ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第005話(プレイバック)034

 今にも、ジャンルがやられてしまうかも知れないという瀬戸際なのだ。
 こんな男にかまっている暇は無い。
 キャリアは、
「悪いけど通してもらえるかしら。仲間がピンチなの」
 と言った。
 それを聞いたピリオドは、
「仲間?それはさぞ美しい女性なのでしょうね」
 と訳のわからない事を言うので、
 キャリアは
「大事な息子よ。他には返られないわ」
 と言った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント