この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)040

 見ると、フォールの土刀がカヂの腕に傷をつけていた。 「………」  初めての傷をじっと眺めるカヂ。  傷つけられたのが初めてなので、多少驚いたようだ。  だが、カヂの強靱な精神は初めての事態にも動揺することはなかった。  そうなったらそうなったで傷を舐めた。  すると、傷ついた腕がすぐに元通りになった。  傷つけられたくらいで動揺するような存在が恐れられている訳はない。  この精…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)039

 辺りに緊張が走る。  ジリジリと間合いを詰めていくカヂ。  フォールはその間合いを詰められた分、引いていた。  まだ、自分の間合いではカヂにやられると思っているのだ。  それでもカヂは間合いを詰めてくる。  フォールが瞬きをした瞬間、動く。  カヂによる猛攻が始まる。  カヂの攻撃の影響で、空間が歪む。  カヂに空間を歪める能力はない。  カヂのパワーに耐えきれず、空間の方が…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)038

 キャリアに力を与えられた今でも彼の流儀は変わらない。  多数で少数を倒すというのを良しとはしない。  向こうが一名で来るのであれば、こちらも一名で対抗する。  バカだと言われようが何だろうが、それが、フォールの行動の全てだった。  居合いの構えを取るフォール。  同じ構えでも素人がいきなり達人になったくらいの違いがあった。  自分が自分ではないという感覚に包まれるフォール。  カ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)037

 全て、クアンスティータを強化したり、参考にしたりなどの関わりがある存在達だ。  クアンスティータが関わっているという事はただ者ではないという事でもある。  ヂグウ族のカヂが前に出る。  前の戦いでは全く相手にされて居なかった。  極限まで手加減をされて、それでも傷一つつけるに至らなかった相手だ。 「俺にやらせてくれ」  フォールが前に出る。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)036

 むしろ、ルーメン側、テネブライ側に勢力が別れてしまう、神や悪魔の軍勢の方が不利に働くことになる。  神と悪魔は是が非でも、神と悪魔の両方が成立する聖魔地帯の確保が重要となった。  それだけ、キャリアの勢力が増したという事になる。  神と悪魔の軍勢は慌てていたが、今相手をしている敵は神でも悪魔でもない。  怪物ファーブラ・フィクタが用意した進化石の四種族という事になる。  後には、ツイ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)】となります。 8日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組をします。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として、45番目の【読み切り小説】の【ブラックパレスダークキャッスル】の清書を65ページ目まで書く予定です。 残り時間は番組を見ます。 見ていない番組が三桁残っていて、2週間以上2話以上見ていない番組も出てきている状態なので、とにかく減らさなくてはと思っていますので、出来るだけ、番組を見る時間を確保し…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【ペンネーム】が多いのは表向き、【萌えキュンボスフェスティバル】に参加するのは恥ずかしいので使っていると言う事になっています。 と言う所までしか書けませんでした。 それでも8枚目の半分まで行きましたので、明日以降は残り1枚半で、2人目の【萌えキュンボス】、【パフォーム】について書いてこれも終わりとなる予定です。 と言う事がありましたがただいまです。 今日…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【ヴェランダ】は著名な【他存置換作家】として100冊以上の本で【他存置換】によって存在を分割させているキャラクターを物語に登場させています。 と言うことでそれを【踊詩】と【ニヌ】が取材をするというのが1つ。 2人目の【萌えキュンボス】として【パフォーム(ペンネーム)】と言う女性ボスを取材もします。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 それは本の様になっており、これを特定の存在に見せる事によって、【クエニーデ・クアンスティータ】は、第一本体から順番に誕生して来ると言う事になります。 それと同様に強い存在を複数の別の存在に置換して存在させる事を【他存置換】と言います。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 【他存置換作家】の【他存置換(たそんちかん)】とは【プハンタシア・クアンティタース】のラスボスの【クエニーデ・クアンスティータ】の誕生前の状態になっています。 【クエニーデ】は、誕生する前に【れうぃーぶちゃん(レウィーブ・クロルプ)】、【くあしすちゃん(クアシス・ウェーラエレース)】、【くいあちゃん(クイア・ントンスイ)】と言う3名のキャラクターになっています。 続…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 【ヴェランダ・テラス・ヴァルコニー(ペンネーム)】は【ヴェランダ】と【テラス】と【ヴァルコニー】と言う3つの存在になります。 その特徴を活かして、彼女は数少ない【他存置換作家(たそんちかんさっか)】と言う職業になっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 休み時間で【プハンタシア・クアンティタース本編プロローグ3話構成 踊詩(ようし)編】のメモを取りました。 内容としては、主人公の【稀生 踊詩(きにゅう ようし)】は同僚の【ニヌ・クォトヌァール(第四次女)】と共に、【萌えキュンボス】を発掘するために【新宇宙世界→世界混宇宙連(せかいこんうちゅうれん)】を探しに行きます。 それで、1人目として見つけたのが【ヴェランダ・…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 今日は助っ人に行きました。 助けてもらって感謝のかの字もない人間、自分のミスを棚に上げて文句を言う奴。 色々居ますがいつもの事です。 気にしても仕方ないので、マイペースで行きました。 ただ、休み時間も仕事を少ししたので、その分、メモを取る時間が削られましたね。 続きます。

続きを読む