この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)025

 キャリアは結界を早めに解くことにした。  もし、Fからの刺客が途轍もなく強かったならば、一定の距離を取ったり、考えるための休息が必要となる。  制限時間いっぱい使い切ってしまったらその手も使えなくなる。  次に解放されるのはルーメンだ。  とすれば、パートナーはキャトラという事になる。  頼もしくなって来たとは言え、まだまだ、フォールに比べると、つめの甘い部分も多い。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)024

 その成功例である、デクシア(右)、アリステラ(左)姉妹、  プリュス(+)、モアン(-)姉妹、  プラーミァ(炎)、リョート(氷)姉妹が相手になると言う。  どの存在をとってみても、クアンスティータという大きすぎる存在からこぼれ落ちた存在であると言える。  生まれてもいないのに、たくさんの存在を生み出す元となっていて、様々な影響を与えているクアンスティータ――  考えれば考える程、現…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)023

 チグウ族、ツェヴァ身族、シェアスール族、ワサト永族と呼ばれる神話前紀の四大種族との戦いが終わった後は、ツイン・シスターオペレーションの三大成功例との戦いが待っていると告げられた。  ツイン・シスターオペレーションとは、神話の中で最強の双子と呼ばれるクアースリータ、クアンスティータにあやかって、性質の違う双子を作りだそうというプロジェクトの事を言う。  クアースリータとクアンスティータを真似…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)022

 森羅万象を司るとされていて、エアラッハ(春)、サウルー(夏)、フォーワル(秋)、ゲブルー(冬)と言うらしい。  これまで、進化石として復活した三種族が相手だった事を考えると次の刺客も予想出来た。  最後の四種族目となるワサト永族(わさとえいぞく)だ。  生殖活動をしないこの一族は数を増やす事のない永遠の存在と呼ばれていて、一族は経った七名とされている。  刺客としては族王(ぞくおう)で…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)021

 刺客となるのは、ラヴァン(白)、シャホール(黒)、アドム(赤)、カホール(青)、サゴール(紫)、ヤロック(緑)、ツァホーヴ(黄色)、フム(茶色)、アフォール(灰色)、シャニ(緋色)という。  色で分別されており、クアンスティータにはこの色のイメージが活かされているらしい。  このツェヴァ身族を倒しても終わりではない。  次なる刺客が更に用意されている。  刺客の名前は、シェアスール族と…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)】となります。 5日目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、すみません。 制作の予定でしたが、中止して番組を見ます。 見ていない番組が全然減らないので、見ないと洒落になりません。 このままでは7月から通常制作ペースに戻せなくなりますので、今の内に少しでも減らしたいと思います。 制作の続きは来週の火曜日を予定しています。 と言う訳で申し訳ありませんが、制作ペースが少し遅…

続きを読む

紙のメモ

紙のメモを書いた状態でまだパソコンでのメモが済んでいないものは添付したものくらいあります。 つまり、ものすごくあるという事ですね。 目眩がしそうなくらい残っているので後の作業が大変です。

続きを読む

こんにちは15

続きです。 この後はだんだん巨大な何かが関わってくる事件へと発展して行く予定ですが、それについては来週以降にメモを取る事になると思います。 今週の紙のメモはここまでになります。 と言う所でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは14

続きです。 夜の公園の茂みで、カップルがイチャイチャしていたところ、巨大な何かに襲われると言う事件が起きます。 暗かったため正体はよくわかりませんでしたが、体長5メートルを超えるものでした。 【忠光】の所属する【オカルトサークル】はその怪事件の調査に出ることにしました。 と言う所まで書きました。 続きます。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 そんな彼も成長し、大学生になりましたが、【シード星人】の少女と遊んだ思い出から、彼は、【オカルトサークル】に入りました。 また、それとは別に事件が起きます。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 【シード星人】とは、自らの身体で別の命を作り、無機物などに与える事で生命体を作る能力がある宇宙人です。 【忠光】は昔、【シード星人】の少女が、ぬいぐるみに命を与えて一緒に遊んだ思い出があります。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 49番目の【読み切り小説】の【巨塊(きょかい)ビッグ・オブジェクト】のメモの内容ですが、この物語は怪獣映画の様に巨大な何かが暴れまわって人類にパニックを起こさせると言う物語になります。 主人公の名前は【峰田 忠光(みねた ただみつ)】と言う少年です。 彼は幼い頃、【シード星人】の少女と友達になった事があります。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 そんな【ポイさん】と愛娘のほほえましい親子関係と、必死に【ポイさん】を探すけど、いつも煙に巻かれて見つからないユーザー達のすれ違いストーリーという事になりますね。 と言う所でノルマの6枚目に達しましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 なぜ、【ポイさん】がこの様に凄いかと言うと、何千億人の1人の確率で、バグが生じていて、【レベルマックス】を遙かに超えるステータスが割り振られているのです。 つまり、【レベルマックス】が仮に【レベル9999】だとすると、【レベル10億】とか【レベル100億】の力が割り振られているのです。 まさしく異次元の力なのですが、【ポイさん】自身は全く気付いていません。 ち…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 そのプレイヤーキラーには超多額の懸賞金がかけられていて、【ポイさん】からプレイヤーキラーを預かった素人プレイヤーはおったまげる見たいな感じのイベントもあります。 この様に多くの分野で、【ポイさん】の名前が挙がってくるのです。 ユーザー達は「【ポイさん】って誰だ?」と探し始めますが見つかりません。 【ポイさん】は何かをするとすぐに移動するため、見つからないのです…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そのアイテムを作り出したのは誰だ?と言う事になり、それが【ポイさん】制作のものだとわかります。 他にも討伐不可能とされたプレイヤーキラー達を「うるさい、今、取り込み中だ」と言って一発KOし、役所に突き出すのが面倒なので通りすがりのプレイヤーに、「悪いが、ワシは今、忙しい。代わりにこいつらを役所に突き出しておいてくれんか?」と譲ります。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 ところがフリーマーケットで安く【ポイさん】のアイテムを仕入れた素人プレイヤー達が別の店で仕入れたアイテムを売ろうとしてその査定金額に驚きます。 例えば、剣、一振りで城が2、3個買えてしまう様な値がついたのです。 それからフリマでとんでもない掘り出し物が出回っているという噂になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 まずはアイテムの作成から名前をあげます。 陶芸や工作感覚でアイテムを作り、それをフリーマーケットに展示して安価で売り、売り切れたら店をたたみ、別の店を出店すると言うのを繰り返します。 その様な感覚ではした金を得て行動資金にしていました。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 また、ネットの方でも「【ポイさん】を探せ」とばかりにムーブメントが起きますが、【仁乃助】が自分を【ポイさん】だと自覚していないため、ネットで【ポイさん】の名前が出る度に【ポイさん】にあおられていると感じてますます嫉妬します。 自分の凄さを全く自覚していない【ポイさん】の仮想世界【ドリーマー・ワールド】での活躍は目を見張る物があります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 飼い猫が【ポイさん】とつけたため、【仁乃助】も娘も【ポイさん】の正体に気付いていないのです。 そして、自分自身に嫉妬して【ポイさん】は「ぐぬぬぬぬぬ……」と歯ぎしりします。 それからよりよい物を作っては「これじゃ奴には勝てん」とすぐに止める事を繰り返して行くことになります。 そんな本人と娘が自分の正体に気付かないと言うちぐはぐな関係になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 【ワールド・ドリーム】は主人公である【ポイさん】に対して反抗期まっただ中の愛娘は「そんなだからパパは駄目なのよ。少しは【ポイさん】の爪の垢でも飲んだら?」と言いました。 【ポイさん】こと、【東尾 仁乃助(ひがしお じんのすけ)】はもちろん、【ポイさん】が自分の事を言っているとは思っていません。 娘も憧れの【ポイさん】の正体が自分の父親だとは夢にも思って居ません。 …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日の会話はいつもの人以外は愚痴祭りでしたので、あえて書きません。 誰かに対する不満を僕が聞いていたという話なので、書いても仕方ないと思っていますので。 それで、いつものメモですが、48番目の【読み切り小説】の【ワールド・ドリーム】がノルマの6枚目まで達したのと、49番目の【読み切り小説】の【巨塊(き…

続きを読む