この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)055

 その三大超越存在の更に上、善悪をも超越した存在が居る。  その存在は神の上に立つ者という意味で【神上立者(しんじょうりっしゃ)】と呼ばれている。  最真神はこの神上立者を真似て神という概念を作ったとされている。  そのため、神にとっても近づくのさえ恐れ多いという存在になる。  悪魔や第三の超越存在にとっても目上の存在となる。  正に天の上の存在と言えた。  この16名の【神上立者】…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)054

第四章 天の上の存在  一方、消えたFは別の空間に現れた。  現れた場所は神ですら恐れ多いと近づかぬ究極の聖域と呼べる場所だった。  そこにはある存在がいた。  その存在を表現するのに神や悪魔から順を追って説明せねばならない。  光の惑星ルーメンに君臨する神御(かみ)も含めた神の軍勢の頂点は真神(しんじん)と呼ばれている。  その真神も含めた神という概念そのものを作ったとされ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)053

 少なくともFにはこの場を消えてもらいたい――そう思っていた。  その願いが通じたのか、Fは、 「急用が出来た。お前との話はまた後だ」  と言って、姿を消したのだった。  Fが去った後は、どっと疲れがでて、そのまま眠り込むのだった。  キャトラとフォールもキャリアの近くに居ながらFを前にして何も出来なかった。  圧倒的な力の前にただ、黙って見ている事しか出来なかった。  そんな二人…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)052

 それを見てFが更に告げる。 「出産と表現したが、実際には出産する訳ではない。お前はエンジェルハイロゥを維持する事に集中すればいい。母体ではもたんから、仮の母体となる媒体が必要となる。お前の場合それが、エンジェルハイロゥであるという事になる」 「私のエンジェルハイロゥはそんな事のためにある訳じゃない」 「お前の今のレベルではカヂの肉体すら傷つける事は出来ない。それでは、偽クアンスティータは…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)051

 今まで必死で生き抜いてきたのは自分らしく生きたいと思っていたからであって、偽クアンスティータを産むためではない。  神からも悪魔からも疎まれてきて今度は化獣の代わりを産み落とす道具として扱われる。  そんなのは嫌だ。  私は私らしくありたい。  キャリアはそう決意した。  だが、どう逆立ちしてもこのF(十中八九、この男は怪物ファーブラ・フィクタであろう)には勝てない。  無理矢理、…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)】となります。 11日目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 日曜日の続きは来週の土曜日を予定しています。 来週の火曜日と木曜日ですが、この日に作業をしてしまうと、水曜日に外出するので、番組がたくさん貯まりすぎてしまうので、来週の平日の制作はお休みさせていただいて番組を見ようと思っています。 ゆっくり目のペースは今月いっぱいを予定していて、来月からは出来るだけ今まで通りのペースの作業に戻したいと思っています。 そんな感じ…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日明後日はお休みですので、早朝の作業で【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第002-04話(第五本体クアンスティータ・リステミュウム編その4)を完成させるのと、土曜日の日中の作業で45番目の【読み切り小説】の【ブラックパレスダークキャッスル】を35ページ目まで清書して、日曜日の日中の作業で42ページ目まで清書しようと思います。 もっとやり…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【恭精】は【沙織】を冷酷に始末します。 その事を【まどり】に伝えると彼女は少し悲しげに微笑むのでした。 とここまで書きました。 これで2枚目の半分くらいです。 この話のノルマは9枚ですので後、7枚ちょっとありますが、続きは来週以降に考えようと思っています。 と言う事を書きましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【ミレファ】の恨みに対して【恭精】は全く心当たりがありません。 訳もわからず命を狙われる事になります。 ですが、【ポテンシャル・アンサー・リスト】の力の一端を使って真犯人である悪女を見つける事に成功します。 悪女の名前は、【横島 沙織(よこしま さおり)】と言い、ヒロインである【まどり】の親友だった女です。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 その【ポテンシャル・アンサー・リスト】を使って【吟侍】以上の成果を得るため、クアンスティータの後継者、【天下るクアンスティータ】を追い求めて行動しています。 そんな【恭精】は1人の女性と出逢います。 女性の名前は【ミレファ・ソードシラ】と言います。 【ミレファ】は【恭精】の事を仇としてつけねらっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 プロローグは【恭精】が仲間?を得るためのストーリーとなります。 【吟侍】より必要な答えとなる力を導き出す【答えの力】を得ますが、【吟侍】が使っていたレベル2(正答(せいとう)、類答(るいとう)、似答(じとう))のレベルには届かず、レベル1(近答(きんとう)と言う正解に近い答えを導き出す力)止まりで【吟侍】のものよりも精度が劣る力を得ました。 その【近答】を彼独自の力…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 それでも何とか【ファーブラ・フィクタ2/プハンタシア・クアンティタース】の【本編プロローグ3話構成 恭精(きょうせい)編】を1枚とちょっと分だけメモを取りました。 今日はこれがやっとです。 内容としては【ファーブラ・フィクタ】の主人公【芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)】の後継者の1人として選ばれた【恭精(きょうせい)】と言うダーティーヒーローが主人公の物語。 続…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りじゃなかったです。 良く遅刻する人が休んで、その人の代わりに無茶苦茶忙しい所に回されました。 体調が悪いとの事でしたが、いつもの事なので【嘘つけ】と思いましたが、やるしかありませんでしたね。 おかげで休み時間も圧迫して作業していたので、紙のメモがあまり取れませんでしたね。 続きます。

続きを読む