ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)066

 対して、ジャマーには――
「向こうが一人で来ている以上一人で戦う」
 とフォールはジャマーとの一騎打ちを望んだ。
 結果、ジャマーは他の刺客を隠していて、隙を見て討つつもりだったらしく、一歩引いていたため、それにいち早く気づいた、キャリアはその刺客を倒して行った。
 隠れていた刺客をキャリアが倒してしまったため、わざと隙を作り、チャンスと思わせて、隠れていた刺客がフォールを討つつもりいたジャマーは予定が狂った。
 そのため、わざと作った隙が仇となり、フォールにあっさりと倒されてしまった。
「愚弄するな」
 とフォールは怒り狂っていたが、それは、ジャマーに対するものである。
 仮に、ジャマーを仲間にしたとしても仲違いは避けられなかっただろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント