この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)035

 キャリアは池で顔を洗って、ボンドボールを一つ差し出した。  怯えている姿が自分にダブったのだ。  どうせ仲良くするなら、こういう相手が良い――  そう思った。  戦力としては全然頼りないが、心の安らぎは与えてくれそうだ。  そう思った。  猫神の女の子は恐る恐るボンドボールを手にした。  すると、 「あちしの名前はキャトラ。にゃかまにしてくださいにゃ」  と言った。  どう…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)034

 フッと見ると、物陰に誰か隠れている。 「誰?」 「ひっ……殺さにゃいで……お願い」  見ると、気の弱そうな獣人らしき女の子が震えていた。  猫の獣人、猫マタ、化け猫、そう言った類だろうか。  だが、何故、聖なるルーメンに?  正解は獣人ではなく猫の女神だった。  神話によっては獣の神も存在する。  彼女は猫の神でもあった。 「名前は?」  キャリアは訪ねる。 「お願い………

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)033

 ローの攻撃を避けながら考える。 「神の為、礎となるがよい下郎」  が、仲間にするには性格の不一致が感じられた。  仲間に出来るとは言っただ、一緒に居て楽しくない者と一緒に居ても苦しいだけではないか。  どうせなら、一緒に居て楽しい、安らげるような相手と一緒にいたい。  そう思うのだった。  だから、目の前の相手、ローはそれには不適格者だ。  もっと、好きになれる、友達になりたいと…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)032

 たっぷり四時間結界を張ってしまったから今からまる一日は結界が張れない。  それまでは生き延びるしか無かった。  次なる敵がすぐそこまで迫っている。  結界を張っている内にテネブライからまたルーメンに移ったようだ。  次の敵は聖者ローだ。  生前、救世主と崇められた偉大な男がキャリアの前に立ち塞がる。  キャリアは手元に残された6つの珠、絆玉(ボンドボール)を見た。  Fは言った―…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)031

「そんなのを産みだして何がしたいの」 「この世界の為に犠牲になった娘の代わりにこの世界を好きな様にさせる……それだけだ。他に他意はねぇ」 「悲しい瞳……不幸なひと……」 「俺は人じゃねぇ。てめぇも同情なんかするな。まず、自分が生き残る事に集中しろ。じゃあな、また、気が向いたら見に来る」 「うそ……あなたは常に私を見ている……じゃなきゃ、すぐに助けに何か来れなかった」 「好きに思え」 …

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)】となります。 7日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として15番目の【読み切り小説】の【リトル・サン―小さな万能神―】の再チェック修正を半分までやって行きます。 明日の続きは木曜日にやります。

続きを読む

こんにちは14

続きです。 ただし、これは諸刃の剣の様な所があり、叩き方によっては敵が逆に強くなってしまうかも知れないと言う危険性をはらんでいます。 そんな危険な武器を持って【ガル】が戦うと言うシーンを描いた所で一旦メモを止めようと思っていますが、明日まででも終わらないかも知れませんね。 これが【ベルセルク】に近すぎず遠すぎない微妙な距離を持ったイメージの作品になる【ブラックパレスダークキャッ…

続きを読む

こんにちは13

続きです。 この剣は敵を斬る剣では無く、敵をぶっ叩く剣であり、叩く度に敵と剣は姿形が変質して行きます。 これは敵のゲノムが編集されて、全く別の生命体になっているのです。 これを繰り返し、敵が変化に耐えられなくなって絶命すれば倒した事になります。 剣の方もある程度形が固まってしまったらナマクラになってしまいます。 そう言う剣です。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 そこで、【ティラミス姫】達が城の侵略者である【レミアム】と言う女から逃げてきた隠し通路を通って、【ガル】を城内に案内しようとしますが、既に【黒化(こっか)】が進み、城はタイトルにもある【ブラックパレスダークキャッスル】となりつつあり、迷宮と化していました。 そこで、最初の敵となる【黒の異形】が登場するのですが、【ガル】が取り出した武器はまるで何かの物体にモザイクをかけた様…

続きを読む

こんにちは11

続きです。 【ティラミス姫】達は【白き神】の信徒であり、【ガル】は【色の神】の力を受け継ぐ者であるという事から、協力してくれるのでは無いかと言う事になり、探していたのです。 【ガル】も【黒き神】、そしてその配下に当たる【黒い異形】達に借りがあると言う事で協力してくれると言う事になるのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 その後、【白き神】と【黒き神】が覇権を巡って争って【白き神】は【色の神】の力を借りて【黒き神】を八つ裂きにして封印します。 その上に八つの白が出来、そこから8つの王国が出来ました。 それが【ルバイバサ王国】を含む8つの王国です。 【色の神】はその後地の果てに消えました。 と言うのが本当の【神話】となっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【ルバイバサ王国】は【白の信仰】として【白の神】を信仰しています。 【白の神】とは【神話】の時代、【黒の異形】、【色の異形】、【無の異形】を倒したと言う伝説があるのですが、それは表向きの【神話】で、原本となる【神話】は【無の神】を倒すために、【白き神】と【黒き神】が協力し、【黒の神】から色を分解し、複数の【色の神】を産み出しました。 そして、【白き神】と【黒き神】と…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【ティラミス姫】の覚悟を知って、【ガル】は彼女から何があったか聞くことにしました。 と、ここまでが今日書いたところまでですね。 3枚目弱と言ったところですかね? この後の展開としては、【ティラミス姫】の口から【ルバイバサ王国】に何があったかを聞いて、城に乗り込んで、そこで現れた最初の敵、【黒の異形】の1体を【ガル】の最初の武器である【バグソード】別名【ゲノム編…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 ですが、【ガル】は依頼料が安すぎるとして断ります。 お前の城はそんなに安いのかと突っ込みます。 【ドーソン】は【ガル】の態度に激高しますが、それを【ティラミス姫】が制止して、自らの長い髪をばっさりと切って、【今はこれしか……そなたが城を取り戻してくれたならば私は全身全霊をもってあなたに尽くそう。私の髪はその証だ。これでも安いか?】と言って再度依頼しました。 こ…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 ですが、何とか【ガル】が誰かの依頼を受けて旅立ったと言う事を聞き出します。 そのまま、顔も知らない【ガル】を追ってそれらしい男に【そなたが【ガル】か?】などと聞いて回ります。 幸い、【ガル】本人が、【ティラミス姫】の前に姿を現します。 そして、【奪われた城】を取り戻す様に依頼します。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【ティラミス王女】達は【ガル】と呼ばれる男を探してその【酒場】を訪れましたが、荒くれ者達に絡まれます。 それでも気丈に対応し、【ガル】と言う男が何処に居るか訪ねます。 荒くれ者達は【ガル】の名前を聞いた途端に厄介事に巻き込まれたくないと思い、態度が急変します。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 予定では、主人公の【ガル】が【バグソード】と言うアイテムで敵である【異形】を倒す所まで書きたかったのですが、全然、そこまで行きませんでしたね。 メモとしては物語は【ウォーデス大陸】と言う8つの王国が統治する所が舞台で、8つの内の1つ、【ルバイバサ王国】の第二王女、ヒロインでもある【ティラミス】がお供の【ドーソン】と共に、荒くれ者がたむろしている【酒場】を訪れた所から始まり…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 朝と十時の休み時間では、45番目の【読み切り小説】の【ブラックパレスダークキャッスル】のメモを取る事にしました。 先週の段階で、43番目の【読み切り小説】の【HINPU(ヒンプ/貧富)】のメモが終了していたので、本来であれば44番目の【読み切り小説】の【フロム・ホワッツ?~何、これ?】のメモを取る所ですが、【ブラックパレスダークキャッスル】の方を序盤の分だけ先に書く事にし…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今回はデジタル時計にしましたね。 買った決めては10年間電池が持つと言う言葉です。 帰ってきてから時計あわせなどもしていたのでその分、更新の時間が遅くなりました。 バイトでは朝はWさんと腕時計が遅くなっていると言う話と仕事の話などをしていたので、その分、メモが取れませんでしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトですね。 今日はバイトが終わってから腕時計を買いに行きました。 仕事では携帯禁止なので僕はスマホの代わりに腕時計を持っていって居るのですが、その腕時計の寿命が迫っているみたいなので買うことにしました。 先週の金曜日の時点では10秒間に秒針6回しか動かない状態(それでも一応時間は合っています)でしたが、今朝の状態だと10秒間に5回、つまり2秒…

続きを読む