この後の予定

この後の予定ですが、一旦失礼させてもらって、【確定申告】の書類を作ろうかな?と思っています。 それが終わったら、番組を見ていこうと思います。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)010

 そう、オマケとは三つの国の一つ、メロディアス王国の現、国王、ギャロップだ。  国をほっぽり投げて俺にくっついて来ている。  一体、何を考えているんだか。  国王も国王だが、それを許す、国民も国民だ。  どうかしている。  正直、戦闘能力は皆無に等しいし、足手まとい以外の何者でもない。  仮にも国王だから、無下には出来ないとここまでの同行を許してしまっていたが、そろそろ、うんざりして…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)009

「ちょっと待って下さい、お父さん」 「誰がお父さんだ」 「あなたです、ジョージさん」 「俺はお前に父親呼ばわりされる覚えはない」 「あるじゃないですか。クラシックさんを僕にください。必ず、幸せにしてみせます」 「クラシックは戦闘用ホムンクルスだ。住民用に作り出した訳じゃない。とっとと、自分の国に帰れ」 「僕にはクラシックさん以外を妻にとは考えて居ません。ぜひ、このギャロップ・オルター…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)008

 だから、俺はこの【クアンスティータ】という言葉を追っている。  この言葉を知る者を探して旅をしている。  現在、同行者は二名。  後は、居ない。  俺の仲間達の大半は子供を作り、俺の作り出したホムンクルス達と共に、既に、メロディアス王国、ニックイニシャル帝国、アナザス皇国という三つの国を建国し、統治を初めている。  主人である俺だけが浮いた存在になってしまった。  俺は自身の半分の…

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)007

 俺は半ば呆れると共に、各神話の最後に出てくる【クアンスティータ】という謎の言葉に興味を持っていた。  各神話の終末には必ず、その【クアンスティータ】という言葉が関わっている。  なんの言葉だ、これは?  だが、その言葉は、様々な神話を終わらせる程、強大な何かだという事は予想がついた。

続きを読む

ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)006

 俺は、探し回った。  様々な異星人の住む星々を。  だが、何処の神話も大した事はなかった。  地球の神話の方がどう見ても物語として完成されている。  これらの神話の力を手にしても、地球神話の前に屈するだろう。  やつらとて神話の力を引き出す技術を身につけているかも知れん。  だとしたら勝ち目はない。  ハンガーポール神話――こいつで九百ととんで七つ目だ。  これだけ、探し回って…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説(プレイバック)】となります。 今回が2日目です。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 まぁ、未来から来た不思議な道具を装備したロボット【X(エクス)パーツ・メタル】や【Xパーツ】の隠された力を引き出せる【サイトメーカー】などの設定は書けたのでそれで良しとするしかないですね。 明日からは、別のメモを取る事になると思います。 という事になりましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 でも、一応、【読み切り小説】の紙のメモは10枚までと決めているので、これで終わりとなります。 不足分は実際に作る時に考えようと思っています。 【Cコース】のメモは長い準備期間があって、ようやく、【アニメ】がスタートした所までを書きましたが、途中で終わってしまった様な感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 ただ、このメモ、気付いたら10枚目に達していたんですよね。 もう、2、3枚は書けるのかな?と勘違いしていましたね。 気付いた時には10枚目の後半部分に達していて、ここからだと大した事書けない状態になっちゃって、あんまり良い所まで書けませんでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 その後は、仏像をイメージしたフィギュアを作ると言うメモに入るのですが、それは明日以降になると思いますね。 十時の休み時間では、31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース】のメモを書いていましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 応募の話は、あらすじを書くのを忘れたので、それを慌てて作ったという話などもしましたね。 【Bコース】の紙のメモは主人公は17才の少年なので、性行為などの表現はタブーとなり、代わりに何をするか?などの事が書いてある部分までですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 いつもの人には、昨日、25番目の【読み切り小説】の【バースコードフェアレディ】の最後のチェック修正を済ませて応募した報告と30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】のメモを見せましたね。 応募の報告をした後だったので2枚しか見せられませんでしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 昨日、仕事しないでしゃべっている人に言ったのが利いたのか、その人は僕の所に来ませんでしたね。 まぁ、僕の知らない所で陰口叩かれているかも知れませんが、とりあえず仕事に支障は出なかったので良しという事にしておきましょう。 続きます。

続きを読む