メモの内容08

【詠和】と【梨舞】は暴走したとされる【ファンシーフィクションドーム】の保管庫で、そこから出てきたと思われる数体の怪物と遭遇する。呆然となる【梨舞】。【ファンシーフィクションドーム】が無い状態ではどうすることも出来なかったからだ。だが、【詠和】は怪物同士、反物質という関係で出来ている事を見抜き、上手く逃げ回って誘導し、怪物同士、対消滅させることに成功した。その一部始終を見ていた【梨舞】は「あ、あんたなんかに負けないんだからね」と言った。彼女なりの最大の賛辞だった。続いて【詠和】は【セカンド・ガール】の【大島 唯愛】と交流する事になる。彼女は人に対して無関心な所がある少女だ。
【詠和】は【セカンド・ガール】の【大島 唯愛】と2人きりになる。【唯愛】は【梨舞】から「あいつ、少しはやるかも……」と聞かされていたが、基本的に無関心。【詠和】の目の前で堂々と着替えをする。年頃の女の子が服を脱ぐ姿を見てドキドキする【詠和】。【唯愛】は【詠和】との共同作業として提案された【疑似ファンシーフィクションドーム】での練習作業にとりかかる。【疑似ファンシーフィクションドーム】はまだ実体のわからない【ファンシーフィクションドーム】を想定して作られた自動謎解き装置のついている物で形はスノードームの中に胸像をつけて、本物と似せている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント