66番目の小説のイメージストーリー09

「ボクの知っている事って何?」
「知らないから私が聞いているのよ。
 ホントにバカなの、あなた?」
「そんなバカバカ言わなくても良いじゃないか。
 ボクがそんなに頭が良くない事はボクが一番知ってるよ。
 だから、君に教えて欲しいって頼んだんだから」
「解ったわ。
 とにかくついてらっしゃい。
 部屋割りを変えてもらうわ。
 私と一緒の方が何かと都合が良いでしょ。
 今日から、私と同室よ。
 文句は言わせないわ。
 徹底的にあなたの化けの皮を剥がしてやるんだから。
 どんな手を使っておじいさまやあの方達に取り入ったか、白状させてやるんだから。
 覚悟して起きなさい」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント