追伸。

追伸。 【ヴァニタスの手記(カルテ)】の小冊子。 読ませていただきました。 何となく面白そうですね。 【真名(しんめい)】と【禍名(まがつな)】の設定も良いですね。 僕も【名前】と【力】を継承するってネタで、どこで使ったか忘れちゃったけど【ファーブラ・フィクタ】のどこかで使っていると思うので、共感も出来ます。 これは、7月からの放送は見るで決定っぽいですね。 …

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、小冊子を見てから番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ13

続きです。 最後に【13超神話編】となります。 【最強神話】を超える13の【超神話】について語っていく物語になります。 このシリーズをもって【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】も完結となります。 駆け足の説明になってしまいましたが、以上になりますね。 やっぱりちょっと13回じゃ足りなかったですね。 細かい所まで書く余裕が無かったですね。

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ12

続きです。 続いて、【頂点21話編】になります。 【最強神話】と同等の【神話】が他に20あり、その上に13の【超神話】があり、合わせた34の【神話】が伝説の【神話】となっており、他の【神話】にとっては憧れの存在になっています。 その内、21の【神話】の物語になりますね。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ11

続きです。 まず、最初の物語は【最強神話編】となります。 【最強神話】と言うのは仮名で、本当の名前は別にありますが、封印されているため、この名前がついています。 その【最強神話】の封印が解かれた物語を語って行くことになると思います。 続きます。

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ10

続きです。 と言う事を念頭に置いてもらって書くパートの説明をします。 まず、1話は序章になりますね。 今回の主人公は男性の【内義田 詠和(うちぎだ よみかず)】と女性の【内義田 詠和(うちぎだ えな)】が共存する話になっていますので、その馴れ初めの様な話を第一話に持っていこうと思っています。 それが終わってから、【ストーリーγ】の様に三部構成で3つの物語がスタートし、全3…

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ09

続きです。 最後に【ストーリーδ/グレイト・ミス(偉大な神話)】になりますが、これは【ファーブラ・フィクタシリーズ】が【1】から【3】までの世界観と【4】が異なる様に、【α】から【γ】までの世界観と【δ】の世界観は異なる様になっています。 大きな違いは【α】~【γ】は基本的に【キーアイテム】が中心に物語構成がされているのに対して、【δ】は【キーアイテム】を作る側の視点になる可能性があ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ08

続きです。 この様に基本的には【キーアイテム】は異なりますが、やっている事は同じ様な感じになる予定にはしています。 【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】は【ファーブラ・フィクタシリーズ】と異なり【何でもあり】と言うシリーズではありませんので、ある程度【制限】が付いています。 その制限を守ってのストーリー展開となりますので、物語のスケールで行ったら、【ファーブラ・フィクタシリーズ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ07

続きです。 タイトルの【オーバー・スリー】と言うのはこの物語で登場する【オーバー・ドール】にもかかっています。 それらを含めた序章が、1話分あり、その後、第二話から第十二話の11話で【ワールド・ツリー・ケース編】、第十三話から第二十三話の11話で【レリーフ・ゲート・ドア編】、第二十四話から第三十四話の11話で【エニグマ・シークレット・デザイン編】でそれぞれの話をやる予定なので、【スト…

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ06

続きです。 続いて、【ストーリーγ/オーバー・スリー】について書きます。 このシリーズは【ストーリーα】と【ストーリーβ】のキーアイテムが【ファンシー・フィクション・ドーム】と【ステアケイス・ヤード・ボックス】の1種類に対して、【ワールド・ツリー・ケース】、【レリーフ・ゲート・ドア】、【エニグマ・シークレット・デザイン】と言う3種類のキーアイテムが存在する物語になっています。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ05

続きです。 続いて、【ストーリーβ/スペシャル・スポーツ】ですが、これは、キーアイテムである【ステアケイス・ヤード・ボックス】を使って色んなオリジナルスポーツをする部活物になります。 なので、【ストーリーα】とは全く違った世界観となりますね。 主人公の【内義田 詠和】の性格も【ストーリーα】と異なり、自信に満ちた性格となっています。 第一話で、ヒロインの【澄芳 瑞仁(すみ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ04

続きです。 【シリーズ】全体の事はそれくらいにして、個別の物語について触れましょう。 まずは、【ストーリーα/ソウルメイト・レガシー】ですが、これは一旦、作ったのですが、ボツにして、またゼロから作り直しと言う事になります。 気弱な主人公【内義田 詠和】が5人の美少女と交流するのを描くのが第1話。 その後、第2話から第12話の11話をかけて【ファンシー・フィクション・ドーム…

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ03

続きです。 【ファーブラ・フィクタシリーズ】は、【宇宙世界】など、広い世界観を持っていますが、【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】では主に【能力】などによって広がる世界観と言う様な世界観で、元々は狭い世界観という事になっています。 などで、同じ【ファーブラ・フィクタ】の名前を冠していますが、全く異なる物語になります。 【ファーブラ・フィクタシリーズ】は全1990話なのに対して、…

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ02

続きです。 【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】の主人公、【内義田 詠和(うちぎだ よみかず)】の性格や能力の設定は【α】から【δ】まで全て異なります。 また、【ファーブラ・フィクタシリーズ】が一話あたり、20話から24話以上なのに対して、【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】は一話あたり、100ページ以上を基本としているため、作り方は全く別物になります。 また、世界観も異なりま…

続きを読む

ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ01

それでは、【ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ】と題して【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】の流れに対して書こうと思います。 【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】は【α(アルファ)】から【δ(デルタ)】までの4シリーズがあります。 【ファーブラ・フィクタシリーズ】はボスキャラであるキャラクター(クアンスティータ、クエニーデ・クアンスティータ、ヴェヌファユア(ヴェヌファユアは視点の…

続きを読む

さて……2

さて、今回も少し更新しましょうかね。 昨日は【ファーブラ・フィクタシリーズの流れ】を書きましたので今日は、【ファーブラ・フィクタIFシリーズ】についてを書こうと思います。 【ファーブラ・フィクタシリーズ】と比べるとそれほど大きくないシリーズなので13回更新くらいで良いですかね? と言う事で13回を限度に【ファーブラ・フィクタIFシリーズの流れ】を書こうと思います。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)060

 勝てないからと言って、ひるむような一族では無かった。  恐れず、偽クアンスティータに向かっていく。  ――が、相手が悪すぎた。  パグールス・クアンスティータは情け容赦無く、二つの一族を滅亡させた。  さらに言えば、フォール達が交戦中だったヂグウ族の四名もフォール達から奪う形であっという間に始末した。  役割を終えたパグールス・クアンスティータは新たな獲物を求めて、どこかへと消えてい…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)059

 身体的特徴としては、両目が頬の端まであり、その視野は通常の人間よりも広い。  また、膝がそれぞれ、二カ所ずつあり、間接の数が人間よりも多いというのが特徴だ。  どちらの一族もヂグウ族、ツェヴァ身族に勝るとも劣らない力の持ち主になっている。  通常の攻撃では全くダメージにならない。  通常であればだ。  この二つの一族が相手をしているのは通常の相手ではない。  偽クアンスティータだ。…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)058

 族主(ぞくしゅ)のエアラッハ(春)、サウルー(夏)、フォーワル(秋)、ゲブルー(冬)の四名からなる。  身体的特徴としては胸や股間などが、多くの毛で守られているという事と足の指が手の指の様に長いという事になる。  ワサト永族は族王(ぞくおう)ワサトを中心として、アマーム(前)、カルフ(後)、ヤミーン(右)、ヤサール(左)、アァラー(上)、アスファル(下)の七名で構成されている。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)057

 近隣に生命体の居る星は存在しない。  生命体とは縁のない宇宙空間だ。  ツェヴァ身族達が身構える。  が、攻撃は出来なかった。  あっという間にパグールス・クアンスティータによって、10名とも両断された。  両断された傷口からダメージが浸食して、ツェヴァ身族達を消し去った。  神話より前の時代から、消し去る事が出来ずに封印するしかなかったツェヴァ身族も偽クアンスティータの手にかかれ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)056

 女性のような形をしていながら女性ではない別の生命体――  第二期偽クアンスティータ、パグールス・クアンスティータだった。  パグールス・クアンスティータが現れた瞬間、神と悪魔による加護を受けている聖魔地帯が崩壊した。  パグールス・クアンスティータのパワーに耐えきれなかったのだ。  宇宙空間に投げ出される一同。  宇宙空間で生きられない存在はこの場には居ないがそれでも足場がいきなり消…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第003話(プレイバック)】となります。 12日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、この後、【ヴァニタスの手記(カルテ)】の試し読み小冊子を読んでから番組を見ます。 明日はバイトはお休みです。 明日明後日の早朝作業で、【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第002-06話(第五本体クアンスティータ・リステミュウム編その6)を完成させて、日中の作業で、45番目の【読み切り小説】の【ブラックパレスダークキャッスル】の清書を土曜日に80ページ、日…

続きを読む

こんにちは9

続きです。 来週の月曜日はトリッキーなキャラクターでは無く、【空手】や【ボクシング】などの正統派格闘技キャラクターが得意という事を書くのと、もう少し何か追加で書いたところでノルマとなる5枚目まで書ききる事になると思います。 ただ、月曜日はいつもの人に【ヴァニタスの手記(カルテ)】の試し読みの小冊子を返すので、いつもの人との会話になるかも知れませんので、予定通り書けるかどうかは未定です…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 ですが、亡き恋人を思う【一洋】は180キャラを一通り試して見ることにします。 全部では無くても60キャラくらい試してみると得意な系統と不得意な系統がわかる様になって来ます。 【一洋】が得意なのは、【道化師】や【陶芸家】などの様にトリッキーなものではなく…… と言う所まで書きました。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【六花】のメモによれば、使えるキャラクターは最低でも3キャラはいた方が良いとされ、実際に、【六花】はアメリカのプロバスケットプレイヤーの【ジョー】、日本の関取、【千代の風】、韓国のテコンドーの選手、【スヨン】を得意キャラとしている事がわかります。 【世界喧嘩祭り――ワールド・ラフ・ファイト】の総登場キャラクターは隠しキャラも含めると180キャラも居て、自分が使えるキャラク…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 主要メンバーの2人は喧嘩屋ですが、この格闘ゲームはヤンキー物という訳ではありません。 【世界喧嘩祭り――ワールド・ラフ・ファイト】の登場キャラクターはヤンキーだけでなく、様々なスポーツ、格闘技、趣味などを得意とするキャラクターが登場し、漫画家や声優などの特殊なキャラクターも登場します。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【世界喧嘩祭り――ワールド・ラフ・ファイト】は世界中の喧嘩自慢達が集まる大会でトップを目指すという格闘ゲームになっていて、メインキャラクターとなっているのは、日本代表の1人で【暴走族の総長】と言う設定になっている【一至(いっし)】とアメリカのギャングのボスで【一至】のライバルという設定の【マイケル】、中国雑伎団のスターで世界平和を願う美少女、【シャオメイ】の3人で他にも個性的な…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 【ゲーミングノート】には彼女が【女性プロゲーマー】として、自身がプレイヤーとして活躍した3タイトルの格ゲーの事が書かれていました。 【一洋】はその中の1つ、【世界喧嘩祭り――ワールド・ラフ・ファイト】と言うゲームの事が気になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 朝と十時の休み時間は51番目の【読み切り小説】として【ムチプレのダイゴミ 一洋(いちよう)編】のメモを4枚目の後半まで書きました。 【サイコロ同盟】の【六花(りっか)】が亡くなって、その恋人だった【一洋】は彼女の形見として、【ゲーミングノート】を受け取ります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 いつもの人も小説書きたいみたいな感じになっていますが、何か、執筆する動機が不純だという事を気にされているみたいでしたね。 僕としてはあんまりガツガツ行ってしまうと元弟子の様に執筆を諦めてしまうかも知れないと思って、書きたいと言う動機は人それぞれだから気にしなくても良いと思いますよ、書きたくなったら教えてください、僕で良ければアドバイスしますと言う程度に抑えておきました。 …

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 今日はいつもの人に彼女がイチ推しの【ヴァニタスの手記(カルテ)】の試し読みの小冊子をお借りしました。 アニメイトで配られていたやつ見たいですね。 月曜日に返す約束で、家に持ち帰りましたので、ブログを更新した後、読ませていただこうと思っています。 続きます。

続きを読む