この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明10

続きです。 【パラメタ】に求める事は他にも【ピュア】である事ですね。 【13番の邪神(女神)】は破滅をもたらすと言われているのですが、それに反してピュアな一面を見せると言うギャップを描きたかったのです。 と言う所でノルマの10回になったので以上となります。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明09

続きです。 クアンスティータの場合は、1が過去、7が現在、13が未来という感じで数字に意味を持たせていますので、それを借りた感じですね。 本番の200ページ完成小説を作る時はこれとは別の意味のある数字を考えてとも思っていますが思いつかなかったらこのまま、【13番】で行こうと思っています。 続きます。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明08

続きです。 それと意味のある数字の【女神】と言う設定ですが、5ページ小説を書いた時にはパッと思いつかなかったので【ファーブラ・フィクタ】のラスボス、クアンスティータから数字を借りて【13番】と言う事にしました。 これも仮配置です。 続きます。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明07

続きです。 【パラメタ】を主人公として、僕が求めた条件は、【女神】っぽく無い事と、意味のある数字の【女神】と言う事でした。 【女神】っぽく無くすために、彼女の性格は軽い感じになっています。 続きます。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明06

続きです。 これはパッと思いつかなかったので、仮の名称として何か決めようと言うことで最初に浮かんだのが【パラメーター】でそこから名前が【パラメタ】になりました。 なので、深く考えた名前ではないので本番になったら主人公の名前は変更するかも知れません。 とりあえず仮に【パラメタ】と言う事にしています。 続きます。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明05

続きです。 ただ、この物語で描きたいのは【女神】が邪悪であるという事ではなく、真実を知れば、【女性の神様】も崇拝の対象として十分な神性を秘めていると言う事を描こうと思っています。 それで、主人公としたのが、【女神】の一柱である【パラメタ】です。 名前の由来は【パラメーター】からですね。 続きます。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明04

続きです。 神の世界で【男尊女卑】が生きている様な世界という感じですかね? 女性の【神様】だと邪悪だと言うイメージがすり込まれています。 この【女神様】達を崇拝する人間達も居るのですが、この世界では【邪教】とされているという事になっています。 続きます。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明03

続きです。 世界観設定では、本番の時に多少変更するかも知れませんが、【神様】と言えば、【男性神】しか居ないとされている世界になりますね。 【女神様】も居るのですが、それは総じて、【邪神】とされている世界です。 続きます。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明02

続きです。 特に意識して作っている訳ではありませんがあえて言うなら【うる星やつら】の【諸星あたる】と【ラム】の様な関係かも知れませんね。 【ラム】は鬼娘ですが、今回の主人公は【女神様】で相手役を一途に思っているという設定になります。 そこが似ているかも知れませんね。 もっとも、【うる星やつら】と同じ路線でやるつもりはありませんけどね。 続きます。

続きを読む

70番目のイメージストーリーの補足説明01

それではラスト、【70番目のイメージストーリーの補足説明】として、捨てアイディア、イメージストーリーの5ページ小説の補足説明をしたいと思います。 今回も【69番目のイメージストーリー】と同様に女の子が主人公の物語で200ページ完成小説になります。 内容としては、【女神様】と【神話研究家】の恋愛ストーリーになりますかね。 続きます。

続きを読む

さて……3

さて、それでは続けて、残る1つとなった【70番目のイメージストーリーの補足説明】も書こうと思います。 これもやっぱり、10回更新というルールの下で書かせていただきます。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明10

続きです。 と言う感じで、ドキドキさせるつもりが自分がドキドキしてしまうと言う恋愛ストーリーを考えているのですが、本番となる200ページ完成小説ではこの5ページ小説の要素をもう少し膨らませて物語にする予定です。 と言う所まで書いたところでノルマの10回になりましたので以上となります。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明09

続きです。 これで、神絵と小説の2つの大ファンだと言うことが解り、トドメをさされます。 どうしようもなく、【大悟】の事が気になる様になります。 【大悟】も彼女がアイドルをしている時の【白瀬 あんず】の大ファンなのですが、ドキドキしているのは【せら】の方ばかりで、【大悟】は【せら】の正体に全く気付いていません。 続きます。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明08

続きです。 【大悟】は神絵師であり、同時に【せら】が楽しみにしていた【小説家の生卵】と言うブログをやって居る本人だと言うことがわかります。 実は彼の作る小説でも大ファンだった事がわかるのです。 続きます。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明06

続きです。 【神絵師】とまで呼ばれている【大悟】は彼の姉のブログで有名になっており、【せら】は彼の絵を【神】と称する程、尊敬しているのです。 その【大悟】の絵を勉強に使っているノートの落書きを通して知ることになるのです。 続きます。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明05

続きです。 【大悟】は機械音痴でろくに【SNS】が出来ませんが、彼の姉が【ブログ】にイラストを勝手に公開していると言う設定になっています。 彼の姉は、【ちょっとタンマ】と言うハンドルネームで活動していて、【せら】は【ちょっとタンマ】のフォロワーをしています。 続きます。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明04

続きです。 現に、彼女はアイドルをしている事を秘密にしている事を自分で楽しんでおり、目の前で勉強を教えている男子生徒、【黒田 大悟(くろだ たいご)】が自分の大ファンであり彼女の正体に気付いていないと言う事に優越感を感じています。 ところが驚く役は【大悟君】では無く、【せらちゃん】の方なのです。 続きます。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明03

続きです。 ただ、彼女は隠れてグラビアアイドルもしていてそれは学校には内緒ということになっています。 冴えない感じの女の子は超天才でアイドルもしている――となると一見凄いキャラに見えるかも知れません。 続きます。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明02

続きです。 主人公の女の子の名前は【白木 せら】と言う女の子になります。 学級委員長をしている眼鏡女子で、マスクをしているため、表情もよく解らないと言うキャラクターになります。 普通学校の普通科の生徒という事になっていますが、彼女は【IQ180】の超天才で勉強はお手のものであり、高校の勉強くらいはもうしないでも解るレベルです。 続きます。

続きを読む

69番目のイメージストーリーの補足説明01

それでは、【69番目のイメージストーリーの補足説明】として、5ページ小説の解説をさせていただきます。 これは女の子が主人公の物語で200ページ完成小説の5ページ小説になります。 今回は恋愛要素の多めの物語になりますね。 続きます。

続きを読む

さて……2

さて、それでは、今回ももう少し更新しましょうかね。 今回は、【69番目のイメージストーリーの補足説明】として、10回限定で、5ページ小説(捨てアイディア、イメージストーリー)の補足説明をしたいと思います。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)005

第二章 冥界へ  ピリオドは、 「本当に良いのかい?私の目的に付き合うって事で?」  と言った。  キャリア達は頷く。  それで良いという意思表示だ。  キャリア達はあれこれ画策しても信頼関係はなかなか築けないと判断し、思い切って腹を割って話すことにした。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)004

 最強の化獣(ばけもの)、クアンスティータを避けて安住の地を見つけたいというのが本当の願いであって、そこでは無いのだ。  だから、ピリオドの目的に付き合うというのも考慮の一つとして考えていた。  行くか戻るか――  その決断をする時が来たのだ。  ピリオドは逆に幽界の外に出ようとしている。  キャリア達は今まで幽界の奥に進もうとしていた。  つまり真逆の方向だ。  ピリオドと別行動…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)003

 つまり、彼の宇宙船を使いたかったら、彼と行動を共にし、幽界から出て行かなければならないのだ。  キャリア達は今まで幽界の表層階層と第一階層の宇宙空間での戦いを頑張ってなんとか第二階層にまでやってきた。  だが、ピリオドと行動を共にするという事はそれを逆戻りして、幽界から出なくてはならないのだ。  キャリア達はとりあえず、第十階層を目指していたが、本当にそこに行きたい訳では無い。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)002

 超光速で動くため、目的の座標をインプットすれば、後は眠っていても一晩もあればつくだろう。  だが、この宇宙船の所有者は一応、ピリオドだ。  彼が進みたいのは第三階層以降ではない。  彼のルーツ、【古都蘭丸(ことらんまる)】とは別のもう一つのルーツ、【古都薔薇(ことばら)】の子孫を探すという目的があるのだ。  それは恐らく、奥の階層にはない。  彼が持ってきた封凶岩(ふうきょうがん)を…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)001

第一章  この先の行動  キャリア・フロント・バック達は、幽界(ゆうかい)第二階層の強者の一つ、幻霊族の女王、カオロを下した。  女王カオロはひょんな事から行動を共にすることになった謎の男、ピリオド・エンドが得意とする【プリズン・カード】の囚人という事になった。  幻霊族は倒したが、ここはまだ、第二階層宇宙空間の途中だ。  次の第三階層に行くには彼女達の足では数ヶ月はかかる。 …

続きを読む

さて……

さて、今回から【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)】となります。 1日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作として17番目の【読み切り小説】の【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】の再々チェック修正をします。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日の予定ですが、午前中はバイト、午後は毎日更新のストックを作ります。 金曜日の夕方はコロナワクチン接種の二回目を行いますので、その後の三連休のほとんどは作業はしないで番組を見る、もしくは番組も見れず…

続きを読む

こんにちは10

続きです。 明日以降も書く予定ですが、あまり急いで書いても仕方ないので少しゆっくり目に書こうと思っています。 4枚目の頭という事は17枚弱書く余裕はありますが、今の時点であまり、内容に触れないでおこうと思っていますので、もしかしたら明日は書かないで他の事をするかも知れません。 と言う様な感じですがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【陣座】は好戦的であり、【聖十郎】を煽ります。 煽られた【聖十郎】は【陣座】と戦う事になります。 とまぁ、こんな内容の事を書きましたかね。 ここまで書いた部分は5ページのイメージストーリーで描いていますので、あえて書くまでも無いとは思ったのですが、一応、書かせていただきます。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【聖十郎】は「そこにいるのは解っておる、出てくるでござる」と言いました。 そして、【陣座(じんざ)】と名乗る男が現れます。 【陣座】もまた、【ワームホール】を通って現代にやってきた歴史上の人物でした。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【聖十郎】は理解不能は理解不能のまま、納得だけはします。 そして、とりあえず、このままでは腰にさしている刀などが目立つのでスポーツ用品店で何か隠せるものは無いか探してくる事になりました。 席を外そうとする【美奈子】に対して【聖十郎】は「あいや、待たれい」と制止します。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 そして、その実験が成功し、中から侍が出てきます。 【拙者】や【それがし】、【~でござる】など時代がかったしゃべり方をするその侍は自分の事を【楠瀬 聖十郎】と名乗ります。 そこで、【美奈子】は【聖十郎】が彼女の先祖だと言うことに気づき、その事を【聖十郎】に説明します。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 また、主人公は【楠瀬 聖十郎(くすのせ せいじゅうろう)】、ヒロインは【楠瀬 美奈子(くすのせ みなこ)】で【聖十郎】は【美奈子】の先祖とも書きました。 【美奈子】は女子高生の天才科学者で、人気の無い場所で、【ワームホール】を作る実験をしています。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 この物語は、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】のオマージュストーリーで、【ファーブラ・フィクタ3/アナザーFP】の時にはしょって進めてしまう【歴史上の偉人】との戦いの部分に焦点を当てて、この【読み切り小説】では描く事になると書きました。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 頑張って4枚目の頭まで書きましたが、20枚書いたところで、また、紙のメモはストップさせていつもの人に70番目のイメージストーリーを見せ終わるのを待つことになると思います。 【現世と侍】の内容ですが、61番目のイメージストーリーとほぼ一緒の事を書いただけなのであえて書くまでも無いとは思うんですが、一応、少し書きます。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 A4で5ページずつ合計50枚になりますので、当然、いっぺんに持っていく事はできませんからまずは、61番目のイメージストーリーの5枚を持っていきます。 朝と十時の休み時間では、61番目の【読み切り小説】の【現世と侍】の紙のメモを書き始めました。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 そして、やっぱり休んだ人の尻ぬぐいをさせられました。 昨日から解っていた事なので覚悟は出来てましたけどね。 それと今日でいつもの人に50番目の【読み切り小説】の【俺はあいつに誓ったんだ】までを見せ終わりましたので、明日から、61番目から70番目の【読み切り小説】の5ページ小説をプリントして行って見せる事になります。 続きま…

続きを読む