この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 025

「何ですって?」 『この俺様の今の異能の数、知ってるかぁ~?20だぜ、20!20もくれやがった!正に、クアンスティータ様々よぉ~お陰でこの俺は嫌いな人間共を殺しまくり放題ってわけよぉ~あひゃひゃひゃひゃひゃ~笑いが止まらねぇってのはこのことよぉ~』 「下種野郎…」 『だから、万が一、億が一、兆が一、この俺様を倒したとしても、クアンスティータにとっちゃ、痛くもかゆくもねぇって寸法よぉ~だが、…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 024

 そして… 『へへへへへ…出てこいよぉ~わかってんだぜぇ~クソ女共ぉ~あ~ひゃっひゃっひゃ~』  エネミゴは下品な笑い声をあげる。  テソロは百四十八重のトラップ作戦が読まれた事を察知して表に出てきた。 「…一応、ものを考えられる知能はあるみたいね…無意味に生き物を殺すことしか出来ない大バカカス野郎だと思っていたんだけど…」 『ひゃっひゃっ…一つ良いことを聞かせてやるよぉ~俺様は外様(…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 023

9 エネミゴ討伐  現在、殆どの怪物達も生命体を殺すという事に飽き始めている…。  ただ、エネミゴだけは、好んでそれを…殺戮を続けている…。  止める気配はない…  こいつだけは始末しておかないとこのまま過去へ行く訳にはいかない…。  テソロ達は練りに練った作戦を決行するために配置についてエネミゴを待ちかまえた。  エネミゴその巨体からは信じられない程のスピードで動き回り、殺戮を…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 022

 リステミュウムの世界の怪物だという事を考えるとこれだけの能力以外にも能力を持っている可能性は非常に高い。  クアンスティータの世界に住む怪物達に能力の出し惜しみなど全くない。  いくつもの異能力をバーゲンセールのようにどんどん使っていく。  異能力の対抗策など、1つ1つ考えても無意味だということだ。  エネミゴは異能力が1つ破られれば、別の異能力を繰り出すだろう…。  リステミュ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 021

8 ターゲットの怪物  テソロ達がターゲットに選んだ怪物は最も多くの民を死に至らしめた名も無き怪物だった。  リステミュウムの世界の怪物としては全くの小物だが、だからと言ってテソロ達には簡単に倒せる相手ではない…。  名前が無いと不便なので、テソロ達はその怪物をエネミゴ(スペイン語/敵)と名付けた。  エネミゴの確認されている能力は6つ。  一つは怯えた者の魂を抜くという能力。 …

続きを読む

さて……

さて、今回から【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1】となります。 5日目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】の再々チェック修正をして、完成させる予定です。 今週も土日はお休みですが、土曜日の作業から、30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース(ハーレム編)】のメモを15ページ分作る予定です。 日曜日に30ページ、来週の火曜日と木曜日で60数ページ…

続きを読む

こんにちは11

続きです。 とりあえず、2話への期待を持たせると言う形で終わらせようと思うので、【清世】が死ぬ運命にあると言う意味深な事を告げて、区切るという形を取ろうと思っています。 ただ、作ってみて、文字数が足りなかったりオーバーしてしまう事もありますので、その辺りは臨機応変に行こうと思います。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 【清世】は「ううん。何でもない。気にしないで」と言いますが何処か寂しそうです。 と言う様な事を書いたのですが、そこまでで10枚目に到達しましたね。 これは【読み切り小説】では無く【第一話】なので、そこで区切る予定にしようかな?と思っています。 【連載小説】の場合、1話あたり普段20ページとか24ページで終わらせる様にしているので、今回の様に100ページで1話と…

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【詠和】はあわあわします。 そんな彼に【清世】は、「私ね、死ぬ運命なの……」と言います。 【詠和】が「え?」と聞くと、【清世】は、「君、死ぬ運命の私を救い出してくれる王子様になってくれないかな?」と言いました。 【詠和】は「ど、どういうこと……」と聞きます。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【詠和】の入浴中に彼女も入って来て、「僕ちゃん、一緒に入ろっか」と言いました。 突然の事で【詠和】はドキドキが止まりません。 その反応を見て、「あ~、えっちぃ~。興奮しているのかなぁ~」とか言ってからかいます。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【詠和】は意味がわかりません。 ただ言われるがまま、行動します。 ですが、それを通して、【留奈】は【詠和】の仕草から彼の人柄を見ていたのです。 【留奈】は納得して、「よろしくね。君はなかなか面白い人間のようだ」と言います。 こうして4人の【ドーム・セレクター】と交流した所で最後にヒロインである4人目【フォース・ガール】の【藤宮 清世(ふじみや さやせ)】…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 続いて【詠和】のお世話係である【フォース・ガール】を飛ばして5人目【フィフス・ガール】として感性が独特な【海堂 留奈(かいどう るな)】との交流を書きました。 【留奈】は「君、済まないが私の思う通りに動いてくれないか?」と言って【詠和】によく解らない行動を取らせます。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【ストーリーα】の今日のメモは【ドームセレクター】の3人目【サード・ガール】として、男性恐怖症でコミュ症の【猪又 笙子(いのまた しょうこ)】と主人公、【内義田 詠和(うちぎだ よみかず)】との交流から書きました。 お互い引っ込み思案なので沈黙となります。 ですが、お互いの興味ある事が共通していてアニメや漫画などの話で少しずつ打ち解けて行くという事を書きました。 …

続きを読む

こんにちは4

続きです。 明日以降は猫花との戦闘シーンからのメモを見せる事になると思います。 朝と十時の休み時間では【ファーブラ・フィクタIFストーリーα/ソウルメイト・レガシー】のメモを10枚目まで完成しました。 なので明日は【ストーリーβ】と【ストーリーγ】の下準備と言う事になると思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 まずは、姉の狐永久のパートからで同じく組織から逃げて来たと言ってきた猫の要素を持つ猫花(びょうか)と知り合いますが、猫花は組織とつながっており、狐永久は騙される所でした。 ですが、狐永久は妹の狸未来しか信じていないので、猫花の罠にははまらずに回避します。 と言う所までメモを見せました。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 シリアス担当の姉、狐の力を持つ狐永久(ことわ)とほんわか担当の妹、狸の力を持つ狸未来(りみく)の双子の物語で、組織から逃げ出した姉妹は別々に潜伏します。 二人一緒に捕まると血を抜かれてしまうからです。 そんな感じで別々になる姉妹。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りですね。 いつもの人には、メモを完成させたのは39番目の【読み切り小説】の【笑って愛栖ドール】ですが、順番通り38番目の【読み切り小説】の【こりっ狐狸(こり)!!】からメモを見せますと言って、【こりっ狐狸(こり)!!】のメモを3枚目まで見せましたね。 続きます。

続きを読む