この後の予定

この後の予定ですが、番組を見て行きます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)030

 自分は何がしたいのか、何をするべきなのか、何を守りたいのか、何も解らない。  そう、自分には何も無いのだ。  生きて苦しむか、死んで楽になるか、キャリアにとっては等価値だった。 「仕方ねぇ……お前に希望を作ってやる。この結界、お前も張れるようにしてやる。一日に四時間だけそのエンジェルハイロゥから結界を張れるようにしておく。四時間ぶっ続けでも、二時間ずつでも何でも良い、休みたい時、四時間だ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)029

第三章 仲間 「はぁはぁ……くっ……」  傷口を押さえながらうずくまるキャリア。  ここまで連戦につぐ連戦で疲労もピークに来ていた。  精神的にも限界でこのまま殺されてしまおうかとも考えていた。  だから、襲って来た使愚魔の群れにも無抵抗でなすがままにダメージを受けていた。  それを見かねてか、突然、現れたFが使愚魔の群れを一掃し、結界を張った。  ここには、使愚魔は入って…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)027

「バカはあんただったようね」  苦しむセイバースの背後から悪魔の翼による斬撃を喰らわせる。  セイバースは真っ二つとなり胴と腰が切り離された。  トドメとばかりに、赤い翼の羽根を無数、彼の全身に突き立てる。  セイバースはそのまま絶命した。 「ふぅ。……ちょっとは休ませてよね」  キャリアは戦いの影響で倒れた木の切り株に腰をおろした。  が、続けざまに、新たな刺客が顔を出す。  …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)026

「くっ、しつこい男は嫌われるわよ」 「だまれ、悪魔女め、天に代わって成敗してくれる」 「私は天使でもあるのよ」 「貴様は天使などではない。穢れた悪魔だ」 「天使よ」 「悪魔だ」  キャリアは天使でもあり悪魔でもある。  どちらにも認めて貰いたいのにどちらからも認められない。  そういう心の傷の痛いところをセイバースはついてきた。  カチンと来たキャリアは容赦がない。  テネブ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)】となります。 6日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 休日の早朝はもちろん【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第002話のシリーズを作る予定です。 主人公の吟侍とヒロインのカノンは勘違いの力(ミステイク・フィルタ)を持つ第一本体クアンスティータ・セレークトゥース、矛盾の肯定の力を持つ第二本体クアンスティータ・ルーミス、唯一の技術の力、オンリーテクノロジーを持つ第三本体クアンスティータ・レクアーレ、あり得ない奇跡の力…

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 ですが、どうせ、兄に番組を見せながらの作業なので時間がかかっていますから、兄がテレビを買う7月までに終わらせれば良いかな?と思っています。 その後でまた16番目から【読み切り小説】を作って行こうかな?と思います。 これなら、そこから9日間の作業では無く、5日間の作業時間で完成するペースに戻せると思いますので。 と言う感じで作って行こうと思います。 ちょっ…

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 いつもだったら、何枚かの紙のメモ(100ページ完成小説の場合は10枚)→パソコンでのメモ(100ページ完成小説の場合は60数ページ)→清書(100ページ以上)と言う順番で作るのですが、パソコンでのメモ(100ページ完成小説の場合は60数ページ)をすっ飛ばして、いきなり清書をしようと思っていますので、いつもより作るのに時間がかかるかも知れませんね。 考えながらやるので、一日…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 それが、終わったら、16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】をやろうと昨日まで思っていましたが、多分、バイトでの紙のメモも進むでしょうから、先行して、45番目の【読み切り小説】の【ブラックパレスダークキャッスル】の清書を先にやろうと思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日の火曜日は午前中はバイト、午後は制作として15番目の【読み切り小説】の【リトル・サン―小さな万能神―】の再チェック修正を半分だけやります。 続きは木曜日です。 来週も土日は休みですので、土日の平日で【リトル・サン―小さな万能神―】の再々チェック修正をして、完成にまで持っていきます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第002-02話(第五本体クアンスティータ・リステミュウム編その2)が完成したのでノルマ達成です。 後は、前の水曜日と作業予定を交代したので、今日は一日番組を見ていきます。 昨日も所用で席を外していたので、番組は更に貯まっています。 どんどん見ていかないと行けませんね。 続きます。

続きを読む

おはようございます9

続きです。 とりあえずは、【リステミュウム編】だけを終わらせようと思っていますので、このまま、コツコツ、休日に早起きして制作して、第002-13話まで作って行こうと思っています。 まずは、三大ボスの一角、リステミュウムを改心させる所から始めないと行けませんからね。 なぜ、リステミュウムがグランド・スタートで未来の世界を壊滅状態にしたのか? それを探るシリーズとなりますね。…

続きを読む

おはようございます8

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】ではラスボス、クアンスティータを倒す事が目的ではありません。 クアンスティータに力を捨てさせて最強の座を引退させれば済む話なのです。 倒せないなら嫌われない様にすれば良い。 それがこの物語の解決方法ですね。 と言うのを描くのがファーブラ・フィクタ編のクライマックス編となります。 続きます。

続きを読む

おはようございます7

続きです。 【答えの力】もレベルが存在し(ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)では主人公【和諷 稀義(わふう まれよし)】の手によってレベル7まで登場する予定です)、吟侍はどこまで行ってもレベル2止まりです。 そのため、【謎の力】などに勝つ事は出来ません。 それでどう対処するかがこの第一シリーズ【ファーブラ・フィクタ1/ファーブラ・フィクタ】の肝になりま…

続きを読む

おはようございます6

続きです。 これで、第五本体クアンスティータ・リステミュウムより第六本体クアンスティータ・レアク・デの方が、第六本体クアンスティータ・レアク・デより第七本体クアンスティータ・テレメ・デの方が恐ろしい力を持っていると言う事が表現されます。 リステミュウムとレアク・デの場合、解答用紙が存在している限り、【謎の力(静)】より【謎の力(動)】の方が意外に早く見つかると言う場合もありますが、テ…

続きを読む

おはようございます5

続きです。 そして、テレメ・デの【出鱈目の力】は、そもそも【答えが書かれている解答用紙】そのものが存在しない。 無いものは絶対に見つけられない。 解答用紙を偽造して作る以外には。 と言うものになりますね。 続きです。

続きを読む

おはようございます4

続きです。 リステミュウムの【謎の力(静)】は、【答えの書かれている解答用紙】を何処かに隠された状態、レアク・デの【謎の力(動)】は、【答えの書かれている解答用紙】を何処かに隠されているのですが、ちょこちょこ、隠している場所を移動させて居る状態と言う事になります。 つまり、リステミュウムの【謎の力(静)】は、何かヒントがあれば、それを見つける事が出来ますが、レアク・デの【謎の力(動)…

続きを読む

おはようございます3

続きです。 リステミュウムの【謎の力(静)】の解明が出ると言う事はセットでレアク・デの【謎の力(動)】とテレメ・デの【出鱈目の力】も出てくる事になるのですが、どうやって表現しようかと思っています。 前にもブログで似たような事を書いたはずですが、解答用紙を例に説明するとは思いますけどね。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】のファーブラ・フィクタ編に入る前に、【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】が主人公のウェントス編と【カノン・アナリーゼ・メロディアス第七王女】が主人公のアクア編でもちょっとずつ、リステミュウムの【謎の力】については触れて来ているのですが、本格的な解明編はこのファーブラ・フィクタ編の第002話のシリーズ(第002-01話から第002-13話まで)の間で行う予定…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝、2時から起きて作業をしています。 おかげさまで、【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編の第002-02話(第五本体クアンスティータ・リステミュウム編その2)も完成しました。 【リステミュウム編】では、【謎の力】の秘密にもある程度迫ろうと思っていますが、どのタイミングで出すか?をちょっと悩んでいる所ですね。 続きます。

続きを読む