ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第005話(プレイバック)058

 いつまでも若く美しい姿の【古都百合】を宮中の者が不気味に思うようになったのだ。
 そして、言われ無き迫害が始まる。
 何かと理由をつけては無理難題を【古都百合】につきつける宮中の者達だったが、【古都百合】は黙って対処していた。
 子供達の生活のためと思えば、どんな仕打ちにも耐えられたのだ。
 長い迫害が続き、ついに、【古都百合】の体にも異変が出始める。
 体がなまりのように重くなり体が醜く崩れ始める。
 ずっと毒を盛られていたのだ。
 それが、とうとう、【古都百合】の体をむしばみ始めたのだった。
 さらに不幸は続く。
 帝の天子二名が病で亡くなったのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント