64番目の小説のイメージストーリー12

「あの……
 お名前は?」
「こいつのか?」
「いえ……その魔物の名前ではなく……
 あなたのです」
「名乗るもんじゃねぇよ。
 名無しの権兵衛にでもしといてくれや。
 じゃあな。
 俺は新しい寝床でも探すわ。
 あんたも気をつけて帰れよ」
 と言って立ち去った。
 【ユカリ姫】は、その光景を見て、名前も知らなかった【リョウジ】こそが【真の勇者】だ。
 ――そう、思ったのだった。
 城に戻った【ユカリ姫】は自分の身に起こった事を国王に話した。
 当時、【リョウジ】の名前を聞いて無かったので、雲をつかむ様な話だったが、必死に、【リョウジ】の行方を捜した。
 国をあげて【勇者募集】の張り紙も出し、国のいたる所から力に自信のある者達が現れた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント