ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 071

 今は力の差がある。
 退却するしかない…。
「去るものは追わぬ。好きに逃げるが良い…」
 ルゥオはさして興味を示さず、踵を返した。
 屈辱の退却…。
 それが、琴太チームの初戦だった。
 苦いスタートだった。
「何故、止めた?」
 安全な場所に逃げ切った時、琴太は偲につめよった。
「ジョージ神父の言葉、もう忘れたの?」
「…忘れてねぇ…」
「あなたはチームリーダーなのよ。あなたの判断で、チームが生き残れるか全滅するかが決まるの…少なくとも着いたとたんに全滅なんてしていられないの…解る?」
「…すまねぇ…頭に血が上り過ぎた…」
「とにかく、少し、近くを探索して情報を得ましょう」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント