ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第004話(プレイバック)062

 1匹は耳飾りになっていた聖魔ジャンルと聖魔マドゥワスを召喚して対応させたが、残る1匹はまた、キャリアが対応するしかない。
 2匹の怪妖の名前は憎羅(ぞうら)と疑闇(ぎあん)という。
 ジャンルとマドゥワスが相手をする憎羅は闇よりも暗い暗黒をまとう怪妖だ。
 そのため、正体が全くわからない。
 疑闇は虚像を映し出す怪妖だ。
 実際に見えている姿である可憐な少女と実物は全く似ても似つかない。
 実体は醜い怪物である。
 本当の姿が解らないという事では憎羅と共通点のある怪妖だ。
 キャリア達に襲い掛かる三匹の怪妖達の猛攻が始まった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント