64番目の小説のイメージストーリー07

『誰だ?』
「バケモンに名乗る名前なんてねぇよ」
『貴様、誰にこんな真似したか解っているのか?
 貴様を喰い殺してやる』
「化け物の餌になるつもりはねぇよ。
 俺はここで寝てたんだ。
 何かあるなら余所でやってくれ。
 ここは寝心地が良いんでね。
 良い昼寝場所なんだ」
『ふざけおって……
 ファイヤーブレスっ』
 と言って炎の息を吹きかける。
 するとたちまち建物は火の海に包まれた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント