも知れない。  だが、自分以外の者と共に居れば恐らく、彼女は他の魔女神に殺されるだろう。  そんな気がした。  彼女は死なせるべきではない。  だから離れられないが、シリスと居るといつも激しく感情を揺さぶられる。  復讐を誓っている自分の心がかき乱される。 「あたいはダーリンの事、ちゃんと見ているよ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)037

 リグレットは復讐に生きる人間。  だから、幸せにはなれないと自覚している。  だけど、シリスは違う。  確かに、百人の命の犠牲の上に生きているが、それは彼女が望んでしている事ではない。  そんな中でも必死で人として生きようと思って、必死であがいている。  対して自分はどうだ?  復讐という狭い視野の中で生き、慈愛の心で人と接しているシリスの生き方を否定しようとしている。  彼女は…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)036

 でもこれは単なる綺麗事。  普通の人は殺したいほど憎い相手を許せない。  許したくても許せないのだ。  だけど、これを実行しようとしている者が居た。  それも自分が忌み嫌っていた魔女神がだ。  シリスの行動は自分の醜さを、心の弱さを見透かされたような感じがした気がして仕方なかった。 「ダーリンを責めている訳じゃないよ。あたいだって、百人の命を奪って生きている罪人だもん。幸せになんて…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が8日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

【テンス・アース】からは応募すると言う訳ではありませんので、チェック修正は4回ではなく、2回ずつに戻しますから、5日間の作業日で完成する状態に戻します。 そんな感じで作業を考えていますね。 今の様に作業を急いでという感じではなく、自分のペースに戻します。 以上です。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 その後は番組がたくさん貯まっていると思いますので、1週間か10日くらいは番組を見るのを優先させて行きたいと思っています。 その後で、イラスト作業に戻ります。 毎日更新ストックももう少し、増やしたいと思っています。 それらの作業が終わってから、13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】から順番に清書作業をしていきます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 日曜日の早朝にまた早起きして、【バースコードフェアレディ】の2回目のチェック修正をします。 午前中にブログを更新して、そのまま番組を見ます。 午後になったら頭をリセットさせているので3回目のチェック修正をします。 来週の月曜日は午前中はバイト、午後は番組を見ます。 火曜日は、午前中はバイト、午後は制作で、4回目のチェック修正をして、出来ればこの日、応募作…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、ブログを更新した後は午前中も作業をして、【バースコードフェアレディ】の清書を100ページ目まで到達させます。 午後は1回目の再チェック修正をします。 それが終わったら残り時間は番組を見ます。 明日と明後日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 制作優先で全然番組が見れてないので、少しでも見ます。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日はお休みです。 今日は朝、1時から起きて作業をしています。 おかげさまで、25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の清書作業も70ページ目まで到達しました。 という訳で朝更新をする事にしました。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)035

「お墓を作っているの。この人、多分、お墓も作って貰えない。だから、せめてあたいがお墓を作ってあげようと思って。ダーリンはそっちの人の手当をしてあげて欲しいな」 「何やってんだ、こいつはお前も殺そうと思ってやってきた刺客だぞ。そこに転がっている死体だって同じだ」 「死んじゃったらみんな仏様だよ。弔ってあげる人がいないと可哀相でしょ」 「わからねぇ、なんなんだ、お前は」 「あたいは魔女神って…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)034

 何の力も失った今、腕を変形させていたので、筋繊維や皮が耐えきれず、両腕がズタズタになったのだ。 「これで、お前も役立たずだ。他の配下に殺されるか、人知れずひっそりと暮らすかどちらか好きな方を選べ」  リグレットはまるでくだらないものでも見るかのような表情で観察者を見る。  ざまぁ見ろとでも言いたげな顔で。  それを見ていたシリスは―― 「人の不幸をそんな目で見るのは良くないと思う………

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)033

 それを考えていたリグレットはマリスのアジトで出来たシリスの魔法円を壊してから脱出している。  そのため、シリスの魔法円は他の魔女神に知られる事はない。  マリスは契約の度に食い散らかすかのようにあちこちに自分の魔法円を残していた。  それはそれだけ、マリスの配下が多いという事でもあるが、逆に言えば、アジトのあちこちに配下の力を削ぐ弱点を残していたとも言える。  今回、マリスとの戦いはア…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)032

 その魔法円は魔女神マリスの魔法円の鏡文字の魔法円だった。 「やっぱ、そうか。思った通りだ。シリスを助け出した時、マリスの魔法円を見たとき、アエリスの魔法円と違っていたから魔法円は魔女神にとって重要な意味を持つとふんでいたんだ。ありがとよ。参考になったぜ、これで、アエリスをぶっ殺す手段が考えられるぜ」  リグレットの取った手段は桜色の異能を使い、茶色の魔女神マリスの逆魔法円を描く事だった。 …

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)031

「それは俺を殺せてから言うんだな。出来もしないことは口にしない方が良いんじゃねぇか?恥かくぞ。まぁ、くたばっちまったら恥もくそもねぇか」 「口の減らない奴だ。今、黙らせてやる」  観察者はそう言うと両腕のトゲから触手のようなものが伸びた。  無数の触手はウネウネと動き、リグレットに襲いかかる。 「黙るのはお前だよ」 「ぐっ……がっ……な、何をし……た……?」  観察者の動きが止まる。…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が7日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明後日と明明後日は午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日の早朝で2回目の再々チェック修正、日中で3回目、来週の火曜日の午後の作業で4回目のチェック修正をして、応募します。 来週の木曜日の予定にしていましたが、少し早めますね。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、早起きして、25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の清書をします。 それと午前中の作業で合わせ技で何とか100ページ目まで到達したいと思っています。 午後の作業で、1回目の再チェック修正を出来ればと思っています。 そんな感じで、ちょっと前倒しで作業をしようと思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 ヒロインは、新乙女座に決まりますが、展開次第ではサブヒロインの下克上もあると言う展開を考えています。 そんな感じで、広めて行って、後は主人公が実写版のプロモーションビデオを作る事になり、コスプレした女優達と一緒に撮影するなどの展開などをメモをしました。 という事がありましたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 更に、4話前にAコース、Bコース、Cコースを読者に選んでもらい、票が集まったコースの話に物語が転換されるという漫画のスタイルで作ります。 また、小説版も選択肢があり、その選択肢それぞれにミニ小説を作り、人気の高いコースが本コースとして、メインストーリーになるという展開になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 次のアプローチとして、その26体の立像天女それぞれのシナリオを視聴者に募集して、それをそれぞれ、漫画化します。 それで人気投票をして、一番人気だったキャラクターがメインヒロインという読者参加型の展開を考えるという設定になっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 それでファースト・アプローチは、仏像をイメージした立像天女(りつぞうてんにょ)のフィギュアを作るという展開になっています。 立像天女は全て女性で、十二支プラス猫と十三星座(蛇遣い座も加えるもの)の合計26体になっていて、水着を着ていて、その上から半透明の衣装を着るという形で、後は仏像の様なポーズを取っているという設定になっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【君のための物語Bコース】は【君のための物語Aコース】とは選択肢の違いで、ルートが分岐するストーリーになっていますね。 【Aコース】が【冒険活劇】、【Bコース】が【ハーレム物】を作るという話になっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 10時の休み時間は30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】のメモを10枚目まで書き上げましたね。 【バースコードフェアレディ】の作業中はメモを取るのをやめようかと思っていましたが、結局、上限の10枚目までメモを取ってしまいましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 いつもの人はメモを見ながら、異世界が主人公が作った【傑作小説】が舞台になっているというのは聞いたことないですねと言っていましたね。 【君のための物語Aコース】の作中作では、自分が作った【傑作小説】が【異世界】のベースになっているので、物語の【謎】の【答え】がわかっているというチート能力があるという事になりますね。 という事を話しましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 10ページの【漫画】で異世界での光景と、トラブルが発生します。 後半の20数ページで、異世界と現実世界の入り口をつなぐアイテムを手に入れ元の世界に戻るという所までが、【読み切りハイブリッド小説】という感じになりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 【ハイブリッド小説】は前半20数ページの小説を書いて、その続きを10ページくらいの漫画にして、また、後半20数ページの小説で締めくくる【小説】と【漫画】を合わせたものです。 前半20数ページで、主人公が【傑作小説】を作り上げ、出版社に持って行こうとすると異世界への入り口が開き、【傑作小説】がそこに吸い込まれたという展開になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 【君のための物語Aコース】は主人公にレクチャーしていたハイパーメディアクリエーターが、主人公が主役の物語のファーストアプローチとして、【ハイブリッド小説】を作る事になったと言う所まで見せて、次のアプローチの【ジオラマ】の途中まで見せましたね。 紙のメモだと、大体、7枚目あたりまでですかね? 明後日は7枚目から見せ直しになりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 いつもの人には29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを見せましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)030

 特別な力を持った者は大なり小なり、雰囲気が変わる。  それは少なからず、手にした力に精神の方も影響されているからだ。  むしろ、特別な力を手にしながら、普段と全く変わらない者の方が異常者だ。 「どこが違うかその身をもって確かめるんだな」  観察者はリグレットの易い挑発には乗らなかった。  自分の異能に自信を持っているからだろう。  観察者は腕をゴキゴキならす。  すると、両腕から…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)029

 それがマリスという魔女神のやり口だった。  自分に喧嘩を売って来た男を庇う訳ではないが、マリスの組織のそういう体質に吐き気を覚えるリグレットだった。  こういう状況に慣れていないのか、一緒に買い物をしていたシリスは男に絡まれた時から隅っこでずっと震えている。  本来、殺し合いとかするような女の子ではないのだ。  みんな仲良く、幸せになれれば良い――  そんな事を願う優しい女の子なのだ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)028

 元々、色々な格闘技などを学んでいたが、アエリスを倒すため、リグレットは死にものぐるいで自身のスキルを高めていった。  格闘というよりは死闘を目的としたスキルアップを果たしていて、目の前の男程度であれば、間合いだけで、飛びかかる勢いを削ぐくらいの事はできるようになっていた。  こんなろくすっぽ異能も使えないような雑魚に手の内を見せる必要はない。  適当にあしらって追い返すだけだ。  リグ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)027

 見たところ、特殊な力を持っている風でもない。  功を焦った、三下が手柄を求めて、リグレットに因縁をふっかけて来たのだろう。  主のマリスにとってはこれは様子見と言ったところだろう。  どこかで他の配下が見て、リグレットの力量を観察しているのだろう。  つまり、この戦いの戦法如何によって、マリスの出方も変わってくるという事でもある。  だとすれば、初っぱなから手の内を晒すことはできない…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)026

第一章 第二節 茶色の魔女神マリスからの挑戦状 「てめぇか?マリス様から絶品料理を奪ったって言うバカ野郎は?」  バーで使う食材の買い出しの荷物持ちとしてシリスの買い物に付き合わされていたリグレットは突然、男に声をかけられた。  男の言う、絶品料理とはシリスの事である。  シリスはマリスが力を増大させるための最高級の料理と言って良かった。  それを奪ったリグレットは完全にマリスと敵…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が6日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 それが終わったらそのまま応募します。 そんな感じで、制作優先になっているので、その後は番組を見るのを優先させたいと思っています。 来週の金曜日辺りは、確定申告に行ってこようと思っていますけどね。 二月の終わりか三月に入ったら、イラスト作業に戻ります。 予定としてはそんな感じですね。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の清書作業に入ります。 目標は30ページ目までですね。 明日の予定ですが、午前中は午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日はお休みですので、一日を通して制作をします。 【バースコードフェアレディ】の清書を一気に100ページ目まで書き進めます。 日…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は午後から【読み切り小説】の清書をしようと思っていますが、ノルマとして考えている30ページは正直きついので、ブログの更新は朝の内にやっておこうと思って更新しました。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)025

 一斉攻撃されれば、一溜まりもないだろう。  その状況下で、リグレットは茶色の魔女神マリスに喧嘩を売ったのだ。  今は、マリスもシリスの眷属がリグレット一人だと言う事で逆に何かあると警戒していて様子を窺っている状態だが、眷属が増やせていない現実を知れば、牙を剥いて襲いかかってくるのは間違いないだろう。  それだけ、危険な立場にいた。  事態は早急な対応が求められていた。  すぐに、強力…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)024

 特殊な魔女神三名を除けばこれが現在までに残っている魔女神となる。  この中で、シリスは勝ち上がって行かなければならないのだ。  土地は中位以上の魔女神が所有していて、下位魔女神は中位以上の魔女神の土地の中で暮らしているという事になる。  そのため、下位魔女神達は中位以上の魔女神の目を気にして動かねばならないという現実があった。  シリスも当然、中位以上の魔女神を気にして動かねばならない…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)023

 だが、その前に、力をつけるために下位の魔女神と戦わなければならない。  彼女達を倒して、中位魔女神に対抗する力をつけていかねばならないからだ。  その下位魔女神は以下の一四名である。  黄緑の魔女神カリス、  ベージュの魔女神ナリス  藤色の魔女神クリス、  クリーム色の魔女神レイリス、  茶色の魔女神マリス  藍色の魔女神ルリス  深緑色の魔女神パリス  赤紫色の魔女神ユ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)022

 次に、最も諍いが多いとされる、激戦区、中位魔女神は次の一〇名だ。  赤色の魔女神ジャリス  青色の魔女神アイリス  黄色の魔女神メイリス  白の魔女神セレリス  黒の魔女神ドロレス  銀灰の魔女神エリス&イシス  金色の魔女神ミリス  緑の魔女神ルルス  そして、仇である紫の魔女神アエリス  アエリスがいると言う意味でもリグレットにとってこのクラスでの戦いが正念場となる事は…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)021

 二七の魔女神を上位、中位、下位で区分すると次のような区分けとなる。  まずは、絶対に手を出してはならない上位魔女神は、次の三名だ。  橙色の魔女神フェアリス  水色の魔女神フィナレリス  桃色の魔女神ヴェルアリス  この三つの名前を聞いたら有無を言わさず、逃げなくてはならない。  逃げ切れるかどうかは解らないが、戦ってもまず勝ち目はない。  この三名は別格中の別格だ。  隠れて…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が5日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 それが終わってから、ちょっと番組を見て、再来週の火曜日からイラスト作業に戻りたいと思っています。 まずは、【バースコードフェアレディ】の完成を優先させます。 予定としてはそんな感じですね。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明後日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 木曜日はお休みですので、一日を通して制作をして、【バースコードフェアレディ】を一気に100ページ目まで清書したいと思っています。 それで金土と午前中バイト、午後は番組を見て、日曜日の早朝で一回目の再チェック修正、日中で、二度目の再々チェック修正、それで来週の火曜日と木曜日に三回目と四回目のチェック修正をして、…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 明日から、25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の清書作業をしたいと思います。 明日の目標は30ページになりますね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 制作の方は前倒しで進めていますが、番組の方は予定外の作業で、見れていません。 ブルーレイレコーダーを買い換えているので、録画容量はたっぷりありますが、見ていない番組はしっかりと貯まっていますので、どこかで見ようと思っていますが、まずは、【読み切り小説】を完成させるのを優先させようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 明日からの作業で、【バースコードフェアレディ】の作業に入るために急遽やったのですが、今朝は2時から起きていますので、ちょっと寝不足なんですよね。 と言う訳で、休み時間のメモはゆっくり目にやりました。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 実は昨日の夜と今朝早起きして、こっそり作業をしていました。 このままだと、今月中に【バースコードフェアレディ】が完成しないかと思って、その前の作業である【毎日更新ストック】として、【ファーブラ・フィクタ 吟侍外伝(プレイバック)】、【ファーブラ・フィクタ カノン外伝(プレイバック)】、【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1(プレイバック)】、【ファーブラ・フィクタ …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトですね。 いつも通りですね。 月曜日は全体朝礼の日なので、いつもの人とは話していませんね。 休み時間には【君のための物語Bコース】のメモをちょこっとだけ取りましたね。 ちょっと寝不足なので、あまり頭が働かなかったですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 時間が足りませんので、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)019

 現在、この世界には二六の魔女神がいると言われている。  双子の魔女神がいるので正確には二七名存在するが、その他にも特殊な魔女神が三名隠れているとされている。  これは元々の数ではなく、最初は数千名単位で魔女神が存在していた。  魔女神同士の戦いが行われて、淘汰され、現在の数になったのだ。  上位の魔女神ではすでに力関係が生まれ、滅多に争いは生まれなくなっている。  上の立場にいる魔女…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)018

 シリスが死ねば、当然、リグレットは桜色の力を失う。  失ったら、紫の力を持っているので、死ぬことは無いが、紫の魔女神であるアエリスを倒す事は不可能な状態に逆戻りになってしまう。  アエリスを倒す意味でもシリスには死んでもらっては困るのだ。  それに、カルロスも言っていたように、アエリスの方ばかり見ていると他の魔女神やその刺客に後ろから刺されるという事も十分にあり得るのだ。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)017

 マリスの勢力は大きく分けて、四つの勢力が存在する。  【ホルン(角)】、【シュトースツァーン(牙)】、【シュナーベル(くちばし)】、【ペルツ(毛皮)】の四つだ。  それぞれの勢力に二名ずつ隊長が存在し、マリスの側近一名と合わせて、九名が幹部となっている。  そして、マリス自身は【ビッグゴッデス】という巨大な身体を持っている。  この【ビッグゴッデス】については、魔女神は全員持っているは…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)016

 だが、面と向かってそれを指摘されるとムッとくる。  言葉を返せない自分にも腹が立つ。  その理不尽な憂さを晴らすために、リグレットはひたすら敵を求めた。  滅茶苦茶に暴れればスッキリする。  そう考えたからだ。  その対象がとりあえず、動きを見せた茶色の魔女神マリスとなった。  ただ、それだけだった。 「ふてくされても仕方ないだろ。とりあえず、目の前のトラブルを一つ一つ解決してい…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が4日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 昨日、所用の終わりで買ってきた新しいマウスを使って見ましたが、これまでの動きにくかったのが嘘の様に良く動きますね。 これを使えばちょこっとだけ作業が早くなるのでは無いかと思っていますね。 という感じで作って行こうと思います。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 火曜日と木曜日の二日で、【毎日更新ストック】を作って行きます。 次の日曜日から25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の作業に入っていきます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 本当は、こっそり作業として、【毎日更新ストック】を作ろうと思っていましたが、寝坊したため、失敗しました。 なので、それは火曜日にするとして、今日は番組が貯まっていますので、それを倍速で見ていきます。 何か前のブルーレイレコーダーと比べて、倍速のスピードが遅い気がするのですが、気のせいですかね? 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 いやぁ~失敗しましたね。 寝過ごしてしまいました。 本当は早朝に起きてこっそり作業をする予定でしたが、駄目でした。 今日は6時半に起きてしまいましたね。 連続で早朝に起きるのは無理がありましたね。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 午後は所用ですね。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

以上です。

以上6点が【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】で使用予定のキャラクターになりますね。 完全非公開作品なので詳しく書けなくて申し訳ないです。 今日のノルマとしては以上になります。

続きを読む

獣僧編用イラストその6

最後に、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】で使用予定のキャラクターその6になりますね。 女性キャラクターになります。

続きを読む

獣僧編用イラストその5

続いて、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】で使用予定のキャラクターその5になりますね。 男性キャラクターになります。

続きを読む

獣僧編用イラストその4

続いて、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】で使用予定のキャラクターその4になりますね。 モンスター?になります。

続きを読む

獣僧編用イラストその3

続いて、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】で使用予定のキャラクターその3になりますね。 男性キャラクターになります。

続きを読む

獣僧編用イラストその2

続いて、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】で使用予定のキャラクターその2になりますね。 女性キャラクターになります。

続きを読む

獣僧編用イラストその1

と言うわけで、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】で使用予定のキャラクターその1になりますね。 男性キャラクターになります。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、今日完成したイラスト6点をこれから公開しようと思います。 今回の6点は【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)/獣僧(じゅうぞう)編】で使う予定の6キャラになります。 名前はまだ無いんですけどね。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)015

「一人でやろうとするな。シリスちゃんに、眷属を増やしてもらって仲間増やして戦うって手だってあるんだ」 「俺は一人でやれればそれで良いんだよ。他のやつの手なんか借りたくねぇ」 「シリスちゃんの手は借りているじゃないか。シリスちゃんの加護がなけりゃ、お前さんはアエリスに傷一つつけることはできないんだろ?」 「………」  カルロスのツッコミに無言になる。  その通りだからだ。  言い返した…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)014

 ただ、復讐の相手に向かって、真っ直ぐ進んで行くのみといった感情が彼の心を支配していた。 「紫の魔女神アエリスの情報は今の所、入ってない。それより、お前さんが喧嘩を売った茶色の魔女神マリスが動き出したという情報が入っている。アエリスに挑むよりまず先にマリスを何とかした方が良さそうだぞ。あまりアエリスの方ばかり見ていると後ろから刺されるぞ」 「ちっ……鬱陶しい。他の魔女神なんてどうでも良いんだ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)013

 その花を咲かせているのは憎むべき、魔女神の力に他ならない。  もちろん、シリスは憎むべき対象ではない。  むしろ、好意を持って接してくれているので、憎むどころか好意を持ちかえすべき対象なのかも知れない。  彼女が咲かせた花にも全く罪はない。  だが、今は魔女神に関するものは全て憎く見える。  彼女は純粋に優しさを振りまいているのに、それが偽善に見えてならない。  そんな自分が嫌だっ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)012

第一章 第一節 魔女神達の勢力図 「ダーリン、見て見てぇ~これ、可愛いと思わない?」  シリスは勤めているバーに花を飾って見せた。  この世界は魔女神の影響で、曇天が当たり前の状態となっている。  そのため、日の光は週に2日か3日、届けば良い方である。  曇天が続くと人の気持ちは沈む。  せめて、綺麗な花でも飾って優しい気持ちになってくれればという彼女の気持ちが形になったもの――…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)011

 魔女神としてはまだ未熟なシリスの加護だけで、対抗出来るのかどうか解らず、もしかしたら、刺客との戦いでやられてしまうかも知れない。  仇であるアエリスを討つ事もできずに、全く関係ない魔女神との戦いで敗れ死ぬ。  それだけは絶対に我慢できなかった。  目的も果たせずに死にたくない。  死ぬのはアエリスを殺した後でだ。  それだけは譲れなかった。  リグレットの抱えた闇は深い。

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が3日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 これらはあくまでも予定なので、何か急な予定が入った段階で、予定は組み直しますが、とりあえずはそんなスケジュールで作業をしていこうと思っています。 後、今日完成したイラスト6点はブログの後半で公開しますのでよろしくお願いしますね。 以上です。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 【バースコードフェアレディ】を応募してから、また、イラスト作業と【毎日更新ストック】の作業に戻る予定です。 イラストは12月更新分まで確保したいのと、【毎日更新】は、まだ不十分だから、せいぜい二ヶ月ちょっと分くらいしか増えないんじゃないかと思っていますので、それだと足りないから、【ファーブラ・フィクタ】の【本編】を1つずつストックとして加工していこうと思っています。 …

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 来週の土曜日はお休みじゃないので、制作はしません。 来週の日曜日から25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の清書作業に入って行きます。 一応、七日間の作業日で、応募出来る状態に持って行くつもりです。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 先ほど書きましたが、来週の火曜日と木曜日で、【ファーブラ・フィクタ 吟侍外伝(プレイバック)】、【ファーブラ・フィクタ カノン外伝(プレイバック)】、【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1(プレイバック)】、【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2(プレイバック)】のストックを作って行きます。 それ以外の平日は、午前中はバイト、午後は番組を見るという事になります…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、ブログを更新した後は、番組を見ます。 午後は所用になりますね。 なので、制作とブログの更新はしません。 明日の予定ですが、一日を通して番組を見ます。 たっぷり貯まっていますからね。 それを消化していきます。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 後は、【毎日更新ストック】ですね。 これは来週の火曜日と木曜日の作業で、【ファーブラ・フィクタ 吟侍外伝】、【ファーブラ・フィクタ カノン外伝】、【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1】、【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2】の【プレイバック】ストックを作って行く予定です。 と言う事で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝1時から起きて作業をしていました。 本当は日曜日にしようと思っていましたが、先に作業をして、後は番組を見ていこうと思ってイラスト作業を先にしました。 おかげさまで、残る6点も作り終えました。 これで、【よったろー屋本舗】の更新ストックは7月分まで確保出来た訳ですので、イラストの作業は少し、余裕が出来ましたね。 続きます。

続きを読む

お休みなさい。

それでは、後は番組を見ます。 今日のブログの更新はこれで終了となります。 お休みなさい。 また、明日。

続きを読む

以上です。

以上が今日のノルマの6点です。 作った感じ腕無し上半身だけと言うのもどうなのかな?と思ってしまいましたが、これと次の6点は腕無し上半身で作ってしまっていますので、このまま行かせていただきます。 今日の作業は以上となります。

続きを読む

予定変更します。

この後の予定ですが、番組を見ようと思っていましたが、予定を変更して、制作をします。 その代わり、明日の午前中は番組を見ると言うことになります。 何とか今日中にイラスト6点を完成させて、ブログで発表したいと思います。 作業としてはスキャニング、ゴミ取り、色塗り、合成、仕上げと言うことになります。 ではまた、一旦失礼します。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 と言うことがありましたがただいまです。 それと書き忘れましたが、明日、所用の後、電気屋さんに行って、マウスが無いか見てきます。 マウスの調子が悪いので、新しいのを買わないとと思っているので。 という訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 帰りに本屋さんによってまた予約してきましたね。 行きつけの本屋さんはちょこちょこ無い本とかあるので、結構な頻度で予約する事になりますね。 本のタイトルを覚えている時は良いのですが、わからない時は家に戻って調べてメモを取ってから予約をし直すという事になるのでちょっと面倒臭いですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 十時の休みは【君のための物語Bコース】のメモを取りましたね。 昨日もちょこっと書きましたが、都道府県のキャラにすると言う案からフィギュア作成に至るまでのメモを取りました。 5枚目に入った所まで書いたところで時間切れになりましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 内容としては、主人公がハイパーメディアクリエーターにお詫びとして、主人公を主役とした冒険活劇の物語を作るという事になり、主人公が何故、小説を作れないかを指摘する話になりますね。 その辺りの事を見せました。 お話作りの部分はその後のメモになりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 朝に引き続いての更新になります。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 平穏そのものでした。 いつもの人には、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを見せましたね。 10枚あるのですが、3枚目の途中で終わりましたので、来週の火曜日に3枚目から見せ直しになると思います。 続きます。

続きを読む

一旦失礼します。

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 続きはバイトから帰ってからになります。 それでは、また。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)010

「リグレット、連れなくするなよ、可哀相だろ、シリスちゃん」 「こんな可愛い子に言い寄られているのに勿体ないとは思わねぇのか?」  店の客はリグレットの気持ちを理解していないのか、シリスの恋を後押ししようとする。  シリスの人柄はつい応援してあげたくなるような優しい気持ちにさせてくれるようなものだった。  シリスは純粋だ。  魔女神であるのが嘘のように――  悪い子では決してない。 …

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)009

 俺に幸せは似合わない――  俺はただ、復讐のために生きるのみ――  アエリスを殺した後、俺も……  リグレットはただ、それを考えていた。  自分は生きていても仕方のない人間。  そう自己分析していたのだ。  今、生きる糧はアエリスに対する絶対的な憎悪、怒りのみ。  他には何もない――。  それが、リグレットの思考を支配していた。  大切なものはすぐ側にいるのに、今はそれに気づ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)008

 二人はお互いにとって必要不可欠な存在となったのだ。  だが、リグレットにとっては理由はともかく、シリスも百人の犠牲の上でその力を手にした同じ魔女神であるという事は変わりがない。  そのため、素直に、仲間として認めにくいのだ。  だからこそ、ダーリン、王子様と浮かれるシリスと違い、リグレットは常にふてくされていた。  シリスはアエリスとは違う。  根は良い子だというのは理屈では解ってい…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)007

 マリスの領地から逃げ出す時、空腹だったシリスは動けなかった。  このままでは彼女は逃げ切れないと考えたリグレットは領地から料理を少し盗み、それをシリスに食べさせた。  空腹を満たしたシリスはお礼として、感謝の意味も込めてリグレットにキスをした。  その時、シリスとの契約が成立したのだ。  実は、リグレットが盗んだ料理は元々、シリスに食べさせるため、生き肝を使って調理していたものだったの…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)006

 彼女は桜色のランジェリーの上に水玉模様のランジェリーを重ね着していた。  それによって、彼女は封印状態となり、マリスの眷属にも手を出せないようになっていたのだ。  この状態のまま、無理矢理、生き肝を押し込んでも彼女は桜色の魔女神にはならないのだ。  無理矢理、脱がしても意味は無く、あくまでも彼女の意思で桜色のランジェリー一組みにならないかぎり、彼女は桜色の魔女神として覚醒する事はないのだ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が2日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、午前中はバイトに行ってきます。 午後になったらまたブログを更新して、後は番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中の作業で、イラスト6点をブログで公開します。 日曜日の作業で残り6点のイラストを完成させます。 それで来週の作業につなげます。

続きを読む

おはようございます7

続きです。 一応、【よったろー屋本舗】二号店で【蛇遣いの憂鬱】と言う話を一話だけ公開しているのですが、そこで使った13星座と干支プラス猫の26種類を仏像の様にして採用しようかな?と思っています。 水着を着せて、そこに半透明の豪華な衣装を着せてポーズを取らせて、仏像みたいな感じにして、【フィギュア】を作るみたい設定を考えていますね。 まぁ、これはメモに書いてないので、今日、書く事…

続きを読む

おはようございます6

続きです。 その代わりのものとして、ヒロイン達の性格設定やステータスを凝った物にすると言う感じですね。 彼女達と仲良くなりたいという気持ちを演出するという感じになります。 その設定を考えるという事になりますね。 例えば47都道府県に1人ずつヒロインを作ったりする案を出すけど、主人公は方言がわからないから、話すと何言っているかわからなくなるとか意見を出したりしますね。 …

続きを読む

おはようございます5

続きです。 思いついちゃったから今日もメモを取ることになると思いますけど、主人公が未成年の17歳の少年なので、ハイパーメディアクリエーターはハーレム物と言っても性行為は描けません。 それに代わる何かのアピールポイントを作って表現しなければ、読者には受けません。 と言うのを考えると言う事になりますね。 続きます。

続きを読む

おはようございます4

続きです。 例えば、最初のアプローチも【Aコース】は【ハイブリッド小説】を予定していますが、【Bコース】は見た目重視で【フィギュア作成】から入る事になるという感じですかね? 【Aコース】もジオラマを作りますが、そっちは全体の世界観が重視ですが、【Bコース】は【フィギュア】重視になりますね。 続きます。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 十時の休み時間には、メモの下準備だけと思っていましたが、つい、ちょこっと30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】のメモを取ってしまいましたね。 この話は【君のための物語Aコース】の冒険活劇に対して、ハーレム物なのでやることが違います。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 昨日、いつもの人には、【ファーブラ・フィクタIFγ】のメモの五枚目と追加説明として、オーバードールと言う存在は、人形と生き物の間の存在で、よくありがちな人形の妖怪や怪物の様に脆い表現は使わない予定ですと伝えました。 例えば、腕などが破壊されても腕のパーツを召喚して、そのままキュポッとはめて、再生させるなど、壊れたら壊れたまんまと言う事にはしないと伝えましたね。 続き…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝と午後の二回更新しようと思います。 昨日の作業で、イラスト12点の下書きは終わりました。 描いて見て、ちょっと物足りないかな?と思いましたが、描いちゃったものは仕方ないのでこのまま行きます。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)005

 そして、百名目となる彼女の父親自身の生き肝をシリスは拒絶し、彼女は魔女神になりかけの中途半端な存在となった。  だが、それは他の魔女神達にとっては格好のエサと同じだった。  魔女神は他の魔女神を倒す事により、力をより増大させる事ができる。  魔女神になる前の状態は力が使えないので、捕らえてから魔女神として覚醒刺せれば労せず、彼女を倒す事ができるのだ。  ただし、魔女神同士は戦う事ができ…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)004

 従属者となったリグレットはアエリスの許可無く自殺する事もできなくなっていたのだ。  かつて愛した女は憎んでも憎みきれない程の憎悪の対象となった。  リグレットにとってこれ以上の苦しみは無かった。  まさに生き地獄だった。  そんな絶望と共に生きていた彼はとある少女と出会った。  茶色の魔女神マリスの配下に捕まっていたシリスだ。  彼女は特殊な環境で育ち、さくら色の魔女神となりかけて…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)003

 その間に、花嫁だったアエリスは出席者全員に強力な眠り薬の入った飲料水を配り、眠らせて、生き肝を抜き取りそれを口に運んだ。  いっこうに合図が来ない事に業を煮やしたリグレットが見たのは地獄絵図。  自分の親族、友人達の惨たらしい死に様と、その生き肝をウットリしながら食べているアエリスの姿を見た時、彼は自分のバカさ加減が許せなくなった。  こんな残忍な魔女の本性すら見抜けず、浮かれて結婚まで…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)002

 リグレット・ギルティー――かつて恋人に裏切られ、一族や友人達を皆殺しにされた男だ。 魔女神(まじょがみ)――神のごとき力を持つ魔女の総称。  魔女神は全員が元、人間だ。  魔法円の中で下着姿の女が、百人の人間の生き肝を食べる事で、色の異能を身につける魔女神となる。  リグレットと結婚を誓ったアエリスは結婚式に参加した彼の親族、友人全ての生き肝を喰らい、その時、身につけていた下着の色…

続きを読む

フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)001

序章 さくら色の魔女神シリス 「シリスちゃん、今日も可愛いねぇ~」 「ありがとー!ドニーさん。でも、お尻触るのはやめてね、あたいのお尻はダーリンのためにとってあるから」 「連れないねぇ~。あんな甲斐性無しの何処が良いんだい?」 「それはねぇ~、あたいを救い出してくれた王子様なのぉ」 「だってよぉ、リグレット!良いねぇ、こんな可愛い子ちゃんに言い寄られて」  ドニーは酒場の看板娘、…

続きを読む

さて……

さて、今回から【プレイバック編】は【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】となります。 今回が1日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 来週からは【毎日更新】のストックを作っていきます。 今は、【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】と【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】の分しか無いので、もうちょっと足します。 多分、【ファーブラ・フィクタ吟侍外伝】、【ファーブラ・フィクタカノン外伝】、【ファーブラ・フィクタ/グランド・スタート1】、【ファーブラ・フィクタ/グランド・スター…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 土曜日は、午前中は制作をして、なるべく、イラスト6点は完成させて、ブログで公開したいと思っています。 午後は、ちょっと所用があります。 日曜日の作業で、残り6点を完成させてブログで公開します。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】用と【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】用のイラスト12点の下書きとコピックマルチライナーでなぞる作業と消しゴムをかけるところまで作業をしたいと思っています。 ブログを更新していると作業的に苦しいので、ブログの更新は朝する事にしました。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は、イラスト作業をしようと思っているので、ブログは、朝更新します。 なるべく作業を進めたいので。 と言うわけで今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

さて……2

さて、中途半端になってしまいましたが、【夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)】はこれで終了となります。 申し訳ありませんが、続きは作っていないので、ここまでと言うことになります。 明日からは、【フィアエリスと魔女神殺し・再臨(プレイバック)】になります。 これも途中で終わってしまいますがよろしくお願いします。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)145

 段々、強敵も増えてくるだろうし、相手もうちのチームの事を研究してくるでしょうしね。  使うICを変えてもプレイヤーの癖というのは残るから、その辺りを研究して行った方がいいかもね。  応援に回ってくれている夢命祭チームにお願いして、次の対戦相手のビデオを撮っておいて貰って、対戦前に研究しておいた方が勝つ可能性も増えてくるし。  ――って感じで、私はあれこれ、監督として、次になにをやるべきか…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)144

 恐らく、昭三君のICの名前は【SYO-ZO】だろうとは予想出来るけど、残念ながらお披露目はないという事になった。  一時は危ない場面もあったけど、順調に勝ち進んでいくのを見るとやっぱり嬉しいわね。  トーナメント表は出ているんだし、そろそろ、次の対戦相手とかを研究した方が良いかもしれないわね。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)143

 勝負は接戦。  だけど、みらちゃんの【手品師】がギリギリ勝つことが出来た。  みらちゃんの活躍がその後のチームのムードも上げてくれる。  立派なムードメーカーだ。  続く、中堅戦は揺花ちゃんが、【着ぐるみ ぽふも】というキャラクター。  これは、着ぐるみを着た女の子のICだ。  今回の着ぐるみは犬のようだ。  対する菜奈美ちゃんは【NANAMI】だ。  どうやら、このチームは、…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)142

 これは油断しているのではなく、前回の失敗の原因の一つとして考えられる連続して同じICを使用するという事を避けているためだ。  【手品師】はそれでも【武者侍】に決してひけを取らないポテンシャルを持っている。  対する悠人君のICは【YU-TO】だ。  恐らく自分を投影したICなのだろう。  自分そっくりなICを作るというのも一つの方法として確立されている。  自分に色んな行動を取らせた…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバックば編】は【夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)】となります。 29日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は、制作をします。 イラストの下書き12点を描いて、コピックマルチライナーでなぞって消しゴムをかけるところまでは進めたいと思います。 金曜日は、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 土曜日はお休みですが、午後からちょっと所用があります。 ですが、イラスト作業は土日を使ってブログで公開する所まで進…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 次のメモとして予定している30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】は【バースコードフェアレディ】の作業が終わってから始めます。 それまでは、【バースコードフェアレディ】の事を考えて行こうと思っています。 まずは、清書しないといけないですね。 と言う事ですが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の作業に映るため、メモ取り作業はしばらくお休みするつもりでしたが、中途半端で終わらせるよりも、【読み切り用】として予定している10枚目までメモを書いてから、メモ取りをお休みしようと思って書きました。 10枚目だと中途半端な所までしか書けませんでしたが、一応、自分で決めたルールという事で、書ききったところでメモを終了し…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 まぁ、これは完全非公開作品になる可能性が高いので、深い内容についてはご容赦を。 と言う話をしていましたね。 十時の休みでは、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを10枚目まで書きました。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 5枚目だけだと時間が余るので、追加で少し説明する事になると思いますけどね。 【ストーリーγ】は、【序章】として、ヒロインの【琉韻 銘佳(るいん めいか)】は1人何役ではなく、何人一役のキャラクターで、ヒロインは死んだと思われているけど実は生きているのですが、主人公の【内義田 詠和(うちぎだ よみかず)】はヒロイン以外の【銘佳】と何かしらあると言う話をしましたね。 続…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 いつもの人には、【ファーブラ・フィクタIFγ】の紙のメモを見せましたね。 5枚あったのですが、最後の5枚目は途中で終わってしまったので、明日、見せ直しになりますかね? 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)140

第二章 第五幕 三回戦  次の三回戦からはみらちゃんには先鋒をお願いする事にした。  獣馬君が参加するのは五回戦からと言っていたから、その次の四回戦までは彼女に先鋒をつとめて貰うことになる。  中堅の揺花ちゃん、大将の諷太君も四回戦までは固定で良いわね。  五回戦からまた、オーダーを考えましょう。  とにかく、手堅く行きましょう。  三回戦の対戦相手はチーム乱舞。  チーム名の…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)139

 給料日前でちょっと手痛い失費だけど、今回は私が悪かったんだし、素直に支払うわ。  危なかったけど、二回戦も勝ち上がった。  もう油断しない。  考えて見れば、早い内に、油断の怖さを知れたのも良い経験かも知れない。  ライオンはどんな相手にも全力を尽くすとか聞いた事あるし、獣馬君達の才能にあぐらをかくのではなく、どんな格下相手でも全力でぶつかって行こうと心に決めたのだった。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)138

 諷太君は、 「あれは、油断してだな……めんぼくねぇ。おれっちが悪かった。今回はそうだ、認めるよ」  と言った。  諷太君だけじゃない。  私の采配も悪かった。 「ごめん、私も悪かった。よく考えて順番決めないといけないね」  と謝った。  お詫びとして、私はメンバー全員にランチをおごる事にした。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)137

 彼女は大粒の涙を流し、 「せ、先生ぇ~……じゃなかった、監督ぅ~勝った。勝ったよぉ~」  と言ってきた。  私の事を先生と言ってしまったのは動揺していたというのもあるだろう。  よっぽど嬉しかったのだろう。  チーム全員で喜んだ。  獣馬君は、 「諷太のアホがやらかした時はヒヤヒヤしたけど、よくやった、みら」  と言った。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)136

 それを【武者侍】は上手く捌いて行く。  みらちゃんはプライベートで剣道もやっていたと言っていたし、さすがに体捌きとかは見事だと思った。  そして、【竜騎士】のゴリラアタック(私が勝手に命名)を交わし、トドメの一撃を【武者侍】が入れた。  が、破損した【竜騎士】の装甲の一部が【武者侍】にもヒット。  大きく破損した。  共倒れ?  とも一瞬思ったが、立ち上がる事も出来なくなった【竜騎…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)】となります。 28日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定8

続きです。 とにかく、二月三月は土曜日の休みがほとんどないので、作業もあまり進まないと思いますけど、ノルマだけは果たしていきたいと思います。 時間との勝負ですね。

続きを読む

今日明日の予定7

続きです。 ただ、二月中の予定としては、どこかで確定申告にも行こうと思っていますので、二月三月の作業予定としては、かなり忙しくなりそうですね。 【バースコードフェアレディ】の作業が前倒しになったので、ちょっと予定がずれ込みますね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 それが終わってから13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】から28番目の【読み切り小説】の【神妙想創(しんみょうそうそう)】までを清書する作業をしたいと思います。 もちろん、22番目の【読み切り小説】の【まいなぁくらぶ】と25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】を飛ばしてと言うことになります。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 それが終わってから、イラスト作業に戻ります。 8月分から12月分の5ヶ月分、15点のキャラクターデザインとイラストを描こうと思います。 【毎日更新ストック】も不十分だと思いますので、それもやりたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 単純計算すると、5日の作業日で、いつもは完成しますが、それだと、チェック修正は2回だけとなります。 最低4回、チェック修正をやるので、作業日は7日分と言うことになりますね。 3日間で100ページまで到達して、その後の4日間で4回チェック修正を繰り返すみたいな感じですね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 来週からは【毎日更新ストック】を作って行きます。 火曜日と木曜日の作業で、出来るところまでストックを作ります。 その後から、すぐに【バースコードフェアレディ】の清書作業に入ります。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 木曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は12キャラ分の下書きを描きます。 土曜日は午後から所用がありますが、少しでも制作をしたいと思っています。 日曜日までの作業で、12キャラ分のイラストを完成させたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、ノートにキャラクターデザインをします。 【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】と【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】の新キャラ12点のデザインをします。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 十時の休み時間には少し、29番目の【読み切り小説】の【君のための物語Aコース】のメモを取りましたが、これも、【バースコードフェアレディ】の作業を始めるので、しばらく凍結しようと思っています。 28番目の【読み切り小説】の【神妙想創(しんみょうそうそう)】までを準備完了にしているので、後は急いで作らなくても良いかな?と思っています。 しばらくは休憩時間の頭を【バースコ…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 それと、昨日、22番目の【読み切り小説】の【まいなぁくらぶ】を送った所とは別の【コンテスト】に他の【読み切り小説】を応募する事にしたと言う事になったので、イラスト作業とブログの毎日更新ストックを急いで作って、今月中に25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】(まだ、確定ではありません)の清書を先行して、行って、最低でも4回、チェック修正をしてから応募する事にしまし…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 続いて、32番目から34番目の【読み切り小説】が、【私流聖母マリア様】をボツにして【ドロワーストーリー/引き出し物語】にしたと言う事を話しました。 【私流聖母マリア様】とその前に作る予定の29番目から31番目の【君のための物語】は漁夫の利的な話なので、それを6話作るのは多すぎるという事で、後に作る予定だった【私流聖母マリア様】の方をボツにしたという話をしました。 続…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日は助っ人に行きましたね。 朝、いつもの人とは話せたので、【ファーブラ・フィクタIFストーリーγ】の話は置いておいて、それ以外の話をしましたね。 まずは、28番目の【読み切り小説】の【神妙想創(しんみょうそうそう)】のメモが無事に60数ページ目まで書いたと言う事です。 続きます。

続きを読む

予定変更します。

ちょっと、許可が下りたので、もう一つ、別の所に【読み切り小説】を応募する事になりました。 なので、28番目の【読み切り小説】の【神妙想創(しんみょうそうそう)】までの中から、また、【まいなぁくらぶ】の様に先行して4回以上チェック修正をして応募します。 明日、改めて、予定を組み直すと思いますが、予定が変更になると言うことだけ先に報告させていただきます。

続きを読む

一旦失礼します。

それでは、ホームぺージを更新するので一旦失礼します。 更新した後、また、ブログを更新します。 では、また。

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)135

 対するチームオアシスのリンダちゃんのICは【竜騎士】だ。  チームオアシスは【龍】、【ツインヘッドドラゴン】、【竜騎士】とリュウづくしだ。  チームドラゴンとかにした方が良いのではないかと思うんだけど、彼女達なりにチーム名にはポリシーがあるのだろう。  【武者侍】は侍で武士道、【竜騎士】は騎士で騎士道。  武士道対騎士道の戦いになるのではないかと思ったけど、違った。  みらちゃんの方…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)134

 こんな時どんな言葉をかけてあげればいいのか解らないけど、 「負けても死ぬ訳じゃない。頑張って来て」  と言うのが精一杯だった。  この言葉が適切かどうかは解らないけど、彼女にチーム昴の三回戦進出の命運がかかっているのは確かだ。 「か、監督、これで良いでしょうか?」  震えながらみらちゃんが聞いて来る。  ごめんなさい。  余計なプレッシャーをかけちゃってるね。  監督失格だね、…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)133

 二匹のドラゴンが壮絶なぶつかり合いをする。  可愛らしくても揺花ちゃんのドラゴンも強い。  負けたら敗退が決まるこの試合に揺花ちゃんは手を抜いたICは持ってこない。  油断しなければ、揺花ちゃんは地球レベルを大きく超えている逸材だ。  危なげなく、彼女は【ツインヘッドドラゴン】を撃破した。  これで一勝一敗、イーブンだ。  問題は、次の大将戦だ。  みらちゃんが負けたらそこで敗退…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)132

 この事態に動揺して揺花ちゃんまで敗れたら目も当てられない。  ここは一つ、確実に一つずつ勝っていかないといけない。  中堅の揺花ちゃんは【ストロベリードラゴン】。  彼女のオリジナルICで、口から炎の代わりに大きなイチゴを発射するらしい。  身体はファンシーなピンク色。  彼女らしい作品だ。  対するライト君は【ツインヘッドドラゴン】。  これもオリジナルドラゴンだ。  奇しく…

続きを読む

夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)131

 増して、手を抜いていたらなおさらだ。  これを機に、諷太君には反省してもらうとして、問題はここからだ。  オーダーを発表してしまった後だから、メンバー変更は本当の緊急時でも無い限り出来ない。  つまり、次の揺花ちゃんとみらちゃんは必ず勝たなくてはならないのだ。  最悪でもみらちゃんにも引き分けにはなって貰わなければ、地球代表戦はここで終わりとなってしまう。  大将のみらちゃんにいらな…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)】となります。 27日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 その前に今月分のホームページを更新しようと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後はイラスト作業をします。 ノートに【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】用新キャラ6点分と【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)獣僧編】用新キャラ6点分のデザインをしようと思います。 12キャラ分なので、明日はそれで終…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 それで、帰ってからは一度戻ってから郵便局に手紙を出して来ましたね。 昨日の早朝に書いた文の手紙を5通出して来ました。 それで、連絡が取れない1人を除いて4人に手紙を出した事を伝えるメールを打っていました。 近況報告を兼ねたお手紙を出したという事ですね。 と言うわけでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 それを見込んで、書いた訳ですが、結構、34作品のタイトルを書くだけで、時間使うんですよね。 なので、タイトルをひたすら書いただけで今回の休みは朝と10時の休み時間は使ってしまいましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 後でどうにでも変更出来るという感じです。 大まかな目的や設定以外、決めていないと言う作り方は結構、便利だなとちょっと思っていますね。 後々で気分が変わって変更する時もそれに合わせて内容を変更出来ますからね。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 つまり、【引き出し物語/ドロワーストーリー】は【引き出し】が出るのと女の子が主人公と言うところ以外の設定はぼやかして考えています。 それは、ハイパーメディアクリエーターが主人公のためにお話を作ってくれるという設定以外はぼやかしていた【君のための物語】と同じ状態と言うことですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 32番目から34番目は【引き出し物語/ドロワーストーリー/レッドドロワー】、【引き出し物語/ドロワーストーリー/グリーンドロワー】、【引き出し物語/ドロワーストーリー/ブルードロワー】と仮に決めてそれを書きましたね。 また、変更になったら書き直しになるんですが、これも【君のための物語】と同じ様に、どのような形にでも出来る状態にしていますから、しばらく放置していても大丈夫か…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日の休み時間の作業は【読み切り小説】の予定メモを書き直しましたね。 一応、1番目の【ユメミテ ユメミメ】から書いているメモなのですが、32番目から34番目が変更になったので、改めてメモを書き直しましたね。 これ、作ってもあまり意味の無いものなのですが、他の人に説明する時に、こういう感じで作っていますと言うために持っているメモなんですよね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 今週も土曜日がお休みですので、週5日勤務になります。 でも土曜日は午後から所用が入っていますね。 今日は全体朝礼の日なのでいつもの人とは話しませんでしたね。 続きます。

続きを読む