この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)045

 だが、Fの口から聞かされた真実は違っていた。  圧倒的過ぎるクアンスティータという存在のカリスマ性に惹かれて勝手に組織された集団であるというのが今の認識だ。  クアンスティータという途轍もなくでかいブランドがもの凄い数のファンを取り込んだ。  そして、クアンスティータに害する者を処分するために動いている。  それが、クアンスティータ・ファンクラブだ。  圧倒的過ぎる名前に群がり、好き…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)044

 クアンスティータに対する恐怖心はこの偽クアンスティータ達が築いていると言っても過言ではなかった。  噂では偽クアンスティータとは10種類存在すると言われている。  その偽クアンスティータ達はキャリアの故郷である、地球上でも存在する生物の要素を取り込んでいると言われている。  キャリアはファーブラ・フィクタ星系にたどり着くまでの間に偽クアンスティータ達が先頭になって組織しているクアンスティ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)043

 居るはずのない存在。  そうは思うが、神や悪魔の上層部の異常で神経質なまでのこだわりは本当に居るのではないかと思えてしまう。  ママとはこのクアンスティータが母親を求めているという事なのか?  考えただけでもゾッとする。  クアンスティータが実在するのであれば、その脅威はこれまでの神や悪魔の軍勢達の比ではない。  絶望的なまでの圧倒的な力の化獣。  クアンスティータとはそういう存在…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)042

 三人は改めて考える。  フォールが何かを思いつく。 「お前につきまとっているFという男、それは関係ないのか?」 「関係ないと思うわ。私の事をまるでゴミでも見るかのように見ている男だもの。私との間に子供をもうけるなんて思わないと思うわ。無理矢理手籠めにでもされない限り、私の方からアプローチをするなんて考えられないし」 「あの男は執着しているんだろ、あの化獣(ばけもの)の事を……それとは関…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)041

 では将来において、フォールあたりとの間に子供を作るという事か?  いや、違う。  それはないだろう。  フォールは仲間だが、彼との間に恋愛感情はない。  先の事は解らないとは言え、彼との間に子供を作るというイメージは湧かなかった。  【元のママ】という意味ではどうだろう?  これも全く意味が解らない。  悩んでいると、フォールが 「一人で悩んでいてもしかたあるまい。何かあるなら…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)】となります。 9日目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として、45番目の【読み切り小説】の【ブラックパレスダークキャッスル】の清書を27ページ目まで書き進めます。 明日の続きは土日の休みでやる予定です。 土曜日の作業で35ページ目まで日曜日の作業で42ページ目まで書き進めて残り時間は番組を見ようと思っています。 6月いっぱいで兄に番組を見せるノルマ…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【読み切り小説】としては、40ページしか無いのでこの戦いが【忠光】と【美典】側が勝利して、【実】がいずこかへ逃げ去ると言う所で終了となる予定です。 と言う所まで書きました。 と言う事でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 それに対して、【美典】の協力を得た【忠光】達は巨大な女神像を動かして対抗します。 それから【実】が動かす神像対、【美典】が動かす女神像が戦う事になります。 事はそれだけに留まらず、巨岩や山、塔やダムなど巨大な物が次々と動き出して、大乱戦になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 犯人は【忠光】の幼なじみの【巻田 真一(まきた しんいち)】の友達、【菅原 実(すがわら みのる)】でした。 【実】は自分のやった事を【美典】のせいにしようとしていたのです。 正体がばれた【実】は自身の力を使って巨大な神像を動かし暴れさせます。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 それでも49番目の【読み切り小説】の【巨塊(きょかい)ビッグ・オブジェクト】のメモだけはしっかり終わらせました。 内容としては、巨大な何かを動かした犯人を追っていた主人公の【峰田 忠光(みねた ただみつ)】は幼い頃、ぬいぐるみを動かして遊んだ【シード星人】の【皆本 美典(みなもと みのり)】の協力も得て真犯人を突きとめました。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日は休んだ人が多かったので、他の所から助っ人が来ていましたね。 それで、他の所から来た人達の噂話などを話したりしていたので、メモの時間はあまり取れませんでしたね。 続きます。

続きを読む