ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)017

「私もね、……パワーに頼るのをやめて、ちょっと小細工してみたの。やっぱり、そうだった。パワーに対してパワーで挑むと苦戦するけど、戦い方を工夫して戦えば、十分、余裕を持って戦える。じゃんけんの要素ね。グーはパーには弱いけど、チョキには強い。同じ事がチョキにもパーにも言える。それが解っただけでもあなたとの戦いは有意義だったわ。ありがとう。お礼を言うわね。でも、もう良いわ。あなたは、策を弄するにはバカすぎる。ここは闇の星テネブライでしょ。人間の子供が易々と来れる場所じゃない。と考えると何かあると思うのが普通でしょ」
「き、汚ぇぞ。罠にはめやがって」
「何が汚いよ。先に卑怯な手を使おうとしたのはあなたの方でしょ。そういうのを自業自得っていうのよ。それと、そんなんだから、あなたは9級止まりなのよ。むしろ、9級でも高位なくらいじゃない?弱すぎて話にならないわ」
「こ、殺してやる……」
「殺されるのはむしろあなたよ。さようなら。もうあなたの顔は覚えていたくないの。じゃあね」
「ぎゃぐっ……」
 一閃。
 光の力を使ってキャリアはジャンクックを真っ二つにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント