こんにちは7

続きです。

そんな絶望感で包まれた生活をしていた【レイチェル】は両親と共にある町を通りかかります。

そこは綺麗な服とは言い難い服を着た人達が楽しそうに笑っていました。

それを見た両親は【下民風情の分際で……】と悪態をつきます。

と言う部分で時間切れになってしまいましたね。

続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント