メモの内容10

【詠和】は他のメンバーから変わり者だと評価されている【海堂 留奈】と一日過ごす事になった。緊張する【詠和】に対して【留奈】はマイペースだった。話しかけようとする【詠和】に対して【留奈】は「わかっている。君は私が言う通りに動いてみてくれないかい?」と言った。【詠和】は訳もわからず動くが意味がわからない。対して【留奈】は【詠和】の仕草から彼がどんなタイプなのか理解しようとしていたのだった。最後に「よろしく。君は面白い人間の様だ」と言ったのだった。
四人のドームセレクターとの交流を終えた【詠和】は最後の一人として【フォース・ガール】でもあるヒロインの【藤宮 清世】と交流する事になる。【清世】は「ボクちゃん、一緒にお風呂に入ろうか」と言って入浴中の【詠和】の所に入って来た。【清世】は「あ、興奮しているのかなぁ~」とからかう。【詠和】はドキドキが止まらない。そんな彼に彼女は「私ね、死ぬ運命なの。君、死ぬ運命の私を救い出してくれる王子様になってくれないかな?」と伝える。【詠和】は「え?」と戸惑いながらも彼女の話を聞くのだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント