この後の予定

この後の予定ですが、番組をみます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第004話(プレイバック)050

 打ち出された弾は相手にダメージを与えた後、再び、自然に帰るという循環方式をとっている。  ガオンッガオンッガオンッガオンッガオンッ……  連続で弾を発射するキャリア。  呪業は避けもしない。  そのまま、弾を受けた。  ダメージは無い。  全くない。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第004話(プレイバック)049

「ありがとう。でも、良いわ。どうしてもダメっぽかったら、その時は手伝ってもらうかも知れないけど、この相手には一人でやってみたいから」  そういうとキャリアは頭上の光体の一つ、緑色に光る光体に手を伸ばす。  この光体はクアンスティータで言えば背花変(はいかへん)に相当するものだ。  背花変のように何にでも変わる万能物質では出来ていないが、それでもかなりの変化を可能としている。  緑の光体は…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第004話(プレイバック)048

 力の弱い者が聞けば、このうなり声を聞いただけで、発狂死してしまう程の力を秘めている。 「下がってて、今回は私が行く」  前に出るキャリア。  いつもであれば、まず、真っ先に前に出るのはフォールだが、キャリアはこの呪業の力を確かめるため、自ら前に出た。 「行けるのか?」  キャリアの行動にフォールが尋ねる。 「さあ?やって見ないと解らないわ」  自分でもどうして、戦おうと思ったのか…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第004話(プレイバック)047

 怪妖 呪業(かいよう じゅごう)――  キャリア達に立ち塞がったその怪物は元は小さな小動物だった。  何の小動物だったかは定かではないが、長生きをし、その力に呪いの力を得た。  幽界の様々な精神エネルギーを取り込み、その身体は肥大していき、元の動物が何だったのかも解らなくなった。  特に好むのが、人間タイプの業のエネルギーであるという事から【呪業】と呼ばれるようになった。 「ぐぎゃろ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第004話(プレイバック)046

 だが、今の彼女達からしてみると、何だこんなものか――という考えがどこかにあった。  クアンスティータの影響で感覚がかなり麻痺しているのだ。  クアンスティータを感じた後で他の存在を見ても、大した事だとは思えなくなる。  そんな症状だった。  恐れは身体を萎縮させる。  だから、恐れないという事は有利に働く事でもあるが、それでも力の差は向こうの方が相当上向きになっている。  このまま…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第004話(プレイバック)】となります。 10日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日明後日の予定ですが、早朝作業で【ファーブラ・フィクタ】ファーブラ・フィクタ編第002-08話(第5本体クアンスティータ・リステミュウム編その8)を完成させて、日中の作業で、土曜日は16番目の【読み切り小説】の【ファートゥム・サルウァトル(運命救世主)】の清書を100ページ目まで書いて、日曜日の作業で再チェック修正をします。 来週の金曜日はコロナワ…

続きを読む

こんにちは13

続きです。 【真友】と【美遊】はアイドルとして参加する事になります。 【リアルアニメーション】での【真友】と【美遊】は他の【AIキャラクター】に混じって【アイドル歌手】として黎明期のテスト版を試すことになります。 と言うところまで書きました。 続きは来週ですね。 と言う事でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 一番わかりやすいのが【バトル物】になります。 これはキャラクター同士が戦い、物語を作ると言うものになります。 ですが、最初の試みなので、【AI】の安全を考慮に入れて、危険な【バトル物】ではなく、歌って踊る【アイドル物】でテストをする事になったのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 【真友】と【美遊】が参加する事になった【リアルアニメーション】は第一弾企画として【アイドル物】をやることになります。 【リアルアニメーション】はキャラクターが動く事になる舞台を提供し、演者となるキャラクターが動いてドラマを作るというものになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 学校には友達も居て、仕事に行くことを伝えたりもします。 基本的にこの物語は【リアルアニメーション】の仕事にスポットライトを当てることになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 その【リアルアニメーション】の企画の第一弾として、初めて作られた【キャラクターフレンド】の【真友(まゆ)】と【美遊(みゆ)】が参加する事になります。 【真友】と【美遊】はすでにアンドロイドのボディーを得て学校に通っています。 それで学校を休んで仕事に出ることになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【アニメーション】は【ノーマルアニメーション】と【リアルアニメーション】の2つがあり、【ノーマルアニメーション】には声優さんと【キャラクターフレンド】が混じってアフレコに参加すると言うものになります。 【リアルアニメーション】には基本的に【キャラクターフレンド】しか参加出来ません。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 後者はほとんど全てがアドリブで構成されているため、先の展開が読めない言ってみれば【生放送アニメーション】と言う事になります。 この物語では前者を【ノーマルアニメーション】、後者を【リアルアニメーション】と呼称する事になっています。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 もう1つは【AI】がアニメーションの世界にダイブして、【筋書きの無いアニメーション】に参加するというものになります。 前者は台本もあり、ある程度決められた(アドリブも含む)ストーリーになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 つまり、現実世界で活動する【アニメキャラ】と言う事になりますね。 【キャラクターフレンド】の具体的なアニメーションの仕事は大きく分けて2つあります。 1つは通常の声優さんと同じくアフレコ作業で他のキャラクターの声を担当すると言うものです。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 芸能人が学校に通っていて、ドラマ撮影や歌手活動などで学校を休んで仕事に向かう様に【キャラクターフレンド】も【AI】を搭載したアンドロイドのボディーを使って普段、学校に通っています。 そして、ドラマや歌番組――では無く、アニメーションの仕事で学校を休んで仕事に行くという事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 内容としては、【AI技術】と【アンドロイド】などを使ってアニメーションに出てくるキャラクターが現実の世界で暮らす【キャラクターフレンド/キャラフレ】に焦点を合わせたストーリーとなります。 わかりやすい例を挙げれば芸能人の様なものになります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日の仕事はいつも通りでしたね。 朝と十時の休み時間では56番目の【読み切り小説】として、【キャラフレ 真友&美遊(まゆあんどみゆ)編】のメモを4枚目まで書きました。 残り1枚は来週の月曜日に書くことになると思いますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もバイトでした。 ただ、帰ってから、7月17日の外出予定を8月21日に変えてもらったりしていたので、更新が遅くなりました。 7月16日にコロナワクチンを打つので、翌日は不味いでしょと言うことで伸ばしてもらったのですが、後の予定が都合がつかなくて、8月21日になってしまいましたが、それで良いかな?と思っています。 続きます。

続きを読む