追伸5

続きです。

物語のタイプとしては【君のための物語】や【引き出し物語ドロワー・ストーリー】の洋に最初は同じシーンからスタートして分岐していくというスタイルを取ろうと思っています。

単独で【読み切り小説】として読むこともシリーズものとして読むことも出来る様に考えていますね。

続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント