ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第005話(プレイバック)027

 それを聞いたキャリアの答えは、
「当たり前でしょ。あなたは大切な娘であり、ジャンルは大切な息子なのよ。子供を見捨てるような母親に見えるの?」
 だった。
 当然、助けに入るつもりだ。
 後ろに控えていたフォールとキャトラも同意見だった。
 フォールは、
「マドゥワス、案内してくれ」
 と言った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント