この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)050

 すると、 「お前のエンジェルハイロゥ……そこには、偽クアンスティータを産み出す元が入っている。いっぺんに力を解放させてもお前の身体は耐えられない――だからこそ、お前は数々の死闘を通して、無理にでも出産に耐えうる身体を手に入れて貰わねばならん」  という答えが返ってきた。  キャリアの前世、それは、現在存在している偽クアンスティータを産み出した母体だったという。  偽クアンスティータを産…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)049

 それはFが結界内に現れた事によるものだった。 「気づいちまったか……何の根拠もなきゃ、結論には達しないと思ったが、母親の勘ってやつか、理屈は全く通ってないのに、僅かな繋がりをくっつけて、その結論から離れられなくなったってとこか……」  と言ってきた。 「な、何をしたの、私に」  キャリアはFに質問する。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)048

 クアンスティータの名前が広まる前の実力者として有名である。  本物のクアンスティータの父であれば、本物の真似をする偽者に対しては冷めた目で見るのも納得がいくし、それでも、我が子の名誉を守る役目を果たすのであれば、苦々しく思いつつも、偽クアンスティータという存在を認めるという事にも納得がいく。  本物ではない以上、父親は怪物ファーブラ・フィクタである必要はない。  要はクアンスティータをイ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)047

 どのような経緯で生まれたかというのは解っていない。  解ってはいないが、偽クアンスティータ達にも母親となる存在が居たのではないか?と推測出来る。  ファーブラ・フィクタ星系で育ったものであれば、母親から生まれていない存在も中にはあるというのが普通の常識としてあるのだが、地球育ちのキャリアにとっては母親とは必ず居るという考えがあった。  だから、偽クアンスティータの母親はどうしたのだろう?…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)046

 本物のクアンスティータとは神話の時代、ニナという名前の魔女が産もうとしたが、産めずに終わったとされている化獣だ。  なので、クアンスティータを産み落とす母親はニナという名前の女性であるという事になっている。  対して、偽クアンスティータはどうだろうか?  【偽者】であるのだから、本物と違い、母親は魔女ニナではない。  クアンスティータの関係者から正式に偽者と認定されたクアンスティータで…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)】となります。 10日目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 45番目の【読み切り小説】の【ブラックパレスダークキャッスル】の清書を27ページ目指して書き進めます。 ちょっとブログの更新に時間を使ってしまったので時間が足りないですが、7ページなら何とかなるかな?と思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。

続きを読む

こんにちは19

続きです。 そんな訳で、今日から、【恭精(きょうせい)編】と【踊詩(ようし)編】の紙のメモを取り始めようと言うことになりました。 ちょっと思いついたまま、書いたので少し支離滅裂になっているかも知れないのですが、そんな感じの事をやっていました。 と言う訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは18

続きです。 同じ様に【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】と【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】も予定を組んで行こうと思っています。 それを今朝考えました。  それで、後は【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】の本編の制作として【終主(しめす)編】の本編プロローグ(仲間キャラクターが登場する物語)は3話終わっていますが、【恭精(…

続きを読む

こんにちは17

続きです。 この【ファーブラ・フィクタ】と同じ様に、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】も作って行きますが、 【クエニーデ・クアンスティータ】がラスボスで、クアンスティータと同じ事をしても仕方ないので、【ファーブラ・フィクタ】の様にクアンスティータの本体を中心に話を構成するのでは無く、13核ある【本体】の上の3種類ある【しんたい(真体、深体、芯体)】を中心に物語…

続きを読む

こんにちは16

続きです。 【セカンドアース編】→クアンスティータが【芦柄 くあん】となるまでの物語で、第8本体から第13本体までが登場予定の物語でセカンド・アースが舞台、 【地球編】→【くあん】が主人公で地球での物語で【ファーブラ・フィクタ】シリーズ完結編 と言う様にこの先作る予定も決まっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは15

続きです。 第004話のシリーズ→第六本体クアンスティータ・レアク・デ編、 第005、007、009話のシリーズ→第七本体の従属側体編、 第006、008、010話のシリーズ→第七本体クアンスティータ・テレメ・デ編、 第011話のシリーズ→クアンスティータ終息編(【ファーブラ・フィクタ編完結】)、 続きます。

続きを読む

こんにちは14

続きです。 【ファーブラ・フィクタ編】第001話のシリーズ→クアンスティータ復活編、 第002話のシリーズ→第五本体クアンスティータ・リステミュウム編、 ――とここまでが現在作っているものになります。 第002-03話まで終わっていて、第002-04話から第002-13話までが同じ第五本体クアンスティータ・リステミュウム編となります。 この後も決まっていて、 …

続きを読む

こんにちは13

続きです。 第008話のシリーズ→第三本体クアンスティータ・レクアーレ編、 第009話のシリーズ→総全殿堂(そうぜんでんどう)編、 第010話のシリーズ→第四本体クアンスティータ・ミールクラーム編、 第011話のシリーズ→クアンスティータ・ゼロ編(ウェントス編完結)、 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 【ウェントス編】第001話~第003話のシリーズ→吟侍達が風の惑星ウェントスに着いてからクアンスティータが誕生するまでのストーリー、 第004話のシリーズ→第一本体クアンスティータ・セレークトゥース編、 第005話のシリーズ→12番の化獣(ばけもの)クアースリータ編、 第006話のシリーズ→第二本体クアンスティータ・ルーミス編、 第007話のシリーズ→偽…

続きを読む

こんにちは11

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】の全ての話の例を書いても仕方ないので、とりあえず、メイン主人公の【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】から養女となる【(元クアンスティータとなる)芦柄 くあん】が主人公になり完結するまでのストーリーを順を追って書いて行くと、 【グランドスタート】→吟侍達が冒険に出るまでのストーリー、 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 それに合わせて、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】も【ファーブラ・フィクタ1/ファーブラ・フィクタ】の様に作成予定を組んで作ろうと言う事にしました。 【ファーブラ・フィクタ】の場合は、全て、これから作る予定の話は作成予定として組んでいます。 …

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】では、【(ランク01)宇宙世界レベル】、【(ランク02)世界他外(せかいたがい)レベル】、【(ランク03)偉唯位場(いゆいば)レベル】、【(ランク04)何抜違至(かぬいし)レベル】の4つのランクを取り入れる事にして、【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】は【(ランク01)宇宙世界】から【(ランク13)名称不明】ま…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 そのため、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】は当初の予定より少し、スケールダウンして作る事にしようと思いました。 当初の予定では、【ファーブラ・フィクタ】では【(ランク01)宇宙世界レベル】、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】では、それより、上の【(ランク02)世界他外(せかいたがい)レベル】から【(ランク03)偉唯位場(い…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 作業を止めると言えば、【ファーブラ・フィクタ】もなんですが、【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】は、今までは未完結小説として終わりの無い形で作ろうと思っていましたが、【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】は別として、【ファーブラ・フィクタシリーズ】は、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】と【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)】と…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 作ろうと思ったら100作だろうが200作だろうが、時間さえ貰えれば作れると思うのですが、どこかで止めないときりがないですからね。 それに最初の方に作った【読み切り小説】とか内容を忘れてしまいますからね。 なので余力がある内に作業を止めようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 あんまり、【読み切り小説】ばかり量産しても対処に困るので、100作か、120作か、150作くらい作った時点で、一旦、打ち止めにしようかな?と考えているので、100作だったら、残り40作、120作だったら、残り60作、150作だったら残り90作はもっとスローペースで大事に作ろうと考えたりもしました。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 ですが、紙のメモを先行して作りすぎているので一旦、ここで【読み切り小説】はストップしようと思っています。 【読み切り小説】は、60作目までは段階を踏んでダンダン完成ページ数を少なくしている感じに作って、61作目からは、思いつくままにと言う感じではなく、もう少し丁寧に作って行こうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 バイトに出勤する前から今日は何を書こうか色々と考えたんですよね。 51番目の【読み切り小説】にしようかどうかとかもですね。 51番目から55番目までは30ページ完成小説にする予定なので紙のメモは5枚となり、更に早く完成してしまいます。 56番目から60番目までが20ページ完成小説で、紙のメモは同じく5枚として考えていて、ここまでを段階を踏んで、完成ページ数を落…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日の紙のメモですが、次に書く予定のものの下準備だけで終わってしまいましたね。 その次にやろうと思っているのは、【プハンタシア・クアンティタース本編プロローグ3話構成 恭精(きょうせい)編その1】から【その9】までと【プハンタシア・クアンティタース本編プロローグ3話構成 踊詩(ようし)編その1】から【その9】までです。 見ての通り、1枚書くだけで長いので朝と十時の休…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日のニュースで進撃の巨人の最終巻がトレンド入りしているのをしってちょっとびっくりしましたね。 そう言えば、昨日、本屋さんに買いに行った時も僕だけじゃなくて、前に会計していたお姉さんも僕の後ろのおじさんも最終巻手に持ってたなぁと思いましたね。 買うときは意識して無かったのですが、言われてみればそうだったなぁと思いました。 さて、今日もやっぱりバイトでした。 …

続きを読む