この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)055

 彼女は歌う事により、強力な仲間を召喚出来るタイプの聖女だったのだ。  一度に100名までしか攻撃に参加出来ないというので有れば、パレスが歌う事によって、いくらでも100名以内で仲間を送り込めるのだ。  彼女の余裕の表情にはそういう秘密があったのだ。  それでも経験を積んだ、キャリア達は新たな刺客を全滅させたが、そこで、また、パレスが歌い、更なる刺客を召喚した。  それも倒しても、さらに…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)054

 だとすると、彼女の仲間のつまらなさが逆に不自然だった。 「ららら………」  パレスは歌い出す。  天使が歌ったかの様な美しい美声だ。  歌詞は無いが、半分天使であるキャリアがどういう歌なのかは理解出来た。  神に不甲斐ない仲間の代わりに頼りになる仲間をお与え下さいという祈りの歌だ。  すると、倒された、パレスの仲間の遺体が全て消滅した。  代わりに見るからに先ほどの仲間までとは実…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)053

 それを信じて彼女は今日も戦いを続ける。  そんな、彼女とキャトラの前に立ち塞がった刺客は聖女パレスだった。  よっぽど、自信があるのか、彼女の仲間は十把一絡げの雑魚ばかりだった。  案の定、あっという間に片付けた。  残すは彼女一人のみだった。  今まで戦って来て一番手応えの無い敵だった。  だが、それに対して、パレスの顔は余裕だった。  倒されてもどうという事もないという表情だ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)052

第五章 VS聖女パレス VS魔女ジュジュ  キャトラとフォールから聞いた神と悪魔の事情はショックだった。  自分の手に負えるようなレベルではないと絶望感がキャリアを襲う。  だが、そのまま絶望感だけに支配されてむざむざと殺される訳にはいかない。  それに僅かだが希望もある。  Fが与えた力だ。  彼は彼女に生き残るギリギリの力を与えている。  だから、苦しみはするが、彼女に…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)051

 どこまでが夢で何処までが現実かも解らない。  並の人間だったらとっくに発狂しているだろう。  終わることのない無限の戦地獄(いくさじごく)――  彼女はそのまっただ中にいるのだ。  そして、彼女は起きて戦い始める。  悪夢は終わらない。  いつまでも……いつまでも……

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)】となります。 11日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日、明後日の予定ですが、早朝に起きて【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第002-03話(第五本体クアンスティータ・リステミュウム編その3)を完成させて、日中の作業で、15番目の【読み切り小説】の【リトル・サン―小さな万能神―】の再々チェック修正をして完成させます。 残り時間は大分貯まっていますので番組を見ていきます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 それで【読み切り小説】のメモですが、50番目で一旦、ストップしようと思っていますね。 ちょっと紙のメモを作り過ぎていて、パソコンのメモも出来てないのがたくさんありますし、清書なんて、まだ、15番目(22番目と25番目は先行して作りましたが)までしかやってないですからね。 ちょっと貯めすぎなので控えようと思っています。 しばらくは雑談とかして時間を過ごすかも知れ…

続きを読む

こんにちは9

続きです。 それで、何となく、買わなきゃ行けない雰囲気になって買うのですが、そんな感じで給料をそれに費やすので、部屋の中は【オススメマン】に勧められた物で埋め尽くされると言う事になりますね。 そんな不幸女子の物語になる予定です。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 タイトルは【オススメマン】ですが、主人公は【オススメマン】の被害者である女の子という事になりますね。 物語では、その商品などが如何に素晴らしいか、【オススメマン】が語っていく事になりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 47番目の【読み切り小説】の【オススメマン】は主人公の女の子は嫌と言えない女子で、そんな彼女に【オススメマン】と呼ばれるキャラクターが色々とお勧めして来て、何となく良い物の様に思えてつい、買ってしまうという物語にしようと思っています。 【オススメマン】の性別は男性にしようか女性にしようか迷っていますが、多分、1人じゃないという事にしようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 つまり、【わらしべ長者】の様に、どんどん育てる選手を交代しながらだんだん女子王者になる選手を育てて行くと言う物語になりますね。 魔法格闘技というのは魔法の様に放つ訳ではないのですが、拳や蹴りなどに属性を持たせる事によって、例えば火の属性を持つ選手には水の属性の打撃をしたらより強いダメージになるみたいな感じでやって行こうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 それで、育てて行く内に育てた選手が女子魔法格闘技で良い成績を収めますが、その選手が増長して、他のトレーナーの元に行ってしまいます。 その代わりに他のトレーナーに捨てられた選手を育ててもっと良い結果を出して行くと言うストーリーになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 実際にメモを取るのは来週の月曜日に下準備を作った後になるので多分、火曜日くらいになるとは思うのですが、【わらしべ王者】はトレーナーの話で、元男子魔法格闘技のチャンピオンが主役の物語にしようと思っています。 引退して、トレーナーになっていたのですが、育てていた女子選手と喧嘩して、他の選手を育てているトレーナーとトレードする事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 なので、短めの話を考えるイメージでタイトルを思いつきました。 46番目の【読み切り小説】は【わらしべ王者】、47番目の【読み切り小説】は【オススメマン】と言う事で落ち着きました。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ですが、46番目と47番目の【読み切り小説】をどうするかでタイトルと大まかな内容を考えていましたね。 書く時間は全然無かったですけどね。 46番目から50番目までは40ページ完成小説になるので、メモの枚数も6枚と言う事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 今日も助っ人と定位置の二足のわらじでしたね。 今日のメモはいつもの人達に見せるための今まで作ったのとこれから作る予定の【読み切り小説】を仕分けしてタイトルを書いて行きましたので、取っていません。 続きます。

続きを読む