ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)033

 偽キャリアの赤と緑の光体の様に見えるものも同じ様に巨大な腕を作るが、中味の無いスカスカの腕となり、ひとたまりも無く、キャリアの腕に叩きつぶされた。
 通常の肉体などであれば、他の素材を使って再現も可能だが、それには限界がある。
 キャリアの光体の様に特別なものまでは再現不可能だった。
 出来て、見かけだけという事だ。
 同様に、フラワ・ダリアにも言える。
 彼女の大技である【破源の大皿】も見かけは似せる事が可能だが、本物の【破源の大皿】の様に、大皿におさまる範囲であれば、ほぼ全てのものを具現化可能という力を再現する事は不可能だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント