61番目の小説のイメージストーリー08

「………
 品性の欠片もない男だな。
 まぁ良い。
 かかってこい。
 刀のサビにしてやろう」
「ぬかせ。
 行くぜ」
 と言う言葉と共に、【陣座】は姿を消した。
 そして、
「ふひゃひゃ。
 何処に消えたかわかんねぇだろうがよぉ。
 何処だろうなぁ~。
 俺はなぁ。
 姿を完全に消す事が出来るんだよぉ。
 この無敵の能力で人間は殺したい放題だ。
 ぶっ殺してやっから覚悟しなぁ」
 と言う言葉が木霊する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント