この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 045

 だが、存在の消滅とも違う結果となる…  それは、言葉では表現出来ない…  それが、このダメージの恐ろしさだ。  同じように他の色のイメージのダメージもある…。  そして、この力の上位バージョンの力がある…。  だが、上位だろうが何だろうが、認識できない力であるため、説明するのは困難だ。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 044

 例えば、赤のダメージ…  これは人間の痛覚には無いダメージだ。  そのため、適した表現方法が無い…。  そのため、イメージの近い色で表現したのだ。  このダメージが蓄積すれば死ぬ。  だが、一般的にこのダメージに対する特効薬は全くない…  当然である…。  元々、認識できないダメージなのだ。  特効薬など有るはずもない…  また、死という定義も変わる  存在の消滅…  そ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 043

 だが、その矢はルコに当てる必要はない…。  ルコに関係ある何かにヒットすれば、それに関わる全てを完全消滅出来る力を秘めた矢だからだ。  それが、何百、何千はおろか何億、何兆、何京だろうが、全て消滅させられる。  だが、ルコにはまるで効果が無かった。  Fの能力の上をいっているからだ。 「やっぱそうか、こりゃ、潰す気でやらねぇとこっちの身がもたねぇな…」  Fは自身の能力浸透能力を跳…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 042

 Fはとにかく、力の制御をルコに覚えさせようとルコの能力として誕生時に備わるロスト・ネットを支配する力を借りて、ルコをその中に閉じこめ、自らもその中に入った。  さすがに、化獣を超える猛者達が住む世界だけあって、ルコのパワーでも壊れることは無いその世界だが、それでもしっぽを振り回し、辺りを削っていく。  Fは対抗手段として、本来、クアースリータが持っている能力を使っているのだが、ルコはお構い…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2 041

08 親娘喧嘩 『ぐるぁぁぁぁぁぁっ!』 「この、じゃじゃ馬め…」  その頃、F(ファーブラ・フィクタ)はロスト・ネットの世界の中でクアンスティータ・ルコの暴走を止めていた。  一度は止めて見せたFだったが、ルコのパワーは思ったよりも遙かに高く再び暴れ出したのだ。  その振動の余波だけで、近くの星々が跡形もなく崩れ去る程のとんでもないパワーだった。  クアンスティータの姉というだ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート2】となります。 9日目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として15番目の【読み切り小説】の【リトル・サン―小さな万能神―】の清書を20ページ目まで書き進めます。 土曜日はお休みですが、用事がありますので、制作はお休みします。 ブログの更新は、早くて午後、遅いと夕方の更新になると思います。 日曜日の予定ですが、日中の作業で、15番目の【読み切り小説】の…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 残り4枚で、3人の女優とのシーンを書くのは容量的にちょっと厳しいですが、何とか残る4枚で、読み切り分を書こうと思います。 と言う様な事がありましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そんな感じで、【奈帆】とまず、2時間ドラマの撮影をして、次に【未亜】との2時間ドラマの撮影、最後に【美沙】との2時間ドラマの撮影という形で、物語が進んでいきます。 と言うのを書いたところまでで、何とか3枚目まで行きました。 これは60ページ完成型の小説になるので、紙のメモは7枚までとなりますから、残り4枚という事になりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【奈帆】は【美沙】がまだ【司郎】の事を好きだと思っているため、その【司郎】を【美沙】から奪ってやるために素人の【司郎】を相手役に選んだのです。 【美沙】の好きな男を自分に振り向かせる事で、【奈帆】は【美沙】に女優としてで無く、女としても勝てると考えているのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 相手役は三人共通という事をルールとしているのですが、それは【奈帆】の思惑がありました。 【奈帆】が相手役に選んだのが【司郎】です。 実はこの【司郎】と【美沙】はお互いが初恋の相手だという関係になっているのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 そんな三人が集まって、誰が真のナンバーワン女優かと言う話になりました。 【美沙】は大して興味の無い事なのですが、ナンバー2、3に甘んじてしまっている【奈帆】と【未亜】はその話に興味津々です。 【奈帆】の提案で、冴えない1人の男を相手役に指定して、それで2時間枠のドラマを撮影し、裏番組で放送し、視聴率が一番高かった女優がナンバーワンだと言う話になりました。 続き…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 物語は、若手トップ女優の3人である【美沙】と【奈帆】と【未亜】の三人が一堂に会する所から始まります。 三人は同期でもあり、ライバル同士でもありました。 3人で比べると【美沙】がやや頭1つ分出ているのですが、他の2人がトップになろうと日々、【美沙】の座を狙っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 とりあえず、主人公の名前が【遠山 司郎(とおやま しろう)】で、ヒロインが【藤田 美沙(ふじた みさ)】、【美沙】以外の若手トップ3の女優が【梅木 奈帆(うめき なほ)】と【小松 未亜(こまつ みあ)】と言う名前にしました。 これ決めるだけでかなり時間を使ってしまいましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日は朝と十時の休み時間で41番目の【読み切り小説】の【冴えない僕が……】のメモを取りました。 昨日からの予想通り、キャラクターの名前を考えるのに手間取ってあまり進みませんでしたね。 続きます。

続きを読む