ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)036

 【如真】と仏像の大きな違いは【腰支(ようし)】と呼ばれている部位がついているかついていないかの違いがまず挙げられる。
 【腰支】とは腰の横から地面に向けてまっすぐ延びている突起物の様な物を指す。
 【腰支】は足の長さよりも長いので、【如真】は足では無く【腰支】に体を支えられているという事になる。
 【腰支】によって宙ぶらりんになっていると言える。
 ある意味ブランコに乗っている様な状態とも言える。
 つまり、【如真】は地に足をつけないのだ。
 また、【腰支】で地面についている部分からは無数に更に突起物が天に向かって生えている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント