62番目の小説のイメージストーリー11

「もう、帰ってくれ。
 ぼくっちは忙しい。
 君と話す事は無いよ。
 君が生け贄を使わないというのならぼくっちはもう、何もしない。
 君は君の好きな様にやったら良い。
 君は自由だ。
 どこへなりと行くと良いよ」
「私は諦めない。
 諦めない」
 と言って消えた。
 その次の瞬間。
 【愛理】がまた部屋に入ってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント